思いだした。

テーマ:


人生悔いなし-g

好きである、原監督の名前は

「辰則」でなく「辰徳」です。


ごめんなさい。



しかも今日、月曜日に

クライマックスの試合はきちんと行われ

しかも嬉しいことに

日本シリーズ進出を決めている。

やったぁ。


にしても

嘘ばっかなわたくし。


反省しつつ

気を取り直し、

今、思い出すのは

1989年の日本シリーズ。


あの時の原辰徳が放った

ホームランとバットの映像は

何をするのにも

斜めに世の中を観ようとしていた思春期の私にとって

ストライク以外のナニモノでもなかった。

格好がいい。

そう思った。



確か・・・。笑




適当ならいいがテキトウ過ぎても

困るので

ここでちょっと調べる。笑



近鉄の加藤のセリフがどうのこうの

となっているけれど。


でもあの時、メディアは

その発言に奮起したと盛りたてた。


実際のインタビュー、聴いてないしな。


ま、いっか。

と、落ち着いてしまう。



マスメディアの情報は、

信じたい時と信じがたい時とがあって

素敵な媒体だと思うときもあれば

恐ろしい媒体だなと思う時もある。


おっと。

話が大幅に外れそう。


ま、いっか。笑


自分で研ぎ澄まそう。

思考しよう。

判断しよう。


しかし、素敵だったな。

あの状況であのバッティング。


原辰徳。


この場面、きちんと観ていて

大いに盛り上がった記憶がある。笑


1989年

中学生だった私。

この試合が始まった時間は

ラッキーなことに実習時間となった。

怒られるのが怖い、

だけどテレビ中継が観たい。

そんな男子達が

「お前が付けろ、お前が付けろっ」

(テレビのスイッチをね)

と言い合っているのをみて

底知れぬ、巨人愛、原さん愛、が湧き出てしまい

情けない男子を横目に

教室のテレビ(道徳の時間の為の)

のスイッチを私はポチっと押した。


・・・。

ああ、思いだした。笑


記憶があるのは

きっと内心はとてもドキドキして

スイッチを押していたからだろう。


でも、私と一緒に

先生に

叱られてしまった数人には悪いけれど

あの場面は、観れて良かったよね。


覚えている人、いるかな。











AD