ichitaso's back of flyer

ネット上や普段の生活で疑問に思ったこと、便利だと感じたサービス・コンテンツを丸めて包んでご紹介


テーマ:

便利なブックマークレット

Safariに登録しておくと便利なブックマークレット
iPhone 標準カレンダーの便利な使い方を紹介します。

Safariで一番下までスクロールする

ブックマークレットを登録し、ページ内でブックマークを開くとページ下に移動。
画面一番上のステータスバーをタップすればページ最上部に移動できますが
長いページで一番下までジャンプするときに便利です。

Safariのページを更新するブックマークレット

ステータスバー上部にある更新ボタンを押さなくても
ブックマークからページの更新が出来るようになります。

iMixMenu

iPhone 01
ブックマークを開くとこのような画面になります。

上段のTwitterアプリをタップすると対応したアプリが起動し
見ているページのページタイトルとURLをツイート欄に引き渡します。
(EchofonはURLのみ)

その他の機能として以下のものがあります。

・Facebookのいいね!ボタン、タイトルと短縮URLをクリップボードにコピー
・はてなブックマークへの追加、Evernoteに登録
・ページ内検索によるハイライト表示、ページをGoogle翻訳にて和訳する
・ページ内の住所をリンクにし、標準アプリのMaps(地図)に飛ばす
・「ttp://、ttps://」で始まるURLらしきものをリンクにする
・「/hogehoge1/hogehoge2/」にいる時に、 「/hogehoge1/」に移動
・ページの一番下へ移動

Googleリーダーに登録する

見ているページをブックマークレットからGoogleリーダーに登録することが出来ます。
気になったサイトやブログがあった場合に重宝します。

見ているページをGoogle翻訳

Safariで英語サイトを見るとき、使えるブックマークレットです。
翻訳された箇所をタップすると元の英語表記が見られます。

Evernoteにクリップ

SafariのページをEvernoteにクリップするブックマークレットです。

ブックマークレットの登録方法

1.以下のコードをPCでコピーし、メールでiPhoneに送るかEvernoteに保存します。
ページ下へスクロール
javascript:window.scrollBy(0,document.height)

ページを更新
javascript:location.reload()

iMixMenu
javascript:(function(){var%20s=document.createElement(%27script%27);s.charset=%27UTF-8%27;s.src=%27http://iphone.alice.gs/iMenu/imenu.js%27;document.body.appendChild(s)})();

Googleリーダーに登録
javascript:var%20b=document.body;if(b&&!document.xmlVersion){void(z=document.createElement('script'));void(z.src='http://www.google.com/reader/ui/subscribe-bookmarklet.js');void(b.appendChild(z));}else{location='http://www.google.com/reader/view/feed/'+encodeURIComponent(location.href)}

Safariで見ているページをGoogle翻訳
javascript:void(0);void(0);void(0);void(0);void('Add%20this%20text%20into%20the%20code%20to%20suppress%20the%20tooltip%20with%20long%20script');void(0);void(0);void(0);void(0);void(0);void(0);void(0);q=location.href;void(location.href='http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u='+q);

Evernoteにクリップ
javascript:window.location='http://s.evernote.com/grclip?url='+encodeURIComponent(location.href)+'&title='+encodeURIComponent(document.title)

2.iPhoneのSafariでどこかページを開きます。
3.ページをブックマークに追加します。
4.ブックマークの「編集」から、追加したブックマークのタイトルを変更し
  URLの所にコピーしたjavascriptをペーストします。

その他のブックマークレット

はてなブックマークに追加

iPhone用クーポンサイト

iPhone用クーポンサイト | CouPhone:http://coupon.enpad.net/mobile#

iPhone 02

マクドナルドやロッテリアのクーポンをiPhoneで使用することが出来ます。

iPhone標準カレンダーを便利にする方法

Googleカレンダーを同期する

1.「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」
   →「Microsoft Exchange」を選択

iPhone 03

2.「メール」にgmailアドレスを入れる
3.「ドメイン」の部分は空白のまま
4.「ユーザ名」の部分にgmailアドレスを入れる
5.「パスワード」を入れる
6.「次へ」をタップ
7.サーバというフィールドが出現するので「m.google.com」と入力。ドメインは空白でOK。
8.「次へ」をタップ

