住み心地のいい家を建てるコツ:メルマガ快適住宅論

住み心地のいい家、快適で楽しい暮らしができる安くてあったかい家づくりに役立つブログ。薪ストーブのある省エネ・低燃費な外断熱の住宅、注文住宅、リフォーム、リノベーション、メンテナンスの相談受付中!・・・メルマガ快適住宅論


テーマ:
● 開催中!裏磐梯体感ハウス見学会・体感宿泊

体感ハウス1

体感ハウス2

ご来場いただいたみなさま
ありがとうございます!

また、裏磐梯体感ハウスの高断熱技術について

福島建設工業新聞さん

福島民報新聞さん

福島民友新聞さん

に記事として掲載され
紹介されました。

ありがとうございました。

現在は、随時ご覧いただいています。

見学、または体感宿泊ご希望の方は、
ご都合の良い日時でご予約下さい。

今なら、シーツ代でいただいておりました
体感宿泊費は無料です。

ログハウススタイルの住宅でありながら、
今までのモデルハウでは実現することができなかった、
断熱材100ミリという
超高断熱で超高気密な住宅を
ぜひ、体感してみてください。

酒井
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、酒井です。

ハウスメーカーの家は、
どれも同じに見えます。

えっ、酒井さん。

ハウスメーカーは、
外観のデザインが違うじゃないですか?

と、突っ込まれそうですが、
確かに違うデザインだと思います。

私もそれは分かります。

でも何となく似ていますよね。

それは、使っている材料が同じだから。

結論としては、同じような建材で
建てているからということになります。

オリジナルで作っているところもあるのではないのですか?

と、また言われそうですが、
そうですよね。

でも、量産された建材であることには変わりないでしょう。

ここでいう建材というのは、
「新建材」のことです。

戦後に登場して来た新しい建材です。

大量に安く生産されたものです。

たとえば、合板の表面に床の模様が印刷された
ビニールが貼ってあるフローリング。

壁に使われるビニルクロスもそうですね。

グラスウールという断熱材もですね。

ハウスメーカーでは、
一般の工務店が使うようなものよりも
さらに安いビニルクロスを使っています。

新建材で出来た家であれば、
ほぼ同じ家というくくりになるでしょう。

戦後の日本で、
大量に安く建てるために作られた材料です。

ですから、住み心地はどうでしょう?

快適とか安心、安全とか、
健康というキーワードはどこにも出て来ません。

現在の日本の家というのは、
たくさんの大手ハウスメーカーが
建てています。

新建材でたくさんの家を、
コストがかからずに建てているのです。

では、新建材ではなく今までの建材というのは
どういうものでしょうか?

手があまり加えられていない自然な材料です。

手作業で行うので手間がかかる材料です。

大工さんのレベルが高くないとできません。

当たり前ですが、
今のハウスメーカーの大工さんでは
使いこなせません。

なので、世の中にはハウスメーカーの大工さんと
そうでない大工さんがいるのです。

ハウスメーカーだと大工さんの単価も安いので
手間のかかる家を造れないのです。

これからの家づくりでは、
ハウスメーカーの家と、
それ以外の家の違いを良くてみてください。

酒井
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
酒井です。

いろんなところで、
自然素材の家を売りにしている
住宅メーカーが増えましたね。

何を根拠に、

何を理由に、

何が自然素材なの?

どこまで自然素材の家としているのでしょうか?



答えは、

「住宅会社ごとに違う」です。

比較しようがないので困りますね。

でも、私も自然素材の家が大好きです。

私が考える自然素材の家について
書いてみたいと思います。

書くことがたくさんあるので、
なるべく簡単にお伝えします。



答えは、

「ハウスメーカーでないもの」です。


ハウスメーカーが使ってない材料で作られた家です(笑)

ハウスメーカーって、
SハウスやDハウス、○○林業、○条工務店、
○マホームなどのことです。

そこで、使ってない材料のことです。

たとえば、

ビニルクロス、

合板フローリング、

塗料、

断熱材、

など、

「新築のいい香りだな」と感じる場合は、
体のどこかが悪くなっていないか心配です。

シックハウスと言われる毒物のために、
24時間換気扇が必要になりました。

まず、自然素材の家にするために
おさえておきたいポイントとして正しい答えは、

「ハウスメーカーで使っている材料かどうか」です。

ではまた!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
酒井です。

私はコンパクトカーが大好きです。

以前乗っていた車で一番小さかったのは
スマートという二人乗りの車でした。

スマートは、二人乗りでエンジンが座席の後ろにある車でした。

日本の軽自動車より小さいサイズで
きびきびと操作性も良くて
乗るほどに楽しくなる車でした。

ドイツ車ということで、
車体は小さいのに、
インテリアは広々です。

足回りもしっかりしていて
後輪駆動でターボですから
ゴーカートに乗ってるみたいな車でした。

車の話ばかりになりましたが、
必要最小限のサイズというのが、
住宅でもあります。

ただ小さいというわけではなくて、
使いやすくて動きやすい、
それでいて室内空間はひろびろしている。

生活しやすいというのも大事な要件になるでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● プレミアム・コンパクト

酒井です。

プレミアム・コンパクトは、

車にたとえるなら、

軽自動車から普通自動車の2000CC以下程度の

小さくて性能の良いモデルといえるでしょう。

日本やドイツ車はとくに、
コンパクトカー作りは最高にいい技術を持っています。


「小さくても性能が良い」というのは、

車だけではありません。

住宅も小さくて性能が良い

「プレミアムコンパクトハウス」

と言えるでしょう。

車にたとえるなら、

「性能が良い」というのは、

大きく分けると

・コンパクトなのに低燃費で馬力があるエンジン性能

・小気味好く乗り心地を左右する足回り

・安全性や剛性のあるボディーと外観のデザイン

・機能的で使いやすい室内空間

・手頃で適正な価格

ということになるでしょうか。

あくまで私の個人的な分け方です。

私は、何台もコンパクトカーを乗り継いで来ましたから、
私自身の車を選ぶ基準でもあります。

単なるコンパクトカーではないということです。

住宅でいうコンパクトカーは、
ローコスト住宅ということになるでしょう。

プレミアム・コンパクトな住宅はというと、

・コンパクトなのに低燃費、
 暖房がなくても夏は暖かく冬は涼しい

・家の温度差がなく、
 温湿度環境が良くて自由に行動しやすくなる

・コンパクトで外気や太陽熱からの熱効率の良さと
 住めば住むほど気に入ってしまうカッコいいデザイン

・コンパクトなのに、ゆったりしていて
 機能的で使いやすい間取り

・手頃で適正価格


最後のポイントの手頃で適正価格については、
車と住宅では同じ考え方でいけます。

コンパクトでありながら、
プレミアム感のあることがポイントです。

酒井
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)