アイドルソロクイーンコンテスト公式ブログ

第3回アイドルソロクイーンコンテストの最新情報をお届けします。

第4回アイドルソロクイーンコンテスト 


■地区予選
3月5日(日)北海道地区予選 札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校
3月12日(日)九州地区予選 福岡ぽんプラザホール
3月25日(土)東北地区予選 多賀城市文化センター小ホール
4月2日(日)関東地区予選① 目黒区中小企業センターホール
4月8日(土)関西地区予選  阿部野区民センター大ホール
4月15日(土)中部地区予選 名古屋市北文化小劇場ホール
4月22日(土)関東地区予選② 目黒区中小企業センターホール


■全国大会  渋谷さくらホール 
5月5日(金)最終予選or敗者復活戦 前夜祭
5月6日(土)準々決勝  
5月7日(日)準決勝・決勝


アイドルソロクイーンコンテスト公式サイト
http://www.idolsoloqueen.com/

※エントリー受付中!


テーマ:

第4回アイドルソロクイーンコンテストの概要が決まりました。
地区予選は、札幌、大阪、福岡に加えて、今回から仙台、名古屋でも開催いたします。
今回もフジテレビとラジオNIKKEIとUSENで放送。
優勝者だけでなく、2位の方にも、サンシャインシティ噴水広場でのソロライブ権が贈呈されることになりました。


また、北海道予選と九州予選のブロック1位の方には東京への交通費補助として2万円を贈呈、東北予選、関西予選、中部予選のブロック1位の方には東京への交通費補助として1万円を贈呈します。

 

歌とダンスの審査基準を明確にするため、歌の審査は、音程、リズム、表現力、声量の4部門に分け、それぞれ10点満点で審査して合計点で順位を決めます。ダンス審査は、 技術、リズム感、表現力、運動量の4部門に分け、それぞれ10点満点で審査して合計点で順位を決めます。


ユニット、ソロは問いませんが、ソロでの出場になります。エントリーは公式サイトのフォームからお送りください。全国のアイドルさんからのエントリーをお待ちしております!

___________________________________

第4回アイドルソロクイーンコンテスト 


■地区予選
3月5日(日)北海道地区予選 札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校

3月12日(日)九州地区予選 福岡ぽんプラザホール

3月25日(土)東北地区予選 多賀城市文化センター小ホール

4月2日(日)関東地区予選① 目黒区中小企業センターホール

4月8日(土)関西地区予選  阿部野区民センター大ホール

4月15日(土)中部地区予選 名古屋市北文化小劇場ホール

4月22日(土)関東地区予選② 目黒区中小企業センターホール

※地区予選は通常ライブタイムを行った後、コンテストになります。物販タイムは十分取ります。
※北海道予選と九州予選のブロック1位の方には東京への交通費補助として2万円を贈呈します。
※東北予選、関西予選、中部予選のブロック1位の方には東京への交通費補助として1万円を贈呈します。


■全国大会  渋谷さくらホール キャパ客席730席
5月5日(金)最終予選or敗者復活戦 前夜祭
5月6日(土)準々決勝  
5月7日(日)準決勝・決勝

※5月5日(金)前夜祭は自由参加です。

●大会ルール
歌は持ち歌は不可。他のアイドルのカバーを歌います。(オリジナルの持ち歌でない限り曲のジャンルは何でもOK)

※地区予選は、自由選曲でワンコーラス(1番だけ)歌います。審査で成績上位者が準々決勝に進みます。
※準々決勝は、自由選曲でワンコーラス(1番だけ)歌います。審査で成績上位者が準決勝に進みます。
※準決勝は、自由選曲でワンコーラス(1番だけ)歌います。審査で成績上位16人が決勝に進みます。
※決勝は、自由選曲でフルコーラス歌います。予選、準決勝と同じ歌でも違う歌でもOK。 

●審査ルール
審査は下記4部門になります。各部門専門の審査員が1位~最下位までを決めます。
1位1点、2位2点・・・・10位10点と順位点をつけます。ビジュアルポイントが入った人は合計からポイントを引きます。
順位点の合計が 一番小さい人が1位になります。

①歌唱力部門  音程、リズム、表現力、声量を10点満点で審査して4部門の合計点で順位を決めます。
②ダンス部門 技術、リズム感、表現力、運動量を10点満点で審査して4部門の合計点で順位を決めます。
③ビジュアル部門  審査員5人がビジュアルがいいと思う3人を選びます。一人に付き1ポイント。
④パフォーマンス部門  観客がパフォーマンスがよかった2人に投票します。

※審査結果はすぐに発表します。
※合計得点が同点の場合は、歌とダンスの合計点が上の人が上位になります。
歌とダンスの合計点も同点の場合は、歌の順位が上の人が上位になります。
※バラードでダンスがない場合は、ダンス審査の運動量部門の得点が低くなります。

●メディア放送
①フジテレビ音楽番組「ミューサタ」でダイジェストが放送されます。
②ラジオNIKKEIで特番が全国放送されます。
③「スマホでUSEN」アイドルソロクイーンコンテスト特集番組が長期間放送されます。
そのほか各メディアで紹介されます。

●優勝及び上位入賞者賞品

■優勝賞品
①新星堂iPopMonthlyFes@池袋サンシャイン噴水広場 午後枠ソロライブ出演権
②フジテレビ「ミューサタ」インタビュー
③ラジオNIKKEI特番出演
④㈱USENより「スマホでUSEN」1時間番組ゲスト出演。持ち歌OA
⑤海外旅行2泊3日
そのほか豪華賞品が多数贈呈されます。

■2位賞品
①新星堂iPopMonthlyFes@池袋サンシャイン噴水広場 午前枠ソロライブ出演権
②ラジオNIKKEI特番出演
③㈱USENより「スマホでUSEN」1時間番組ゲスト出演。持ち歌OA

■3位賞品
①ラジオNIKKEI特番出演
②㈱USENより「スマホでUSEN」1時間番組ゲスト出演。持ち歌OA
③雑誌「Rocket」特集ページ出演

そのほか、成績上位者には協賛各社より賞品が贈呈されます。
①㈱USENより「スマホでUSEN」1時間番組ゲスト出演。持ち歌OA
②ラジオNIKKEI特番出演
協賛各賞は決まり次第発表します。

※優勝者は必ず来年の大会に出場していただきます。

アイドルソロクイーンコンテスト公式サイト
http://www.idolsoloqueen.com/

アイドルソロクイーンコンテスト公式ブログ
http://ameblo.jp/idolsoloqueen/

主催 アイドルソロクイーンコンテスト実行委員会
協賛 ㈱USEN 新星堂 タワーレコード渋谷店 TSUTAYA三軒茶屋店
放送 フジテレビ、ラジオNIKKEI
制作 (株)カンドウ   
制作協力 WORLD PRESS 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第4回アイドルソロクイーンコンテストの大会概要が決定しましたので、発表させていただきます。

 

第4回アイドルソロクイーンコンテスト大会概要


■地区予選
3月5日(日)北海道地区予選   札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校
3月12日(日)九州地区予選   福岡ぽんプラザホール
3月25日(土)東北地区予選   多賀城市文化センター小ホール
4月2日(日)関東地区予選①  目黒区中小企業センターホール
4月8日(土)関西地区予選   阿部野区民センター大ホール
4月15日(土)中部地区予選  名古屋市北文化小劇場ホール
4月22日(土)関東地区予選②  目黒区中小企業センターホール

 

 

■全国大会   渋谷さくらホール
5月5日(金)最終予選or敗者復活戦  前夜祭 
5月6日(土)準々決勝
5月7日(日)準決勝・決勝

 

※日程は変更になる場合があります。

※今大会から、東北地区予選と中部地区予選を開催いたします。

※実力者がドロー運により予選敗退することを極力避けるため、準々決勝を行います。

 

今後、公式サイトからエントリー受付を開始いたします。全国のアイドルさんからのエントリーをお待ちしております。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

