トヨタ自動車の豊田章男社長は17日、東京本社で記者会見し、ハイブリッド車の新型「プリウス」のリコール(回収・無償修理)など一連の品質問題に対する取り組みの進ちょく状況を説明した。その中で、今月下旬に同社の品質問題をめぐって開かれる米議会の公聴会に社長自らが出席するかどうかについて、「わたしは米国法人の経営陣に対し、多大な信頼を置いている。彼らが議会の懸念にお答えできる。わたしは社内での変革を優先させたい」と述べ、出席する考えのないことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】トヨタ プリウス
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
米2工場で生産休止=トヨタ、最大14日間

ワクチン一本化 新型インフル 季節性と混合(産経新聞)
鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判-青森地裁(時事通信)
献金は「政党シンクタンク」に 経済同友会、企業献金の原則禁止を提言(産経新聞)
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職-新潟(時事通信)
平野長官、シュワブ陸上案「ゼロベースで検討」(産経新聞)
AD