反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨船妨害事件で、傷害や威力業務妨害の罪に問われたSSの小型高速船元船長でニュージーランド国籍のピーター・ベスーン被告(45)の公判が31日、東京地裁(多和田隆史裁判長)であった。ベスーン被告は被告人質問で、「反捕鯨団体が記録映像などを示して反対しているのに、それを無視している」と、日本の活動を批判した。
 ベスーン被告は「ニュージーランドの裏庭のような海で捕鯨が行われることに不満がある」と供述。一方で、「捕鯨にかかわる人はすべて悪魔だと思っていたが、(身柄拘束後に)一緒に過ごすとすばらしい人々だった。彼らは職務を全うしているだけで、日本人に対していかなる恨みもない」とも語り、「今後南極海に行くことはないと思う」とした。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
IWC総会に暗雲=豪、日本の調査捕鯨提訴へ
日本の調査捕鯨を国際提訴へ=来週、正式手続き
改定案交渉を楽観=「多くがクジラ減少を認識」-IWC議長

リバーシブルなミニカー? バンダイ「VooV」登場
泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因
「仮想空間」マルチ商法 きょう強制捜査 埼玉県警(産経新聞)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
<普天間>辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
AD