社民党は10日午前、党本部で常任幹事会を開き、政治資金規正法違反罪で起訴された民主党衆院議員、石川知裕被告について、衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席して事実確認をする必要があるとの認識で一致した。

 社民党の重野安正幹事長は記者会見で「国会議員の身分は重い。段階を踏んで結論を導き出すべきだ。議員辞職勧告決議案の賛否の前にまず政倫審を開いて弁明の場を作れと要求する」と述べ、民主、国民新両党にも政倫審の開催を呼びかける方針を示した。

 重野氏はまた、民主党の小沢一郎幹事長については「小沢氏は不起訴だったので、石川氏への対応とは線を引くべきだ。願わくば国民に対し正面から向き合って説明する必要があるのではないか」と述べ、小沢氏に説明責任を果たすよう求めた。

【関連記事】
「お家事情」を意識? 石川議員離党で「小沢氏の責任」封印か
突然の“大”否定!首相、小沢氏への発言で食い違い
石川被告、民主党離党へ きょう小沢氏に伝達
小沢氏「潔白」宣言 開き直りとしか思えない
“マニフェスト違反”で攻防 政治とカネに続く難問?

鳩山政権は公約違反=共産・小池氏(時事通信)
<性同一性障害>理解求め手探り…女児として登校(毎日新聞)
<石川議員>「辞職、離党しない」 保釈後、初会見(毎日新聞)
<山本病院>看護師「機転」物証に 放置腫瘍を検査に(毎日新聞)
吉村参院議員が国民新入り=地元・福岡で表明(時事通信)
AD