いちずみ雄幸 一期一会 in 習志野

習志野市議会議員 市角雄幸です。
習志野市政について皆さんと一緒に考えていきたく、ご意見・ご感想をお願いいたします。


テーマ:
昨日行われた議員団研修会。
講師に本市の会計管理者宮澤氏を迎え、「新地方公会計の基礎知識」と提し、講義してもらいました。

公会計の知識をすべて理解するのは、なかなか大変ですが、ポイントを絞って解りやすく説明いただきました。

新公会計制度は、なぜ必要か?
1.説明責任の履行
住民や議会、外部に対する財務情報のわかりやすい開示
2.財政の効率化・適正化
財政運営や政策形成を行う上での基礎資料として、資産・債務管理や予算編成、政策評価等に有効に活用

今後さらに新公会計制度についての理解を深めなければと感じた講義でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は学習権圏会議「みな友会」主催の研修会へ参加。


習志野市庁舎で行われ、庁舎内を見学した後、 「地区学習圏会議:ねらい・現状・今後」
~習志野市の生涯学習と関連付けて~ 
という議題で 講義が行われました。
講師は、生涯学習相談員の鈴木悦男氏。

生涯学習とは、
1965年ユネスコのポールラングランによって提唱され、当初は「生涯教育」と言われた。「人が生涯にわたって主体的に続ける学習活動」のこと。学校教育も生涯学習の範疇に含まれる。

日本では、1981年に始まりました。 
生涯学習は、
人々が自己の充実・啓発や生活の向上のために、自発的意思に基づいて行うことを基本とし、必要に応じて自己に適した手段・方法を自ら選んで、生涯を通じて行う学習のこと。(昭和56年中教審答申)

 主体的に取り組んでいることが学校教育とは違うところです。

 生涯学習社会待望の背景として、
「情報化の進展(IT化)」、「高齢社会の到来」、「価値観の多様化」があげられるようです。

1989年(平成2年)には文部省から、「生涯学習モデル市町村」の指定を受けた習志野市。

地域学習権会議の抱える問題として、
・設立後四半世紀から来るマンネリズム
・国全体における生涯学習熱の退潮傾向
・市教育行政の中における生涯学習の方向性の不明確さ 
・会議所属メンバーの固定化、高齢化
をあげられており、
「存廃も含めてあり方を再検討する時期かも?」
とのこと。

今後公共施設の再生で屋敷公民館がなくなり、地域学習圏会議を今後どうするのか、みな友会のメンバーとしては、貴重な意見を聞くことができ、良い研修会となりました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みな友会主催のもちつきカルタ大会が、屋敷公民館で行われました。

地域の幼稚園生、小学生、中学生が集まり、大いに盛り上がりました。

みな友会役員、スタッフの皆さんたいへんお疲れ様でした。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月10日~14日まで、モリシアホール4階にて、
習美会主催、第50回の新春展が開催されております。

75点の絵画作品が展示されております。
「あなたが審査員です」のキャッチ・フレーズで一般鑑賞者が好きな作品5点を選び投票し、高得点順に賞が決まります。

会場に足を運び、好きな作品に投票してみてはどうでしょうか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2018年の新春賀詞交歓会が習志野文化ホールのホワイエで行われました。

習志野市に携わる各分野の方々が、一同に集まる新年の恒例のイベント。
本日も多くの方が、集まりました。

皆様、本年もよろしくお願いいたします。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。