Twitterボタン
Twitterブログパーツ
新橋タウン情報 新橋ねっとへ
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010-08-30

モンゴルラリー、六日目。ETAP-4

テーマ:ラリーチャレンジ
二日泊まったオリアスタイを後にし、
この日はいよいよゾーモットに移動する日。

614km。
長いよ。
今日も遠い。

ただ、長いコースは飛ばせる道が多いのも事実。
イケる道は、とにかくぶっ飛ばします。

ひたすら地平線を見ながら、
ただひたすら、走り続けるのです。

路面が悪いのもキツイけど、
これはこれで、結構大変なのです。

とにかくがんばって走っていたら、
明るいうちに到着する可能性が!

ところがゴール直前、
強制的に休憩させられるポイントが。。

$未来日記2
これがここ
途中のRCP(休憩ポイント)にて


$未来日記2
これが休憩&燃料補給中



せっかくいいペースだったのにー!



$未来日記2
そして日が暮れて・・・



ゾーモットに入る道は限られているため、
辺りが暗くなってしまうと
とても迷いやすくなってしまうのです。

走ってみたら、
確かに寂しく怪しい感じで。

正しい道なんだけど、
正しくない感じがするというか。

こんなとこ走っても絶対着かないって!
とローリーにこぼしていたくらい。


でも、僕達はがんばりましたよ。
12時間半もかかったけど、
なんとかゴール!

この日はちょっと夜になっちゃいましたが、
車も人も無事でした。


さすがに4日目になると
目も身体も慣れてきたようで、
半日走っても元気でした。

負けてたまるか。
気合いだよ、気合い。

明日は休息日。
うれしー!

といっても、
昨日も休みだったんだよね。。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-08-29

最近のS4

テーマ:家族
このところラリー関係ばかりだったので、
ちょっと子供ネタをひとつ。

おかげさまで次男坊も、
スクスクと育っております。

未来日記2
夜の下北沢とS4

何が好きって、
とにかく自転車。
しかもオフロード。

樹の根元がお気に入りで、
スタンディングでバランスとりながら
上手に乗ってます。

飛ばすも好きなので、
凄まじいケイデンスで緑道を駆け抜けております。

そろそろBMXデビューさせようかなあ。
てゆーか、4歳で出られるのかな?



$未来日記2
実は野球も嫌いじゃない

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-27

モンゴルラリー、五日目(後半)。自分と向き合うということ。

テーマ:ラリーチャレンジ
ここからの続きです

まだまだお昼間に、
キャプテンも空撮から無事帰ってきて、
こちらも車の修理を終わっていたので、
さあ、これからどうようかと。

と思案していると、
いつも早くゴールしている日野レンジャー(カミオン)の
菅原テルくんから「街でも行かない?」
という魅力的過ぎるお誘いが。

もちろん行きます。

当然ですけど。
当たり前ですけど。
ケンちゃんニューフレーズ)

$未来日記2
駐車しているだけで確実に浮いているカミオン


街は、相当ひなびていまして。
というか、ドラクエの大きな街そのまんま。
絶対に武器屋とか防具屋さんあるよ。
宿屋と教会はどこ?
と探してしまうくらい、あの世界観と似ておりました。


今回の街訪問の目的は、

-シャワー
-美味しいもの

この2点。

で、まずは腹ごしらえのために
テルくんオススメのホテルのレストランへ。

メニュー、さっぱり読めません。
言葉、まったく通じません。

ラム、苦手です。
チキン、食べたいです。

当然、ジェスチャーでしょう。


「コーッコッコッコッコ!」

口をとがらせ手をばたつかせながら、
鶏の真似をしてみました。

見事、一発で通じました。
スゲー苦笑いされたけどさ。

$未来日記2
これが出てきたチキン


美味しかったんですけど、
ほんの少ししか食べられませんでした。

なんだか、ホントにお腹が空かないんですよね。
いつも揺られているせいでしょうか。


そして、お楽しみのシャワーへ。

$未来日記2
一番大きな車と一番小さな車


これ、お風呂屋さんなの?
人んち?

という外見なのですが、
入ってみると、個室なシャワー屋さんでした。

$未来日記2
これが中


ここの特徴

-下がヌルヌル

-水はちょろちょろ

-特殊なスメル充満

極めて不快適な場所なのですが、
今は水を浴びられるだけで、とっても幸せ。
環境の違いって大切なのね。

持ってきたシャンプーと石鹸で、
全身ガシガシ洗います。

これが、マジで、最高。
こんな気持ちのいいシャワーがあるだなんて、
今まで知らなかったよ、オレ。


これで身はスカッとしました。

が、心はイマイチ曇り空。


ETAP-2の夜、苦しんでいる僕を見て、
菅原会長はこう仰いました。

「井手くん、ラリーはね、自分の弱いところが全部出るんだよ。」

本当に、本当にその通りなんです。

自分がこんなに弱くて情けない男だったなんて、
今まで知らなかった。

ここまで何もできなかったことなんて、
少なくとも社会人になってからは、一度もなかったんです。

多少は、ちょっとは自分に自信があったんです。
でも、そんな自分が、本当に何もできない。


初日と二日目を終えて、
弱い自分を知る辛さが身に染みました。

これまでの3日感、
そしてこれからも数日間、
無力な自分と真っ正面から向き合うことになります。

そう考えると、
本当に心が重くなってしまったのです。


夜は、ゲルの中で宴会でした。
たくさん持ってきた缶詰を出して、
MSRのシングルバーナーで炒めたりして、
皆さんに食べてもらいました。

ぬるいビールとウィスキーのストレートを飲みながら
色々な話をして、
たくさん笑いました。

それはとても楽しい時間だったけれど、
ふと我に返ると、心が重くなってしまう。

楽しいけど辛い、
辛いけど面白い、
飲んでるけど酔えない。

とても心の動きが激しい夜を過ごすことになりました。


明日も600kmを超すロングコース。

一人外に出て、ちょっと遠くまで歩いて、
ものの見事な天の川を見つめながら、
ざわついた心を落ち着けていました。

ラリーはまだまだこれからだ。
がんばろう。


そうつぶやいていると、
偶然車のヘッドライトがこちらを照らしました。

明るくなった回りを見たら、
僕の20m斜め前で、
誰かがノグソってました。

その人はしゃがみながらマンガみたいに驚いた顔をして
手でお尻を隠していました。


あれには笑った!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-26

モンゴルラリー、五日目(前半)。修理の日。

テーマ:ラリーチャレンジ
ETAP-3はルートコース。

地点を移動するのではなくて、
スタートとゴールが同じ場所なんです。

今の車の状態だと、間違いなく走れない。
普通だと、リタイアになってしまうところ、、

でも、スタートしてすぐにゴールに入れば
CP(チェックポイント)を飛ばしたペナルティで済むため、
リタイアとはならないのです。

これも、不幸中の幸いか・・・。

※このペナルティ、最終ゴール者のタイムを基準にして
さらに追加タイムを加えられまして、
結局13時間ほどくらってしまうことに。
キツイッス。

ちなみにこの日はデューン(砂丘)の日。
実はちょっとだけ楽しみにしていたところもあり、
内心少々残念ではありました。

ま、仕方ない。
キャプテンは空撮のためヘリで飛んでっちゃうし、
僕はがんばって修理に専念しましょう。

といっても、直してくれるのは現地メカニックの方達。
横から応援しまっせー!


$未来日記2
朝のブリーフィング風景
コースのポイントなどが説明されるので
エントラントは結構ちゃんと聞いているのです


$未来日記2
こんなバギーも走っています
まるでリアル版モーターストーム



$未来日記2
これがゲル


$未来日記2
これが中
地面剥き出しでバグズ・ライフ
当然刺されました
肩と耳 まだ痛いっつの


$未来日記2
フロント修理中


$未来日記2
はい、直りました
補強を加えて溶接ね


$未来日記2
リヤも修理


$未来日記2
尾上会長も修理の日

この笑顔満点のナイスガイには
最後まで本当にお世話になりました。

お礼に梅干純をあげたら、
超嫌がられた。
スマン。


ある程度目処が立ったところで、
ゲルを貸してくれているお兄ちゃんが、
自分の馬に乗せてくれました。


$未来日記2
これが馬


$未来日記2
乗ってるところ

ちょっとバランス悪いよね。

これ、僕がデカイんじゃありません。
お馬さんが小さめなんです。

この瞬間、最高に楽しかったな。
辛いこと忘れたよ。


五日目後半に続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-25

モンゴルラリー、四日目。ETAP2

テーマ:ラリーチャレンジ
ラリーが始まって二日目。
ETAP2の日。
バヤンホンゴル-オリアスタイ。

距離は全部で500kmオーバー。
SSだけでも480km。

マジすか。
今日もなげー。


昨夜ポッキリ折れたマイハートは、
なぜか寝たら修復されていた。

心身共に、超元気。
快眠。快便。

今日はやってやるぜい!
と妙に前向きな自分が逆にイヤ。

ところが、
終わってみると、
またもや心が見事骨折。

到着したのは日が暮れてから。
最後は迷ってしまい、本当にきつかったなあ・・・。
だって見えないんだもの。
川のど真ん中でスタックしかけましたよ。

おかげで道中の記憶が曖昧。
辛いことは忘れてしまう主義。

覚えているのは、
右フロントと左リアのショック付け根が壊れたこと。
たった2日で、4本中3本が壊れたことになる。

色々な理由があるんだろうけれど・・・。

とにかくこの日も、
クルマの下に潜り込みまくり、
頭痛と目と口の渇きに耐える一日だったのです。

とても、とても辛い一日でした。

夜中に着いたので、
当然当日の修理は不可能。
よって、明日は修理の日に。。

できることないし、
スカッと寝るか!

というわけで、

当然、写真は撮ってないのであります。
そんな余裕ナシね!

で、この日のビバーク(キャンプ地)はこんな感じでございました。

以下は翌朝撮った写真です。

$未来日記2


$未来日記2


$未来日記2

夜はわからなかったけれど、
こんなに素敵な場所だったなんて!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-24

モンゴルラリー、三日目。ついにスタート!

テーマ:ラリーチャレンジ
ついに、ラリーのスタート。
いやがおうにも、身体に、心に、緊張がみなぎってくる。

SS(スペシャルステージ)という競争区間までは、
リエゾンという自由走行な区間。
規定の時間以内に到達できればいいのである。

スタート初日の今日は、
最初リエゾン400km、
その後SS200km。

経験者の方はみんな、口を合わせたように言う。

「初日だから難しくないよ、大丈夫だって!」

菅原会長曰く、

「峠の下りだけは気をつけて。かなり急だから。」

結果。

初日だから簡単・・・?
マジウソ。
スゲーキツかった。
死ぬかと思った。

モンゴルの舗装路は、まったく油断できない。
基本的に穴だらけ。
落ちたらクルマぶっ壊れそう。

峠の下り。
本当に急だった。
岩だらけで、しかも急。
コーナーは当然逆バンク。
常に倒れちゃいそうな感覚。

てゆーか、標高3000m超えていて、
二人とも高山病になった。
頭いてー。

ヘルメットもまだ馴染んでないから、
かぶりっぱなしで頭痛もキツイ。
ダブルで頭痛。
これかなり大変。


何より、
600km以上の距離、半日近く、
ずーっと路面に集中して走る行為。

ナビゲーションの指示に従いながら、
滑るタイヤをコントロールしつつ、
尖った岩を、轍を、クラックを避けて
適切であろう道を選び続ける集中力を継続すること。


これは、とにかく初心者には大変な事だった。


極端に瞬きの回数が減り、
目が、喉が、唇が乾く。
もの凄く痛い。

スピードが遅いから(初日のアベレージは30km/hちょい?)
時間も相当かかる。

で、シートベルトは4点式。
身体がまったく動かない。

そして、激しい揺れ。
ジェットコースターと思ってくれれば間違いない。


とにかく全てが、
非日常。

とにかく全てが、
ハードコア。


そんな状態を、半日くらい続けるレース。

これが、ラリーか。


僕は完全に、なめていた。

景色のいいオフロード、気持ちいいだろうなー
いい大人の夏休みになるかなー

なんて、軽く考えていた。

これは、レースなんだ。
ラリーなんだ。

初日から、思い知らされた。


平原を走っている時、
向こうから黒い雲がやってくるのが見えた。

やがて、辺りが真っ暗になり、
そしてヒョウが降ってきた。
風がとても強い。
雷も鳴っている。

僕の中途半端な気象的な知識から判断すると、
これは竜巻の前触れ。

まわりには、本当に何にもない。
雷が落ちるなら、間違いなくこのジムニーだ。

初日から竜巻に巻き込まれたくない。
あ、初日とか関係ないか。
早く逃げなきゃ!

と二人でぎゃーぎゃー騒いでいた矢先、
クルマの下から怪しい音がする。
ゴトゴト聞こえてくる。

激しく降るヒョウの中、
いたたー!と叫びながらジャッキアップ、
慌ててクルマの下に潜り込む。

なんと、フロント左のショックの根元が壊れていた。

$未来日記2
これがそれ

$未来日記2
拡大したのがこれ

※撮影はゴール後ね


根元がちぎれていては、
何もできない二人。

とにかく優しく。
ゆっくり帰ろう。

いきなり手負いなったクルマを
ローリーの指示のもと
下手くそな初心者の僕が運転し続けた。

後半は、もう不思議な感覚になった。

とにかく、ゴールしたい。
一刻も早く、ゴールしたい。

これしか考えられなかった。

(その時は結構速かったらしい。後日ローリー談。)

なんとか日暮れ前にゴールにたどり着いた僕は、
クルマから降りるなり地面に崩れ落ちた。

もう、力が残っていなかった。
心の底から、ホッとした。

思わずローリーと、まわりにいたみんなと抱き合った。

もの凄い達成感。

と同時に、
これが初日であることに気付く。

・・・。

あと7日間もあるんだった。
ウソだろ?
できるわけないじゃん・・・。


心が折れた瞬間だった。


日本に帰りたい。
今すぐ家に帰りたい。

家族に会いたい。
友達に会いたい。

ここは僕のいる場所じゃない。
いていい場所じゃない。

ここはラリー界の住人達だけが、過ごしていい場所。
ラリー界の住人だけが、楽しめるに違いない。

現に、パリダカ経験者のレジェンド達は楽しそうだ。
スタート前と、何も変わっていない。
むしろ元気になったみたいだ(笑)



と、心の中がグチャグチャになっている僕に、
次なる試練が襲いかかってくる。

それは、クルマの修理・・・。

もちろん溶接もできるはずもなく、
メカニックの方にお願いするしかない。

アピオの尾上会長の指示で、
現地のメカの方にやっていただく。

僕ができることは、
ライトで故障箇所を照らすことだけ。
工具を持ってくることだけ。

くっつくまで、ひたすら照らし続けた。
だって、それしかできないんだもん。

$未来日記2
これが直していた現場

もう、使えなさ具合は新入社員以下。

こんなダメで使えない自分を実感したのは、
実は生まれて初めてかもしれない。

そして、心が壊れたまま、夜は更けていく・・・。


<続く>





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-08-23

モンゴルラリー、二日目。車検。

テーマ:ラリーチャレンジ
二日目は車券、いや車検の日。
朝からバタバタだったのです。

$未来日記2
これがヌフトホテル


$未来日記2
最終調整中の尾上会長と
オンボードカメラを取り付け中のキャプテン


$未来日記2
チームアピオのクルマ達


$未来日記2
ディフェンダーとFJクルーザー
どっちもイイね!


