山井和則厚生労働政務官は3月23日の政務三役会議後の記者会見で、厚労省が独自に進める事業仕分けについて、少なくとも一部を公開で行う考えを示した。

 会見で山井政務官は、4月以降、省内の事業仕分けチームに民間の有識者を加えるとも述べた。また、行政刷新会議の事業仕分けに対する厚労省の事業仕分けの位置付けについては、議論している段階であるとしながらも「行政刷新会議の準備のためにやっているわけではない」とした。

 厚労省は今年1月から、所管の独立行政法人や公益法人の業務内容を再調査した上で、そのあり方や改善点を議論する省内事業仕分けを本格的に開始している。



【関連記事】
仕分け第2弾の公益法人選定、「なかなか難しい」―枝野担当相
仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相
事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相
PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏

<地下鉄サリン15年>遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)
鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」(産経新聞)
「日本庭園」の景観復活へ 大阪万博40年 草木伸び放題、伐採視野(産経新聞)
阿久根市長、高校に処分撤回要請=野球部員の出場禁止で-鹿児島(時事通信)
雑記帳 「可愛い」…ペンギンが氷上散歩(毎日新聞)
AD