六花のブログ

嵐と(近頃は)東方神起が好きな六花が日常の徒然を書いていきます。
時々、香港の思い出話も書きます!
また、そんな方はいらっしゃらないと思いますが、当ブログに掲載してある文章の無断転載・貼り付けはご遠慮下さい。
Copyright(C) 六花のブログ- All Rights Reserved

そんな方はいらっしゃらないと思いますが、当ブログに掲載してある文章(翻訳文は、六花翻訳に限り)の無断転載・貼り付けはご遠慮下さい。
Copyright(C) 六花のブログ- All Rights Reserved


アメンバーの募集について

今の所、募集はしていません。

また不定期に応募しますので、

その際に、申請頂けたらと思います。 六花


東方神起 セブンイレブン先行

http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1443834&rlsCd=&lotRlsCd=50703



セブンネット 先行

http://sp.7netshopping.jp/ticket/static/toho2015.html


NEW !
テーマ:

SMの事務所の前


2

4

3

@葡萄眼里有葡萄

蹲到昌珉了。虽然只有短短的时间,
但离我好近好近。圆满了眼泪不自觉就掉下来了

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:


1

cr:winterheart2昨日85カフェで注文を受け取る遊びユンホ。全く予想できず、あるのに急に入って心臓破裂していくこと。


昨日のユノらしいです。>六花

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

なんと、なんと、全部当たりましたよおおお。

名古屋と東京と

大阪取り敢えずオーラス含み、

あ、名古屋プレミアも含み、

全部で5会場行きます。

全部で、○○万円近く払ったよおおお。


嵐が2週間後だよ。

また貧乏だああああああああ。

(って、嵐で当たる気満々ですわ。)


六花




AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

[Q&D] "誰が被害者?"…ジェシカ、脱退の転末18 (総合)


http://www.dispatch.co.kr/r.dp?idx=110351&category=5&subcategory=14


"誰が被害者か?"

どんなささいな事件でも、'得失'を計算するはずだ。 誰がくやしいのか、誰が被害者認可を問い詰める。

ジェシカの脱退事件も同じだ。

"離れるといったの?でなければ離れろといったの?"

"脱退を勧誘受けたとすれば、ジェシカが被害者じゃないの?"

"残りのメンバーはジェシカを失いたかったのだろうか?"

このように、大衆は今回の事件の'本質'より'得失'を数えている。

だが'ディスパッチ'取材結果、時間だけ前倒しになっただけだ。 9月30日ではなくても11月30日、12月30日、でなければ2015年1月30日に広がることができることだった。

すなわち、誰の被害を問い詰めることでない。 葛藤の核心、ゴールの深さを把握するのが優先だ。 それでこそ今回の事件の本質を理解することができるためだ。

'ディスパッチ'は去る30日、'少女時代'を最も近くで見守った3人に会った。 この中にはジェシカの側近もあって、8メンバーの知人もいた。

ジェシカ事態の転末、Q&D(Question&Dispatch)で解いた。



Q1.それでも最も気になることは、'離れる'なのか、'離れろ'認可だ。

Dispatch:'離れる'も合って、'離れろ'も合う。 まず、'離れる'というジェシカがした話だ。 ジェシカは今年1月と7月'離れたい'という話は数回繰り返した。

それでは'離れろ'というそれに対するメンバーの答であろうか? 正確に話して、ニュアンスが'離れろ'と近い程度であった。 "二つのうち一つを選択をしてほしい"という要求がさらに合うと見ることができる。

Q2.時間別に調べよう。1月と7月、ジェシカはどんな話をしたか?

D:去る1月、"結婚をしたい"という話を取り出した。 メンバーに個別的に会って、"結婚したい。 会社と話中だ"という方法の話を流す程度であった。

そうするうちに去る7月日本コンサートを終わらせて、再び活動中断に対する意を出して照らした。 当時ジェシカは"私はこれ以上できないようだ。 惜しいが私の人生を探す"と話した。


Q3.自身の人生を探す?言い聞かせてクォンとの結婚なのか。

D:当時ジェシカは少女時代活動に意志が無いように見えた。 すでに結婚に対してはメンバー全部分かる状況. ジェシカはこの日結婚より未来に対してより多くの話をした。

例えば、'来年に留学に行くだろう','学校を調べてみている','ファッション事業をしたい','小市を止めればデザイナーになるだろう'等などだった。

Q4.残りのメンバーはジェシカの話をどのように受け入れたか?

D:今年の初め、会社と一度脱退波動を体験した後であった。 当時ジェシカとSMは来年初めに予定された最後のアルバムまで最善を尽くそうという合意を導き出した。

メンバーは当惑するが仕方ない部分だと考えた。 ただ、どうせ来年に結婚して、また事業をする計画ならば、最後のアルバムまでは活動に集中しようという風を伝えた。


Q5.それでジェシカは少女時代活動に最善を尽くしたか?

