2011年07月18日 17時53分01秒

武蔵國一之宮・小野神社(東京都府中市)

テーマ:神社(東京都)

小野神社(おのじんじゃ)。


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-


東京都府中市住吉に鎮座。

御祭神は天下春命(アメノシタハルノミコト)、瀬織津姫命(セオリツヒメノミコト)。

社格は明治六年、郷社に列格。

延喜式神名帳に『武蔵國多磨郡 小野神社』と名の残る延喜式内社の論社のひとつ。



多摩川を隔てて、前回の記事の『小野神社 (多摩市)』の反対岸にある。
武蔵國総社・大國魂神社によると、武蔵國一の宮は多摩市の小野神社と記録されているが、府中・多摩の二社存在する理由として、


・もともとは府中側にあった小野神社を多摩側に分祀した(あるいはその逆、という説)

・多摩川の氾濫によって遷座を繰り返した結果、府中と多摩の二社となった


などの説があるため、こちらの小野神社がもともとの一の宮だという人も。

こういった事情からどちらがもともとの延喜式内社なのかははっきりしていない。




さてさてさて。

多摩市の小野神社を後にして、聖蹟桜ヶ丘駅から京王線で上り方面に1駅。

中河原駅で下車して府中の小野神社に向かいます。

やっぱり二社ある以上は、両方にお参りしないとね(`・ω・´)


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-


中河原駅から徒歩5分くらいだったかなあ。雨で歩きづらかったですけども。

道路沿いにこんな看板が見えてきます。

小野神社のあたりは『 小野宮 』という地名が残っているそうで、自治会館にも小野宮の名がついている。

この看板を目印に曲がると、小野神社まではもう少し。


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

     【 全景 】

思いっきり住宅街の中にある小野神社。

境内はそんなに広くはないけれども、きっちり整備されている様子。


鳥居は石造りの明神鳥居だけれども、すぐ隣に住宅があるためかちょっと窮屈そうに見える。


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

     【 参道 】


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

     【 手水舎 】

参道右手にある手水舎。

赤い柱が鮮やか。

でも、参拝者が少ないためか、宮司さん不在の神社なためか、水は出ておりませんでした (´・ω・`)


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

     【 拝殿前の左右の狛犬 】

狛犬の周りの白い点々はレンズについた水滴です。

いくら拭きとって撮影しても、すぐに濡れてしまって (´・ω・`)


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

     【 拝殿 】

郷社という格を考えると、ちょっと小ぶりな拝殿。

屋根と賽銭箱には御神紋である三つ巴の紋が施されている。

このあたり、多摩の小野神社は菊紋だったんですけど、同じ小野神社でも違うもんなんですねえ。

ちなみに、扁額にもちゃんと『延喜式内』の文字が刻まれています。


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

     【 本殿 】

一間社流造りの本殿。

朱色の柵がちょっと華やか。

拝殿はちょっともの寂しい感じがしていましたけど、本殿には風格を感じます。




さて、無事にお参りを済ませて……

普段なら境内の社務所に向かうところなんですが、こちらは普段は無人の兼務社。

そのため、御朱印をいただくにはこちらの神社を兼務している谷保天満宮 (※公式サイトにリンクしています)の社務所でお願いしなければなりません。


実は谷保天満宮には今年の年明けの時期にお参りしたんですが、その時は「忙しくない時期ならば対応できるんですが……」とのこと。

やっぱり正月過ぎくらいの時期は大変なようです (´・ω・`)



そんなわけで、中河原駅から京王線・南武線を乗り継いで谷保天満宮へ。

谷保天満宮に参拝して御朱印帳を購入するのにあわせて、府中の小野神社の御朱印もお願いします。



ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-

     (通常の御朱印帳)


で、こちらがいただいた御朱印。

初穂料は300円。

延喜式内・小野神社の論社ということは、武蔵國一の宮の論社でもある……ということで、御朱印にも『 武蔵國一之宮 』の文字が。


ゴシュイン☆デイズ -まったり御朱印あつめの日々-
     (全国一の宮御朱印帳)


というわけで、こちらは全国一の宮御朱印帳に頂いた御朱印。

多摩の小野神社 と同じく、全国一の宮会には未加盟の神社なので御朱印帳の予備のページに。

こちらも初穂料は300円でした。



中河原駅は京王線の各駅停車しか停まらない駅なんで、なかなか降りる機会は無いと思いますが……

でも、多摩市の小野神社を参拝したならば、必ず併せて参拝して頂きたい神社です。



しかし、大学時代には八王子に住んでたのに、当時は全く神社めぐりをしていなかったのが今になって悔やまれる…… (´・ω・`)

八王子市にある神社の御朱印とか、一か所も頂いてないので(´・ω:;.:...





■ 小野神社(府中市) への地図



大きな地図で見る



◆ 神社の情報



小野神社     おのじんじゃ


御祭神 : 天下春命、瀬織津姫命

社格等 : 武蔵國一の宮、延喜式内社(論社)、郷社

鎮座地 : 東京都府中市住吉町三丁目19-3



AD

安積ヨルカ(あさか・よるか)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■Re:小野神社

>こまいぬさん
コメントありがとうございます。
東京方面にお参りに行く時には、サイトを参考にお参りさせて頂いてますw


こまいぬさんのサイトの小野神社の記述から、そのオフ会の記事を見てみました。
こうして御朱印が普通に頂けるようになって本当にありがたいことで……、働きかけをして下さった先達の皆さんや応じて頂けた谷保天満宮さんに感謝ですね。

……あ、ちなみに一月上旬にお参りした時は若い神職さんが、

「小野神社……?無いと思いますけど……確認してみます」

とおっしゃってて、確認いただいたら、

「今の時期はちょっと対応出来なくて……あと何週間か経つと対応も出来るようになるそうなんですが……」

とのこと。
繁忙期は谷保天満宮のみの対応で、小野神社の御朱印には対応できない場合もあるようです。

7 ■Re:こんばんは!

>sagarifujiさん
コメントありがとうございます。
小野神社でいただける御朱印、実はそちらも頂きたいんですよねえ。
次にコメント頂いたこまいぬさんのサイト、古今御朱印研究所さんやその関連サイトの記述で知ったんですが、そちらの御朱印はまた違う印なんだそうで。
谷保天満宮で頂くと『神社之璽』という印で、小野神社で頂くと『小野神社之印』と刻まれた印が押して頂けるのだとか。
違う印となると、ついつい頂きにお参りしたくなるんですが……

でも、9月の第二週ってなかなか予定的に厳しいところなんですよねえ(´・ω・`)

6 ■Re:はじめまして

>御堂ともさん
はじまめまして、コメントありがとうございます。
府中の小野神社に行かれるとは、お目が高いですね(`・ω・´)
こちらを兼務してる谷保天満宮は電車で移動するとなると乗り換えがあってちょっと大変ですけど、それでも頂く価値のある御朱印ですよね。
谷保天満宮自体も素敵な神社ですし、是非またの機会にお参りされてみてはいかがでしょうか。

5 ■Re:無題

>みなみるさん
ねー。興味無かった時に限って、近くに居たりするんだよねえ。
高幡不動なんか、毎日通ってたのに御朱印をいただいたのは卒業間近になってからだし(;´・ω・)
福島に帰ってきたら東京に行きたくてしょうがなくなったり……

延喜式はおいらは知ってたんだけども、式内社を「しきだいしゃ」って言ってた宮司さんが居て、しばらくずっと「しきだいしゃ」って言ってましたw

4 ■小野神社

小野神社の御参拝、お疲れ様でした。

以前は、谷保天満宮に行っても「御朱印はない」の一言で終わりでした。

一昨年の9月、関東の神社めぐり プチ神楽殿で小野神社の御朱印をいただくオフ会が企画され、赤城おろしさんが交渉してくれて、御朱印がいただけたのですが、普段でもいただけるようになったんですね。

これで都内の主だった式内論社は常時拝受が可能になったわけで、ありがたいことです。

3 ■こんばんは!

参拝おつかれさまでした!

ちなみにご朱印ですが秋のお祭りの時ならばこちらの小野神社でもらえますよ!
9月の二週目だったかな?

でもわざわざそれに合わせて来る人はいないでしょうが(笑)

2 ■はじめまして

自分も そこのお宮にいきましたよ もっと早く知っていたら 御朱印いただきに行ったのに
残念です(;_;)

1 ■無題

ほんとだよね~。若い頃は何の興味も無かったもの・・・
日曜日に延喜式←これをエンギシキと読むんだと初めて知ったミナミです。
ずーっとえんきしきって読んでたわwww

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。