元駐米大使、元外務次官の村田良平氏が18日午後2時5分、京都市内の自宅で死去していたことが19日、わかった。80歳だった。

 村田氏は1952年、京都大卒業後に外務省に入省。中近東アフリカ局長などを経て、外務次官、駐米大使、駐独大使などを歴任した。

 退官後は青山学院大学教授などを務め、2008年には「村田良平回想録」(ミネルヴァ書房)を出版した。昨年6月には、日米間の核持ち込みに関する「密約」に関連し、歴代次官の間で引き継ぎ書が存在したことを明らかにしていた。

社民福岡県連「ついでに」朝鮮学校で常任幹事会(読売新聞)
「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)
アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前-海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)
<北教組事件>小林議員処分へ 鳩山首相(毎日新聞)
初のハイブリッド機関車公開=排出ガス40%削減目指す-JR貨物(時事通信)
AD