民主党の平田健二参院国対委員長は17日の記者会見で、衆院本会議に出席していた原口一博総務相の遅刻で参院総務委員会が流会になったことについて、「本来、本会議に欠席届を出して、冒頭から委員会に出るのが当たり前だ。そういうこともできないのは、大臣に問題がある」と述べ、総務相を厳しく批判した。
 原口氏は16日、衆院本会議での子ども手当て支給、高校授業料無償化の両法案採決後に、参院総務委に出席し、地方税法の趣旨説明などを行う予定だった。しかし、本会議が長引いたため、総務委の開会予定時刻に間に合わず、自民党が「参院軽視」と反発。開会を拒否し、流会となった。原口氏は3日の参院予算委員会にも、事務的な連絡ミスで遅刻し、陳謝した経緯がある。 

【関連ニュース】
総務相の資金パーティー「問題ない」
「鳩山氏に共感しない」=自民・石破氏
舛添氏、鳩山氏と距離置く=連携「政策が基本」
新党結成へ持久戦覚悟?=自民内からは批判噴出
総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会

普天間問題で首相、検討段階と強調 2案提示案は「推測記事」(産経新聞)
未発見の密約関連文書「在任時に確認」証言へ(読売新聞)
大麻680鉢栽培で男2人逮捕=乾燥大麻3キロも所持-千葉県警(時事通信)
<地震>茨城県で震度3=午後7時27分(毎日新聞)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
AD