Twitterボタン
Twitterブログパーツ
新橋タウン情報 新橋ねっとへ
2013-04-22

成城学園のラグビーについて

テーマ:ラグビーチャレンジ
超々久しぶりの更新です。

FacebookやTwitterで短い文章は書いていましたが、
今回はちと長いのを書きたかったのでブログにて。

成城学園のラグビー部はかなり伝統もあり(1928年創部)、
初等学校から大学、OB会である成城ラガー倶楽部まで続いています。

ここまで一貫校としてラグビーがつながっている学校は数少なく、
近いところの私学では

成城学園
慶應幼稚舎
成蹊
青山学院
玉川学園

くらいでしょうか。
結構価値があるんです。

初等学校は結構強く(ラグビー部がある小学校も限られていますが)
中学はかなり強く(関東大会での優勝も数回あり)
高校はまあまあ強いのに(全国大会東京予選でベスト4)
大学はイマイチ弱い。(昨季は対抗戦Bで4位。)
でもセブンズ(7人制)はかなり強い。

昔からあるし
各校にもあるんですが、
どうもうまくつながっていないのが現状なのです。

それを踏まえつつ、、
成城大学ラグビー部GMとしてのぼくの目標は、
初等学校から大学の現役、学校法人、OB会、保護者の方々も全て巻き込み、
「成城学園ラグビーラボ(仮称)」を発足させること。

一貫校、ワンキャンパスならでは成城学園の魅力を
ラグビーを通じて表現したいと思っています。

そして成城ラグビーのスタイルを確立。
各校を強化しつつそれが継続的につながるため、
各世代で身に付けるべきスキル、プレイを明確にし、
それをフォローするための食事/栄養学、過ごし方、
また各校間のリンクを深くつなげるための合同練習など、
様々な取り組みを行なっていきたいと考えています。

表に出る結果としては、

初等学校:幼稚舎に圧勝すること
中学校 :関東大会、東日本大会の制覇
高等学校:花園出場
大学  :関東大学ラグビー対抗戦Aグループ昇格(大学選手権出場)

うーん、素晴らしい。
勝手に妄想しております。



私学の魅力が相対的に低下する現在、
その中でも立ち位置が中途半端になっている成城学園。
入学希望者数も年々減ってきています。

これから成城学園が益々価値のある学園になるために必要なのは、
学力なのか、就職なのか、スポーツなのか。それとも?
軸になるバリューを考え決めるのは学園理事の皆さんですが、、

ぼくはラグビー部のいちOBとして、
ラグビー部の強化、各校のつながりを深めることで
その一助になればと考えています。

そして出口はOB会の現役学生フォローの仕組み化、
例えば就活をフォローするためのシステムを構築すること。
そうすれば大学の魅力も増すはずです。

成城学園に入ってよかった!
ラグビー部に入ってよかった!

と思う子どもたち、保護者の方が増えることが、
結果的に成城学園の、ラグビーの魅力を高めることになるだろうと。


その仕組を作ることが、
成城学園に、ラグビーというスポーツにお世話になりまくっている
ぼくのできる恩返しだと思うのです。


学園側の後押しがある、ないに関わらず、
成城ラグビーに関わる人達が一丸となることで
新たなる価値を生み出すことができると思うのです。

そして各校がガッチリとつながった結果として、
強豪校の仲間入りができれば最高です。


余計なお世話なのですが、、
ぼくはそんなことを考えています。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012-05-18

成城大学ラグビー部のみんなへ。

テーマ:ラグビーチャレンジ
毎週末に話してはいるけれど、
なかなか言いたいことが言えないから、
ここで書きます。

ぼくの言いたいこと、
思っていることが、
ほんのちょっとでも伝わったら嬉しい。

スゲー長いけどね(笑)


ラグビー部のみんなへ


色々悩みも多いと思う。
キツイ練習も大変だと思う。
なかなか結果がでなくて
辛い日もあると思う。

でもそれが人生だ。
どんなステージになっても、
必ず違う種類の悩み、課題が絶対に出てくる。
その中でどれだけ楽しめるかが重要なんだ。

その悩み、課題に対してどれだけ真剣に取り組めるかで
人生の輝きは変わってくると思うんだ。


毎日毎日練習で、
週末には試合。
ケガも多い。

たくさん走れ!
集中しろ!
もっと食べろ!

色々大変だ。


4年生になると就活もある。
やりたいことがわかんねえ。
志望動機も見当たらない。
そもそも自分がわかんねえ。

なかなか内定が出ない。
欲しい。
先が見えない。
辛い。

ああ面接。
終わったら練習。
その後はバイト。
寝る前にはプロテイン。
やべーそろそろテストだよ。

やることたくさん。
将来が見えない。

不安。
楽しみ!
ちょっと不安。。


でもさ、
大人になっても色々あるんだよ。

働き出したら、
恐らく想像と現実の違いに驚くはず。
社会の大変さ、理不尽さに初めて気づくはず。

このオッサンなんなんだ?
マジ話通じねーし。
加齢臭ハンパねぇよ!

やっぱり留学すればよかったかな。
でも今更仕方ないじゃん。
んにゃ、まだチャンスあるか調べてみようかな。

働くって大変だ。
でも面白い!


結婚相手が見つからない。
そもそも彼女いねえし。
飲み会すっか!


愛する彼女とめでたく結婚。
相手のご両親とうまくやりたい。
でもうまくいかないときもある。


自分の時間がない。
自分のペースが乱れてきた。
そりゃそうだ、だって他人と暮らすんだもん。
元々うまくいかなくて当たり前。

放っておいても幸せなんかやってこない。
がんばって自分たちで作らなきゃ。


そろそろ子供が欲しい。
スカッとできることもあれば、
なかなかできないこともある。
こればっかりは運命だ。


子供ができた。
とにかく健康で産まれてくれれば…。

元気な赤ちゃんが!
可愛い!
自分の子供ってこんなに可愛いのか。
人生最高!

でも子育てって大変だ。。
お母さんは寝る暇もない。
それをがんばって手伝わなきゃ。

幼稚園どうしよう。
私立?公立?

はじめはただ健康を祈っていたのに、
どんどん欲求が出てくる。

親なんてそんなもん。


仕事がうまくいかない。
給料も少ねえしな。
転職すっか。
それとも起業してみっか。

転職した。
給料上がった。
もしかして下がるかも?
やっぱり完全な会社、仕事なんてない。
どこを好きになれるかだ。
やっていることを好きになれるかだ。

もしくは、
起業してみた。
好きなことやれるけど、
とにかく会社を回さなきゃ。

マジ銀行冷たいし。。
営業。
資本政策。
マネジメント。
資金繰り。

ああ、なんて小さいオレ。。
まるで海に浮かぶ葉っぱのようだ。。

お、結構伸びてきた!
ちょっと調子に乗りそうだ!

でも事業には終わりがない。
拡大し続けるのか。
ある程度で満足するのか。
IPOするのか。
バイアウトするのか。

社員のみんなは満足してるかな。
モチベーション上げなきゃ。


…。

例えばね。
人生はこんな感じ。

繰り返すけど、
いつになっても悩みは尽きない。
考えることはたくさんあるんだ。

でもそれ自体を楽しめるかどうか。
真剣に向き合えるかどうか。
結果は別として、、
その課題、悩みをクリアするために全力を出しきれるかどうか。

楽な方に逃げちゃったら、人生は絶対につまらなくなるんだよ。


みんなが素晴らしい人生を送れるように、
とにかく今を集中して欲しい。

今できることを全力で。
今やらなくちゃいけないことを、精一杯。

オレたちコーチ陣、OB達は、
その手伝いをちょっとしているだけ。

やるのはみんなだ。
がんばれよ!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-11-28

全敗から学べること

テーマ:ラグビーチャレンジ
11/26の学習院大学戦を最後に、
成城大学ラグビー部の今シーズンが終了しました。

結果は、全敗。
全ての試合で負けてしまいました。
勝つことができませんでした。

コーチ統括として、この結果を重く受け止めています。
自分の力のなさ、不甲斐なさ。
現役の学生やOB会、父母の皆さまをはじめとして
成城ラグビーを応援して下さる全ての方々にお詫び申し上げます。


ほとんど全ての休日はグラウンドに通い、
短い夏休みは菅平に行き、
それなりの時間を学生たちと過ごしてきました。

仕事以外の情熱のほとんどは、
ラグビー部に向けてきました。

でも、結果は出ませんでした。

学生たちは本当にキツイ練習をしてきたのに、
勝利を手にすることはできませんでした。

反省点はたくさんあります。
それはちゃんと来季に向けて、修正していきたいと思っています。

いいプレイはたくさんありました。
でもそれが、試合中最後まで続けられませんでした。
ほとんどの試合が後半最後の逆転負けでしたから。
自分たちのペースの握り方。
とても大きな課題です。

言い訳はしません。
他校と比べ、あらゆる面で恵まれてはいない環境なのは事実ですが、
それは最初からわかっていたことです。



今年の4年生は、春に大きな決断をしました。
この数年間で失ってしまっていた体育会としての情熱を取り戻すこと。
成城ラグビーのスタイルを復活、確立すること。

その結果練習は凄まじくハードになり、
たくさんの怪我人が出てしまいました。
部内でも色々衝突はあったと思います。

でもそれらを全て乗り越えて、
4年生はチームを引っ張ってくれました。

その結果、
成城大学ラグビー部の「スタイル」が復活しました。

小さい身体を逆に活かして、
テンポよく、外でトライを取り切るラグビー。
観ていて楽しいラグビーが。

ディフェンスを始め、フィジカルや細かな戦術面など、
ダメなことやできないこともたくさんあったけど、
その片鱗が、少しだけ見えたと思います。


これは今までにない、大きな変化。
新しい歴史の始まり。
素晴らしい成果だと思います。


だから結果だけに囚われず、
胸を張って引退して欲しい。
将来、どうか自信を持って語って欲しい。


心からそう思います。


4年生のみんな、
本当にお疲れさまでした。
仕事に留学に、新しいチャレンジ、全力でがんばって欲しい。
たまにはグランドに来いよ。
また一緒にやろう!

$未来日記2-ipodfile.jpg



3年生以下のみんな、
来季はリベンジの年だ。
とにかく勝てるチームになろう。

まずは体重を増やすこと。
オフ中に体脂肪率は変えずに10kg増ね。

そして部員をもっと増やそう!
目指せ1年20人!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-06-13

敗北から学ぶ。

テーマ:ラグビーチャレンジ
春唯一の公式戦である、成蹊大学との試合に惨敗しました。

向こうは僕らが目指している、対抗戦A。
こっちはB。

実力差は当然あったけれど、
もっといい勝負ができたはず。


負けたことはもちろん悔しいけれど、
残念ながら、やってきたことが出せなかったこと。
やろうとしていたラグビーが、少しもできなかったこと。
それが一番悔しかった。

言い訳はいくらでもできるけれど、これが今の実力。
そこをきっちり理解して、飲み込む必要がある。
この悔しさを、しっかり刻み込まないといけない。


その上で、ぼくらが勝つために、何をすべきなのか。
また学生、コーチ陣で、話し合う。

たった一歩、前に出てタックルができない理由を。


そしてこの夏、誰よりもどこよりも厳しい練習をして、
とことん絆を深め、
個人も組織も数段上のレベルに達して、
僕たちは戦うためのチームになり、
秋には勝つ。

絶対勝つんだ。

みんな、本当にがんばろうぜ。
本当に本当に厳しい練習して、絶対強くなろう。
勝って泣こう。

今しかできないことを誰よりも一生懸命やる。
それが一生の宝物になるから。


$未来日記2




備考:
ぼくらの時代は、成蹊にはほとんど負けたことなかった。
変われば変わるもんだ。

ああ悔しい。
本当に悔しい!!!!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-17

完全なる敗北から学んだこと。

テーマ:ラグビーチャレンジ
先週末、成城大学ラグビー部は東洋大学Aにこてんぱんにされました。
言い訳できないくらいの惨敗です。

東洋大学は個々もうまくて強いし、とてもいいチームでした。
残念ながら、かなりの実力差を感じました。


$未来日記2
東洋大学のグラウンド。素晴らしい環境!


選手達の心は、ポッキリと折れていたと思います。
やる気がなかったとは思いませんが、途中から立て直すこともできず。

シーズン始まってから、かなり走り込んできました。
それなりにキツイ練習をして、体力もついて、
達成感が少しはあったかもしれません。

でもそれが、今は全く通用しないことがわかったんです。
強いチームは、もっと声を出して泥臭く練習していることもわかったんです。

コーチ陣の責任も重大です。
プレイするのは学生ですが、指導しているのは我々ですから。


個人的に、すごく責任を感じました。

ぼくはトップリーガーでもないし、
近代ラグビーの勉強をし続けていたわけでもありません。
メニュー決めや細かい指導は大久保やタダシに任せっきりにしていました。

ぼくはメンタルや声だし、ちゃんと出し切れているかの確認。
怪我人の体幹強化。
HCの補佐。
監督との調整。
それがコーチ内の役割分担だと信じていました。

でもこれからは、もっと今のラグビーを勉強しないといけない。
上記に加えて、細かい部分や戦略についても、遠慮せずにコーチや学生達と議論できるようにしなければならない。

そう考え直しました。


また、成城が他校に比べて常に体格に劣るのは昔からの伝統ですが、、
近代ラグビーは昔よりも接点の激しさが増しており、
より大きく強い身体が求められています。

そこの強化をします。
出来る限り学生達を我が家に招いて、たくさんご飯を食べさせようかと。
良質なタンパク質の補給はぼくの趣味でもありますから、
趣味と実益を兼ねることができてラッキー!でもあるわけです。
R15にも強制的に食べさせられるし。


あとは、メンタルの強化。
しなやかな心の持ち方。

相手に勝つのが目的ですが、
そのために、まずは自分の弱さを認識する必要があります。
そして自分に勝たなければいけません。

そうじゃないと、強くなるためのキツイ練習を乗り切れないんです。
自主的に取り組む心がないと、練習が実にならないんです。

強くなりたい。
でも今は弱い。
弱いから、努力する。
努力すれば、結果がついてくる。
そうすれば、もっと強くなりたくなる。
さらに努力を続け、結果的により強くなる。

ゴールのない、向上心の好循環。

これは、ビジネスの世界でもまったく同じです。
いや、ビジネスだけじゃないかもしれない。
現状に満足している人って、絶対に成長しないですよね。

もっと成長したいから、毎日努力する。
学生ラグビーも大人の仕事も、変わりはないんです。


さらに、予算、人数、学校からの協力。
全てがないない尽くしの成城で努力する意味。価値。
ベンチャーの起業に似ているかもしれない。
そこは社会に出て、むしろ絶対に活きてくる。


余計なお世話かもしれないし、
自己満足かもしれませんが、

ぼくの後輩達がより幸せな人生を送れるように、
そこもしっかり伝えたいと思っています。


数ヶ月間やってみて、
チームの強化の難しさがやっとわかってきました。

本当に様々な制約の中で、できることが限られている中で、
より学生達との信頼関係を醸成し、
何がより効果的かを試し、検証し続けていく。

本当に時間と情熱と議論、集中力が必要になります。
自分の努力だけじゃ何もできない。
まさにチームワーク。
プライベートな週末が一切ないわけですから、なにより家族の協力も。

ある意味ビジネスよりも難しいかもしれません。
結果が「勝敗」という形で明確にでるしね。
学生スポーツだから、利益とか関係ないし(笑)


でも、万難排して、やりきってみようと思っています。

そしてとにかく、
秋のシーズン、関東大学ラグビー対抗戦Aグループへの昇格。

大変な目標ですが、
改めて、コーチの一員としてがんばってみようかと
気合いを入れ直した次第であります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-09

ラグビー親子対決!

テーマ:ラグビーチャレンジ
5月8日、成城学園ラグビー部の初等科から大学、
そして父兄からOBまでが一同に会する「ラガー祭」が行われました。

これは一年に一度、定期的に開催されているラグビー部最大の行事なのであります。

ラグビーなので、当然メインは試合。
各世代の現役強化及び進捗確認のために、学生とOBが激しく戦う場なのです。

ただし、中学生はさすがにまだ小さいので、OBとの試合はありません。
しかし、長男R15は今年から高校生。
すなわち、ぼくと試合ができるってことです。

ゴルフのようなスポーツならいざ知らず、
ある意味格闘技のようなラグビーです。
しかも同じ学校、同じポジション、同じ背番号7。
こんな状況で先輩後輩同期たちとチームを組んで、
親子でガチ対決ができるなんて、そうそうあることではありません。

ああ、ぼくはなんて幸せなんでしょう!
ラグビーをやっている者として、トップレベルのハッピー&ラッキーレベルだと思います。(キッパリ)

ちなみに結果は、高校生の勝ち。
序盤はOB優勢でゲームが進みましたが、
後半オッサン連中は当然スタミナ切れ。
そこを高校生が怒涛のラッシュ。
本当は前半から激しく攻めて欲しかったですけどね。
接点の弱さとテンションが課題です。

さらに指導している大学生も、若手OBにスカっと快勝!
当然課題はあるものの、結果は結果。
今年から始めた改革の効果がはっきりと見える内容でもありました。

というわけで、
試合出場者全員ケガもなく、無事に滞り無く開催されましたことを
ここに謹んでご報告申し上げます。

以下写真でお楽しみ下さい。(自分向けですけど。ええ。)



$未来日記2
これがトイメン

$未来日記2


$未来日記2
後ろ姿が似ているらしい

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2


$未来日記2


レセプションが終わった後、コーチ軍団で飲み直し、
その後みんなでなぜか我が家へ。

R15もたたき起こされ、
先日残念ながら敗北した目黒学院との試合のビデオを見ながら
コーチ陣からラグビー講義。

とても充実した1日でありました。


イイね!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-02

コーチ その一

テーマ:ラグビーチャレンジ
ここしばらく色々あって、
なかなかブログを書ける状態ではありませんでした。

ツイッターと違って、なんか心の中を表に出す感じなんです。
ぼくにとってこのブログは。

良くも悪くもあんまりカジュアルじゃないんですよね。
ちゃんとしたハートが必要なんです。

ま、どーでもいいことしか書いてないんですけどね・・・。



このところ、平日はガッツリ仕事、週末はラグビーという生活リズムが続いています。
で、仕事はおいといて、今回はラグビーの話を書きたいと思います。

が、書きたいことがサッパリまとまらないため、
今回はここで諦めたいと思います・・・。


とにかく、「熱量」が必要なんですが、その詳細はまた次回。

スイマセーン!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-02

後輩の言葉

テーマ:ラグビーチャレンジ
facebookで後輩がイイ事書いてました。

クローズドにしておくのはもったいないので、
一応本人に確認を取り、ブログに転載します。


One for all. All for one.とは

2011年3月1日 22:18 Jiro Akiyamaさん作成


勉強になります。
ラグビーのコーチ(厳密にはコーチの総務)を初めて先週で2回の練習参加。
またまた勉強になりました。
それは、ラグビーを語るときによく出てくる、
「One for all. All for one」
の精神を改めて知ることができたことです。

今現役は、嫌というほどコンタクト練習をやっています。
多少の練習用防具は付けますが、ほとんど生身のカラダ同士でぶつかり合う、
痛くてつらい練習です。
でも、これは非常に大切な練習です。

とにかくボールを味方に供給するために体を張る。
タックルなどで相手のボールを奪う仕掛けに行く仲間をサポートするために、
やはり体を張る。ラグビーはこの作業の連続といっても過言でない。
その為の大事な基礎練習です。

ゲームの局面をイメージすると、例えば、、、
ボールを持った選手が相手につかまる。

敵にボールを絡まれないよう、前進しながらもボールコントロールし、
次の仲間のサポートがくるまで踏ん張る。

次の選手は、つかまっている仲間の前進とボールコントロールを体を張ってサポート。

さらにそのボールを次の動作につなげる

つまり、
「とにかくボールを次の仲間につなぐ」
「仲間がつないだボールをさらに活かし、つなぐ」
為に頭をフル回転しながら死ぬ気で体を張る、
という作業の繰り返しになります。

その上で成立された仲間同士の信頼関係が、
良く言う、ラグビーの
One for all. All for one.
なのです。
これは仕事でも活きてくる精神です。

現役のみんな!
正直、俺が現役の時はここまで痛い練習はしなかった。
が、しかし!
絶対に後々の人生でかけがえのない経験になるはずだ!
がんばれ!
そしてAグループ昇格だ!
ぬぉあ~~~~~~~~!

