兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は18日、園内の人工巣塔で、大陸から飛来したとみられる野生のコウノトリの雌(推定4歳)と07年に放鳥した雄(4歳)のひな1羽を確認したと発表した。野生と放鳥のペアからひながかえるのは初めて。同公園は「飼育し放鳥されたコウノトリ以外の新しい血統が入ることになり、遺伝的な多様性の点で意義深い」としている。

 雌は06年に豊岡市に飛来し、愛媛県西予市との間を何度も往復していることから、「エヒメ」の愛称で呼ばれている。2羽は昨年ペアになって園内で産卵したが、ふ化には至らなかった。今年は3月15日以降に5個の卵が確認され、うち1個がかえった。

 放鳥したコウノトリや放鳥後に生まれた2世は野外に計35羽いる。しかし血統で分類すると六つにくくられ、近親交配の確率が高い。エヒメはロシアや中国から渡って来たとみられ、これらの血統に属さない点で貴重という。

 巣の中の1個はカラスが持ち去っており、同公園は残る3個の観察を続けている。【藤田宰司】

【関連ニュース】
コウノトリ:卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡
訃報:池田啓さん 60歳=兵庫県立大教授、元県立コウノトリの郷公園研究部長
コウノトリ:豊岡の雌、岩手に飛来 /兵庫
コウノトリ:兵庫・豊岡で放鳥、大崎に飛来 両市「取り持つ縁、交流密に」 /宮城
コウノトリ:治療終え解放 /兵庫

都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)
気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)
キセル乗車 相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)
<茨城信者に性的暴行>牧師が起訴内容を全面否認(毎日新聞)
AD