遅くなりましたが、今大会に出場していただきました出場選手の皆様に改めて厚く御礼を申し上げます。


そして、この大会に所属アイドル様を出していただきました各事務所様、そして、会場にお越しいただき、選手に熱い応援をいただいたお客様にも御礼を申し上げます。


この大会はアイドル界で唯一の試合です。試合ということは勝ち負けが決まります。さらに、この大会は勝ち負けどころか、1位から最下位まで決まって、それが公表されます。それを覚悟の上で出場していただいた選手の皆様には大きな感謝とともに心からリスペクトします。


今大会も多くの涙が流れました。うれし涙、悔し涙、安堵の涙、ファンの方に申し訳ないという涙・・・選手、ファン、所属事務所の方が、ステージ上で、舞台袖で、楽屋で、客席で、涙を流しました。その流れた涙の量だけ、このタイトルは重みを増していくと実感しました。


今回、初めて地区予選を開催いたしました。各地区予選での出場選手のレベルの高さは予想以上で、代表になって東京へ行きたい!という熱い想いをひしひしと感じました。


地区予選を行ったことで、決勝のレベルは格段に上がりました。


決勝の16人のステージは凄い迫力でした。全国から勝ち上がってきた16人だけが決勝の舞台でフルコーラス歌えます。渾身のパフォーマンスは、感動的でした。


まるで、フィギュアスケートの全日本選手権女子フリーの演技を見ているような凄みがありました。相当な緊張感の中、精神を集中させて、1曲4分半の渾身のパフォーマンスを見せます。実力ナンバー1を決める女性の戦いは、全員が浅田真央さんや宮原知子さんのように見えました。


この大会は音楽ライブというよりもスポーツの試合に近い。今回負けてくやし涙を流した人は、日々努力して、ぜひ来年リベンジを果たして欲しいと思います。第4回大会はすでに始まっています。


今大会、地方の選手が多数上位に進出したのは代表決定後、準決勝まで時間があり、しっかり準備ができたことが大きいでしょう。

関東地区の選手は予選から準決勝まで2日連続になり、肉体的にも精神的にも厳しい闘いになりました。
そんな状況の中、関東勢で1位、2位に入った菅沼茉祐さんと二木蒼生さんは相当な力を持っていると思います。


次回は、公平を期すため、関東地区予選から準決勝までは1週間以上は空けたいと思います。また関東地区予選は出場選手の増加により、複数回開催いたします。


また、来年は、仙台と名古屋でも地区予選を開催する予定です。来年はさらなるレベルアップが予想されます。


第4回大会では、どんな感動を見せてくれるのか今から非常に楽しみです。



最後に、事務局選定の個人賞を発表します。


■技能賞


●歌1位 JUNNAさん (PPanashie★a~パナッシェ)
決勝で歌の審査員3人とも1位の快挙を達成しました。まぎれもなく今大会の歌姫でした。


●ダンス1位 愛桃千尋さん(Culumi) 
決勝でダンスの審査員3人とも1位の快挙を達成しました。まぎれもなく今大会のダンシングクイーンでした。


■敢闘賞


小川楓さん (DDプリンセス)
田島あやのさん (DDプリンセス)

関西地区予選では敗退しましたが、関東地区予選では見事に予選突破、リベンジを果たしました。その敢闘精神を讃えます。


■殊勲賞


白井美紗さん 
30歳で6位という素晴らしい成績を収め、全国の年長アイドルに勇気と希望を与えました。


■団体賞


ピンク・ベイビーズさん
初出場ながら決勝に3人を送り込むなど、今大会ピンク・ベイビーズ旋風を巻き起こしました。


■ミスソロクイーン賞

プロ野球の発展に貢献した「ミスタープロ野球」といえば長嶋茂雄さんですが、アイドルソロクイーンコンテストの発展に最も貢献した方にこの賞を送ります。


岡崎みさとさん (メグリアイ)
1回目8位、2回目優勝、3回目10位、これまでの3大会すべてに出場して素晴らしい成績を残しました。アイドル活動をしている限り、ソロクイーンコンテストの顔としてこれからも出場していただきたいと思います。


以上、おめでとうございます!特に賞品はありませんので名誉だけ受け取ってください。


今後随時、関東地区予選、準決勝、決勝の動画をアップします。激闘の模様をぜひご覧ください。



第4回大会の概要は決まり次第、発表します。また来年、この大会で会いましょう!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。