LIKE LIFE

好きなものを好きなように書いていきます


テーマ:


今回の新曲は、特に解釈することもないと思ったんですが、よーじろーさんが久しぶりにがっつりしたラブソングを作ったのかとすごく嬉しくなってしまったのでやっぱ書きたいと思います(そういえば『シザースタンド』もラブソングっぽいんですけど、けっこう曖昧な歌詞ですし…)。





2曲ともラブソングなので詳しい解釈はしないです、すみません。


歌詞の打ち間違いはご了承くださいませ。




「五月の蝿」





僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
君が襲われ 身ぐるみ剥がされ レイプされポイってされ途方に暮れたとて
その横を満面の笑み スキップでもしながら 鼻唄口ずさむんだ
僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

哀しみや憂いの影の 一つも宿さず
かわいいと謂れ慣れて 醜く腐ったその表情
もうフォークを突き立てたいよ
あぁ死体 死体になった君を見たい

己が醜さ恥じて 髑髏を垂れ
名前より先にごめんなさいを口癖に
今日まで 手合わせ 生きてきたのに
バカみたい 君を見てると

まるで自分が世界一汚れなき者に思えてきたりもするんですが
生憎そんな遠回りせずとも僕は僕を大事にできるから
もういらないよ

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
通り魔に刺され 腑は溢れ 血反吐吐く君が助け求めたとて
ヘッドフォンで大好きな音楽聴きながら 溢れた腑で縄跳びをするんだ
僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

君の罪裁く法律はない あぁ なんて世界だ
代わりに僕が罰してあげましょ なんて言うかよバカ

君にあげた僕の言葉達よ成仏せよ
その身体に解き放った 愛しの僕の精液を お願いよ 取り返したいの
かわいそう かわいそうで泣きそう

空が蒼いように 花が散るように 君が嫌い 他に説明は不可
君が主演の映画の中で 僕はそう 最強最悪の悪役
激動の果てに やっと辿り着いた 僕にもできた絶対的な存在
こうやって人は生きてゆくんでしょ? 生まれてはじめての宗教が君です


僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
君の愛する我が子が いつか物心つくとこう言って喚き出すんだ
「お母さんねぇなんでアタシを産んだのよ」
「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」
「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」
「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」

そこへ僕が颯爽と現れて 両の腕で彼女をそっと抱きしめるんだ
君は何も悪くないよ 悪くないよ 悪くないから





「ラストバージン」




こんな気持ちはじめてと僕は言う
何の気ないそぶりで君は言う
私たちはじめて出会ったんだもん
そんなの当たり前だよ、と君は言う

もしも俺が明日死んだらどうすると問う
すると目も合わさずに君は言う
そんなの起こってみなきゃ分からないと言う
少し怒ったような顔で 君は言う

なんでか 僕は 嬉しくなって
笑ったんだ

『生まれてはじめて』と『最初で最後』の
『一世一代』が君でした
あぁ『寝ても覚めても』『後にも先にも』
そういった類のものでした
                      
当たり前の日々などいらないと言う
するといつもの調子で君は語る
あなたの当たり前になりたいと言う
そんな日がくればいいなと言う

終わりは始まり 分かってるって ここまでもなんとかそうやって
いつもやってきたけど
これを終わらせたら間違いって 次の始まりなどいらないって
思える 今を ここで


何度も 何度でも 思い出せるように
歌にして

『生まれてはじめて』と『最初で最後』の
『一世一代』が君でした
あぁ『寝ても覚めても』『後にも先にも』
そういった類のものでした

『生まれてはじめて』と『最初で最後』の
『一世一代』の約束を
あぁ ここでしよう 今この場でしよう
何も始まることのない 終わりまで

こんな気持ちはじめてと君は言う
そんなの当たり前だよと僕は言う









この2曲は「好き」とか「愛してる」とかの言葉を使わずに歌われたラブソングだと思います。

一応公式でもラブソング2曲だと発表しているようですしね。








『五月の蝿』について…



なんというか、歪んだラブソングっぽいなと。

好きと嫌いや、愛と憎しみというのは、表裏一体の関係だと思います。

誰よりも大好きだからときどき大嫌いになるとか、

誰よりも愛しているからこそすごく憎くなるときもあるとか、

恋愛にはそういう面があるんじゃないでしょうか。

そんな憎しみに振り切った状態を歌ったのがこの曲なんだろうと思っています。



私の好きな漫画で言っていたことですが、

恋愛とは、ただキラキラしていたり温かかったりするだけのものではなく、時にはひどく嫉妬したりして醜く汚いものになる。


そういうときの自分の醜さ・酷さを認めているからこそ、ここまで悪意をさらけ出すような歌詞が書けるのではないかと思います。

こういう風に曲にして大勢の聞き手に誰かへの憎しみをさらせば、その分自分も嫌われかねないですからね。


好きだからこそ、ふとしたことで許せなくなったり嫉妬したりして、「あいつなんかこの世界から消えればいいのに」と思ってしまう。そんな自分の醜い感情を全面に出しているようにも思えます。



最近のRADは、ネガティブを歌いながらも最後でポジティブにもっていく傾向にあり、

この曲もここまで「君」をののしりながらも終盤に自分のほうを「悪役」にし、

最後は「君は何も悪くないよ」と抱きしめていますよね。

そこに明らかな愛を感じます。


■12/15追記

と思ったんですけど、MVだと「君の愛する我が子」のほうを抱きしめてますね笑

恐らく同じ人が撮っているだろう『ドリーマーズ・ハイ』のMVでも最後で謎によーじろーさんがJKに抱きしめられてる(?)ので、完全に歌詞とリンクしているとは思いませんが…

もし「我が子」のほうを抱きしめているのだとしたら、

「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」

と、わめく子どもに対して

君は何も悪くないよ

と、抱きしめてるわけなので、君が生まれてきたことは罪でもなんでもないとその子に言ってるのだろうと。

つまり、「君」と「僕」がきちんと愛し合った結果生まれた子ということではないでしょうか。

「その身体に解き放った愛しの僕の精液を」「取り返したいの」という歌詞の通りに憎み続けているなら、その結果の子どもも否定されておかしくないですし。

もし「僕」ではない違う男性との子どもだったとしても、彼女とその人の関係を認めているということになるので、(付き合っていた当時、もしくは別れた直後は)許さないと思っていながらも現在はもう許しており、彼女に(恋愛的でない)愛を持ってるのかなと。


まぁ「お母さんの子になんて」というところに対して「君は何も悪くない」と言っているのなら、

悪いのは母親の方なんだと捉えられるのでただただ憎しみのこもった曲になるんですが笑

私としてはやはり愛の歌だと取りたいので、MVに則したとしてもこう解釈したいと思います。

まぁフィクションのラブソングだと思うので、実在しない「君」と「僕」の関係なんてどうとでも考えられますね笑


■追記以上




「僕にもできた絶対的な存在」「生まれてはじめての宗教が君です」

は、「君」を「地上で唯一出会える神様」と歌った『有心論』のようですし、ここからも「君」への愛がとれると思います。


一時期、RADWIMPSのことを「神」と表現するのは、神様を信じていないよーじろーさんに失礼だからやめろというコメントをよく見たのですが。

個人的によーじろーさんが『おしゃかしゃま』で批判した神は宗教的神のことであり、自分のことを本当に救った存在、自分にとっての絶対的存在を「神」と呼ぶのは、そもそもよーじろーさんが似たこと歌ってるんだからいいじゃないかと思ってます。

ま、RADを「神!」という人は「すげぇ!」って意味で使ってるだけでしょうけど笑



因みに『五月の蝿』は「五月蝿(うるさ)い」からかなと。






『ラストバージン』について…


これまた直球で超ド級なラブソングですねー

五月の蝿が恋愛の醜さをあらわした曲であるならば、こちらは恋愛の素晴らしさ・温かさをあらわしているのかなと。


青とメメメライブで初めて聴いたときは、よーじろーさんがまたこんなラブソングを歌うようになったのかと感極まって涙しました…


一生でたった一度の恋。

といえば、『ただ、君を愛してる』を思い出すなぁ… あれも泣けた…


因みに『ラストバージン』は、「ラスト=最後」「バージン=初めて」で、ロストバージンとかけているのだろうなと。





RADのラブソングは実話が多いからということで、今回の2曲は吉高のことを歌ったのかなぁと言う人を見かけたんですが、恐らくこれからのラブソングはすべてフィクションになると思います。

よーじろーさんは、1人の彼女さんのために曲を作り続けていましたが、その人と別れてからちゃんとしたラブソングは作っていなかった。『マニフェスト』はぶっとびすぎていたし笑

だからもうラブソングを作らないかと思っていましたが、今回は思いっきりの恋愛を歌ってくれました。

『生まれてはじめて』と『最初で最後』の『一世一代』
とあるのだから、『ラストバージン』は確実にフィクションでしょうね。

そもそもよーじろーさんはあの彼女さんの前にも何人かと付き合ったことがあったらしいけど、神とも呼べるほどに自分を救ってくれた、自分を変えてくれた存在が彼女だったから、あれだけの曲を作っていたわけで、たぶんこれからそんな存在は現れないから、フィクションのラブソングを作り続けるだろうなぁと思います。

もちろんよーじろーさん自身の感情が歌われていると思いますが、少なくとも「君」=「特定の誰か」にはならないんじゃないかなと。



どちらの曲も、以前までと同じように具体的な言葉で歌詞がかかれていますが、表現したいことはもっと抽象的な「愛」についてではないでしょうか。

特定の女性との恋愛を語っているのではなく、「誰かを愛すること」そのものを全く違う面から描いた、愛のあふれる2曲だと思います。






そういえば両A面は『へっくしゅん/愛し』以来二作目。

これも憎をこめまくった曲と愛をこめまくった曲なんですよね。

へっくしゅんの歌詞も相当酷いので、五月の蝿の歌詞の酷さがやたら話題になってたのはびっくりしましたよ。

まぁへっくしゅんは英語で歌ってたしね笑


というわけで、今回も同じ構成になっているんじゃないかと思います。





しかしながらあくまでこれらは私の勝手な自己解釈なので、人それぞれ思うように捉えればいいんじゃないでしょうか。

私の考えは解釈の一つとして参考にする程度にしていただければと思います。





あと、『にっぽんぽん』は最高の日本愛とキミ愛がこめられた曲ですね!

「大丈夫です」って言葉は案外 別の意味でも使えたりするんだ

恋よりも愛よりも何よりも キミがいいんです


の歌詞が大好き。

個人的にラストがミイラズっぽくてめっちゃにやけましたw






■ジャケットについて追記

表側が五月の蝿、裏がラストバージンですね。


『五月の蝿』のほうは口が顔になったもの。

その口からどろっどろした赤いものが溢れ出ている。

自分の解釈に合わせると、憎しみが混ざってどろどろになった愛が口から溢れて言葉になっているという感じでしょうか。

「君を許さない」と叫びながらも「君は何も悪くないよ」と包み込もうとするそんな執着を表す赤色、みたいな。


裏の『ラストバージン』は、五月の蝿と対をなすように透明感のある青色。

2人の男女が抱き合って一体になっている。

「僕」が「君」の「当たり前」で、「君」が「僕」の「当たり前」で、「寝ても覚めても」「後にも先にも」「君」しかいないから、2人が一体になっているんでしょうね。

ゆったりとしているような、激しく渦巻いているような、そんな「はじめて」の愛が2人をとりまいているように見えます。













関係ないですが、青とメメメの感想について簡単に。


一人参戦でしたが、雨が降るなか朝から並び、人の隙間をかいくぐり、最後はダッシュしてもぎとった真ん中最前列!

ステージ近いしいつも背の低さのせいで視界を遮る頭もないし開始直前に雨があがるし!

大好きなトレモロ夢番地有心論ヒキコモリロリンシュプレヒコールを聴けて、

念願のラブラドールカバーを聴けて、

石巻で被災したピアノの音色に泣いて、

にっぽんぽんに思いっきり笑って、

ラストバージンに胸打たれて、、

とにかく最高のライブでした!