と、心で叫びながら、応援しております。
何度も言いますが、私自身も良い刺激になっています。



という訳で、
ぼくにとっても素晴らしい経験になっています。

ムハー!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-01

練習の雰囲気とチームの状態。

テーマ:ラグビーチャレンジ
今期の4年生は、覚悟があると。

新しい歴史を作るために、
どんな努力もすると。

シーズン前、彼らは、そう言っていました。


そして、始まりました。
きつく苦しい練習が個人を痛めつけ、
今までにない厳しい規律がチームを縛ります。

今までとは違う体制なんです。
全てを変えたのです。

そう、学生達の気持ち以外は。

その変化に、まだ気持ちが追いついてきていません。
理想と現実に激しいギャップがあることを、
正に思い知っているところだと思います。


練習中の雰囲気には、チームの状態がすぐ出ます。

4年生達が悩んでいることが、手に取るようにわかります。
主将が苦しんでいることが、とてもよくわかります。
下級生が戸惑っていることが、よく見えてしまうんです。

(サボってるヤツもすぐわかりますw)

だから、このチームは絶対に伸びる。
大きく化ける可能性がある。

その迷いがクリアになったとき、
彼らはもっとスピードを上げて成長するに違いない。

今はまだ弱くて小さいかもしれないけど、
秋には戦う集団になるに違いない。


ぼくはそう確信しました。


大丈夫!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-22

今と将来はつながっている。

テーマ:ラグビーチャレンジ
成城でラグビーを頑張るヤツを増やすことは、
ビジネスで活躍する人材を増やすことと同じだと
ぼくは理解しています。

その旨学生にも伝えました。
理由は以下の通り。


成城学園のラグビー部は、
決して強豪校ではありません。
歴史は相当長いものの(1928年創部)、

学園からの支援も少ないし、
スポーツ推薦があるわけでもないし、
今はグラウンドも土、
全寮制でもなく、
フルタイムのコーチもおらず、
スコアラーもいません。
部員も少ない上に、
当然予算も最小限。
(強豪校の100分の一以下じゃないかな)

お恥ずかしい話ですが、
対抗戦に所属している大学と比べると
本当にないない尽くしのラグビー部なんです。

その割には昔から頑張ってる方だと思うんですけどね・・・。

その限られまくった資源を使い、
知恵を絞り、身体を動かし、汗をかいて、
仲間と共に一つの目標に向かって、最大の効果を目指す。

自分達と相手の強み、弱みを理解して、
戦略を立て、勝負する。


実はこれって、ビジネスとまったく同じですよね。


さらにポイントは、何も与えられない環境だという事。

エリートがいて
予算も始動も名声も何もかもあって、
これをやっていれば強くなれる!
必ず勝てる!

という要素が(幸か不幸か)ありません。

すなわち、自分達で考え、動かないといけないんです。

これはある意味自立しないと成り立たないという事。
大局を見てしなやかな発想を持ち自分で汗をかける人になる。

成城ラグビーでがんばれる人は、
正にビジネスで必要とされる人材と同じなんです!

結果、どこでも働けます。

本来は国内の就職活動という狭い範囲に
絞って欲しくはありませんが、、

どこでも働ける人材に育つ可能性があります。
優秀な人材は不景気なんて関係ないですから。



そう言った意味でも、
学生達には今をがんばって欲しいのです。

今ラグビーをがんばることが
結果的に今後の人生につながっていること、
自分を確実に成長させるということを、
ということを心の底から理解して欲しいのです。

そんなことも含めつつ、
ぼくは現役の指導に当たっています。


まあ、ラグビーに限った話じゃないんですけどね。
何事においても、ちゃんと頑張れる人間は仕事が出来るから。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。