天皇、皇后両陛下は14日、岐阜県各務原市の世界淡水魚園水族館を訪れた。長良川に生息する淡水魚、両生類、水生植物など約260種2万8500点を展示しており、淡水魚水族館としては世界最大級という。

 魚類学者として知られ、ハゼの分類学的研究者である天皇陛下は、館内を熱心に見学。体に朱点があることが特徴のサツキマスの水槽の前にしゃがみ、皇后さまに「ほら、赤い点々があるでしょ」などと指さしながら説明する場面もあった。

 両陛下は引き続いて同県土岐市の同市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐を視察。その後、名古屋市に入った。

天皇、皇后両陛下 世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
「もう一度よみがえる」=熊野で復権へ意欲―民主の小沢氏(時事通信)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
AD