星は四つかな♪

テーマ:


人生悔いなし

やっと読み終えた。

村上春樹訳 「The Catcher in the Rye」

ライ麦畑でつかまえて


野崎氏訳のあの青い表紙のライ麦・・を読んだことはない。


想像していた内容と全く違う物語に驚いた。



仕事の休憩中とお風呂でしか読まなかった。

けれど本を閉じてから、しばらくの間

心の中で、独り言のようなことを考える時に

主人公のホールデンみたいな口調になってしまい

自分を笑った。


凄い影響力だ。


口調は真似ても内容は真似しちゃだめよ。

と言い聞かせた。


暗くなるから。笑




中学校の時の担任が

「むかつく」という言葉を必要以上に多用する思春期の私たちに

この言葉の怖さとか意味のなさとか・・うまく言えないけど

使うべきではない!という彼の強い想いを

たっぷり1時間かけて話して聞かせてくれたことがあった。


素直な私はそれから、きちんと

この言葉を嫌いになり使わなくなった。笑


「むかつく」とおそらく同じ感情が湧き、

それをどうしても口にしたいならば

「カチン」と言う。



間抜けな感じだからいい。

間抜けな感じだから笑ってしまう。

だからいい。


ほんとのところ、

このカチンという言葉もいいのかどうかわからんけど。


この先生、のび太くんみたいな先生だった。

感謝している。






本の内容とかよりも何よりも

最後の最後に村上氏の言葉、二行があるのだけど

それが気になって仕方がない。

なんだろ、要請って。契約って。

なんだろ~。笑



のび太くん先生の言葉の話をここで持ち出したのは

本を読んでいる間に、よく、

そのことを思い出していたから。

AD

秋になりました

テーマ:


人生悔いなし


個人的にとうとう、秋になった。


地元で唯一、行われる野外のフェスを終えると

私は夏をおしまいにして

秋を主役にしてあげる。


今年のこのイベントは8年目にして初めてチケット完売

そんな快挙を成し遂げた。


巷での噂によると

ユニコーンが来るから・・。だと。


噂は噂だと思っていたけれど

開場して納得。


ユニコーンのグッズのブースには

目を疑うほどの長蛇の列だったよ。


凄い。


私はというとユニコーンも好きだけど

ヒロトのクロマニヨンズもTHE BOOMもお目当てで。


でもどこの誰が来て吹っ飛ぶ歌を歌おうが

昼間っから緑の中で太陽の陽を浴びながら

外でビールを飲める、


そのヒトトキが一年間首を長くして待てる至福の時、

だから、参加なのだ。


音楽を楽しむという表現方法は

歳を重ねるごとに人それぞれ変化するけど

そう、たとえば私は控えめになっていくけれど

若者たちでもそうじゃなくても

ここぞとばかりに人が踊ったり、小刻みに跳ねたりする姿は

私は好きだな。


この写真にも

ステージのはるか遠くで、つまり私の目の前で

楽しさを表現して踊る彼らが映っていて・・。


好きなんだな。



という訳で秋。

あえて順番を付けるなら

秋が一番好き♪

AD

トンボ

テーマ:


人生悔いなし

9月になった。

はやっ・・。


今月はきちんと1日にカレンダーをめくることができたよ♪


庭でトンボを見つけ

何となく撮ってみた。


昔はよく、祖母の家で

例の眼回し作戦で捕まえた。



捕まえてみようかしらとも思ったけれど

噛まれるのがオチになるからやめた。



トンボの

「遥か昔から生存してますよ」

ってな感じの身形が、面白くもあり恐ろしくもある。


好きでも嫌いでもない。トンボ。笑








AD