26日午後4時ごろ、青森空港に米軍三沢基地所属のF16戦闘機2機が緊急着陸した。青森空港管理事務所によると、1機がエンジントラブルを起こしたのが原因。この影響で羽田発の日本航空1207便の到着が17分遅れた。
 同事務所などによると、午後3時55分ごろ、航空管制官を通じ、米軍機からエンジントラブルに伴う緊急着陸の要請があった。
 2機は同空港に駐機し、米軍がトラブルの原因について調べている。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~

嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
首相動静(4月24日)(時事通信)
元露鵬らが控訴 大麻問題で解雇めぐり(産経新聞)
<事業仕分け>ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
<本屋大賞>冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
AD