東京都の石原慎太郎知事は15日の記者会見で、政府が国会提出を検討している永住外国人に地方参政権を付与する法案について「絶対反対。日本に永住する方なら日本の国籍を取ったらいい」と述べ、法案提出に反対する考えを強調した。
 知事は、地方分権が進めば「地方の行政によって国全体が動くことがある」と指摘。「国籍を持たない人たちの意向で国そのものが左右されかねない」と懸念を示した。 

【関連ニュース】
外国と中小支援ファンド=新銀行再建にも有効
待機児解消は期待薄?=保育所面積の地方委任-7割が国上回る基準・23区、政令市
議会同意なければ断念=20年夏季五輪招致で
与党の予算重点要望要旨
「義務付け」見直し閣議決定=通常国会に地域主権一括法案

ハイチに自衛官派遣(時事通信)
6時間監禁し、テレビなど奪った男2人を逮捕 栃木・小山署(産経新聞)
<前原国交相>JR不採用問題「早く解決を」(毎日新聞)
統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑-県警(時事通信)
病院や老健などを緊急保証制度の対象に―全老健が要望(医療介護CBニュース)
AD