六花のブログ

嵐と(近頃は)東方神起が好きな六花が日常の徒然を書いていきます。
時々、香港の思い出話も書きます!
また、そんな方はいらっしゃらないと思いますが、当ブログに掲載してある文章の無断転載・貼り付けはご遠慮下さい。
Copyright(C) 六花のブログ- All Rights Reserved

そんな方はいらっしゃらないと思いますが、当ブログに掲載してある文章(翻訳文は、六花翻訳に限り)の無断転載・貼り付けはご遠慮下さい。
Copyright(C) 六花のブログ- All Rights Reserved


アメンバーの募集について

今の所、募集はしていません。

また不定期に応募しますので、

その際に、申請頂けたらと思います。 六花



東方神起 TV情報

(関東ローカルなどもあるので、

ご自分の地方の系列局をチェックしてくださいね>六花)



•2015.02.25 19:00 スペースシャワーTV スペースシャワーTV「東方神起 MUSIC VIDEO SPECIAL」決定!!


•2015.02.26 01:40 フジテレビ フジテレビ 「魁!音楽番付 Eight」インタビュー出演決定!!


•2015.02.27 19:56 TBS TBS「ぴったんこカンカン」出演決定!!


•2015.02.28 00:58 日本テレビ 日本テレビ系「ミュージックドラゴン」出演決定!!


•2015.02.28 21:30 スペースシャワーTVプラス スペースシャワーTVプラス「東方神起 スペシャル」決定!!


•2015.03.01 00:58 TBS TBS「CDTV」テレビ出演決定!!


•2015.03.02 00:10 NHK NHK 「MUSIC JAPAN」出演決定!!


•2015.03.16 00:00 日本テレビ系 日本テレビ系「LIVE MONSTER」出演決定!!

NEW !
テーマ:


JYJキム·ジュンス、東方神起のタイトル言及"いつか東方神起に設定することができている場合..."


キム·ジュンス東方神起タイトル言及


http://www.newstown.co.kr/news/articleView.html?idxno=197534


JYJキム·ジュンスのソロアルバムが熱い反応を得ている中で、過去の彼東方神起タイトルを言及して話題だ。


過去2011年行われたワールドツアーの記者懇談会でキム·ジュンスは「今現在としては東方神起という名前で皆さんにごあいさつすることができないという点が私としても残念な事実である」と口を開いた。


続いて彼は「東方神起で歌手になった芸能界にデビューしたので、あまりにも残念だ」とし「恐縮ながらいつも東方神起というタイトルは、私の胸の中に残る。漠然としていることがあるだろうが、いつか東方神起という名前に設定することができている場合、そのように幸せはないだろう」と伝えた。


一方、3日、キム·ジュンスは、各種音源サイトを通じてソロ3集アルバム「FLOWER」を公開した。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

嵐 シングル『Sakura』が実売50万枚超えで首位、ビルボードチャート4週連続ジャニーズ勢が独占

http://tvfan.kyodo.co.jp/music/news-music/989365


本日発表の3月9日付 Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”にて、嵐のニューシングル『Sakura』が初週で実売数50万枚超えという驚異的なセールスを叩き出し、貫禄の首位獲得を達成している。

 後輩の生田斗真が主演するTBS系 金曜ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』主題歌となっている本作だが、嵐が主題歌のみでドラマに参加するのは今回が初めて。楽曲として勝負する2015年第1弾シングルにして、彼らにとって通算30作目のドラマ主題歌となったこの『Sakura』で、またしてもビッグセールスを記録。また、前週のSMAPをはじめ、渋谷すばる、ジャニーズWESTと、4週連続でジャニーズ勢が“Hot Singles Sales”の1位を独占し続けている。

 なお、チャートは2位の東方神起『サクラミチ』も“桜ソング”となっており、3月初週のチャートらしい結果になっている。


◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”
(2015年3月9日付)
1位.嵐『Sakura』
2位.東方神起『サクラミチ』
3位.AOA『Like a Cat』
4位.miwa『360°』
5位.SMAP『華麗なる逆襲 / ユーモアしちゃうよ』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:


2組とも“桜”がモチーフ


嵐VS東方神起、同日新曲発売対決にファン騒然
http://www.jprime.jp/entertainment/artist/9020/


『2月25日、都内某レコード店内は若い女性客でにぎわい、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていた。