iPhone 04

9.同期するサービスでカレンダーをONにする。

注意
連絡先をONにすると、iPhoneに入っている連絡先が上書きされてしまうためOFFにしておく。
メールもONにしておくと、同時にメールの設定も出来る。

iphone wiki:iPhoneでカレンダーより抜粋

日本の祝日を表示する

1.iPhoneからアップル - iCal - カレンダーライブラリを開く
  http://www.apple.com/jp/ical/library/

2.祝祭日の「日本」リンクを長押し→「開く」をタップ
iPhone 05

3.「カレンダー”日本の祝祭日”を照会しますか?」と表示されるので「照会」をタップ
iPhone 06

4.カレンダーを表示して上部左の「カレンダー」をタップ
iPhone 07

「日本の祝祭日」にチェックを入れれば完了です。

最後に

iPhoneと記述しましたが、iPod touchでも利用可能です。
まだやっていない方は、ためしてみてはいかがでしょうか?
以上、iPhoneを快適に使用する方法まとめでした!

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


この記事には、脱獄(JailBreak)に関する内容が含まれています。
脱獄は本体の故障・不具合等を引き起こすリスクがあります。
実際に記事の内容を行う場合は、すべて自己責任でお願いします。


2011/4/4
Windows向けCFW作成ツールSn0wbreeze 2.5がリリースされました。
iOS 4.3.1のiDeviceがUntethered Jailbreak可能となっています。
ベースバンドを保持したまま iOSのアップグレードが可能です。

2011/4/7
sn0wbreeze 2.5.1リリース
アップデート内容:sn0wbreeze 2.5.1 Change-log

  • Cydia 1.1.1のプリインストール

  • Animated Boot Logoの追加

  • afc2を追加

  • Apple TV 2のDFU Instructionを追加

  • YouTubeの問題をhacktivatedデバイス上で解決

  • 3GS old-bootromの復元時に発生するエラー37を修正

Jailbreak環境

【対応デバイス】
 iPhone 3GS/4
 iPod Touch 3G/4
 iPad 1 ※iPadの場合ベースバンドの維持は確認しておりません
 AppleTV 2G

【テスト環境】
 Windows XP SP3 32bit
 iPhone 3GS(32GB) iOS 4.2.1JB
 iTunes v10.2.1

必要なファイル

sn0wbreeze 2.5.1
 ファイル:sn0wbreeze-v2.5.1.zip
 リンク先をクリックしダウンロード

【iREB】
 ファイル:iREB-r4.zip
 リンク先をクリックしダウンロード

【iDeviceのiOS4.3.1 ipswファイル】
iPhone 3GSiPhone2,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPhone 4iPhone3,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPod Touch 3GiPod3,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPod Touch 4GiPod4,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPad 1iPad1,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
Apple TV 2GAppleTV2,1_4.3_8F202_Restore.ipsw

sn0wbreezeでiPhoneをJailbreakする

1)脱獄する前にバックアップを取っておく

参考:iPhoneをJailbreakするための準備

2)PCに直接USBでデバイスを接続し、DLしたSn0wbreezeを実行
※iTunesは終了しておく

sb2.5 01
 「OK」 「Close Credits」をクリック

sb2.5 02
 矢印をクリック

sb2.5 03
 「Browse」をクリックし、DLしたipswファイルを選択

sb2.5 04
 3GSの場合、Old-bootrom/New-Bootrom/I don't know/Detect it for me.と表示される

USB viewにて調べる方法が確実かと思います。

ファイル:usbview.zip

1.iPhoneをDFUモードに入れ、USB Viewを起動
2.メニュー「Options」→「Config Descriptors」にチェック
3.「F5」で更新→「Apple Recovery (DFU) USB Driver」を選択
4.ECIDとiBootのバージョンが表示される