実はRADは初めてのライブだったんです。他のバンドは行ったことあるけれど。

その理由は、RADファンが大声で歌うせいで聴こえないことが多いという苦言をよく聞くから。

今回どうしても最前列をとりたかったのは、それを防ぎたかったからです。


確かに一緒に歌うことは楽しい。

私もRAD以外のライブはよく行くのでその気持ちはわかります。

でもそれは歌うことが決まっているところだけでいいじゃないですか。

というか、そういう「ライブのお決まり」があることこそが楽しいんじゃないですか。

あとよーじろーさんがマイク外したり「Say!」て言ってふってくれたところとか。

そういうところを歌うだけで十分だと思うんですよ。

どうしても歌いたければ小さく口ずさむだけでいい。

そうすれば周りには聞こえないから。


話には聞いていたので、ライブ中大声で歌う人が多くても我慢しました。

幸いスピーカーが近いので演奏や歌声がかき消されることはなかったですし。

それでもどうしても許せなかったのは、

石巻で被災したピアノで『螢』が演奏されたとき。

直前、よーじろーさんは涙していました。「ほんといい音だよなぁ…」とつぶやいて。

ならば、ただただその音色をしっかりと耳に入れて、

ピアノを直した人々やよーじろーさんの想いを受け止めたいと思いました。

それなのに、一部の人たちは大声で歌っていました。それも涙声で。

泣いとけば許されると思ってますか。

感動していることをアピールすれば許されますか。

違うでしょうよ。

あんたらの歌声で、このときにしか絶対聴けないピアノの音色が消えてしまった。

何でよーじろーさんが涙したと思ってんのかな。

しかもアレンジがされていたからタイミング合わなくてフライングしたりしてたし。

このとき、本気でこういうRADファンって自分勝手だなと思いました。



ライブで私は、

よーじろーさんの想いのこもった歌声を、

くわのかっこいいギターを、

武田さんの最高のベースを、

さとしの楽しそうなドラムを、

聴きたかったんです。

ライブの楽しみ方は人それぞれだと思いますが、できれば邪魔されたくなかった。

しかし、歌う人たちの気持ちもそれなりにはわかりますし、RADのライブはすでにこういうものになっているので仕方ないとは思います。

だからこそ私はきちんと演奏を楽しめるように、自分でできる最大限の努力をして最前列を取りました。

他のバンドのライブであればわざわざ最前を取ろうとは思わないんですが、RADのライブでは自分が努力するしかないと思いましたし。

そのかいあって十分に楽しめましたから、いまさらどんな曲でも絶対に歌うななんて言いません。

それでもやっぱり、せめて演奏をきちんと聴かなければならない曲ぐらいは、黙って静かに聴いてほしいと思うばかりです。

そういう曲くらい、演奏と歌に聴き入りたい人たちの気持ちを少しばかり考えてもらえないかなと。




もちろん、私もマナーが良いとは言えないです。

私がとった最前列は、そこに行きたくても行けなかった人が大勢いる場所ですから。

ここに歌詞を載せることもそもそも著作権違反ですし。

ただ、歌うべきでもないところで大声で歌うということは、誰かの楽しみ方を邪魔しているということはわかっておいてください。



ファンというのは、時としてそのアーティスト・バンドの評価に直結します。

最近では嵐ファンのマナーの悪さが話題になりましたし、RADでもたびたび「音楽は良いと思うがファンが…」という意見を目にします。

私がたまたまチケットをもらって行ったポルノグラフィティのライブでは、超有名なミュージック・アワーですら誰一人として歌っていなくて、ポルノファンすごいなってただただ感服しました。


RADファンも、RADを好きじゃない人に好かれるようなファンであってほしいなぁと思います。

まぁ無理でしょうけどねー笑

それでも、歌われて迷惑しているRADファンも多いということくらいは知ってもらいたいです。







簡単にと言いながら超蛇足してしまった!

曲の感想よりむしろ長いような気がする!w

ただちょっとこれについては書いておきたかったので…

長々とすみませんでした。



最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(58)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。