FPで保険屋のオッサンのブログ

お金のはなし(特に住宅ローンと保険)アレコレ。時々ぼやき。

NEW !
テーマ:

保険料値上げ前の話になりますが、定年を目前にしたお客様から保険加入のご相談がありました。参考のために内容を紹介します。

 

晩婚で20歳前後の子供が2人いて、子供に母親の面倒を見てもらいたいし子供の将来のために保険金を残してやりたいが、病気ばかりしているので保険に入れない。保険代理店で全部断られた。何とかできないか?と言う相談でした。

 

そこで提案したのが下の図の左側にあるように保険契約者(=保険料負担者)と死亡保険金受取人が夫で、被保険者を11歳年下の妻にする保険契約です。

 

病気だったり入院していたら被保険者になれませんが、保険契約者になる事はできるからです。

 

商品は低解約返戻金型終身保険で全期前納払い※を勧めました。

 

※全期前納払いとは、

保険料の全期分を保険会社に預けて、毎月の保険料は預けたお金から引き落としてもらう方法です。渡したお金がその時点ですべて保険料になってしまう一時払いとは違います。

 

 

 

夫が亡くなると、この保険契約は相続財産になり、遺言がなければ遺産分割協議で誰の名義(契約者)にするか決めなければなりません。

 

妻が健在なら上の図の右側のように契約者は妻になります。夫が全期前納払いをすれば妻の保険料負担※はありません。告知も不要です。そして子供2人を死亡保険金の受取人にします。

 

※全期前納払いではなく、月払いや年払いで契約した場合は継続して妻が保険料を払う事になります。

 

相続財産としての金額(評価額)は解約返戻金+保険会社が預かっているお金です。だから保険料に対する返戻率が他の終身保険より低く抑えられている低解約返戻金型終身保険を提案したのです。

 

また、支払方法も一時払いだと保険加入2~3年で解約返戻金が払った保険料を上回ってしまいます。

 

なので、月払いや年払いと同じく保険料支払の期間中は解約返戻金が保険料を上回ることがない全期前納払いを勧めました。

 

これで相続税の計算で少しでも節税になるはずです。

 

その後、妻が亡くなると死亡保険金は2人の子供に払われる事になります。

 

ここまで説明した後に奥様にアドバイスしました。

 

「奥様の老後や介護で面倒を見てくれる子供に保険金を多く渡す事ができます。死亡保険金の受取比率を50:50でなく60:40でも契約者になった奥様が簡単に変更できます」と。

 

これで、病弱な夫が子供に保険金を渡したいと言う思いを叶える事ができるし、奥様はご自分の面倒をみてくれた子供にその分のお金を保険金で渡す事ができます。

 

決まったパターンの商品を売るだけの保険セールスではなく、お客様の想いは何か、その想いを実現するために保険で何ができるのかをトコトン考える保険コンサルは保険商品の知識だけでなく知恵も求められます。

 

いつも苦労しますが、お客様の想いに合ったアイディアができると面白くてやりがいを感じます。

 

 

栃木・宇都宮の

FP・保険コンサルタント

五十嵐良太郎

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、保険の記事ではなくお客様についての記事です。

 

私の保険見直しの店(事務所兼用)は宇都宮駅に近いショッピングセンターの一角にあり、様々なお客様が行き交います。

 

何もする事がなくなると店頭に出てチラシを配ったり話しかけたりしていますが、本当にいろんなお客様がいるんだなと思います。

 

 

●まるで関心がなく無視されるお客様

 

若いOLやサラリーマンは、ほとんど保険やライフプランなど関係ないと言う顔で通りすぎます。無視されます。私も若い時はまったく興味がなかったのでこれは分かります。

 

●嫌悪感を持っているお客様

 

60歳位の経営者風のお客様で、声をかけて保険の話をすると急に怒り出したのにはビックリしました。さらに「オレに保険を勧めやがって!」と言われた経験があります。

 

捨て台詞を吐かなくても嫌な顔をされるのは毎度の事です。おそらく過去に保険で嫌な事があったのかもしれません。

 

