2011-03-18 10:35:24

飲食店「計画停電」の対応について:追記④

テーマ:節電対策
昨日17日は、寒さによる暖房需要が増えた事等から供給量が増加し、
夕方より「大停電」を回避するための緊急措置が求められました。

大型商業施設やショッピングモール等では、予定の営業時間を繰り上げて閉店を決め、
それに伴い、テナント飲食店も閉店を余儀なくされています。

一週間の計画停電の予定も組まれ、店舗運営の予測判断も行えるようになったかと思われた矢先の
出来事で、はやり、まだ予断を許さないという状況があるようです。

節電が叫ばれ、多くの方の努力に応えるように予測を下回る電力消費数値を実現し、
私達、一人ひとりの小さな行動が、大きな成果となり得る事を実感しています。

外食産業に携わる私達も、みなさま個々に熟慮の上の「今できること」を行動する事で、
大きな貢献となります。是非協力して、この事態を乗り切って行きましょう。


取り急ぎ当ブログでは、飲食店で想定される停電時の注意点について検討後、
順次追記更新を予定しています。

また、営業時間対応やメニュー変更など、臨時の対応策について
実際の状況の応じて可能な限りお伝えして行きたいと思っています。

※あくまで、一般的なアドバイスですので、個々の現状管理を最優先して下さい。
※追記修正箇所は色を変えて記載しています。

 ■Yahoo!『計画停電最新情報』
 ■東京電力『計画停電週間予定』3/15-21

<営業について>
 ・懸念されている大規模停電に陥れば、「計画」ではなく「事故」停電となり
  復旧のメドも立ちづらく、外食産業においても大変大きな打撃があると予想されます。
 
  ロードサイドのチェーン店では、営業を知らせる袖看板のみ点灯し、
  ファサードサイン・装飾照明のOFF等、ギリギリの節電協力を行う店舗が多くみられ、
  店内の照明を可能な限り落とし、ヘッドライトで厨房に立つラーメン店に
  お客様からの賞賛の声が上がる一方で、

  深夜まで、大型サインボードの照明をフルパワーで点灯し、装飾的な点滅照明を含め
  通常通りの照明を行っているところも散見されます。

  設備的な都合により、照明コントロールが難しいなどの状況がある店舗もあるかもしれません。
  一概に、批判的な感想を持つべきではありませんが、
  被災地の過酷な現状はもとより、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭やお年寄りまで、
  停電で暖房を失い、寒さを耐えている中、
  今、店舗の示す姿勢が与える印象は、お客様の心に強く残るのではないでしょうか。

  冒頭に申し上げた通り、現在も、営業をしたくても出来ない店舗も多数あります。
  今は、多くの店舗が協力して電力を温存し、一日も早い通常営業に戻れるよう力を合わせて行きましょう。
  (3/18現在)


 ・停電時間にランチタイムが当たる場合、事前に調理した弁当の店頭販売、弁当デリバリー、
  店内での弁当の提供も良いでしょう。立地によって持ち帰り需要が高い場合、交通事情等により
  出勤できるスタッフが少なくなってしまった場合等、
  営業を全面的に「弁当販売」へと切り替えることも検討してみて下さい。

 ・週が開けた現在も、首都圏エリアの一部のスーパー等では販売商品の不足が生じています。
  米・パン・冷凍食品・乾麺・・等、備蓄できる食材、及び、卵・牛乳は品切れ。
  魚肉類は品薄、青果類は価格高騰の状態もあるようです。←こちらは大分改善されているようです。(3/18現在)

  また、営業時間を短縮する店舗も多く、共働きなどで食材調達が困難な家庭では
  外食以外に充分な食事がとれない方もいらっしゃると思われます。

  店舗の安全確認、スタッフの安全確保を最優先で検討した上、
  食材調達ルートがあり、料理の提供ができる営業が可能な飲食店では、
  停電対策としてメニューを絞るなどの工夫をして、
  A看板や簡易ポスターで「営業予定時間」「提供可能なメニュー」などわかりやすく
  店頭に表示すると良いでしょう。

 ・照明が消えた暗がり状態での厨房作業は、事故の可能性も大きく大変危険です。
  また、余震の可能性もあるため、客席でのローソクの使用なども自粛が求められています。
  充分に、注意しましょう。
 
<食材管理>
 ・冷凍冷蔵庫
  通電時間中は出来るだけ多くの保冷剤、氷等を作り置き、
  停電中にも痛みやすい食材を保冷しておけるようにしましょう。
  停電中のドアの開閉をできるだけ控えましょう。

  冷凍冷蔵庫は、通電再開時の初動に最もパワーを必要とします。古い冷蔵庫を使用している場合、
  停電が終わり通電が始まる際に、問題なく作動しているか念のため確認をしましょう。
 
 ・製氷機
 1 停電中は氷が作れなくなるため、事前に多めに作り冷凍庫へ氷を移しスットックする。
  3時間程度の停電であれば扉の開閉を少なくすることで溶けにくくなる。【ドリンク対策】
 2 年式が古い製氷機は、電源のオンオフにより、コンプレッサーに故障が生じるケースが多いため、
  事前に厨房業者に点検や交換を依頼しておくと良い。
 3 製氷機が停止すると、機械内のホースに水が溜まったり、ホースの劣化等により異臭や味が悪く
  なったりすることもあるため、電源が入って氷ができたら必ずチェックする。 
   機械によっては機械内の水抜きが簡単にできる機種もあるので、事前に業者に確認しておくと良い。

 ・ビル等、店舗によっては停電により水道が使えなくなる場合があるようです。
  あらかじめ管理者に確認し、対応策を検討しておきましょう。

<レジ管理>
 ・オーダーエントリーシステム、ポスレジ等を使用されている店舗は、
  データ保護など停電時対応について、あらかじめ確認をしておきましょう。

  オーダーエントリーシステム・ポスレジ等が使えなくなった場合に備え、
  手書き伝票を用意し、スタッフに使い方を指導しておくと良いでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

IdeaRESTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。