カンゲキ

テーマ:
娘が小学校の行事で観劇に出かけてきました。

なので、給食がお休み。お弁当が必要。
娘に注意されなければ、忘れるところだった。
ていうか、プリント見てなくて知らなかった。
あぶないところだった。

母のお弁当袋を奪われましたよ。
お弁当箱もお弁当袋もトトロ(´・ω・`)。



さて、今日の演目は『エルコスの祈り』。

10年ほど前までは『エルリックコスモスの239時間』というタイトルで、タイトル変更の前にも後にも観に行きました。
娘も連れていったのだけど、小さかったので記憶にないもよう(息子は歌まで覚えてた)。

テーマソングの歌詞がマイナーチェンジしてる(気がする)ので、どう歌ったらいいのか迷います(私が歌う必要はどこにもないけど)。

観劇すると聞き、なんとなくYouTubeをフラフラしていたところ、30年物のビデオ映像をアップしてる方がいらっしゃいました(今じゃ考えられないくらい豪華キャストの『ドリーミング』もある)。

なんて昭和感あふれる衣装、雰囲気、画像の荒さ( ☆∀☆)…と、しばし鑑賞。

そして、主演の女優さんにひっかかり。
「このエルコス、見覚えある。むしろ、よく見るぞ。二時間ドラマとか。いや待て。それよりもっともっと前に…私の遠い記憶のなかで…。」

もんもんとした気持ちで画面を数分間見つめて、思い出しました。
あれだ!モグタン!!『まんがはじめて物語』のお姉さんだっ(*^▽^*)。

『はじめて物語』とは、実写とアニメ併用の子ども向け教養番組。
お姉さんとモグタンがひとしきり話した後で、「クルクルバビッチョ パペッピポ ヒヤヒヤドキッチョの モーグタン♪」のかけ声とともにタイムスリップし、アニメに切り替わって物事の起源や歴史を学ぶという、おもしろくてためになる番組です。


あ~、思い出した。すっきりした。
AD

伊万里vs萩

テーマ:
娘が、先週の修学旅行で絵付けした萩焼。
なんともう届きました。

なので、


3年前、息子が同じく修学旅行で書いたのと並べてみる。
『描いた』ではなく『書いた』。だって字だけだから。
そして、こちらは伊万里…焼?いろいろ違う。


そういえば、広島の小学生の修学旅行。
なんと30年前とかわらず、バスで隣県山口&北九州コースでした。

息子達の学年は、秋吉台でお弁当は食べたけど、秋芳洞じゃなくて景清洞に潜り、萩には回らず海響館からの北九州泊で、いのちの旅博物館とスペースワールドだったと記憶していますが。
娘達の学年は、秋芳洞&秋吉台の後は萩へ向かい、松陰神社と夏みかんを満喫して、萩泊からの北九州でいのちの旅博物館とスペースワールドという、それはそれはオーソドックスな行程。

というわけで、同じ絵付け体験でも、湯呑みを作った場所が違ってたのですね。


余談ですが、私は、萩焼体験でろくろを回して湯呑みを作ったことがあります。10年以上たった今も、箸立てとしていい仕事してます(←湯呑みにしては大き過ぎた)。


さらに余談ですが、靴下に余分なお金を隠し持って出かけた兄と違い、決められたお小遣いをきっちり持って行った娘。
「『旅の思い出に、レシートはとっといて貼りましょう』ってことになっとるんよ。そんなこと言って、オーバーしてないかチェックするんじゃない?そもそもオーバーしとったら、買ったもの見てすぐバレるよね。」とかなんとか。
家族と自分とおじいちゃんおばあちゃんにお土産を買ってきてくれたわけですが、今時、4000円じゃなかなか厳しかったようで、二個組のちっちゃいストラップ?を、父と母でわけろと…。
AD

てぶくろ

テーマ:
急に寒くなったので。

娘用に、手袋買いました。
最近の手袋ってすごいのね。
指先が、スマホ対応になってる。
三百円SHOPのなのに。

で、思わず。
童心にかえって、うさぎさんの人形にしちゃった。

息子にも娘にも、
「かわい~(*≧з≦)。どうやって作ったん?」
て聞かれて、満足です。
AD

懇談で知る大切なもの

テーマ:
先日、息子の参観&懇談に行ってきました。

進路のことやら学校生活の近況やら…気が重くなったり心配になったりホッコリしたりの懇談。


息子のクラスでは、最後に、先生が「あと5分ください」とおっしゃって。
編集したオマケの動画を流してくださいました。
スクリーンに映し出された映像は、クラスの生徒一人一人の写真とその子から親への一言メッセージ。

出席番号順に続く、生徒達の写真のトップバッターは、なぜか先生ご自身の学生時代の写真(坊主頭)Σp[【◎】]ω・´)。


しかし、なんですか?
バカ男子達の言葉が、「ご飯作ってくれてありがとう」「毎日お弁当ありがとう」って、食料需給に対する謝辞である割合の高さは?
うん。ご飯、大切ね。


その映像で流れてたBGMが、スキマスイッチ的バラード。
大橋卓弥『ありがとう』。母への感謝を述べた歌詞でした。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出来が悪くていつも困らせた あなたの涙何度も見た
素直になれずに罵声を浴びせた そんな僕でも愛してくれた
今になってやっとその言葉の本当の意味にも気づきました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここらあたりで、お母様方の中にハンカチを目に当てるあり。
先生、反則です。

まぁ、我が家で罵声を浴びせるのは私の方なんですけどね。Ψ(`∀´)Ψケケケ