自宅で暴れる長女=当時(20)=を殺害したとして、殺人罪に問われた元団体役員菅野一夫被告(56)に対する裁判員裁判で、奈良地裁(石川恭司裁判長)は29日、懲役7年(求刑懲役10年)を言い渡した。
 検察側は論告で、菅野被告が長女の家庭内暴力に悩んでいたと指摘。「動かなくなるまで2~3分間にわたり首を絞め続けており、殺意は明らか」としていた。
 弁護側は、殺意はなく傷害致死罪が相当と主張していた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年
死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴
2件目の強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死
「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判

「ガンブラー」、サーバーは独仏など5か国(読売新聞)
日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調-鳩山首相(時事通信)
<早大OB相場操縦>元投資会社社長に懲役2年2月求刑(毎日新聞)
女子トイレ侵入の教諭、ビデオに自分映り逮捕(読売新聞)
水俣病和解案、熊本知事も受け入れ正式表明(読売新聞)
AD