外壁リフォーム。

テーマ:
 
8月 8日 (木) ご覧いただきありがとうございます。
 (*゜▽゜ノノ゛☆

私たちは尼崎、西宮、伊丹を中心に活動してる工務店

株式会社アイディール・デザインです。

http://www.idealdesign.biz/

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

今回のオリンピックの日本選手の活躍は、
本当にすばらしですよね
「私も、頑張らないと!」
(と具体的にコレに!っていうのははいですが^^)
 なんだか、ヤル気に満ち溢れてきます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、前回から始まりました
幼稚園の外壁リフォーム。

幼稚園の今回の外壁タイルの修復方法は・・・

まず、タイルの劣化具合を調べて行きますポイント

よーく、じーっくり見てみても
タイルの裏側は、どうなってるか?
わかりません泣き

そこで、タイルを1つづつ、
打診用テストハンマー(専用の先に丸い小さな鉄球がついた棒)で
叩いて音を聞いて調べます。

タイルが下地にキッチリとくっついている音
タイルが浮いてきている音
下地までも劣化している音

叩いていくと、すぐにわかります。(因みに、鈍感な私が聞いても、わかります^^)

タイルがしっかりと、くっついている箇所は
 ・・・現状のまま。


タイルが下地から浮いてきている箇所は
 ・・・下地とタイルの間に、エポキシ剤という(強力な)接着剤を注射のように、注入する。

(↓下の写真は、職人さんがゴンドラに乗り、エポキシ剤を注入しているところ。)
見えにくいですね 画像を拡大してよーく見ると見えます


下地までも腐食している箇所は
 ・・・タイルを剥がし、下地をしっかりやり直し、新しいタイルを貼る。

(↓下の写真 は、腐食部分のタイルを剥がしたところ。)





簡単に説明すると、上記の3つの方法で
外壁のリフォームをしていきます。

建物が古いため、タイル全部剥がしてしまって、すべて新しいものに張り替える
には、タイルを剥がす際に(振動などで)建物に大きな負担を与えるし、
コスト面も膨れます

という訳で、総合的な判断から、
今回は、このような施工方法になりました


50周年を終えられた、歴史ある幼稚園

建物のメンテナンスも、きっちりとされていて
さすが、園児の安全もしっかりと考えているのだなぁ。
と半世紀という歴史を刻んでこられた、重みを感じるのでした

AD

コメント(2)