東京・中学受験ママのマインド整理術・まついまり「大切なのは家じかん 」

ライフオーガナイズで学んだ思考の整理と、アンガーマネジメントコンサルタントのテクニックを合わせた手法で、中学受験生のママがイライラガミガミしないマインド整理術を提案しています。


テーマ:

裁縫セットは、いわゆる木製の裁縫箱に収納するものだとずっと思っていました。
「裁縫箱 木製」と検索すると出てくるアレです。


アレ自体は、とっても可愛いし、そんな裁縫セットを横に置きながら、ソファで刺繍するママって素敵だろうな〜Wハートと思いますが…


現実の私は、そんな素敵ママとは程遠いので、数年前に木製の裁縫箱を手放しました。





今、私が裁縫をする時は
・子どもの体操服の紅白帽のゴムが伸びでしまった時に交換する。
・ボタンが取れた時に付ける。
・子どもの服が破けたり、ほつれたりした時に補修する。
・ズボンのゴムや、巾着の紐が外れてしまった時に通す。(裁縫ではありませんが)


使用頻度は、それほど高くありません。
そのため、数年前にかさばる木製の裁縫箱を手放し、現在は無印良品のポリプロピレンケース・引出し式に収納しています。

{CDF5424D-6E72-4A94-83F5-94F6C871D2A9}



中身は、こんな感じです。
仕切りは、100均の透明プラスティックケース(左の列と中央の下)や、無印のポリプロピレンデスク内整理トレー(右の列)、どこで買ったか分からないほど昔から使っているプラスティックの箱(中央の上)がぴったり収まってます。


ちなみに針山やまち針は、子どもの頃から使っているもの汗

{72A7E903-2CAF-4232-9238-A3692757D11E}

もう、ミシンを使うことも少なくなってきたので、ミシン糸は半分くらい手放したいところです。
でも、小学生男子のいる我が家。
急に「音楽バッグが必要」「図工バッグが必要」「調理実習用のエプロンと三角巾が必要」と言われて、急遽、残り布で作ることもあるので、まだ残しています。
(時間があれば買いに行くのですが、ギリギリに言われるため、手作りせざるを得ないのですなくもっと早く言って欲しい〜。)



その裁縫セットの引き出しは、納戸に収納。
必要な時は、引き出しを取り出して、リビングに持って行って使っています。

{05F81A6F-A3D2-4C65-A66F-C9C7BE9D289B}


使用頻度が少ない我が家は、少し離れたところにあっても不便ではありません。

また、ついつい溜まりがちな洋服の予備ボタンは、洋服を買ってすぐ、タグに取り付けているので、この裁縫セットには入っていません。
過去記事、ご参考まで。


今、入園・入学前に手作りクッズを作成している方も多いと思いますが、この機会に裁縫セットを見直してみてはいかがでしょうか?

★ ★ ★ 現在、募集中の講座 ★ ★ ★

ライフオーガナイザー入門講座 
・3月14日(火)10:00〜12:30(最大13:00)→3/14申し込みフォーム

アンガーマネジメント入門講座
・3月7日(火)@渋谷10:00~11:30→3/7申し込みフォーム  





素敵な暮らしをしている方が沢山!私も参考にしています。
↓↓↓

にほんブログ村

全国のライフオーガナイザーが集まっています。
↓↓↓

にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中学受験ママのマインド整理 松居麻里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります