猫と主

テーマ:




東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花
主なしとて 春な忘れそ



私が月に2、3度お詣りする地元の氏神様の境内には

菅原道真公の歌と共に梅の蕾がほころび始め

その芳しい香りに心が洗われます。



命ある全てのものに幸せが訪れますように



そう願わずにはいられない 私のパワースポットです。



多く女性を見てきて

年齢を重ねる毎に 心の美しさが顔に現れる。

勿論 お手入れも必要ですが

心の状態が 肌や表情に現れると確信しています。



全ての人が心豊かに穏やかに過ごせますように。




ところで

猫を飼っている多くの方が感じていると思うのですが

我が家の愛猫は 我が家の主ではないのかと。


私も猫野美香さんの臣下ではないのかと思ってしまうのです。

人間より高価なフードを食べ 、日向ぼっこに付き合わされて

被毛のお手入れをし、遊びにも付き合わされて

ですから

おかげさまで

美香さんは 病気になる前よりずっと元気で

臣下としては このまま穏やかに余生を送って欲しいと願うばかりです。


そして

主無しとて 春を忘るな と

毛むくじゃらのお姫様は去っていくのでしょうか。