曳家岡本のブログ

東日本大地震以降、ご招聘いただきましたら全国で曳家・家の傾き(沈下修正工事)、家起こしなどをさせていただいている曳家職人・岡本直也の現場と時々(笑)子どもの悩みを書いているブログです。


テーマ:

千葉県いすみ市での古民家の傾き(沈下修正工事)+家起こし 完了いたしました。

ご依頼いただきましたお施主さん・森田さんと最後に記念撮影(笑)

昨日、現場に着くと、森田さんの奥さまが、ちょっと興奮した感じで、

「こんなにきれい直るなんて!嬉しいです。自分も家起こししている場面を見たかったです」

「もし、この家を売ることがあったら床板を外して、この家はきっちり基礎を直してますから!と、まずは床下を見てもらいます(笑)」

と言ってくださったのが、本当に嬉しいです。

「親方、こんなに大きな基礎にしくなくても良いんはないですか?」と言っていた松嶋さんも、全ての鉄骨を解体、撤去して見ると・・・

「大きいと思ってたけど、これは安心感のある良い基礎ですよね」

と言ってくれました(笑)

いや造ってくれたのは松嶋さんと飯田くん、藤長くんなんですが(汗)。

足固めを入れるまでの間、仮筋交いと、足元にも荷締めベルトを入れておきます。

後は、かつお大工協力のもと、森田さん(お施主さん)がセルフビルドで定年までの数年間でゆっくり直すそうです。

良いな~。じっくり自分で直して、そこで住むなんて、風情があります。

 

最期は、畑で採れたお野菜をいただきました。

家内が「うちのじいちゃんが畑で作っていたような野菜(笑)」と喜んでおりました。

 

一週間前の、「マトリックス」ばりの凝縮された時間を過ごした場所が片づけられるのは寂しくもありますが・・

梅雨前線のように、ずっと居座るわけにもゆきませんので、撤退~そして次にお互い進まなくてはなりません。

 

次は高知県で沈下修正工事をした後、初めて広島県に伺います。

曳家岡本の旅は続きます。

 

エピローグ

いすみ市での最終仕上げ中に、他で古民家修復のご相談をメール、電話でさせていただいていたO氏が訪ねてきてくださいました。

なんと!!O氏、20年もの経験のある曳家職人さんだったのですが、

独立されたとのことで。

新規に大量の資材の購入、保管するための倉庫の確保が悩ましいため、弊社に提携を打診してくださいました。

いやいや・・ありがたい!(笑)でもなぁ~。年末に向けてお話いただいている案件も、元曳家さんからのお話でして。

同業者の方からのご指名は本当に身が引き締まる想いです。

まあ、自分はたいしたことなくて、地味に枕木、組んで、みんなに助けてもらっているだけですから。

どんな現場も一生懸命やるだけですけど・・本当にプレッシャーぜよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も!日曜日ですが・・曳家岡本・木工部部長、かつお親方のスケジュールに合わせて仕事してました。

とうとう今日、家起こしを実際にしました!

曳家岡本と云えば、しつこい枕木組みですが・・今回はしつこい鉄骨の組み直しです。

 

まず丸桁(がぎょう)は、こんな風に押す細工をしてみました。

床下に「反力」を獲るために組みまくった鉄骨から、うまくつないで伸ばしてきた先端に、ジャッキ台を作って押しました。

ジャッキが倒れないようにボルトで留めを作ってみたり。桁側にも、きれいに当るように、丸くカットをしてもらいました。

 

そして・・家の内部も!!

 

小屋裏の造りの関係でなかなか起きてくれない部分には、曳家の必殺技「かやし(突き掛け)」で、鴨居を動きやすくするために、またまた枕木を組みました。

右側に見える廊下側には、丸桁と柱の間に、真横に「押しジャッキ」を掛けるために、小さな枕木組みです。

とにかく、一部の柱がややコンディションの良く無い古材を使っていましたので、それらを折らないように配慮しつつ、出来る限り多くの点からワイヤーを獲ります。

そして強く締めては、弛めて~を5回ほど繰り返して、「家を揺すりながら」目標の建てりに近づけてゆきます。

起きたところから、再び戻らないよう仮筋交いを入れてゆきます。

 

今日も(笑)

補償積算会社のI所長が資料撮影に来てくれてました。

「自分らも軸組補正という項目で積算をしてきたけど、実際の現場を見るのは初めてですよ。」

 

いやいやいや・・自分にとっても屋根も外壁も取り省かないままの、家起こしは初挑戦でした。

上手くできたと思いますが・・いや~~今日は時間の過ぎるのが早かったです。

 

お手伝いいただきました、地元の大工さん、金盛さん、濱田さん、いつもの伊勢さん本当にありがとうぜよ!

みんなあに手伝うてもろうてまっことえい仕事になったき(笑)

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

千葉県いすみ市の古民家修復の現場。

沈下修正工事は終わりまして、腐っていた土台を取り外し、改めて、柱勝ちの状態に戻しました。

それをあらたに造った大きな独立基礎に降ろしてゆきます。

 

この基礎のサイズは65cm×65cm 厚みは20cmです。

これは自分の東日本大震災の後、郡山市のお寺や熊本県益城町の被災家屋を見せていただいた経験から、

あのような地震でおよそ前後に30cmほど動いていましたので、それならば同じくらい動いても落ちない大きさにしようと、このサイズにしました。

もちろん耐圧板としての効果も狙っています。

そして、その新しい基礎の廻りを碁盤の目のように、鉄骨を組んでゆきます。

画像をよく見ていただくと判りますが、下段の鉄骨を通すために、またまた掘り込んでいます。

これは、またまた貫や大引きを残すための細工です。

邪魔なものは撤去してしまって、その後、リフォームしてしまえば簡単でしょうし。

「家起こしするために、やむを得なかったんです」と云えば誰も文句は言わないでしょうが。

自分が言います。

 

たぶん家起こしそのものは30分程度で終わるのに・・ワイヤーの反力を確保するためだけに、ここまで床下に鉄骨を組んでいます。

もうすぐ、この現場のクライマックスです。

 

こちらの現場に入ってから、急遽、ご依頼いただいた、曳家および沈下修正技術に関するセミナー「曳家塾」を夷隅文化会館で7月4日(火曜)に開催していただきました。

平日、しかも台風が近づいている中、50名を越える建築士、大工、などなどが集まってくださいました。

自分として今回も反省するばかりでしたが・・評価は高く、この後の秋にも他での開催を打診していただきました。

 

曳家の技術を知っていただいて、活用していただくために、お声かけいただければこちらも全国対応のつもりです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)