2012-07-12 20:34:49

現代の食ビジネスとは ①宅配弁当が様変わり!

テーマ:日々進化するお店
イデアレストの門(もん)です。

つい最近藤原紀香さんがCMしている「食宅便」が気になってちょっと調べてみました。

「食宅便」を展開する日清医療食品は
高齢者向け弁当でトップシェアの会社です。
今まで高齢者弁当で培ってきたノウハウと食品工場(資産)を利用し、
一般消費者への宅配弁当販売強化に乗り出したのが本事業だそうです。

宅配弁当を注文する客層は30~50歳の方々で、
このマーケットを見る限り、
共働き世代の食事ということになりますね。


このお弁当の特徴は

①7食をワンセットにした冷凍弁当を配達(7個一度に送付することで配送コストを削減)

②1弁当当り525円/税込みと安く、おかずのみの提供。ご飯や味噌汁は自前で用意。
 さらに、7食となるので1セット当り3,675円の売上となる

③配送料無料 (7食セットは代引き手数料の315円のみ)
 1個は店舗から配送して送料無料

④選べるお弁当は昼夜30品からチョイス。
 まとめ買いで7品選ぶことができる

⑤カテゴリーは和食、洋食、中華からチョイス可能

⑥冷凍弁当なので食べたい時にレンジアップすれば食べられる

というもの。


ここまで来るとちょっと既存のお弁当専門店や宅配弁当店には太刀打ちできないと思いがちですよね。
でも、ちょっと待って下さい。

この「食宅便」にも実はデメリットがあります。

●7食まとめ買いはクール宅急便で配送されるため、
 突然仕事が入り帰宅が遅くなると、受け取れない。
 また、注文してから届くまで4日かかる

●1個を配達する場合、昼食は9:30~12:30頃、夕食は15:30~18:30頃届けられ、
 時間指定もできないことから、急な外出ができない

という事は、
まだまだお弁当屋専門店が打ち勝つだけのポイントがそこにあるのです。
ある意味、「食宅便」は『非常食』に最適!
『日常食』は外食やお弁当専門店、コンビニに行くという方が多いということになるのではないでしょうか。

しかし問題は宅配弁当店です。
こちらは価格競争するとビジネスとして成り立たないという危険があります。
だからこそ付加価値サービスが必要なのです。

例えば
●注文を受けてから30分以内のお届けお約束!
●熱々出来立てをお届け
●ご飯、味噌汁が付きます
みたいな差別化をしっかりと打ち出して価格ではない部分で対抗することが大切です。

しかし、凄い世の中になりましたね。


次回は、
現代の食ビジネスとは ①今年のトレンドは『冷たい』!
乞うご期待!

■飲食店に関するご相談はこちらへ【先着5社様無料相談受付中!】
■飲食店を新規開業したい方へ【飲食店開業プロデュース】はこちらへ
■【事業再建、リニューアル】はこちらへ
●売れる!メニュー開発はこちらをクリック!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

IdeaRESTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。