茨城県は12日、「白鳥干いも生産組合」(同県鉾田市)が同組合製品「茨城の石焼き芋」4800個の自主回収を始めた、と発表した。健康被害は出ていないという。

 県食の安全対策室によると、焼き芋を真空パックした製品で、北海道内のコンビエンスストア「セイコーマート」各店で販売。包装の一部が膨張する異常があった。購入者から「すっぱい味がする」などの苦情があり、同組合が回収を決めた。

 同室は原因は調査中としたうえで、「膨張は細菌が発生したガスの可能性がある」と説明している。回収対象は賞味期限が3月13、15、17、19日の製品。

【関連記事】
うすしお買ったらコンソメ味… ヤマザキナビスコ自主回収
大阪市がインド産はちみつの回収を命令 ふたから基準値14倍の鉛
ピザハットのプリン自主回収 金属片混入の疑い
サバ水煮缶からヒスタミン 青森県、都内の食品会社に回収命令
生カキから基準値超える大腸菌検出 出荷業者に回収命令

日本の脅威という根本問題に戻る 大河原元駐米大使(産経新聞)
1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い-水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)
表敬訪問並み? 普天間抜きの日米首脳会談(産経新聞)
絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
<神奈川独自課税>いすゞ自動車が上告 逆転敗訴不服(毎日新聞)
AD