不況になると口紅が売れる

~遊びゴコロで、世界を救おう!~


テーマ:
詰将棋の研究会合である「たま研」は、今年の夏の開催で記念すべき第10回を数えます。
で、その場で研究発表せよ、という利波偉氏よりのご用命があり、町田まで行ってまいりました。

詰将棋作家の集まりというだけでも十分濃いわけですが、このたま研たるや、参加者の1/3が看寿賞作家という(笑)、そらまあ大変な集まり。
天才、賢人、哲人、古豪、新鋭…たちを前に、私なぞが何を喋れというのか、ということで最初はビビッて固辞したのですが、結局は安請け合いしちゃうんですねえ。
その後、いつものように苦しむわけですが、まあそれは定跡手順…みたいなもんで。

ネタは、昨年12月に遊戯史学会で発表した「詰将棋の歴史」をアレンジしたもの。
二代伊藤宗印の詰将棋革新の背景にあった「民間の自由奔放なアイデアの導入」という観点を中心に、プロとアマチュアとの関係の在り方について論じてきました。
純粋な「プレイヤー」とは誰か、という話ですね。

第二部では、詰将棋作家で古図式研究家の利波偉氏が、古図式の「10番作品」を時系列に採り上げ、詰将棋の発展について概説してくれました。
図巧22番の50年前に小原大介なる民間作家が、利き遮断型打歩詰め打開手筋を発表していたという新発見もあり、大変勉強になりましたね。

課題作は第10回ということで、「10」にちなんだ作品展、でした。
6作集まりましたが、馬屋原剛氏、新ケ江幸弘氏作は別格ですね~。
私もどさくさに紛れて何か出そうかとも考えたのですが…出さなくてよかった(笑)。

二次会も楽しいものでしたが、体調の関係でほとんど食べられるものがなく(豆腐と白菜のみ!!)、主食の流動食も焼酎のお湯割り1杯で限界でしたので、残念ながら7時半で失礼してきました。

こういう集まりにはこれまで参加したことがなかったのですが、思ったより内輪感もなく、なんとなく溶け込める感じもします。
いつも詰パラでお名前を見るだけの方に直接会えるチャンスでしたので、全員のサインをもらおうと、色紙をのこのこ持参しました。
これはきっと、お宝???かな。フフフ。


幹事を務められた利波偉氏、宮浦忍氏、角建逸氏、そしてわざわざプロジェクタをご持参いただいた加藤徹氏はじめ、関係各位にはこの場をお借りして感謝いたします。
ありがとうございました。


▼参加者全員のサインをもらってきました!

サインをもらってきました!


▼利波偉氏による古図式10番の解説 ~22飛に32飛合で変長という解釈は間違いだった!

利波偉氏による古図式10番の解説


▼会場風景(なんと、1/3が看寿賞作家!!)

会場風景


▼天才の雰囲気がプンプンと漂う山村晃広くん(浩太郎さんのご子息)

天才の雰囲気が漂う山村晃広くん


▼2次会でもやはり詰将棋なんだよなあ

2次会でも詰将棋



なお、現代の名工・鈴川優希さんが、本講義内容をまとめてアップしてくれました。
ご関心のある方は、鈴川さんのブログ「my cube」をご覧ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yamaPさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。