東京・上野動物園では、この春に生まれた動物の赤ちゃんが来園者の目を楽しませている。5月生まれの5匹が暮らす「ニホンザル」のサル山では、お母さんザルがおなかにしがみついた子どもを揺らして移動する姿や、わが子の毛繕いをするほほえましい姿を目にすることができる。4月生まれの8匹がいる「オグロプレーリードッグ」は、毛がそろい5月上旬から巣穴を飛び出した。手のひらほどの体を揺らし動き回る姿は愛らしく、訪れた人をくぎ付けに。食事時には後ろ脚で立ち、前脚で牧草をつかんで旺盛な食欲を見せている。

【写真特集】上野動物園で生まれた赤ちゃんたち 後ろ足で立つプレーリードッグも

 今春は「ワオキツネザル」(3月、1匹)、「ブラッザグノエン」(4月、1匹)、「コモンマーモセット」(4月、2匹)などサル類の子どもが多く生まれた。1日にはカリフォルニアアシカの赤ちゃんも仲間入りし、11日から一般公開を開始した。09年11月生まれのゴリラの「コモモ」も根強い人気。母ゴリラの腕の中で伸びをするほほえましい姿を見ることができる。

 開園時間は午前9時半から午後5時(入園は午後4時まで)。月曜休園(祝日のときは、翌日が休み)。入園料は一般600円、65歳以上300円、中学生200円。小学生以下と都内在住、在学の中学生は無料。【西村綾乃】

<おたる水族館>白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)
<性同一性障害>学校への相談…15都府県が把握 本紙調査(毎日新聞)
10人不明の長崎沖漁船沈没、船内から2遺体(読売新聞)
「参院選に政治生命」=自民・谷垣氏、敗北なら辞任示唆(時事通信)
SFCGを本格捜査へ=破綻直前資産隠しか―民事再生法違反の疑い・警視庁(時事通信)
AD