USB View

iBoot-359.3:Old-bootrom
iBoot-359.3.2:New-Bootrom

sb2.5 05
 Expert Modeを選択

sb2.5 06
 Generalを選択→矢印をクリック

sb251 01
 全てのチェックを外し、Root Partition Sizeを1024MBに設定(任意)
 マルチタスキングジェスチャーはお好みで設定

設定項目の詳細

 Enable Battery-Percentage:バッテリーを%表示できるようにする
 Enable Gestures Menu:iPadのマルチタスキングジェスチャーを有効にする
 Activate The iPhone:iPhoneをSIMなしで使用できるようにする
 チェックが付いたままだとSIMを入れても通話等が出来ないため外す
 Enable Animated Logo Capability:アニメーションロゴ機能を有効にする
 Cydiaよりアニメーションブートロゴをインストール出来るようになる
 Install SSH:OpenSSHをインストールする
 iPhoneに不正に侵入される危険性があるため、必要が無ければチェックを外す
 Root Partition Size:システム領域のパーティションサイズを変更
 任意の数値を入力する

sb2.5 08
 3GSの場合、ベースバンドを06.15.00にアップグレードできる
 画面が表示されるがOFFのままにする

  06.15.00にアップグレードするとGPSが無効になり
  一度ベースバンドを上げてしまうと元に戻せなくなるので注意!


sb251 02
 カスタムブートロゴの設定(任意)

sb2.5 10
 Build IPSWにチェックを入れて矢印をクリックしipswを作成

sb2.5 11
 しばらくすると「Done!」と表示されるので「OK」をクリック
 デスクトップ上にsn0wbreeze_4.3.1.ipswファイルが作成されます。

Sn0wbreeze 12
 DFU Pwnerモードに入れる画面になりますが、Closeをクリックして
 sn0wbreezeを終了します。

カスタムファームウェアをインストールする

復元時のエラー16xx (1600、1601、1602)等が発生する場合
Pwned DFU モードにきちんと入れていない可能性があります。

回避策として、iREBを使用し確実にPwned DFU モードに入ることが出来きます。

3)iREB-R4を起動する

iREB 01
 該当するデバイスを選択しクリック

iREB 02
 開始5秒前からカウントダウンします。

iREB-r4 01
 電源ボタンとホームボタン10秒間押し続けます。

iREB-r4 02
 電源ボタンを離し、ホームボタンを押し続けます。

iREB 03
 成功するとDone!となり、ダイアログが表示されるのでOKをクリック
 次に進みます。(失敗した場合は再度デバイスを選択してリトライ)

4)iTunesを起動する

iTunes 01
 1. デバイスの復元画面になるためShiftキーを押しながら復元をクリック
 2. デスクトップ上にカスタムipswファイルが出来ているのでそれを選択し開く
 3. CFW(カスタムファームウェア)のインストールが始まるのでしばらく待つ

iTunes 03
 4. インストールが終わるとバックアップからの復元が表示されるので「続ける」をクリック
 5. 同期が終わり、ホーム画面にCydiaが追加されていたら完了です!

Cydia

但し、現状ではiOS4.3.1で動作するCydiaアプリが少ないため
4.2.1以下での使用をおすすめします。
また、iPhone 4 で ultrasn0w を使用したSIMロック解除時のシグナルバー表示が動かない問題は
解決されていないとのことです。

ultrasn0w 1.2.1 でシグナルバーが動かなくなるバグが修正された。

関連記事


PR
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:


3GSユーザー必見/2年縛りが解ける前に確認したいことを読んで
いまいち理解できなかったので、自分なりに調べてまとめてみました。

「iPhone for everybody」キャンペーンとは?


「2年間の継続利用を条件」として

  • 端末代金が安くなる(月月割りで-1920円×24ヶ月分)

  • パケット定額フルの上限が4,410円になる

2009/02/27~2010年1月31日までに契約した方向けのキャンペーンで
その間に、iPhoneを契約した人は対象になっているかと思います。

僕自身も2009年の10月にiPhone3GSを契約しており
My SoftBankを確認すると「2年契約(キャンペーン)」となっておりました。

ここで問題となるのが、上記サービスは自動更新となっていて
更新月以外の解除には解除料(9,975円)が発生するということ。

僕の例で上げると、2011年11月1日から2012年1月31日までに登録解除しないと
契約解除(SoftBankの解約)をした際に、違約金を支払う必要が出てくるということです。

どのようにしたらベストか?


つまり、2年契約の更新月に2年契約(キャンペーン)を解除しておくと
いつ解約しても余計な違約金を支払わなくて済むということですね。

但しここで落とし穴があって、契約した時の料金プランがホワイトプランの場合
2年契約(自動更新)となっていてる可能性もあるということ。
更新月(契約期間満了の翌請求月・初回のみ翌々月を含む2ヵ月間)以外の解約等には
契約解除料(9,975円)がかかるということです。

可能性があるというのは、ホワイトプランには2種類あって
2010年4月27日から2年契約(自動更新)というものができたようです。
(それ以前に契約していれば、解除料はかからないとのこと)

「iPhone for everybody」キャンペーン中に契約した方なら大丈夫かと思います。
それ以降にiPhone4等で契約された方は、確認しておいた方がいいかと。

その場合、ホワイトプラン以外の料金プランへ変更することで
解除料金を気にしないで済むかと思いますので参考まで。

iPhone 4 / 3GS:その他の料金プラン | ソフトバンクモバイル

現時点のプランで、電話をあまり使用されない方の場合
シンプルオレンジS 基本料金 850円/月とパケット定額フラット 4,410円/月の組み合わせが
お得な組み合わせかなぁという感じでしょうか。

今後もSoftBankを使い続けるといった場合には気にしなくても良いかと思いますが
次期 iPhone 5 や他社のスマートフォン端末に変更する場合の参考になれば幸いです。
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

Google AdSenseとは


所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを
貼り付けると広告が表示される。
その広告がクリックされると報酬が得られる仕組みである。
Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し
そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
(Wikipediaより抜粋)

要約すると、記事内容にあった広告が自動的に表示され
クリックされるだけで報酬が発生するサービスです。

アメブロには通常、記事下にGoogle AdSenseの広告が表示されています。
これはAmebaの収益の一部として貼られているものです。
広告を表示しないOPに加入しない限り、外すことは出来ません。
(非公式ですが裏技的に外す方法もあります)

Google AdSenseの申し込み


Google Adsense の登録方法


Link:Google AdSense

参考Link:Google AdSenseの始め方 その1「審査を突破する」 - GIGAZINE

Google AdSenseの登録が終わったら、コンテンツ向け AdSenseを作成し
広告ユニットからscriptコードを取得できます。



コピーしたScriptコードをフリープラグインに貼り付ければ
作成した広告がサイドバーに表示されるようになります。

Google AdSenseを記事下に設置する方法


1.Kauliに登録します。


2.広告枠→広告枠作成より自分のサイトにあった広告を作成します。
 (Google AdSenseで設定したサイズに合わせて作成)

3.アドネットワーク設定のアドネットワークを追加をクリック




4.Google AdSenseで作成したコードをコピーし、広告タグにペースト



5.追加するをクリックすると自動的にGoogle AdSenseの項目が追加されます。

6.広告タグを選択しscriptコードをコピーし、テキストエディタ等にペースト

7.コード末尾の</script>タグの前に以下のコードを挿入
$(function(){
$("#kauli_yad_1").insertBefore("#advertising2");
});


8.全てを選択し、フリープラグインに追加することで完了です。

Google AdSenseには、バナー型とテキストリンク型の2種類がありますが
あまり大きなバナー広告を貼り付けると、ブログ自体の見易さが低下する可能性があります。
設置するとしたら、テキストリンク型の方がスッキリした見栄えになるかと思います。

[追記]

アメブロの新スキンに対応させる方法

アメブロの新しいスキンだとセレクタ(idやclass)が変更されているため
表示させるのに以下のCodeをフリープラグインに入れてください。
<script src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script>google.load('jquery', '1.6.4');</script>
<script>(_JQ164_=jQuery)(function(){$=jQuery=_JQ164_;});</script>

7.「コード末尾の</script>タグの前に以下のコードを挿入」の部分を以下に変更
$(function(){
$("#kauli_yad_1").insertBefore(".skinArticleFooter");
});


いいね!した人  |  コメント(33)

テーマ:


この記事には、脱獄(JailBreak)に関する内容が含まれています。
脱獄は本体の故障・不具合等を引き起こすリスクがあります。
実際に記事の内容を行う場合は、すべて自己責任でお願いします。


2011/3/28
Windows向けCFW作成ツールSn0wbreeze 2.4b1がリリースされました。
iOS 4.3.1のiPhone, iPad , iPod TouchがJailbreak可能となっています。

iPhone 3GSの旧ブートROMのみUntethered Jailbreakで、その他デバイスはtethered
ベースバンドを維持したまま iOSのアップグレードが可能です。
基本的な内容は2.3BETAと同様で、変更部分のみ紹介します。

