ウム。

テーマ:


人生悔いなし

北関東、アスファルトが所々濡れている。

風が強い日は無邪気にそれを楽しんだ

子供心を思い出す。


この写真、ミニトマト君。


鉢植えだったけれど

去年の大震災で倒れ、鉢植えから水栽培に変更。

それでもね

こうやって枯れた枝の脇目から

真っすぐに天を目指して生きている。



人生悔いなし

わさわさ緑を見せていてくれた頃と様相は違うけれど。



人生悔いなし


白い花まで咲かせようとしているんだな。



私たち人間にとって

ミニトマトの生命と

人間の生命は一概に同じ重さにはならないけれど


きっときっと

その命の逞しさはもしかしたら同じなんじゃないかと

私は思う。


前述してるけど

震災翌日、やっとこの部屋に戻った時

ミニトマトの鉢がコテンと転がっている姿が

私にとっては一番悲しかった。

ごめんね。と謝った。


一年後という事で

メディアはこぞって震災特集を取り上げたけれど

数日後の今、嘘のようなテレビの面々。


何が言いたいのか

いつものように分からなくなりそうだけど。笑


命は儚い一方

逞しくもある。


ウム。笑






AD

理想。

テーマ:

ただいま。

長い出張から只今帰宅。


出張の終盤、

ふと空を見上げたら

見事な三日月と

その月を挟み上下に輝く

何だかわからない星が

妙に素敵なコントラストを描いていてね。


「わぉ」と感嘆の声を小さくあげて

ちょっぴり反省。


イッパイイッパイですか、お前さん?

てね。


「疲れたな」という言葉を発せない

なんともひねくれた性格だけれど

発せられないならそれなりに

行動も伴わせようと思ってきた。


その感嘆の声を上げる程の月に

今頃気づくほど余裕がなかったとは。笑


明日は久しぶりの休み。

いつもより奮発したワインを購入して

気分は良し。


時間に余裕がなくても

心に余裕を持ちたい。


理想。笑



AD

北関東、雨。

テーマ:


人生悔いなし


もうすぐ1年が経つ。

なのでテレビの内容は震災関係が多くなる。


涙が出るのだけど

ここで画面を見つめ泣いているだけじゃ

何も始まらない。


画面の向こうにいる人たちに

そして私がパソコンのキーボードを打つ、今、

どこかで

苦しかったり、切なかったり、

やりきれなかったり・・

いろいろな状況に立ち向かっている方々に向けて

頑張れよって思う。祈る。


時として、「頑張って」という言葉は

物議を醸すけれど

そう思い、そう叫びたいなら

発していいんじゃないのかしら。

そう、想い、そう叫びたいなら。


私も中学生時代は

「頑張って」の言葉が

ひどく他人事で軽い言葉に思えて

好きではなかったけれど。笑


それは心ある頑張ってという言葉を

自分が発することができていなかったからだと

今なら思う。



私は震災後も笑いたいときは笑い

幸せを感じる時はそれを大いに感じ

泣きたい時は泣いたりもして

1日1日を生きている。

だから祈りたいので祈るし

私にできること、と信じていることを実行していく。








AD

眼球を回す行為。

テーマ:

北関東

雨が雪に変わった。


ある本でね、

朝、起きたら眼球を左右に大きく回すと

意識がはっきりしてきて

すっきり起きられる

と、記してあったのを思い出して


本日の朝、目覚ましを止め、

ベットの上で

眼球を大きく回してみた。


「大きく、大きくね」と

心でつぶやき、眼球を回して数分後

気持ちよく、また寝た・・・。


遅刻になるぎりぎりでがばっ!と目が覚め、

遅刻になるぎりぎりで

えらく、意識がはっきりしたということで

首をかしげながら「時間差攻撃」と名付けた。


もう、眼球回しはやらない。笑



誕生日が好きなので

誕生日ネタは続く。

とっくに過ぎてはいるけれど。


人生悔いなし


「チーズなど、晩酌のおつまみを乗せてください」

というメッセージと共に頂いた。



人生悔いなし


「オニオンスライスと一緒に漬けてから

食べるとつまみに最高!」


というメッセージと共に頂いた。



笑。


どれだけ酒好きのイメージなのか。

いや、非常に嬉しい。



誕生日のプレゼント。

繰り返すが非常に

付け足すと異常に嬉しい。


このオイルサーディン、美味しいらしいよ♪


楽しみで楽しみでおかしくなりそうなので

早速、明日、玉ねぎを買おうと思う。


今日は枝豆に赤ワインで

ちょっと失敗気味なので

玉ねぎ購入後、そして投入後、

…やっぱりビールかしらね♪



29日、天気は雪。

テーマ:

人生悔いなし-ipodfile.jpg

雪が降ったら車には乗らない。

つるっと滑って、
どこかに、誰かに、ぶつかるというオチを
作りやすい自分のような気がするので。

車だったら1時間で行ける所に
電車で出向いたら2時間もかかった。

でも電車の大きな窓から観る雪景色は
いつも観る景色と全く違く
電車に乗ったらグウグウ寝る習性なのに
しばらく目を見開いて楽しんだ。

雪がどんと降ると
いろいろ面倒なことが起こるけれど
開き直ると別段構うことではないとも思う。

雪が積もり
まだ降り続ける雪の中の公園で
大型犬と戯れる男性を窓から見てそうも思った。


なんで雪景色は「シン」とした気持ちにるのかしらね。
「しんしん降る」とは「しんしんする」と・・・。
何を言ってるんだか。笑



というのが昨日。
うるう年の2月29日の話。

雪のおかげで商売あがったりで
そこに重きを置けば大迷惑な話だったけれど
ま、いいや。笑

いつもより1日多いなんて
得した気分だし♪











iPhoneからの投稿