15日午後2時15分ごろ、岐阜県笠松町門間の名鉄竹鼻線で、踏切近くにある豆腐製造会社工場のトタン屋根の一部が突然めくれ上がり、架線に覆いかぶさった。付近住民が非常ボタンを押し、走行中の笠松発新羽島行き普通電車(2両編成)が急ブレーキをかけて、約120メートル手前で停止。乗客約30人にけがはなかった。県警岐阜羽島署は、突風で屋根が吹き飛ばされたとみて詳しく調べている。

 同署によると、めくれたトタン屋根は縦横約10メートル。当時、工場では10人ほどで作業中だったといい、男性社長(55)は「バリバリと音がして驚いて上を見たら屋根が飛んでいた」と話していた。

 現場は竹鼻線柳津駅から南西約1キロの住宅地。この影響で、同線の笠松-江吉良間と羽島線の江吉良-新羽島間の上下線計41本が運転を見合わせ、バスによる代行輸送などの対応に追われた。午後6時55分に除去作業が終わり復旧したが、約2500人に影響した。

 岐阜地方気象台によると、周辺では当時、毎秒2、3メートルの風が吹いていた。【岡大介】

【関連ニュース】
突風:体育祭で10人重軽傷 テントの支柱当たり 滋賀
突風:テント10張り飛び4人けが 岐阜・郡上
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
突風:群馬・館林で竜巻?
突風:2棟全壊、2人が軽傷…岡山・美作で計36棟被災

地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決(産経新聞)
「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見-B型肝炎訴訟(時事通信)
首相動静(5月18日)(時事通信)
中期目標、福祉事業の売上高倍増―日本医療事務センター(医療介護CBニュース)
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走―長崎県警(時事通信)
AD