【iOS 4.3.1の更新内容】
• iPod touch(第四世代)で、時々グラフィックス表示に異常が生じる問題を修正
• 一部の携帯電話ネットワークで起きるアクティベートおよび接続に関する問題を修正
• Apple Digital AV アダプタ使用時に、一部のテレビの機種で画像にちらつきが生じる問題を修正
• 一部のエンタープライズ Web サービスで起きる認証に関する問題を修正

必要なファイル

sn0wbreeze for 4.3 (BETA)
 ファイル:sn0wbreeze 2.4b
 リンク先をクリックしダウンロード

【iDeviceのiOS4.3.1 ipswファイル】
iPhone 3GSiPhone2,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPhone 4iPhone3,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPod Touch 3GiPod3,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPod Touch 4GiPod4,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw
iPad 1iPad1,1_4.3.1_8G4_Restore.ipsw

【iOS 4.3.1のSHSH】
TinyUmbrellaも4.30.05になっておりiOS4.3.1のSHSHが取得可能になっております。
合わせて保存しておきましょう。

Link:The Firmware Umbrella - TinyUmbrella

Jailblreak内容

【テスト環境】
 Windows XP SP3 32bit
 iPhone 3GS(32GB) iOS 4.3JB
 iTunes v10.2.1.1

【対応デバイス】
 iPhone 3GS/4
 iPod Touch 3G/4G
 iPad ※ベースバンドの保持は確認しておりません

【詳細】

  • ultrasn0w動作ベースバンド

    (01.59.00 / 04.26.08 / 05.11.07 / 05.12.01 / 05.13.04 / 06.15.00)

  • 動作しないベースバンド

    (02.10.04 / 03.10.01 / 04.10.01/ 05.14.02 / 05.15.04)

  • iPhone 3GSの場合、Expertモードでベースバンドを

    06.15.00にアップグレードできる機能が追加された

sb 2.4 BETA 01

  但し 06.15.00にアップグレードするとGPSが無効になり
  一度ベースバンドを上げてしまうと元に戻せなくなるので注意!


現状では iOS4.3に正式対応したCydiaアプリは確認出来ていません。
3GSのOld-boot以外、紐付き脱獄でリブートするたび「iBooty」を使用する必要があります。
ベータ版となっており、実際に導入しないことをおすすめします。

3GSのOld-boot所有者で、ベースバンドを上げずに
iOS4.3.1を試してみたい方向けのものかと思います。

一方でハッカーのStefan Esser氏 @i0n1c が、Sn0wbreeze 2.4b1がリリースされてから
iPod touch 4Gを独自のエクスプロイトにて紐なし脱獄に成功した報告をツイートしています。
sb 2.4 BETA 02



Youtubeの説明文を見るとiOS 4.3.1をリリースする前から
脆弱性を利用したuntethered の方法を見つけ出していたようですが
Appleは対策出来ていなかったため100%働かないSn0wbreezeを使って
デモ動画を公開したようです。
@i0n1c 氏がJailbreakツールをリリースする予定は無いとのこと。
いずれにしろ、今後マイナーアップデートで対策されてくることが考えられます。

関連記事


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


この記事には、脱獄(JailBreak)に関する内容が含まれています。
脱獄は本体の故障・不具合等を引き起こすリスクがあります。
実際に記事の内容を行う場合は、すべて自己責任でお願いします。


2011/3/17
Windows向けSn0wbreeze 2.3BETA版がリリースされており
iPhone 3GSの旧ブートROMのみiOS 4.3がUntethered Jailbreak可能ということで
(その他デバイスはtethered)
iOS 4.3の確認をしようと実験的に脱獄してみました。

現状ではiOS4.3に対応したCydiaアプリは確認出来ていません。
ベータ版となっており、導入しないことをおすすめします。


【iOS 4.3の更新内容】

  • iTunes ホームシェアリング

    iTunes の音楽・動画を同一 LAN 内であれば、同期しなくてもストリーミングできる

  • Safari 高速化

    新 Nitro JavaScript エンジン搭載

  • iPad サイドスイッチを ミュート/画面ロック に任意設定可能

  • パーソナルホットスポット

    iOS デバイスを無線LAN 親機に出来る機能(日本では使用不可)

  • 文字入力の予測変換が改良

  • SMS/MMSで、通知音の再生回数を設定可能になった

  • Pingの機能強化

    コメントとフォロワー申請がプッシュ通知されるようになった

    曲に対するコメントと「いいね!」を曲の再生中画面から直接投稿できるようになった

参照元:iPhone、iPadアップデート!「iOS 4.3」で何が変わったの? - NAVER まとめ

Jailbreak環境

【対応デバイス】
 iPhone 3GS/4
 iPod Touch 3G/4G
 iPad 1 ※ベースバンドの保持は確認しておりません

【テスト環境】
 Windows XP SP3 32bit
 iPhone 3GS(32GB) iOS 4.2.1JB
 iTunes v10.2.1

必要なファイル

sn0wbreeze for 4.3 (BETA)
 ファイル:sn0wbreeze-v2.3b4.zip
 リンク先をクリックしダウンロード

【iDeviceのiOS4.3のipswファイル】
iPhone 3GSiPhone2,1_4.3_8F190_Restore.ipsw
iPhone 4iPhone3,1_4.3_8F190_Restore.ipsw
iPod touch 3GiPod3,1_4.3_8F190_Restore.ipsw
iPod touch 4GiPod4,1_4.3_8F190_Restore.ipsw
iPadiPad1,1_4.3_8F190_Restore.ipsw
iPad 2 WiFiiPad2,1_4.3_8F191_Restore.ipsw
iPad 2 GSMiPad2,2_4.3_8F191_Restore.ipsw

sn0wbreezeでiPhoneをJailbreakする

1)脱獄する前にバックアップを取っておく

参考:iPhoneをJailbreakするための準備

2)PCに直接USBでデバイスを接続し、DLしたSn0wbreezeを実行
※iTunesは終了しておく

sn0wbreeze-2.3b2
 起動するとこのような画面が表示されます。

*THIS IS REALLY ONLY FOR PEOPLE WHO WANT IT.*

- This is Tethered via iBooty.
- Unlockers STAY AWAY!!!

簡単な訳文
・ これはTethered(紐付き)脱獄で「iBooty」を使用する必要がある
SIMロック解除してる人は近づかない!

(BETA 4にて対応)

sn0wbreeze-2.3b2 02
 ipswファイルを選択

sn0wbreeze-2.3b2 03
 3GSの場合、Old-bootrom/New-bootrom/Detect it for me.と表示される

sn0wbreeze-2.3b2 04
 Detect it for me.を選択するとiDetectorが起動し、ブートロムの確認をすることができます。

インストラクションが表示されますが、分かりづらいため簡単なDFUモードの入れ方

1.Start DFU Instructionsをクリック
2.ホームボタンと電源ボタンをピッタリ10秒間長押しする
3.電源ボタンのみ離し、ホームボタンを押し続ける
4.成功するとiDetectorの画面が切り替わりどちらか表示される
5.ホームボタンと電源ボタンを長押しして再起動する

sn0wbreeze-2.3b2 05
※自分の場合「Unknown Device.」と表示されてしまいました汗
USB viewにて調べる方法が確実かと思います。

ファイル:usbview.zip

1.iPhoneをDFUモードに入れ、USB Viewを起動
2.メニュー「Options」→「Config Descriptors」にチェック
3.「F5」で更新→「Apple Recovery (DFU) USB Driver」を選択
4.ECIDとiBootのバージョンが表示される

USB View

3GSの場合
iBoot-359.3:旧ブートロム
iBoot-359.3.2:新ブートロム

 旧ブートロムのためOld-bootromを選択

sn0wbreeze-2.3b2 06
 Expert Modeを選択

sn0wbreeze-2.3b2 07
 Generalを選択→矢印をクリック

sn0wbreeze-2.3b2 08
 Enable Gestures Menu、Install *working* MobileSubstrateにチェック
 Root Partition Sizeを1024MBに設定(任意)

Enable Gestures Menu:iPadのマルチタスキング・ジェスチャーを有効にする(OFFに出来ない)
Install *working* MobileSubstrate:Cydia appを動かすためのファイル

sn0wbreeze-2.3b2 09
 カスタムブートロゴの設定→チェックを外す

sn0wbreeze-2.3b2 10
 Build IPSWにチェックを入れて矢印をクリックしipswを作成

sn0wbreeze-2.3b2 11
 「Done!」と表示されるので「OK」をクリック

sn0wbreeze-2.3b2 12
 デバイスの電源をOFFにしてStartをクリック

時計を見ながらDFU Pwnerモードにします。

 1. 電源ボタンを3秒間押す。
 2. 電源ボタンは押したまま、ホームボタンを押して10秒間押し続ける。
 3. ホームボタンは押したまま、電源ボタンを離して15秒間押し続ける。