 というのもこの日、ジャニーズアイドル『嵐』と韓国発の人気グループ『東方神起』が、そろって新シングルCDを発売する日だったからだ。


 嵐45枚目のシングル『Sakura』、そして東方神起は国内43枚目となる『サクラミチ』。いずれも桜を題材にした春の新曲。


 しかも東方神起は日本デビュー10周年の記念シングルで、レコード店内には衣装を展示したコーナーを設けるなどさすがの力の入れよう。女性ファンはこぞってスマートフォンを掲げては写真を撮っていた。


「’10 年にメンバー3人が脱退して以降、2人で活動してきた東方神起ですが、ファンが離れることはなかった。10周年を迎えるにあたって華々しくランキング1位をとりたいところですが、国民的アイドルの嵐相手にどこまで迫れるか」(音楽雑誌編集者)


 1年を通して発売され続けているCDだが、“ビッグネーム”が同日に店頭に並ぶのは珍しいことなのだという。


「ランキング順位を気にして、CD売り上げに響きそうな“ライバル”アーティストとは発売日を避けるのが常です。特にジャニーズは“初登場1位”“連続1位”などの記録にこだわりますからね。これまで両者の新曲発売が重なったのは、たったの1度きり」(前出・音楽雑誌編集者)


 対決が唯一実現したのは、’09 年7月1日。嵐は『Everything』、東方神起が『Stand by U』をリリースしたときのこと。


 この年、嵐はデビュー10周年を迎える記念年でもあった。結果はというと、オリコン週間ランキングで嵐が1位、東方神起が2位。10周年突入に勢いをつけた。


 そして’13 年、嵐の新曲『P・A・R・A・D・O・X』がテレビで初披露されると、2組の間に新たな“因縁”が生まれることになる。


「曲調の早いダンスナンバーだったのですが、ネット上で《嵐の新曲が東方神起っぽい》《パクリ》などと、いわれのない疑惑が投げかけられたんです。もちろん嵐ファンからはすぐさまこれに対して、今度は東方神起を否定するような発言が飛び交いました。熱狂的なファン同士の代理戦争になってしまったんです」(アイドル雑誌編集者)


 曲調やダンスが似通うことはよくあることだし、そのときの流行というものもある。互いに絶大な支持を得るグループ同士だからこそ、一挙手一投足に過剰反応されるということか。


 さて発売日当日、“因縁”うごめく両者の気になる売れ行きは?


「嵐と東方神起は両方売れています。若干、嵐が上くらいですか」(CDショップ店員)


 確かに売り場を見ている限りは、女性客が足を止めるのは嵐CDコーナーが目立つ。やはり嵐強しか。


 翌日のオリコンデイリーランキングではやはり、『Sakura』が23万9867枚で1位、『サクラミチ』が9万5879枚で2位。嵐がダブルスコア以上の差をつけての好発進。このまま週間ランキングでも、嵐に2度目の軍配が上がりそうだ。


「それでも東方神起も初動売り上げ10万枚近く。この時代に握手会やイベント参加などの特典もなしで、純粋なCD売り上げとしてはかなりのもの。嵐と同じ週でなければ、間違いなく彼らも1位をとっていたでしょう。いまさらの話ですがメンバー3人の脱退がなければ、今ごろは嵐に匹敵するほどの人気になっていたかもしれませんね」(前出・音楽雑誌編集者)』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

S Cawaii!4月号にざわちんさんの
東方神起ユンホ風メイク
(一体どんな感じ?>六花)


1

S Cawaii!編集部 @mag_scawaii
9時間前
3月になりました~。
今週土曜日3/7はS Cawaii!4月号の発売日!

 ひと足早くエスカワ4月号の表紙を公開します☆
 Cover Girlは中村アンさんです!


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

http://www.golddisc.jp/


「日本ゴールドディスク大賞」~1D、東方神起編

http://news.walkerplus.com/article/55920/


↓一部抜粋


また、2年連続「ベスト・エイジアン・アーティスト」に輝いた東方神起は、『TREE』で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト3アルバム」を受賞したほか、『WITH』でも「ベスト3アルバム」を受賞。さらに「東方神起 LIVE TOUR 2014 TREE」では「ベスト・ ミュージック・ビデオ」を受賞し、堂々の5冠を達成。


そんな栄えある賞について東方神起は、「このたびのゴールドディスク大賞で5つ受賞させていただきました。大変光栄だと思っております。そして、もっといろいろな作品を残していけるようにこれからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」とファンに向けたコメントを発表した。


http://www.oricon.co.jp/news/2049334/full/


「第29回日本ゴールドディスク大賞」、発表

http://www.barks.jp/news/?id=1000113204



いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード