井手医院 BLOG

URL:http://www.ide-iin.or.jp/

<内科・小児科・外科・麻酔科・リハビリテーション科>


◆◆井手医院◆◆


電話番号:03(3679)5959
住所:東京都江戸川区東瑞江2-11-2
【都営新宿線 「瑞江駅」より徒歩10分・京成バス 「瑞江三中前」又は「宮下」下車】


URL:http://www.ide-iin.or.jp/



テーマ:

平成30年1月から毎月第3土曜日を休診させていただきます。

これは私の年齢と体力を考えて決定したことです。

以前から、65歳になったらリタイアして世界中を旅行したいと思っていました。

特にクルーズ船に乗って世界中のビーチリゾートに行くのが夢でした。

でも3年前にゴールデンウイークを延長して思い切って2週間休暇を取り、フロリダからクルーズ船

でカリブ海クルーズしてみて、たった2週間でもあきてしまったこと、そして何よりも患者さんのことが気になって仕方なかったことが、リタイアを思いとどまらせた理由です。

リタイアするにはまだ早い、と悟りました。

そこで、無理なく少しでも長く診療を続けるために今回の決定に至ったわけです。

患者さんには少しだけご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

最近ある歌舞伎俳優の奥さんが深刻な病状だと報道されたため、彼がすぐに記者会見を開き、それが進行性の乳がんであると発表されました。その彼は苦渋に満ちた表情で、どうか静かに見守ってほしい、と訴えていました。そもそも病気になったとき、誰でもそれを他人に知られたくないし、もちろん我々医師は他人に漏らすことは決してありません。それなのに、有名人だからと言ってテレビや新聞、週刊誌などのメディアが他人の病気に関するプライバシーを報道する権利がどこにあるのでしょうか?深刻な病気になっただけで、本人も家族も辛い思いをしているのに、いかにも心配そうな顔をしながら報道するマスコミが私は許せません。まさに余計なお節介です。そっとしておいてあげましょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
井手医院はこの4月20日に開業60周年を迎えました。昭和31年に私の父が伊豆から上京してこの地に開業した時、私は小学1年生でした。当時は終戦後まだ10年ほどで、まわりは畑が多く、また小川が流れていて、メダカやフナ,コイ、ドジョウ、うなぎ、ザリガニを捕って遊んだものでした。まさに3丁目の夕日の郊外版という感じでした。都心に出るには今井からトロリーバスで亀戸に出て、総武線に乗り換えるか、または京成バスで小岩に出るしかありませんでした。それが今では都営地下鉄線が出来て、瑞江駅まで徒歩10分、ずいぶん便利になりました。この60年でこの地域もすっかり変わりました。この60年のうち、後半の30年ほどを、私が父の後を継いで診療してきました。おかげさまで大過なく過ごせてきましたが、あと数年後には息子の直樹(消化器内科、現在札幌の病院に勤務)に譲ろうかと考えていますが、それまでは精一杯頑張るつもりです。どうぞよろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ジェネリック医薬品とは一般薬という意味で、特許の期限が切れた先発メーカーに代わって多くの後発品メーカーが製造販売する薬のことで、新薬を研究開発する費用が不要なため先発品の60%程度の価格で売られています。そのため厚労省も役所も、社会保険庁も会社も医療機関に対してジェネリック医薬品を使うように圧力をかけています。確かにこのことが医療費軽減に効果があることは事実です。しかし、先発品と同等の製造方法、製造技術、設備があればいいのですが、実際には成分にむらがあったり、不純物が混ざったりして多くの副作用が懸念されています。私も患者さんの希望で先発品からジェネリックに変更したために、効果がなかっただけでなく、発疹や呼吸困難などの副作用があった症例をいくつも経験しています。

医薬品は厳密な管理のもと、衛生的な工場で製造されなくてはいけないのに、パートのおばさんたち数名で作っている零細企業も存在しています。また、実際にあった話ですが、ある日本の有名な製薬会社がインドのジェネリック工場を買収し、世界中に売り出す予定でしたが、アメリカの連邦薬事局(FDA)がその工場を立ち入り調査したところ、なんと従業員がターバンを巻いて素手で薬を作っていたため、その工場が閉鎖されました!

すべてのジェネリック医薬品が悪いわけではありませんが、私の医院で処方するときには本当に信頼できるメーカーの薬を使っています。

多少高くても、薬は命に関わっているのですから。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1:原発廃止

これはイデオロギーの問題ではありません。地震大国、火山大国の日本がもしもう一度原発事故に見舞われたら、日本はもう終わりです。


2:議員定数削減

ろくに仕事もしないで、次元の低いヤジを飛ばすだけの議員など必要ありません。ざっと考えて現在の議員数の三割は減らしてもいいのでは?


