いつか。

テーマ:

「フランスの哲学者デカルト(1596-1650)は

サルはしゃべれるのだが、

仕事をさせられてはたまらないと

だまっているのでは

と考えた。」


そう、アシモフさんの本は言っていて


その何行かを本で読んだ時、

凄く共感した。


私もそう思う。笑


自分が小学生低学年の頃

自分が拾ってきた犬が

晴れて飼い犬になったのだけど


お利口な犬だったから

「お前、実は日本語わかるんだろ・・」

縁側で見つめあったことを思い出した。


普段は根気というものが全くない私が

えらく長い間

独りよがりな問いかけを

そのお利口な犬にしていた。


「誰にも言わないから

私にだけは言っていいよ」


そんなニュアンスな言葉を真剣に・・・。


いくらお利口な犬でも

しゃべることはできないだろうけれど。

だから今は笑える行動だけど。


サルは、お猿さんは、

実は会話をできるんじゃないかと今でも思う。


人間が想像しているそれを

はるかに超える

知識を所有しているんじゃないか・・。


どうかしら。


いつか

私たち、ギャフンとなっちゃうかもしれない。笑







AD

コメント(4)