$未来日記2
異彩を放っていたHP2ラリーバージョン
かっこいいし、しかも速かった


それぞれが順調に車検を終えて、
いよいよ明日のスタートを待つのみとなりました。



以下余談。

モンゴルはとにかく乾燥しておりまして、
当然部屋もカラッカラ。

潤いマニアの僕としては、
備え付けの電気ポットを沸かし続けて、
加湿に余念がありませんでした。


$未来日記2
これがそれ


そして当日のランチ、
早速ラムが・・・。


$未来日記2
それがこれ


ラムと油。
相当キツイんだろうなあと思いきや、
結構それなりのお味で。

当然残しましたけど。
ラムだし。
油だし。
ダイエット中だし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-22

モンゴルラリー、初日

テーマ:ラリーチャレンジ
ついにこの時が来てしまいました。

ラリーモンゴリア2010、通称モンゴルラリーが
いよいよスタートしてしまうのです。

家族と別れ、
桐島キャプテンと成田山に立ち寄ってお参りし、
そしてソウルメイトTさんファミリーと偶然成田空港で遭遇し、
ガッツリランチをご馳走になり、

ミアットモンゴル航空で
ウランバートル空港に降り立った僕は、
まず初めに、凄まじい衝撃を受けました。

なんと、空港前の空き地で
おもむろに牛が草をはみ、
足元にはリスが走り回っているのです。

$未来日記2

当然近くに人はいません。
野良牛…?

なに?
モンゴルってこういう国なの?


バスでホテルまで移動し、

$未来日記2
結構狭いのさ


そしてチェックイン。

$未来日記2
壁がうす緑色


その後、車をコンテナから出して、
もろもろ点検。
装備品のチェックも抜かりなく。

夜には、ガソリンを満タンに。

$未来日記2

モンゴルのガソリン価格は
ほとんど日本と同じ。
多少品質のいいA92(日本でいうハイオク)は、
リッター140円少々。

ちなみにこのガソリン、猛烈に臭いです。
超いやな臭い。


そして当日気になったのは、
この車。

$未来日記2

ロシア製のUAZという車だそうで、
モンゴルの至る所で走っていました。
頑丈で、走破性が高いんだって。

これ、すごくかわいいんですよね。
相当気に入りました。
てゆーか、欲しい!


で、初日は終わりです。
まだラリーは始まっていません。

明日は車検!
やることないし、スカッと寝ちゃおう。

<二日目に続く>

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-18

モンゴルラリー、終了しました。

テーマ:ラリーチャレンジ
今年の夏の、
ラリーモンゴリア2010へのチャレンジ。

ラリーはおろか
モータースポーツも初、
オフロードも初、
ジムニーも初、
何から何まで初物尽くしのラリーチャレンジ。

どう考えても有り得ない!
と言われながら、
毎日毎日もがき苦しみながら、
毎日毎日車の下に潜り込みながら、
毎日毎日溶接しながら、
なんとか、成功しました。

桐島キャプテンと共に
無事に完走するという目標、
完全に達成です。



今はただただ、ホッとしています。


$未来日記2
photo by Rowly
痩せたでしょ?

期間中は気が張っていたのか
全く疲れを感じませんでしたが、
家に帰ってきたら、
なんだかぼーっとしてしまっていて。

今は、とにかくゆっくり、寝ようかと。


皆さん、温かい声援、本当にありがとうございました!

ローリー、
チームアピオの皆さん、
主催者の皆さん、
モンゴルのメカニックの皆さん、
期間中励まして下さったエントラントの皆さん、

心から感謝申し上げます。


レースの詳細は、
また後日に…。

オンボードカメラもあるので、
ローリーの編集が終わり次第
相当楽しめる映像もお届けできると思います。


$未来日記2
これがゾーモット

$未来日記2
小物整理中

$未来日記2
ゴール後のナイススピーチ(多分)


ラリーとは別になりますが、
ビジネスフィールドとしても
モンゴルはとても気になります。

進出するなら今だな(笑

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010-08-16

完走!

テーマ:しごと
なんとか、
怪我もなく、
完走しました。。

マジでキツかった。。


詳細はまた後日!
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。