3:特定秘密保護法廃止

この法律は何が特定秘密なのかはっきりせず、不気味です。特高警察が罪のない一般市民をも不当に弾圧した戦前の暗黒時代を想起させます。


まだありますが、とくに挙げるとしたらこの3つです。

ちなみに私は特に支持する政党はなく、思想的に右でも左でもありません。

ただ、世の中の理不尽なことには反対しなければならない、と思っています。

そして、もちろん私は選挙に出る気などさらさらありません。代議士先生など偉すぎて私には無理です。

毎日の診療をこつこつ頑張るだけです。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

年々増加する医療費が日本の財源を圧迫し、財務省は医療費の削減のため生活保護患者にはジェネリック医薬品を使うことを義務付ける方針を打ち出しました。それによって年間500億円程度の削減が見込まれるそうです。その事の是非は別として、私は医師として以前からただ病気を治すだけでなく、患者さんの経済的なことも考えながら必要最低限の検査と治療によって効率的に診療するよう心がけてきました。たとえば尿路結石で痛みを訴えて来院した患者さんに対して、大学病院や大病院ではしばしばCT、超音波検査、そしてあらゆる項目の血液検査をすることがありますが、熟練した医師であれば尿検査と診察所見から尿路結石と診断してしまいます。また、寝たきり老人に対して、しばしば胃ろうを作り、流動食を与え続けて、ただ延命をはかることがあります。

そういったことをやめるだけでも莫大な医療費削減につながると思います。

この問題は医師だけでなく、国民一人一人が考えるべきだと思います。

そして、ただ削減するだけでなく、本当に必要な医療にはお金をかけるべきだと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日ジャンプの葛西選手の祝勝会が都内で開かれ、私も招待されて出席しました。初めてお会いした葛西選手はテレビで見たのと同じで、とても紳士的でハンサムな、素敵な方でした。

そして会の終わりに抽選会があり、葛西選手がソチオリンピックで使った手袋やサングラス、ジャージーなどが賞品として出され、会場は大いに盛り上がり、最後の一等賞はなんと、葛西選手が銀メダルを獲得して表彰台に上がったときに着ていた上下の公式ユニフォームでした。

そしてその一等賞を獲得したのは、私でした!ばんざーい!私の一生の宝物です。ありがとう葛西選手!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


先日群馬県伊香保にある自動車博物館に行きました。たくさんのクラシックカーが展示されている中で、

とっても懐かしいクルマに出会いました。1938年型のダットサンでした。私が小学校1年のころ、父が乗っていた我が家の第一号車でした。当時は井手医院の前の道路も舗装されておらず、しょっちゅうパンクしたものです。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ソチオリンピックでジャンプの葛西選手が個人ラージヒルで銀メダルを、そして団体でも銅メダルを獲得しました。41歳、オリンピック7回出場での快挙、まさにレジェンド!日本のみならず世界中から称賛されています。本当におめでとうございます。

私事ですが、音楽関係の仕事をしているわたしの二男(ZRO)が葛西選手の知人で、彼のために応援歌を作ってプレゼントしていました。葛西選手はその曲(Wonder jump)をいつも試合の前に聴いていたそうです。インターネットで、葛西選手応援歌、と検索するとyou tubeで聴くことができます。


話は変わりますが、葛西選手が凱旋帰国した直後の会見で、行きはエコノミークラスだったが帰りはメダルがとれたのでビジネスクラスで快適に帰ってくることができた、と話していましたがメダルの有無にかかわらず、日本を代表して晴れのオリンピックに出場する選手には全員往復ビジネスクラスで移動させるべきだと思います。過酷な試合に出るのだから、移動は快適であるべきです。また日本はそれぐらいの余裕があるはずだし、国家予算に比べたら微々たるものです。他に天文学的な税金の無駄遣いをしていながら、なんとケチな国なのでしょう!



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近話題の酸素カプセルを井手医院に導入しました。3.5気圧のカプセルの中に約50分間座っているだけですが、中では本を読むことも出来ます。終わったあとは体が軽くなって、頭がすっきりして疲れが取れるようです。サッカー選手などは試合後に利用して疲れを早くとるようです。

3.5気圧の酸素が、体の毛細血管の隅々に行き渡って血行が良くなるからでしょう。

いまこの酸素カプセルが究極のアンチエイジング(若返り)として注目されています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。