合格請負人のブログ

医学部特訓塾が語る様々な話題。
受験、成功、仲間…。
等身大の特訓塾や思いを伝えます。

NEW !
テーマ:
今日は1月17日。

平成7年の阪神淡路大震災から23年が経ちました。

私はすでに阿佐ヶ谷の地で大学受験の指導を開始しておりましたので

東京にいて被災は免れましたが、

実家は地震の直撃にあいました。

 

幸い両親はケガをすることもな助かりましたが

家財道具は滅茶苦茶になり、

自営業をしていた父は仕事先を大幅に失い、

私は両親を東京に呼び寄せ、実家を東京で復活させるべく奔走しました。

 

私東日本大震災の際に

福島県で学習塾を営んでいた友人を助けるために

兵庫県に塾を作ってやり、住居から何から全てを援助しサポートしたのは

そういう経験が元となっております。

被災者を放ってはおけない…

それが全ての行動の根本にありました。

 

友人に任せた塾を支えるため

私自身が毎週、週の後半に兵庫県に赴いていたこともあり

2012年から3年間、医学部特訓塾は神戸教室を出すこととなりました。

実質的には友人に任せた塾が軌道に乗るまでの

運転資金を私達が作って援助していたのです。

 

もともとほとんどを専任講師で回していた

医学部特訓塾でしたが

神戸校を出したことで時間講師を増員し授業を回したのですが

結果的に面倒見の質が低下したことを感じ

やはり医学部特訓塾は1教室であるべきだと痛感したため

3年間で生徒の進学を見届けて神戸校を終了いたしました。

 

面倒見の質を回復させるために

2015年からは様々な改革をして参りました。

小柏先生、池谷先生、里見先生といった

神戸の校舎にも出張していた先生達は

東京の校舎に集中できるようになりました。

私自身も徐々に関西の校舎での出講数を減らすことができ、

2016年の秋からは完全に東京の校舎のみの指導となりました。

 

塾生の質も徐々に変化してきたので

その変化に対応する必要も出て参りました。

そこで改革を毎年積み重ね、

医学部特訓塾のシステムはドンドンと向上しております。

だから昨年度は、1次試験合格率100%という

驚異的な記録を打ち立てることができたのだと思います。

 

さらに2018年度からは

毎週火曜日の夜は、

医学部特訓塾名物の数学「居残り式特訓」のエッセンスを取り入れた

「居残り式特訓」の化学バージョンを実施することとなります。

 

バランスの良い指導はもちろん重要ですが

絶対的な得点力のある科目を生徒に手に入れさせることも

入試を勝ち抜く上では必要不可欠であるという思いから

居残り式特訓の化学バージョンをスタートすることにしました。

 

従前のカリキュラムに加え、

毎週の授業内容や身に付けて欲しいテーマごとに

毎週、居残り式特訓を実施し

自分自身のチカラで正解が出せるまで徹底的に鍛え上げるという

演習の時間を毎週火曜日に実施致します。

もちろん、この時間帯を使って、質問のある生徒は

私に心いくまで質問をすることもできます。

 

まだまだ改革は続きます。

よりよい指導ができるよう医学部特訓塾は進化し続けます。

 

大きな災害を乗り越え生きている私達は

一所懸命全力を尽くし続ける責務があるのだと

私は考えています。だから、まだまだ休んでいるわけにはまいりません!

 

 

今日は1月17日ということもあり

いつもとはちょっとテイストの違う話を書いてしまいました。

 

 

 

ま、そんな感じです。

See You!

 




引用元:忘れてはならないこと
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:
おはようございます!

今日は岩手医科大学の入試応援に行ってまいりました。

市ヶ谷の駅を降りると予備校関係者が

ハイエナのようにウジャウジャといるわいるわ‥‥

相変わらず凄いですね。

 

私達の応援部隊委はキチンと警察に道路使用許可をとり

橋の上は危ないからダメですよ~

と言われた言いつけを守り

橋の終わるところに立っておりました。

柄にもなく、ちょっと良い子でしょ?(笑)

 

わが塾生達が何人も私達に気づいてくれたので

チョコレートを渡してきました。

 

まあ予備校のチラシを配っている人の中には

???この人定職についているのかな…????

という感じの人もいて、

業界大手の割に、こういう見た目の人を平気で使うんだな~

と変な意味で感心したり、

相変わらずの人間観察も行ってまいりました。

 

そんな中で私が塾生を探して立っておりますと

一人の紳士が私に近づいてきました。

 

お・・押忍!

 

私の所属する極真空手の道場の大先輩でした。

お話を伺うと、防衛省に勤務されているそうで

赤いベンチコートが目立っていたから私に気づき

声を掛けて下さったそうです。

 

意外なところで意外な方にお目に掛かるもんだなあ

とこれまた小さな感動でした。

 

ところで、今日は入試会場で

受験生の保護者の方らしき人から声を掛けられました。

説明会はいつからですか?

恐らく入塾説明会のことかと思ったので

お返事をさせて頂きました。

 

医学部特訓塾の入塾説明会は2月4日(日)からのスタートです。

2月4日から毎週日曜日に「説明会」らしい説明会をやっていくのですが、

2月11日(日)だけは、埼玉医科大後期の入試と重なることと

私が毎年参加している某奨学金団体の授与式に今年も出席しなければならないので

2月11日は個別説明会形式となります。

 

また、日曜日にご都合が悪い方は

2月4日(日)以降で、別途日程を設定して個別説明会を実施させて頂きますので

お電話にてご相談ください。

 

医学部特訓塾の新規生の定員は16名限定です。

選抜試験は実施しません。先着順となります。

ただし、スタートダッシュ講座を受講して頂いてからの

お申し込みをお願いしております。

なぜならば、パンフレットや説明会の雰囲気で予備校を選ぶのは間違っていて

実際の授業が受講生の方ご自身の役に立つっか否かが

予備校選びの唯一のポイントであるべきだと私達は考えているからです。

 

今年のスタートダッシュ講座は

より入塾後の指導に似たような感じのことが体験できるように

色々と工夫をしております。

 

体験は良かったけど通常は全然違うじゃん!

という予備校が多いとよく耳にするのですが

私達は実際に授業を担当する先生が体験授業を行い

それをしっかりと確認して頂くことがすごく大事だと思っているから

スタートダッシュ講座を大事に大事に考えております。

 

医学部特訓塾はパンフレットやHPに金をかけておりませんが

授業や生徒指導には全身全霊を懸けております。

そんな塾をお探しの方はぜひ医学部特訓塾の説明会にお越しください!

 

ご予約は03-6279-9927まで!

 

 




引用元:入試応援!わが塾生の合格を祈っています!東京の医学部受験合格・・・
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!

センター試験、化学は簡単でしたね~。

まあウチの生徒ですから若干ミスをした者もチラホラと・・・(笑)

それでも全体としては、そこそこの点数は出してくれたのでホッとしております。

 

言いつけ通り獨協のセンターを出してくれていれば

確実に数名は合格ラインを超えていると思います。

 

現役の生徒達も

当日が自己ベスト!という生徒が何人もおり

大テストなどで徹底した対策を取ったかいがありました。

 

しかし、勝負はここからです!

センターで獨協の1次を通過した人たちも含めて慢心せず

私大の試験に勝たなければなりません!

 

ここで大事なのは

単に毎日入試を受けているだけでは

学力は低下するということです。

 

試験を受けっぱなしにして日々を過ごすと

試験に出なかったことは触れていない訳だからどんどん忘れてしまいますし

試験に出たところも

正確にできたかどうかを確かめないと怪しい学力になってしまいます。

 

だから入試中も塾に来て

一緒に勉強をしましょう。

原則はリクエストにこたえる形で指導を行いますが

希望者にはテストゼミも実施します。

また入試問題が分かれば解説会なども実施しますので

色々な問題意識を持って帰ってきてください。

 

体調を崩している方は

別に個別で対応もできますので

体が元気ならば

塾に顔を出してくださいね。

 

私達は塾生諸君と常に共に歩んでいるつもりで

日々を過ごしています。

困ったら塾に相談。

医特生の特権ですから

どんどんと相談に来てくださいね。

 

受験中にも学力を伸ばすのは

キチンとした指導があるからこそです。

だから、入試を受けっぱなしにせず

僕たちを頼ってくださいね!

 

 

ま、そんな感じで。

明日、明後日は試験会場前でお会いしましょう!

 

See You!

 

 

 

 




引用元:入試スタート!ここからの時間の使い方が勝敗を左右します!まだ・・・

いいね!した人  |  リブログ(0)