ポケットのおしゃべりしませんか

60代突入!元気の素はGLAY!
ガタついた身体でいつまでライブに行けるのか?
日常の出来事ブログです


テーマ:
GLAYファンのみなさん もうすぐ幕張ですね

今年は同じ日に関ジャニ∞さんもライブがありますね

駅から、関ジャニさんのファンとGLAYさんのファンがぞろぞろと なんか楽しい光景が目に浮かびます

私は留守番組ですが みなさん楽しんできてくださいね



で、GLAYさんはいつもツアーの始まる直前や大きなライブの前には練習ライブと呼ばれるライブがあります

そのライブ Zepp Tkyo ゼプトピアに参加してきました



練習ライブなどと呼んだらGLAYさんに失礼かと思ってましたが今日26日 Zepp Tkyo のライブでは

始終「いいライブだ」って言っていたJIROちゃんが 「練習ライブ最高」と そこへ「練習ライブじゃないぞ」とTERUさんが それをきいた JIROちゃん「言い出したのはTERUだぞ」と返していました

実際に今日もTERUさんの口から練習ライブという言葉がありましたよ


箱ライブは暑いのですよね
特に TERUさんはのどをやられてしまうのが嫌で エアコンを利かさないのです


TERUさんの髪も濡れて 張り付いてしまって七三分けになちゃって AbemaTVの生放送の前に髪を直してきたいっていうのです(再放送があるらしいですね)

TERUさんが直せば直すほど変になってしまう髪

思わずTAKUROさん「直してこい!」

TAERUさん そでにはけました

そこでTAKUROさん 「みんな、長い付き合いだからわかるでしょう 彼は気に出したらだめだから」と

はーい わかりますよ もちろん


TERUさん髪を直して登場 でもすぐまたぬれちゃいましたね

このあと、アンコール前の時間には髪を洗ったのでしょうか TERUさんふわふわさらさらの髪で登場 
その髪を手でさわって みんなにアピールしてました
もう、TERUさん最高!

HISASHIさんは超多忙のスケジュールのようで わからなくなったらGLAYのホームページで確認するのだと
そこから 話は「みんな帰るときには ポケモンするんじゃないぞ! あっ!大丈夫か みんなガラケーだから」
「ガラケーはへし折って ソフトバンクのスマホに変えよう そして GLAYのホームページをみるのだ」

思わずTAKUROさん「HISASHI 疲れてる 何を言ってるのかわからない」



今日のライブは 【ゼプトピア】
HISASHIさん作った新曲は 【デストピア】

それをTERUさん HISASHIさんの曲をゼストピアと言っちゃって

HISASHIさん「デストピア」
TERUさん 「ゼ」
HISASHIさん「デ」
TERUさん「デストピア」

なんてやりとりもありました

もっともっと、面白いやり取りがあったのですが 私の頭の中にはこのくらいしか残ってません

こんな感じで 楽しいライブでしたが 足には相当こたえますね
そろそろ潮時かな~


*暑い中のライブでしたので 間違ってるかもしれませんし 言い回しも違うかもしれません
私にはこんなふうに聞こえました

あしからずご了承ください





AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「GLAY」 の記事

テーマ:
ポケモンGOをはじめて2日 マンションの廊下と部屋の窓際で8匹のポケモンをゲットしました

断舎利中なので 家にて休憩がてらスマホいじってます

ホントのゲームの仕方はわからないのでただ、ポケモン捕まえて楽しんでる次第です

なかなかゆっくり本を読んでいませんが 5月、6月に読んだ本の個人の覚書です






これから退職を迎える人、退職した人、50代後半の人生。再スタートは様々な形で。60歳では年金の出ない現在、我が家は切実に思ってしまう。





書店を舞台にしたこのシリーズも主人公が次の世代の人たちに変わり、今回は取手駅構内の小さな店の店長になった彩加の話。常磐線沿線の地名も出てきて 身近に感じながら、駅中書店の難しさとともに,彩加の先輩だった亜紀のご主人の編集長も登場して、読み応えのある話でした。著者が出版社で編集をなさってたので リアルに感じるのですね 書店も、出版社も、今は大変ですが、電子書籍より紙の本が私は好きです。





出版社の中にもいろいろな部門があり、好きな部署に配属されるとは限らない。それはどんな会社でも同じだろうが、週刊誌の記者というと、やっぱり引いてしまう。「週刊文春」編集長公認という帯はタイムリーですね





会社に忠誠を尽くしても会社はというか、上司は簡単に裏切る。信じちゃいけない。責任をなすりつけられた男は泣き寝入りするのか。 読み応えがありましたが、悲しくもなる。 こんな会社ばかりではないだろうが、こんなデパートあったような気がする。





美味しい朝ごはん専門のお店なのに流行らない。わけありの店主と美幸が少しづつ変わっていく様子に うまくいくのかこのお店と期待しつつ、人って見かけだけで判断しちゃいけないよねと思いながら ハレのヒ食堂お客の一員のような気持ちで読みました





治験と言えば病院で行われるものと思っていたが 話はぜんぜん違っていた 信じられないようなことが次々起こって、一気読みのミステリーでした





舞台は高校 、入試前日、妨害予告、そして不可解な事が次々と。受験生にとっては将来を左右するかもしれない高校入試。教師にとっては毎年行われること。登場人物がそれぞれ自分の立場で見ながら話は進んでいく。最初は登場人物図を見ながら読んでいた。入試にかかわる問題点を考える作品で、誰がどう関わっているのか、首謀者はだれなのか一気読みでした





憧れのタワーマンション、そのママ友たちとの付き合い、単身赴任中の夫との離婚話、不倫。女性誌「VERY」に連載されていたときいて、納得の内容。人によく思われたいと思わずに、身の丈に合った生き方をするのが一番。実際にあるような話でした。





警察署の刑事がテレビ局のプロデューサー落下事件という、華々しいところで働く人の死を解決していく話ですが、犯人が誰かよりも 刑事たちの性格、人間性のほうに重きが置かれていた。淡々とした感じで犯人もああそうかと読了





仕事がつまらない、会社がつまらない、そんなOLが脚本家になろうと夢みる。コンクールに入賞したら即、会社は辞めてなどと考えているが、現実はそんなに甘くない。よくある話ですね。でも、主人公の気持ちもわかる。紆余曲折あって、夢はまだ夢のままだけど、それでもよかったねと言ってあげられる





パンとスープとネコ日和の続編。ネコのたろを失ってから 一人になると涙してばかりいるアキコ。パンとスープの店もお昼時以外は客足が減ってしまい、このままでいいのだろうかと悩みながらも日々が過ぎてゆく。まったりとした空気が好きです。アキコの周りの人たちがそのまったりした空気に淡い色を添えているように感じます。いつまでも読んでいたくなる本です。すでに出ている続々編はどんな話になっているのか 楽しみです。





文庫では9シリーズ目。古書店とカフェを営む東京バンドワゴンの家族にまた逢えてうれしいです。そんな気持ちにさせてくれるお話は このお店を訪れる人々の重荷を取ってくれる東京バンドワゴンの人たちの人間性なのかな。子供たちの成長で9シリーズの時の流れを感じます。読後はほのぼの、ほっこり、ですが、読んでいるときには謎解きに頭をひねっています。





町のケーキ屋さんを舞台に繰り広げられる6話の話。ケーキとともに語られる話は ビーチョコレートケーキのような、洋酒をきかせたケーキのようなほろ苦いお話。 甘いケーキと、洋酒をきかせたケーキは苦手な私ですが おじいちゃんの作る昔から変わらないケーキ、そして孫の亜樹の奇をてらしたようなケーキ、どちらも食べてみたくなるそんなケーキ作りの描写が 心に残りました。





本屋さん好き、お仕事小説好き、推理小説好きなので 読む前からワクワク 1話め、「あれ?この話知ってる」と思ったら 「本屋さんのアンソロジー」に載せた話だったのですね それがきっかけで この本はできたようです 本屋さんにミステリーはつきものなんだなと 期待は裏切られませんでした 最後まで読まないとほんとわからない





前作は文庫本で読みました 今度は 文庫本までまてません 単行本で読みました 前作の『和菓子のアン』を読んでる時から和菓子が無性に食べたくなったりして和菓子屋通いが止まりませんでした 今回は和菓子が絡んだ人間性だったり、人間関係だったりですね それでも 和菓子のまたまた未知なる部分にふれて、和菓子屋さんのショーウインドウを覗きたくなりました 登場人物は魅力が倍増して、次回作を早くも読みたいです





こんな場所があるのかしら 知らない者同士が集まり 一緒にご飯を食べる 作るのはくじ引きで決める 共同台所 ここで ご飯をともにすることで 悩みを抱えた人も元気になるそんな場所 でもこの場所も再開発に巻き込まれ びっくりする展開に





伝説の女トレーダー立花が罠にはめられた 簡単に犯人はわかるわよねと 読み進むうちそんな単純な話ではなかった それにしても ほんとに人情あふれる下町の人たちで 数字だけを追いかける仕事の立花もどんなに助けられたことでしょう





菜の花食堂と料理教室を開いている靖子先生がささやかな日常の謎を解くお話 お料理教室での先生の「面倒くさいと思って料理をすると面倒くさい味になってしまいます」の言葉に読み始めからドキッとなってしまいました 気をつけねば 謎解きとレシピがどちらもちょっと中途半端に感じてしまった



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本でもスタートしましたね

アメリカでの様子のニュースを見ていて 歩きスマホが増えて 事故が多くなるのではとか、子供が遠出したりして危険なのではとか、いろいろ懸念をいだいていたのです

今日、配信されたとどこの局もスマホ片手にその様子をニュースにしていました

そこで私もとりあえずアプリをインストールしようとしましたが

対応していない機種ということで インストールできず

「な~んだ」

ポケモンGO、そんなにやりたいわけではなかったのですが ちょっと体験はしてみたい

ほんとに対応していないのか 不審感で めげずにインストールを試みました


夕方になってこんな画面が↓



IMG_20160722_205546441.png



ってことは インストールはできるってこと!


何度も試みてやっとインストールできました





IMG_20160722_214216124.jpg


これが私です


マンションの廊下で 一匹ゲットしました

けっこう 見つけたときはうれしい

そしてゲットした時も うれしい

あとは外に出ないと捕まえられそうにないので また明日


近くにポケモンがいると振動で教えてくれるので スマホ画面をずっと見ている必要はないので 歩きスマホはやめましょうね



同じマンション内 ポケモンGOをやってるご夫婦発見!

非常階段でスマホ片手に その動作でポケモンGOやってらっしゃるって遠目にもわかりました

明日はこの付近でもウロウロする方がふえるのでしょうね

あっ!私もその一人です はい
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。