●「(保険に)入っているから大丈夫です」と言われるお客様

 

断る時にやんわりと「大丈夫です」と言うのはどの県でも共通のようです。

 

お客様の中で一番比率が多いです。でも聞いてみると、どんな保険で保障額なのかほとんど覚えていないようです。

 

とにかく入っているから大丈夫と思っているお客様で、後になって「こんな(保険料が2倍になる)保険だと思わなかった!」と当店に駆け込んで来られるお客様が結構います。

 

加入する時に説明を受けていたはずなのに、完全に忘れていて保険営業の文句ばかりになります。

 

●冷やかしで来店されるお客様

 

「良い保険はないか?」と突然来られるお客様で、結果的には調子のいいお客様です。

 

いろいろ説明を聞いて、また来るからと言って二度と来ないお客様です。(こちらは説明が悪かったのかなと反省したりします)

 

 

●すべての保険を比較したいと来店されるお客様

 

残念ですが、保険ショップのように20~30社の保険会社の商品を扱っていないし、保険選びだけを重要視しているお客様には近所の保険ショップを即紹介します。

 

●健康に不安があったり病気になってしまったけど言わないお客様

 

これについては、過去に書いた記事がありますので、そちらをご覧ください。記事の最後にURLを載せています。

 

●当店のホームページや講師をしたセミナー記事を見られて来店されるお客様

 

当店の特徴やセミナーの内容を読んでいただいているので何を準備したら良いのか理解されています。すぐにコンサル料金の交渉をされる場合もあります。

 

いろんなお客様がいる中で一番比率が低いお客様で、ありがたいお客様です。

 

さあ、明日はどんなお客様と出会いがあるか楽しみです。照れ

 

 

<お客様に関する記事>

保険の店に来店される困ったお客様と対応について

http://ameblo.jp/ifpo7925/entry-12215674079.html

 

栃木・宇都宮の

FP・保険コンサルタント

五十嵐良太郎

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の記事で、為替リスクを理解していて、より多くの保障が欲しいと言う方に米ドル建て終身保険はお勧めの終身保険だと書きました。

 

では、米ドル建て終身保険と保険料変更後の円建て低解約返戻金型終身保険はどのくらい違うのでしょうか?今回はその説明です。

 

下の図は、米ドル建て終身保険で保険金額は10万米ドル(1100万円)です。月額保険料は28,534円。支払いが終了した66歳の解約返戻金は693万円です。

※110円/米ドルで計算した場合です。

 

 

さらに、下の図は、ある低解約返戻金型終身保険で保険金額は1000万円です。月額保険料は36,500円。支払いが終了した66歳の解約返戻金は898万円です。

 

 

保険料や解約返戻金も低解約返戻金型終身保険の方が1.3倍です。

 

言い方を変えれば、米ドル建て終身保険の方は低解約返戻金型終身保険の0.8(80%)で同じ保険金に加入できると言う事です。

 

さらに、ここに載せていませんが66歳以降の解約返戻率は、米ドル建て終身保険は毎年約2%多くなるのに、低解約返戻金型終身保険は毎年約0.5%しか多くなりません。

 

66歳時点では低解約返戻金型終身保険の方が解約返戻率は多いですが、67歳で解約返戻率は逆転します。

 

だから、より多くの保障が欲しいと言う方にはお勧めだと書きましたし支払い後の解約返戻金の増え方でも有利です。

 

ただ、欠点は為替リスクがあると言う事です。

 

でも、解約返戻金や保険金をもらう時は円でもらわずにドルでもらうと言う選択もあるのではないでしょうか?

 

外貨預金口座を作って米ドルで預金するのです。金利が高く為替手数料が安い国内銀行はWEBですぐ調べる事ができます。

 

資産分散の観点からも世界の流通貨幣の40%以上の基軸通貨である米ドルを持つという事も良いのではと思っています。

 

 

栃木・宇都宮の

FP・保険コンサルタント

五十嵐良太郎

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。