政府は11日午前、官邸で情報セキュリティー政策会議(議長・平野博文官房長官)を開き、インターネットを通じたサイバー攻撃への対処方針をまとめた「国民を守る情報セキュリティー戦略」を正式決定した。従来は総務省や内閣官房が中心に対応してきたが、今後はこの戦略に基づき省庁横断的に取り組む。国民が安心してインターネットを利用できる情報セキュリティー先進国を目指す。

【関連記事】
中国発のスパムが激減、15位に
基幹システムも被害か グーグルへのサイバー攻撃
中国の検閲システム、“インターネット警官”が監視
スパムメール、危険を認識するも…ついついクリックのナゼ
米国一治安の悪い都市は? サイバー犯罪の危険度ランキング
少子化を止めろ!

<高齢者住宅詐欺>容疑で社長夫婦を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
「普天間」先送り 閣僚が首相擁護(産経新聞)
官房長官が徳之島町議と会談へ 首相は「できる限り」と5月決着公約を格下げ(産経新聞)
もんじゅ 国際標準化へ先手 米仏と協力、追う中印(産経新聞)
AD