六花のブログ

嵐と(近頃は)東方神起が好きな六花が日常の徒然を書いていきます。
時々、香港の思い出話も書きます!
また、そんな方はいらっしゃらないと思いますが、当ブログに掲載してある文章の無断転載・貼り付けはご遠慮下さい。
Copyright(C) 六花のブログ- All Rights Reserved

そんな方はいらっしゃらないと思いますが、当ブログに掲載してある文章(翻訳文は、六花翻訳に限り)の無断転載・貼り付けはご遠慮下さい。
Copyright(C) 六花のブログ- All Rights Reserved


アメンバーの募集について

今の所、募集はしていません。

また不定期に応募しますので、

その際に、申請頂けたらと思います。 六花



東方神起 LIVE TOUR 2015 Yahoo!チケット先行受付開始!

【受付期間】10月9日(木)15:00~10月15日(水)23:59
【受付URL】
https://y-tickets.jp/toho15-yt  (PC・携帯共通)




NEW !
テーマ:

“兵役ビジネス”もくろむK-POP・JYJ、後ろ盾にケイダッシュが乗り出した裏事情

http://www.cyzo.com/2014/10/post_19133.html


『韓国の所属事務所・SMエンターテインメントとの専属契約をめぐるトラブルで東方神起を脱退したジェジュン、ジュンス、ユチョンの3人が結成したユニット「JYJ」が、日本で初めてのシングルの発売と、11~12月に東京・大阪でドームツアーを行うことを発表した。



 各スポーツ紙によると、シングルの発売時期や今回のツアーの会場・日時について、日本の事務局は「詳細は後日発表する」としつつ、「日本での活動を本格的にスタートするという面でメンバーのみならず、ファンにも大変大きな意味を持つツアーになる」とコメントしている。ようやく日本で本格的に活動ができることになった背景には、あの大手芸能プロのバックアップがあったようだ。


「JYJは2010年6月に結成され、日本での所属レコード会社はSMエンタと提携関係にあるエイベックスだった。ところが、JYJの韓国の所属事務所代表の“黒い交際”などを理由に、エイベックスは日本での活動サポート中止を決定。にもかかわらず、JYJとの日本での専属契約を主張していたため、訴訟問題に発展し、昨年ようやく『専属契約主張を認めない』という判決が東京地裁で言い渡された。とはいえ、JYJの活動をサポートすることは、“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロの息のかかったエイベックスと反目することになるので、どこも手を挙げず、JYJは日本以外での活動が中心となっていた。ところが、ここにきて、渡辺謙らが所属する大手芸能プロ・ケイダッシュが日本の窓口となり、ようやく本格的に日本で活動できることとなった。東方神起を抱えるエイベックスとしては、面白くないだろう」(レコード会社関係者)


 とはいえ、このタイミングでJYJの“利権”に絡むことは、それなりの旨味があったようだ。

「韓国の男性は健康に異常が認められない限り、たとえ芸能人であろうとも30歳までに兵役を終えるのが義務。そのため、メンバーのジェジュンとユチョンが来年にも入隊することになる。今年のドーム公演が入隊前の日本でのラストコンサートといわれており、チケットがプレミア化するのは必至。今後、入隊応援ツアー、韓国で発売されていたCD・DVDの日本盤の発売、2人が兵役に行っている1年半から2年の間に残ったジュンスのソロ活動など、一連の“兵役ビジネス”でいくらでも稼げる。ただ、韓国のアーティストは何かと金銭トラブルが多く、いくら百戦錬磨のケイダッシュとはいえ、マネジメントに手を出したことを後悔するようなことにならなければいいのだが……」(芸能プロ関係者)

 背景で繰り広げられる大人たちの事情はどうあれ、ようやくJYJファンが待ち望んだ形になったようだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

予告(日本版)ありがとうございます。

先行放送予告

https://www.youtube.com/watch?v=lgFFqDzoU34





東方神起 ユンホ「夜警日誌」放送終了の感想“ムソク役を通じて僕自身も成長した”


http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2006166


東方神起のユンホがMBC月火ドラマ「夜警日誌」放送終了の感想を明かした。


21日、所属事務所のSMエンターテインメントを通じてユンホは「台本の読み合わせをしたのが昨日のことのようですが、もう4ヶ月間の旅を終えました」と伝えた。


劇中ムソク役を好演したユンホは「ムソクの人生を生きて本当にカッコいい人だなと思い、ムソクを通じて僕自身ももう一度成長できるきっかけになりました。ムソクの忠誠心を僕の人生の教訓だと思い、全ての方々に心から近づくために努力します」と感想を明かした。


また「ご尽力なさった『夜警日誌』のスタッフの皆さんに感謝の言葉とともに大きな拍手を送りたいです。そしてこれからももっと頑張って真正性のある演技をお見せするためにさらに努力します」と伝えた。


ドラマを終えたユンホは東方神起の活動に専念する。12月6日と7日の2日間ソウルオリンピック体操競技場にて東方神起のスペシャルライブツアー「TVXQ!SPECIAL LIVE TOUR - T1ST0RY」を開催する予定だ。


2015年には日本デビュー10周年を迎えて2月から福岡ヤフオク!ドームを皮切りに東京、札幌、名古屋、大阪など、日本5大ドームで2度目の日本5大ドームツアーに乗り出す。


「夜警日誌」の最終回は本日(21日)夜10時に韓国で放送される。





12月は韓国MBC年末授賞式3夜連続日韓同時生中継!チョン・イル&ユンホ(東方神起)『夜警日誌(原題)』&チャン・グンソクも!
http://k-plaza.com/2014/10/kntv.html


日韓同時生中継で今年年末の韓国MBC年末授賞式が「KNTV」で放送されることが決定した。

また、遂に本日21日、韓国で最終回をむかえるチョン・イル&ユンホ(東方神起)主演最新作『夜警日誌(原題)』の放送も決定。
さらに、東方神起のバラエティ出演番組のセレクト放送やチャン・グンソクの素顔たっぷりの『チャン・グンソク IN 「キレイな男」 撮影密着メイキング』(後半)など2014年最後を飾る豪華ラインナップの放送が今後予定されている。


●『夜警日誌(原題)』
チョン・イル&ユンホ(東方神起)豪華競演で贈る最新作!
悪霊との戦いに挑む“夜警団”の恋と成長を描くファンタジーロマンス時代劇
12月14日(日)スタート
本放送:毎週土日 午後8時45分~10時ほか



AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

東方神起、スペシャルライブツアー...デビュー10周年網羅

http://nollywood.newsis.com/article/view.htm?ar_id=NISX20141021_0013244635&cID=10604&pID=10600


韓流デュオ '東方神起'がスペシャルライブツアーを開く。


21日マネージメント社SMエンターテイメントによると、東方神起は12月6~7日、ソウルオリンピック公園体操競技場で 'TVXQ! スペシャルライブツアー - T 1ストーリー(ST0RY)」の砲門を開くコンサートを行う。


公演タイトル「ティーストーリー '(T1ST0RY)は東方神起の歴史を網羅する場だ。


東方神起の英語略である「TVXQ!」と「履歴(HISTORY)」、デビュー10周年を意味する数字1·0などを組み合わせた言葉だ​​。


SMは「東方神起のすべてを詰め込んだ素晴らしいパフォーマンスを披露するだろう」と発表した。


前東方神起は去る2012年11月から昨年7月までソウル、LA、サンティアゴ、香港、上海などで 'TVXQ! ライブワールドツアー - キャッチ米」をソンリョた。


日本でも韓国歌手史上初の5大ドームツアー、海外歌手初の日産スタジアム単独公演、海外アーティスト史上最短期間200万人の観客記録などの公演の歴史を新たに書いた。


今回のコンサートのチケット前売りは28日午後8時からオンライン前売りサイトGマーケット(http://ticket.gmarket.co.kr )で可能である。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

本日夕方か?打ち上げユノ


7

10

9

8

6

2

3

5

4

1
東方神起ユンホ、ボムセンイスタイルで「ヤギョンクンかも」打ち上げに出席


http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201410212017062810


MBC「ヤギョンクンかも」打ち上げが10月21日午後7時、ソウル永登浦区汝矣島洞城会館で開かれた。


この日東方神起ユノ(ユンホ)が参加して席を輝かせた。


一方、21日放送を最後に24部の大詰めの幕を下ろす」ヤギョンクンかも」は、朝鮮時代を背景に、幽霊を否定する者と幽霊を利用しようとする者は、幽霊を物理打とうとする者、3つの勢力の間で広がる話を軽快な感覚で描いたファンタジーロマンス活劇である。



いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード