神がかり

テーマ:
夏休み、お弁当4つ生活。
年々、テキトーに。日々、雑に。


旦那も息子も娘も、それぞれ苦手なモノ好きなモノが違ってて困ります。
さらに、全員トマトがお好きじゃないので、プチトマトが使えない。
彩りに困る。パプリカに出動願うしかないのか。それも大して好かれてない。

旦那曰く「誰も彩りなんか求めてない。見た目なんか気にしとらん!!」
少しムッとしたので、翌日のお弁当は、鶏肉のカレー粉炒めと卵焼きと…みたいな真っ黄っき~のお弁当を持たせておきました。
特にコメントもないので、本当に気にしていないのでしょう。


さて、息子も娘も、時々、
「今日のお弁当、めっちゃおいしかった♪」とか
「いろんな意味ですごいお弁当だったね(^-^;」とか
「手抜き( ̄ー ̄)」とか
忌憚のないご意見をくれます。

そんな中、最近、娘に好評だったのが、『炒めたミンチと大葉を巻きこんだ卵焼き』と『あんまり具のないチャーハン』。


チャーハンについて、
「どうやったん?」て聞かれたので、
「適当に炒めた!」と回答したら
「それはわかる…」と返された。

大葉とミンチ入りの卵焼き、
「またつくってね」という言葉に続けて娘が呟いた言葉は、
「大葉…けんじ♥」
何故、その名を知っている?


で、「今日のお弁当♪なにあれ?神よ、神!!」だそうで。

なんですか?今の子は。
『すごい!』ことを、『神』と表現するのですか。
「おーまいがー!!」ってことですか?

そういえば、息子も「オレ神だから!」って、中二病的コメントを炸裂させてたことがあったわね。
いずれにせよ、軽々しく口にするのは感心しませんなぁ。


とりあえず、私→何体か神を生み出したらしい。
AD

ファインディング

テーマ:
夏休み終盤。

中学生男子。
残った宿題の追い込みのためか?
先生のご厚意で、部活がお休みになりました。


で、缶詰で宿題に向かう…わけはなく。
部活の友達と、映画を観てきたんですって(´-ω-`)。

『ファインディング・ドリー』


その報告を聞いた父、やや怒り声で。
「はあぁあぁ~!?」

あぁ、遊び歩いてたことを叱られるのか…
と、思いきや。

「『シン・ゴジラ』じゃないんかっ(# ゜Д゜)!?」

って…そこなの!Σ( ̄□ ̄;)??
っていうお話。



こちら、先日、息子がゲーセンでゲットしてきたニモ。
現在、男子中学生の抱き枕として活躍中。
AD
今年こそ、優勝してほしい。

我らがカープ♪観戦してきました。
金曜の夜。家族4人、現地集合です。
それぞれの学校、職場、自宅から。


私は、仕事帰りに、駅まで出てきた娘と合流。
球場に着いて、セットのお弁当を引き換えてシートに向かったら、部活から早々に逃走したのか、息子は既に観戦中でした。

そして、母が「このチケット、お弁当ついてるよ。引き換え…」と言い終わらないうちに、「もう食った!」と即答。
さらに、攻撃が終わった瞬間立ち上がり、売店に消えて、ほどなく、『肉天ぷらきつね全部のせカープうどん』を手に帰ってきて、あっという間に平らげたのでした。
実は、もう一杯食べるつもりでいたところ、応援に夢中になってるうちに、売店が閉まってしまったそうな。

娘は、『かき氷を2杯食べる』という目標を達成して満足そうでした。

実は、娘一人で買い物に出かけた数分後、「迷子…」というメールが、母の携帯に届いておりましたが、気づかずスルーして観戦を続けていたところ、ちゃんと帰って来られたようで。


試合経過はというと、なかなかの苦しい展開で。
正直、風船飛ばしたとこで帰ってしまおうか…と思ったのですが、希望を捨てない息子のために残留。

結果、8回裏で大逆転!
いい試合でした(^^)v。

こりゃ、そろそろマジックがつくかな~。


帰り道は、いつものように、駅までゾロゾロ続く人の波に飲まれて歩いたわけですが。
ここで息子が「今から行ってもバスもうないじゃん!タクシーにしようや。先行って並んとくわ!!」と、母の返事を待つ暇もなく、人々の隙間を縫うように走り去り…。
はぐれたらどうすんじゃいΣ( ̄皿 ̄;;
と、気をもんでおりましたが、息子が並んだ列、もうすぐ順番という頃に、私達がタクシー乗り場に到着。
スムーズに帰途につくことができました。

いい日だった(ノ´∀`*)。
AD

じじばば家ステイ

テーマ:
そういえば、お盆前後の5日間ほど。

娘が、じじばばのウチにホームステイしておりました。


行って3日目。じいちゃん、あろうことか、墓参りツアーの最中に、先の大雨で崩れたのか土嚢が積み上げられた墓所で足をとられて転倒するという大失態。一大事です。
あわててお医者に行こうと当番医を確認したら、ちょうど近所のかかりつけだったから超ラッキーだったとか。

で、そんなイタイ状態なのに、孫かわいさに足を引きずってプールに連れていったとかいう(´Д`)。



娘の方は…。

ステイ中にじいちゃんからかかってきた電話によると、
「何も言わんのに宿題はじめたよ。えらいな~。」
「まだ勉強しよるけど、ええんかな?そろそろ声かけてやめさせた方が…。」
「もっと食べりゃ~ええのに、遠慮して。」
とのことでしたが…。

かたや、帰ってきた娘の話によると、
「宿題しよるのに、一時間もせんうちにじいちゃんが来て『ジュース飲むか?』『おやつ食べよう♪』『アイスがあるぞ!』って邪魔するんよ。もういいのに…。」
「毎日毎日ゼリーが出てきて、ほら食べろもっと食べろって…。なんであんなにおやつがあるん??」
だそうで。

ああ、我が父、そういう人です。
どうりで、なんだか栄養がまわった感じで帰ってきたわ。

迫る!提出期限!!

テーマ:
最近の夏休みは短い。
小学校は8月の最終週から、中学校はその前の週から、学校が始まります。

さらに、中学生ときたら、その前の週に登校日があって、テキスト系の宿題は、早くも提出せねばなりません。


さて、提出物を出さないのが信条の息子くん。
夏休み入ってすぐの懇談で、「登校日に出さんかったら、どうなるかわかっとるな。残り一週間、毎日教室に来い。そこでやらせてやる。部活なんか行かせんぞ!去年俺のクラスだった奴に聞いてみぃ。絶対やらすけぇ。」と、担任の先生から地を這うような声で脅されまして。

やっと部活がお休みになった昨日今日と、(彼なりの)全力で宿題に向かっております。
やろうという気になっただけ成長なのか、ただ先生が恐ろしいのか、部活に行きたいのか。


生暖かく見守っていたところ…、
ノートを前に、やたら首が左右に揺れている。
→解答丸写ししてやがる!!
自主勉強のノート、見開きの半分に問題集のコピーを貼付
→ページ数荒稼ぎか!!
すぐに気が散る。やたら休憩が長い。
→オリンピックと高校野球をザッピング。宿題やってる時間より、伸びしたり寝転がったり眠りこけたりしてる時間の方が長い。集中せいや!!

見れば見るほどイラつくので、見ないことにしました。
放っといて寝ますよ。