D:事実全て集中できない状況だった。 ジェシカはとても忙しかった。 特にタイラーとのことで忙しかった。 それもそのはず8月に'ブラン'というファッション ブランドをランチングした。

中国、香港、ニューヨークを行き来して個人的なスケジュールを進めた。 実際にジェシカは今回の中国ファンミーティング直前まで言い聞かせてきてニューヨークにあった。 スケジュール一日前の日に入国した。

Q6.今回の事態では言い聞かせてクォンが抜けない。

D:ジェシカ手にある'ティファニー&鼻'インゲイズリンは婚約概念の指輪だ。ジェシカはメンバーに来年10月香港で結婚式を挙げる計画だと話して通った。

タイラー権はほとんどジェシカのすべてのスケジュールを同行した。中国と香港行事はもちろん、オン・スタイルの'ジェシカ&クリスタル'ニューヨーク撮影現場にも彼がいた。


Q7.そのような渦中にファッション ブランド'ブラン'までランチングした。

D:事実メンバー誰もジェシカ事業を反対しなかった。 だが、このようにはやく始めるとは思わなかった。 ほとんどの結婚以後にファッション事業をすることと知っていた。

ところでジェシカは8月にびっくりランチングをした。 メンバーは一つだけ明確にしてほしいといった。 '事業'が主となってはいけないということ。 '小市'に粗雑にしなくしてほしいということだった。

Q8.SMはジェシカの事業を許諾したか?

D. 憂慮した。 それもそのはずこのファッション史業はオフライン編集ショップで物を売る'クッツ'の概念だ。 '小市'の人気を利用してファンたちを相手に商うようなものになることができる。

だが、会社が防ぐ名分はなかった。 特に契約書の上に'個人事業進行不可'条項はなかった。 ジェシカが個人の夢を訴えたので許諾した。

Q9.ところで'ブラン'以後葛藤が増幅されたと理解する。

D:ジェシカは脱退以後の人生をあらかじめ準備した。 留学、事業、結婚だ。 ニューヨークに行って、そちらで勉強もして、結婚もして、事業も拡張する計画だった。

このためにはポトポルリオ用意が至急だった。 ブランド ランチングを急いだ理由だ。 その上'ブラン'は言い聞かせてクォンと進める事業だ。 いつも、彼とともにせざるを得なかった。



Q10.そういえばジェシカは初めから脱退をいった。

D:おそらく、脱退意思を明らかにしたのは…、このような計画ためでないか。 だが、最後の1枚のアルバムまですることにして、このような夢をしばらく先送りしたと理解していた。

しかしジェシカは個人的なことにさらに比重を置いた。 当然'小市'活動に粗雑にしなければならなかった。 これに対しメンバーが決定を要求したのだ。 最後まで、集中してほしいと。

Q11.ところでジェシカの態度が突然急変したと聞いた。

D:先月15日、'ディスパッチ'で情報提供がきた。 ジェシカとタイラーが法務法人'世宗(セジョン)'にあるということだ。 そして実際にそこで二を確認することができた。

どんな相談を受けたのかは分からない。 ただし、'世宗(セジョン)'訪問以後の立場が変わったことは明らかだ。 メンバーに"お前らだけ大丈夫ならば、結婚後にも'小市'を継続したい"で….

Q12.二匹のウサギをみな捉えたい?

D:ジェシカはそのどのことものがしたくなかった。 特に事業は先送りすることはできない状況だった。 すでに相当部分進行されたし、ジェシカはかなり多くのお金を投資した状態であった。

8人は初めから'結婚OK','事業OK'であった。 ジェシカの夢を尊重した。 ただ、活動終了後で進行されることを願った。 それがメンバーとファンたちに対する礼儀だと考えた。


Q13.9月に急にメンバー会議をしたと聞いた。

今状態では長期ペントゥオも、最後のアルバムも、正常に消化するのが難しいと判断した。 これに対しジェシカとメンバーは去る9月会議を開いた。 そして決定を要求した。

ジェシカは弁護士相談以後立場を変えた。 かえって'小市'を継続するという意向を伝えた。 もし"不満があれば書面で作成して渡してほしい"と話すこともした。

Q14.会議結果はどうだったか?

D:2~3回会議を開いた。 そうするうちに突然ニューヨークに発った。 これ以上対話を継続できなかった。 結局皆はこのような形で活動を継続するのは無意味だと判断した。

ジェシカの場合、ファンミーティング前日に帰ってきたので自身のことをつくしたと考えた。 しかしメンバーはジェシカに'小市'はセカンド捉えてになって久しいと感じた。


D15:もうささいな気がかりなことを解いてみよう。'ブラン'でタイラーの役割は?

D:ジェシカは去る8月6日'ブラン'をローンチした。 初めての商品でサングラスを出した。 現在の香水、アクセサリー、衣類なども準備中だ。 2015 F/Wコレクションまで計画中だ。

言い聞かせても'ブラン'に投資をした。 ジェシカよりは投資金が少ないと分かる。 彼の主な役割は中国進出だ。 中国および香港デパート入店を助けている。

Q16.現在の中国での'ブラン'位置づけは?

D:'少女時代'ジェシカというタイトルだけで中国で大きい人気を得ている。 最近では香港の'レーンクロフォードと'という大型編集ショップ入店に成功した。

入店待機中である所もいろいろな所だ。 主に香港売り場だ。 その他シンガポール、タイ、上海などショッピング都市進出も控えている。 'ホット'ある新規ブランドに浮び上がっている。

Q17.それならメンバーらと金銭的な葛藤もありそうなんだけど。

D:ジェシカが'ブラン'で金を儲けることに対しては関心がない。 彼の能力であるためだ。 ただしジェシカの結婚説が及ぼすリスクは十分に察することができる。

それもそのはずジェシカの結婚は業界の公然の秘密だった。 契約期間1年以上の団体広告はオールストップなった。 提案を受けても進められなかった。

Q18.ジェシカが再び合流することができるだろうか?

D:結論から話せば10%内外だ。 復帰の前提条件は、ジェシカの優先順位変化だ。 だが、とても遠くへ行った。 すでに言い聞かせてきて全てのものでとてもたくさんからまっている。

もちろんジェシカがブランド セールスのためにソロや延期を要請することもできる。 しかし通常の準備期間を考慮する時、今その場は難しくないだろうか。


いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

ジェシカ、来年5月香港で結婚…ファッション事業家で新しい人生


http://news.donga.com/Main/3/all/20141001/66849581/4


■在米同胞金融家言い聞かせてクォンと新しい人生


結婚後ニューヨークでファッションデザイン勉強計画
‘ブラン’ CE0兼デザイナーで企業規模拡大の夢
“SM正当でなく退出”文波紋(波長)かかわらず
弟(妹)クリスタル意識法廷攻防行かないようだ


女性グループ少女時代を脱退したジェシカ(チョン・スヨン・25)が結婚と事業で新しい人生を設計している。


9月30日歌謡界と複数の芸能界関係者たちによればジェシカは着実に結婚説が飛び交った‘おおっぴらな恋人’在米同胞金融家言い聞かせてクォン(クォンニョンイル)と来年5月頃結婚する。 関係者たちは“結婚と関連した主要な事項はすでに準備を終わらせた。 結婚式は香港でして、アメリカ、ニューヨークと香港を行き来して生活するだろう”と口をそろえる。


これと関連して所属会社SMエンターテインメント(SM)はこの日ジェシカの脱退を確認する報道資料で“今年春ジェシカが個人的な事情で‘今後一枚のアルバム活動を最後にチーム活動を中断する’で知らせてきた”と明らかにした。 SMは具体的な説明はしないが、ジェシカの‘個人的な事情’は結婚だと知らされた。


言い聞かせてクォンの助けの中に8月‘ブラン’という(のは)ファッションブランドをローンチして自身がデザインしたサングラスをリリースしたジェシカは結婚後アメリカ、ニューヨークでファッションデザインを勉強する予定だ。 すでに留学するニューヨークのファッションスクールも調べてみておいたと伝えられた。 ジェシカは今後ブランのCEO兼デザイナーとして会社の勢いを拡張させていくという計画だ。 言い聞かせてクォンはアメリカ、ニューヨークに本社を置いた投資会社コリーデル キャピタル パートナース演芸事業部CEOで在職中だ。


● “正当でない理由で退出されて” vs “本人が先に‘脱退’通知”


ジェシカの結婚は祝福受ける便りだが、彼の脱退の便りは電撃的で衝撃的だった。 ジェシカはこの日明け方SNSに“会社と(少女時代)8人から今日付で私は‘これ以上少女時代メンバーではない’という通知を受けた。 少女時代活動を優先視して積極的に専念しているが政党でない理由でこのような通知を受けて非常に当惑する”という文を載せて波紋を起こした。


これに対しSMは“ジェシカの突然通知にも、当社とメンバーは少女時代のために良い方向で活動することができるように持続的に努力して悩んできた。 しかし最近少女時代活動に対する優先順位および利害関係が衝突する部分に対する正確な調整が不足した状況でジェシカがファッション事業を始めてとうていチームを維持できなくなった。 これに対し8人体制の少女時代活動を当初より操り上げることで決めるほかはなかった”と明らかにした。


●弟(妹)もSM所属…訴訟に広まりはしないようだ


ジェシカの脱退事実が知らされたこの日から事実上‘8人組少女時代’の活動が始まった。 この日中国深せんファンミーティングのためにジェシカを除いた8人が出国した。 来年1月まで続く中国ファンミーティング ツアー、12月日本、東京ドーム コンサートにもジェシカは参加しない。


しかしジェシカは残った契約期間までSM所属で活動することになる。 SMは“ジェシカの個人活動に対して変わりない支援とマネジメントをする予定”と明らかにした。



このような雰囲気の中で両側が法的攻防を行う可能性は少なく見える。 ジェシカの脱退過程を置いてSMと不和に照らして軟らかい面があるがジェシカはSM側の立場発表に何の反応をしないでいる。 さらに弟(妹)であるエフ エックス クリスタルがSM所属で活発に活動中で、ジェシカのチーム脱退やはり本人の選択だったためだ。 ただし突然ジェシカの脱退によって少女時代が9人組で約束した色々急で差し迫った日程に対する解決は必要に見える。


いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード