ピッタリな家づくりコンサルタントのブログ

完全独立の立場だからいえる「家づくりの急所」を出し惜しみなしでお伝えします。


テーマ:

■自由度が高い「木造軸組工法」


●今も主流の在来工法


木の柱と梁(はり)、筋交いなどで組み上げる木造軸組工法は、

昔も今も日本の家づくりの主流です。(全体の6割以上が在来工法)

最近では、工場で加工するプレカットや、補強金物によりバラつきは

少なくなりましたが、職人の熟練度により仕上がりが違ってきてしまうのは否めません。


●構造的な制約が少なく、プランの自由度は高い。


柱や梁で組む構造なので、他の工法に比べると間取りの自由度は高く、開口部も大きくとれる。

価格もローコスト住宅からこう高級仕様の住宅まで幅が広い。


工期は、4ヶ月前後が目安。

〈代表的なメーカー〉 住友林業・一条工務店・三井ハウス・アイフルホームなど


■気密性や耐震・断熱性に優れた2×4工法


●安定人気の「壁」で支える枠組み壁工法


1970年代に北米から日本に取り入れられた2×4住宅は急速的に広まりました。

6面体で支える箱型の構造は、耐震性の高さが特徴で、高気密・高断熱の家ができることで

注目されています。さらに構造を強固にできる2×6工法もあります。


●比較的オープンな空間が可能、吹き抜けや小屋裏が作りやすい特徴があります。


ただし、体力壁の影響で開口部の制限があり、デザインに影響することもあります。


工期は3ヶ月前後が目安。

〈代表的なメーカー〉 三井ホーム・三菱地所ホーム・住友林業ツーバイフォーなど


■品質の均一化と短い工期が特徴のプレハブ工法


構造部分の多くが工場生産されるプレハブ住宅には、様々な工法・材質があります。


●木質系

木の枠に断熱材を充填し、合板を張った木質パネルを工場でつくり、現場で接着剤・

釘・金物で組み上げていく。建て方は、枠組み壁工法に近い。


〈代表的なメーカー〉 積水ハイム・ミサワホーム・エスバイエルなど


●鉄骨系


プレハブ工法の中でも、一番多いのが、軽量鉄骨の軸組み工法。一般的には、鉄骨の柱と梁、

ブレース(筋交い)で構造をつくり、工場生産のパネルを取りつけます。


〈代表的なメーカー〉 積水ハウス・大和ハウス・パナホームなど


●コンクリート系


鉄筋コンクリートのパネルを工場でつくり、現場で組み立てる枠組み壁工法の一種。

コンクリートは現場うちのものより、品質は安定している。


〈代表的なメーカー〉 大成建設(パルコン)


●ユニット系


骨組みから壁・内部下地まで、工場で箱型のユニットをつくってしまい、現場で組み立て一体化

させます。工程の80%を工場で生産するので、工期は短く、低コストです。


〈代表的なメーカー〉 セキスイハイム・トヨタホームなど


あなたの最適な工法をチェックできます。⇒コチラ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハウスナビ関さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。