いちずみ雄幸 一期一会 in 習志野

習志野市議会議員 市角雄幸です。
習志野市政について皆さんと一緒に考えていきたく、ご意見・ご感想をお願いいたします。


テーマ:
市民会館において、「大久保地区公共施設再生事業に関する説明会」が開かれました。
これまでの大久保地区再生事業の取り組み経過、今後の
1.何がいつできるのか、
2.どこにいつ引き継ぐのか
3.どうやって決めるのか
4.スケジュール
について市当局から説明がありました。


何ができるのか
現状の施設、更新後は下記のように。


いつできるか。
新公民館は、平成31年11月~の予定。



どこに引き継ぐか。
大久保公民館、屋敷公民館、ゆうゆう館、大久保図書館、藤崎図書館、市民会館が新たな中央公民館、中央図書館へ。



どうやって決めるのか。
公募プロポーザル方式を採用。



スケジュール
28年12月に優先交渉権者が決定、29年2月に仮契約の締結、29年3月に議会の議決を経て本契約の締結。


今回の再生事業は、PFI事業(公共施設の整備や運営に民間のノウハウを取り入れること)として実施する習志野市初の試み。
PFI事業の実施期間は、23年間と長期にわたるものです。
事業が適正に行われるか、チェック機能が重要となります。



 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、明日と花咲町会主催の盆踊り大会。

炎天下の中、朝から町会の役員、区長、組長さんが会場設置を行いました。皆さまお疲れ様でした。

盆踊り大会は、明日まで、花咲公園で開催ですので是非お越しください。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
視察の3日目は、石川県金沢市。
「協働のまちづくりチャレンジ」事業を視察。
金沢学生のまち市民交流館にて、事業の説明を受けました。交流館は平成24年からスタートし、学生を中心に交流の場として活用されています(金沢市内には、9つの大学があります)。昨年は、約6万人を超える利用があったとのことです。

金沢市では、「金沢市における市民参加及び協働の推進に関する条例」を平成17年に制定。
平成22年には、「金沢市における学生のまちの推進に関する条例」を制定。
地域課題の発見・対応には、行政と市民が相互連携で対応することが必要であると考えています。

協働のまちづくりチャレンジ事業は、
・市民、学生団体等から市民と市が協働で取り組む企画を募集
・委託料:40万円以内

チャレンジ事業の効果として、 
・行政職員の協働に関する意識改革
・人的地域資源の発見
・既存の枠にとらわれない新規施策
・市民の自主・積極的まちづくり意識

今後は、市民一人ひとりが、
社会の中での役割を認識、主体的にまちづくりに参画、まちに愛着を持つことを目指し、市民参加と協働による行政を推進するとのことです。

市内に3大学を抱える習志野市にとって、金沢市の取り組みは、大いに参考になるものでした。


金沢学生のまち市民交流館




大正時代の建物をリフォーム






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
視察の2日目は、石川県珠洲市の「ちょっこり・たすけ隊」を視察。

珠洲市の人口は、1万7000人。高齢化率は45.7%石川県内で1番の高齢化率。





「ちょっこりたすけ隊」のちょっこりとは、少しという意味。災害時の避難弱者といわれる65歳以上の高齢者世帯や身体活動に不都合のある市民の命を守るため、地域防災力を向上させるのがねらい。

ちょっこり困り事を持つ避難弱者が、各地区の自主機種防災組織事務局(公民館)に手伝いを依頼。依頼を受けた事務局は、登録ボランティア「ちょっこり ・たすけ隊」の中から、その日、その時に仕事が出来る」隊員に連絡し、隊員が依頼者を訪問して困り事解消を手伝う。
お手伝いは、1回1時間500円の有償ボランティア。
若い世代の減少や担い手不足が深刻化していく中で、年齢にかかわらず、「できるとき、にできる人が、できること」をの視点で取り組むことが地域防災力、地域福祉力の維持向上につながっている。

珠洲市での高齢化は、今に始まったことではなく、地域の顔の見える連携は以前からあるようで、2025年にピークを迎える都市部の状況とは異なるようです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
8月2日から3日間、会派での富山市、珠洲市、金沢市への行政視察。

1日目は、富山県富山市の「お迎え型体調不良児保育事業」を視察。

この事業は、保育所等の児童が体調不良となり、保護者が仕事等ですぐに迎えに行けない場合に、拠点施設の職員が代わりに迎えに行き、子供を一時的に預かるというもの。
今年の10月からスタートし、自治体直営としては全国に先駆けての取り組み。



すでに富山市では、体調不良児の対応として、93ヵ所の保育所のうち、30ヵ所の保育所に看護師が従事しており、お迎え事業は、看護師が常駐していない保育所を対象に行う。

この事業は、タウンミーティングでの母親たちからの要望を聞く形で、市長のトップダウンにより、実現。

職員体制は、看護師2人保育士2人。お迎え時には、看護師、保育士各1人の計2人で行う。
利用者負担は、制度利用料2000円、交通費(タクシー代)は実費。

富山市ては、子育て支援に力を入れております。今現在、保育所待機児童はいないとのことです。



こどもプラザは、駅前ビルに。



こどもプラザ内の子育て支援センター



こども図書館

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。