Twitterボタン
Twitterブログパーツ
新橋タウン情報 新橋ねっとへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-06-14

日常を冒険に変える。

テーマ:家族
毎朝のことなのですが、
次男S5と最寄りの駅まで歩いて通っています。

いつもの通勤、通学路。
何気ない、普通の日常。

その日常が今日、冒険になりました。


方法は簡単。
後ろを向いて歩くだけ。(笑)

これだけでいつもの道が知らない道に早変わり!


そして極めつけは、
めをつぶる。
めをつぶり、S5に引っ張ってもらうのです。

それがまあ怖いこと怖いこと!
あのドキドキ感、普段はなかなか味わえませんよ。


普段とちょっとだけ違うことをしたり、
少しだけ目線を変えてみるだけで、
日常が冒険になるんです。

多分、そんな簡単なことなんだろうと思います。

国際ラリーに出場したり
サバゲーやったり
ダウンヒルやっても最高ですけど、

そんな簡単なことで、誰でも冒険ができるはず。
その感覚を忘れないで、歳を重ねたいと思った次第なのであります。

ああ楽しかった!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-11-07

成長する男たち

テーマ:家族
またまた大変ご無沙汰してしまいました。

皆さん元気に秋を満喫してますかー!
井手光裕です。

このところ仕事とラグビーと肉と酒とFacebookに集中しておりまして、
なかなかアメブロを触るきっかけがありませんで。

もし覗いてくださっている方がいらしたら、
誠に申し訳ありません。。

気がついたら前回の更新より一ヶ月が経っておりました。
RIP ジョブズ…


それはさておき、
子供たちがとても元気に成長しております。

ぼくも未だに心身ともに成長を続けているつもりですが、
息子たちはそれを遥かに上回るスピードで大きくなっています。

はいこちら。

$未来日記2

双子の長男と次男。(ウソ)
上はもう高校生、
下は七五三。
写真撮影の待ち時間で一枚。

いいですね。
親として最高であります。


ついでにこちらも成長中?

$未来日記2


相変わらずのマイペースぶり。
いつでもどこでもオナラとゲップ。
激しいイビキ。

夏の直射日光は大嫌いですが、
秋の日光浴は大好きなのです。



最近は色々と考えることも多く、、
仕事について、ラグビーについて、政治などについて。
備忘録的に、またこのブログにて主義主張も綴っていこうと思っています。


改めまして、よろしくお願いします!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-08

最近の息子たち

テーマ:家族
え~、
すっかりブログの更新が滞っておりますが、
最近居心地がぬるくて気持ちいいFacebookに甘えっぱなしなのです。

近況報告も含め、
まずは息子たちの写真をいくつか。



$未来日記2


$未来日記2


$未来日記2


$未来日記2


$未来日記2


それぞれ兄弟、仲がいいのです。
男同士、いつもくっついてます。

幸せの種類は数あれど、、
家族同士が仲良く過ごせることに勝る幸せはありませんね。


よかよか。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-06-20

高校生は大人ですか?

テーマ:家族
ご存じの方も多いと思いますが、
長男R15はすでに高校生です。

体つきもガッシリしてきたし、
それなりに中身の成長を感じることもしばしば。

でもまだ、
可愛いもんですね。


$未来日記2


練習後に疲れ果てて、
なぜか親のベッドでそのまま爆睡。

弟に足の裏をくすぐられても起きません(笑)


連日パワーを出し切っているせいか、
余計なところにあふれ出ることもなく、
今のところは真っ直ぐ育っています。


ま考え方にもよりますが、、
これはラグビーだけに限らず
スポーツのいいところでしょうね。


ちなみに土曜日、
高校の授業参観があって参加したのですが、、
週末だけに、ぼくは練習着のまま。
不必要に太い二の腕と冗談みたいに細い膝下を出しての授業参観。

浮きまくりやがっていたのは言うまでもありません。

そして、親にも関わらず授業中睡魔と戦って
自分をつねりまくっていたことも
ここに謹んでご報告させていただきます。

完全に顔がガーフィールドになっていたと思います。ええ。

$未来日記2

いくつになっても、
人の話を黙ってきくのが苦手なんです。

R15、すまなかった・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-16

長男が高校生に。

テーマ:家族
気がついたら、長男R15が高校生になっていました。

15歳なんだから、当然高校生になりますよね。
そりゃそうだ。
義務教育じゃないけどさ、まあ普通は。

でもね、23歳で親になってしまった僕たち夫婦としては、
それなりに思うところもあるわけでして。。



「育てたように子は育つ」

と相田みつをさんも仰っているように、
子育ては、全く持って思い通りにはいきません。

小さい頃からウチの子は、それは見事なマイペースっぷりでございました。
人の話なんて、まったく聞いちゃいない。
返事だけは立派だけど、内容は右から左ですよ。
全部忘れちゃう。
話しても無駄なので、何回ぶん殴ったことか(笑

スポーツも、柔道、サッカー、野球ときて、
それなりに形になっていたのは柔道くらい。

勉強はまったくしない。
好きな恐竜の名前だけは気持ち悪いくらい覚えてましたが。
絵心はありました。
テストの解答用紙は、とてもユニークな落書きばかりで。


でも、優しい男の子だったんです。

通学途中の桜の木の下で
巣から落ちて死んでいるヒナを見つけ、
泣きながらお墓を作り、
その前を通る度に挨拶をしていました。

S4が自宅で産まれた時には、
苦しんでいるK38を下敷きで扇いで声をかけていました。
真夜中で眠いはずなのに、「ママ、がんばって!」と言い続けていました。


勉強もスポーツもイマイチだったけど、、、
優しさだけはピカイチだったんです。


我が家が友達連中の溜まり場だったこともあって、
誰かにいつも抱っこされていて、
まるでみんなの子供みたいに育ててもらいました。


そんな男の子が、
大好きだった祖父との別れや弟の誕生、
ケンカや万引き(笑)、数回の引っ越しやラグビー、
他にもたくさんの出来事を経験していくことで、
立派な少年に育っていっています。

4歳の弟を連れてオーストラリアに行けるほど、しっかりとしてきました。


毎日だとわかりづらいんですけど、子供ってすごいスピードで成長しているんです。

男の子から少年へ、そして青年へと成長していくそのプロセスをリアルタイムで感じることができるって、親として本当に幸せなことだと思います。

彼がこれからどうなるか、それは本人が決めること。
ただ、根っこの部分は、もう大丈夫。
どこの国で何をしても大丈夫。
そう思わせるくらいの太い根っこが、気がついたらできていました。

まだまだ弱っちいしダメなところもたくさんあるけど、、
人としての大切な部分は、世界中に自慢したいくらい、立派です。


正直に言ってぼくは決していい父親だとは思えないけど、
彼がここまで立派になったのは、間違いなく、母であるK38のおかげだと思っています。

息子達と毎日これだけ格闘しても生活感のないK38は、とても素敵な女性。
スッピンでも、前と変わらず本当に美人だし。

毎朝ギャーギャー言い合いながらも大切なことを伝え、
毎日お弁当とミルクティーを作り続け、
毎日泥だらけのジャージを洗ってくれている、彼女のおかげです。

ありがちな言い方だけれど、
母親である彼女の息子達に対する愛は、本当に大きいんです。
日々、それを感じています。

君たちのケンカ?を、いつも微笑ましく、
ときにはS4とビビりながら眺めています。


ぼくから言うのも何だけど、、
本当にありがとう!


願わくば、この兄の姿を間近で見ているS4も、
強く優しくしなやかな男に育ってくれることを。

そして諒太は、この太い根っこを活かすこと。
これからのがんばり次第だぞ。


ぼくも家族に負けないように、
これからも人として、男として成長できるように、
仕事に遊びに全力で努力し続けたいと思います!








$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2

$未来日記2



高校入学、おめでとう!


$未来日記2
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2011-04-12

我が家の放射線への対応

テーマ:家族
東日本大震災から一ヶ月。
今日は福島の事故レベルが7に引き上げられました。

日々、色々な情報が飛び交っています。
たくさんの専門家の方が、原発を擁護したり、批判したり。
電力が足りるという人もいれば、足りないという人も。
政府が悪い、東電が悪い。
想定内、想定外。

みんな何が正しいのか、サッパリわからない。
情報が錯綜しまくりやがりまくっておりますね。
で、日本はとても不安な社会になっています。

これについては、政府与党の責任は重いと言わざるを得ません。
危機管理がまるでなっていない。


ま、その政府を選んだのはぼくたち日本人なので、
それはそれでおいといて。


放射線については、
やっぱり子供に対する影響が心配です。

ただちには大丈夫だとしても、
将来的にどんな悪影響があるのか、誰か教えて下さい。

がんになる可能性が高くなるだけ?
それホント?
他に何かあるんじゃないの?

東京はどれくらいリスクがあるの?
実際どーなのよ?

といっても誰も教えてくれないので、
何が正しいかわからないので、
自分で基準を作ることにしました。

色々な情報でいちいち不安になるのもシャクなので、
観測された数値だけを信用することにしました。

東京での放射線量が一定の数値を超えたら、
迷わず家族を海外に疎開させることにしました。

逆に言うと、この数値が上がらない限りは
どんなバッドニュースにも影響されないということです。
目指せ不動心。がんばりますよ、ええ。


ちなみに先ほどまで、
新橋SL広場で「がんばっぺ!いわき」というイベントが開催されておりました。
風評被害を受けまくっているいわき産の農作物の安全をPRする会で、
枝野官房長官もいちご食べてました。
「大丈夫です!安心して下さい!」とスピーチされていました。

まあ、大人は安全なんでしょうけど、子供はどうなんだと。
そう心配されている方、多いと思います。
(ぼくはガッツリ食べましたけど)

そのためにも、
政治家や東電のお偉いさん方は、
いい歳こいた自分だけではなくて、ご自分のお子さんやお孫さんに食べさせられるのかどうか。

福島第一の退避エリアギリギリの場所に、自分の家族を行かせられるのか。
自分達が働けるのか。

実際にやられても当然困るんですけど・・・
ぼくは正直に言って、そのあたりを知りたいです。


とにかく、
安全なら安全。
危険なら危険。
今はこういう状態よと。

という正しい理解を得られる情報を、
即刻国民に伝えて欲しいと願っています。


さ、ガイガーカウンターを注文すっか!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-18

息子たちの新たなる旅立ち。

テーマ:家族
今夜、長男R15と次男S4はオーストラリアのメルボルンに旅立ちました。

東京からの避難というよりも、
より有意義な春休みを過ごしてもらうためです。
R15にとっては、留学準備&ラグビーの練習という側面もあります。


ステイ先は、親友の家。
オーストラリアンの彼は、15歳の時に我が家にホームステイに来ていたんです。

それから約20年。
兄弟のように変わらずずーっと仲の良いままですが、
まさかぼくの息子が彼と同じ15歳の時に
逆にオーストラリアに行くとは思いもしませんでした。
運命って奇遇ですね。


彼は日本語が本当に堪能なので、
仕事で東京に赴任していました。
(ちなみに奥さまは日本人、子供二人ね)

しかし本国から帰国勧告が出たというので、
そのタイミングで一緒に連れていってもらったのです。

そういうことなので、親としては何の心配もないのです。
むしろ当然のようにスカっと引き受けてくれた彼ら夫婦の優しさに、何と感謝していいのやら。


懸念だったのは、次男のS4。
彼は超々甘ったれで、今まで外泊をしたこともありません。
それがいきなり親抜きで、兄貴と外国。

空港では最後に大暴れするだろうと想定していました。
行きたくないーっ!ってね。

でもそれは、いらぬ心配でした。

「行ってくるね」と言って、
いつもよりも強く抱きついてきました。

ぼくは笑顔で「いってらっしゃい!楽しんでな!」
と声をかけようと思いましたが、
声を発した瞬間に涙が溢れでそうだったので、
結局何も言えませんでした。
無言で抱きしめるしかできませんでした。
その時はもう泣いていました。

そして彼は最後まで大きく手を振って、
少しだけ笑いながら、
少しだけ無理に笑いながら、
兄貴と一緒に旅立っていきました。


嬉しいことなんですけど、
ただただ、寂しい。

別に今生の別れじゃありませんから、
悲しくも辛くもないんです。
ひたすら純粋に、寂しいだけなんです。

そういうときは、嗚咽はしませんね。
そーっと涙が溢れるだけ。

本当に力を振り絞って涙を押さえ込んでいるK38。
彼女は本当に強い。
毎日子供たちと一緒にいて、
ぼくよりはるかに寂しいはずのK38が我慢しているのに、
ぼくは本当に弱っちい。
本当に弱い男でダメな父親で旦那です…。


子供の成長は早いです。
いつの間にか、親が思っているよりもしっかりしているんです。

R15を見ていてそれはわかっているつもりだったけれど、
まだ4歳の次男の立派に旅立つ姿を見て、
またあらためて実感することができました。

もともと仲の良い家族ではありますが、
一時離れることで、より絆が深まる気がしています。


今月末には帰国予定。
あの年の離れた兄弟は、どれくらい成長しているんだろうか。
間違いなく、今日までの彼らとは違うんだろう。

今から楽しみで仕方ありません。

追記:
実は今日は、R14が15になった日。
15歳の誕生日に旅立ったんです。
イイね!
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2011-03-04

あなたの出身地はどこですか?

テーマ:家族
過去にも書いた通り、、

ぼくは鵠沼海岸の病院で産まれました。
母の実家の近くです。
出産のために里帰りしていたそうです。

でも当時住んでいたのは、港区元麻布でした。
本籍もそうだし。

年子の姉がいたため(彼女は愛育病院で産まれたみたい)
鵠沼海岸にある母の実家に預けられることが多かったようです。

鵠沼にも麻布にも
楽しかった記憶がたーくさんあります。

期間はどうなんだろう。
麻布と鵠沼で半々?
当然よく覚えていません。

幼稚園や小学校は麻布でした。
中学からは成城だけど。


で、
ぼくの出身地はどこなのでしょうか。

個人的には「どっちも!」と答えたいのですけどね。


みなさんはどうやって決めてますか?
やっぱり産まれたところ?
それとも心の故郷・・・?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-03

学ぶということ

テーマ:家族
先日の出来事。

次男坊S4と地球儀で遊んでいました。

日本はどーこだ!
じゃあオーストラリアは?
韓国って日本から近いんだね。

よくある風景。
当たり前の親子の会話。

そんななか、
S4はこういいました。


「お父さん、ぼく、知らないことばっかりだから、いろいろ教えてね!」


グッときました。

なんというか、
言葉にできない感情がわき上がってきて、
実は涙が出そうになっていました。

子供だから当たり前なんですけど、
あまりにも素直でかわいい言葉に、
心の真ん中を打ち抜かれた気分でした。

同時に、
自分もまだまだ知らないことばっかりで、
学ばなくてはいけないことがたくさんあるなと。

ちょっと知ったかぶって、
勉強する機会を失ってしまっているのでは、
と感じた次第です。

いくつになっても、
素直に真摯に。

いつでもどこでも誰からも
学ぶ姿勢を忘れてはいけないですね。


子供と一緒にいると、
本当に色々と気付かされます。

イイね!


$未来日記2
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-10-21

家族の絆。

テーマ:家族
Hの橋爪から教えてもらいました。

子供が小さいと、まだわからないかもしれませんが、
中学3年生の子供がいると、
グッと心の柔らかいところに刺さってきます。


お母さんはこちら。




お父さんはこちら。




最近メッキリ、
子供関係に弱いなあ。



それにしても、
息子だけでよかった!

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。