sn0wbreeze-2.3b2 13
 ダイアログが表示されるので「OK」をクリック

3)iTunesを起動
Shift+復元でデスクトップ上のカスタムipswファイルをインストール

動作確認

【起動、動作確認したアプリ】
・ AptBackup
・ confirmSMS
・ iFile
・ SBSettings(警告が出るが動作)
・ RemoveBackground SBSettings
・ MyWi
・ My3G
・ PrivaCy
・ SilentPatcher (International) /moyashi
・ StatusBarCustomClock /moyashi
・ Timeservercilent /moyashi
・ WinterBoard

【動作しなかったアプリ】
・ AppBackup
・ Backgrounder(インストール不可)
・ Rotation Inhibitor SBSettings(インストール不可)

リブートするたびにアップルマークが表示されたまま立ち上がらないことがよくあった
1.ホームボタンと電源ボタンの長押しで強制電源OFF
2.ホームボタンを押したままPCに接続しリカバリーモードへ
3.TinyUmbrellaを起動しExit Recoveryで再起動

このように不安定な動作となりました。

iOS 4.3からの新機能としてsafariの高速化がありましたが
個人的にはあまり変化を感じませんでした。

参考動画:iOS 4.2 vs. iOS 4.3 (iPad first gen Safari)


3GSのOld-boot以外、Tethered(紐付き)脱獄で
リブートするたび「iBooty」を使用する必要がありますので
実際に導入しないことをおすすめします。

しばらく遊んでみて、4.2.1に戻す予定です。

余談になりますが、iOS 4.3からPing機能強化により
バッテリーの持ちが若干悪くなっているとのこと。
設定→一般→機能制限→Pingをオフにすると気持ち改善されるようです。

2011/3/18 追記
BETA 3がリリースされているためリンクの訂正
内容:iPod touch 4 iBootyの問題を修正

2011/3/20 追記
BETA 4がリリースされているためリンクの訂正
内容:sn0wbreeze 2.3 BETA
・ ultrasn0wが動作するようになった
・ 対応ベースバンド(01.59.00 / 04.26.08 / 05.11.07 / 05.12.01 / 05.13.04 / 06.15.00)
・ 非対応ベースバンド(02.10.04 / 03.10.01 / 04.10.01 / 05.14.02 / 05.15.04)
・ iPhone 3GSのベースバンドをiPadの06.15.00に書き換えるとGPS機能が失われる
・ GUIとiBootyのバグを修正

関連記事


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
sn0wbreeze

この記事には、脱獄(JailBreak)に関する内容が含まれています。
脱獄は本体の故障・不具合等を引き起こすリスクがあります。
実際に記事の内容を行う場合は、すべて自己責任でお願いします。


2011/02/16
iOS4.2.1をuntetherd Jailbreak(※紐無し脱獄)可能なWindows用ツール
sn0wbreeze 2.2がリリースされたので導入してみました。
ベースバンドのversionを保持したまま、FWをアップデート出来ます。

untethered はJailBreak後も通常に再起動が行える。
tethered はJailBreak後、再起動の度にUSBでPCに接続し
解除しないと通常通りに使う事が出来ない。


Jailbreak環境

【対応デバイス】
 iPhone 3G/3GS/4
 iPod Touch 2G/3G/4
 iPad ※iPadの場合ベースバンドの保持は行われません

【テスト環境】
 Windows XP SP3 32bit
 iPhone 3GS(32GB) iOS 4.2.1
 iTunes v10.2.1

必要なファイル

sn0wbreeze 2.2.1
 ファイル:sn0wbreeze-2.2.1.zip
 リンク先をクリックしダウンロード

【iREB】
 ファイル:iREB-r4.zip
 リンク先をクリックしダウンロード

【iDeviceのiOS4.2.1のipswファイル】
iPhone 3GSiPhone2,1_4.2.1_8C148a_Restore.ipsw
iPhone 4iPhone3,1_4.2.1_8C148_Restore.ipsw
iPod touch 2GiPod2,1_4.2.1_8C148_Restore.ipsw
iPod touch 3GiPod3,1_4.2.1_8C148_Restore.ipsw
iPod touch 4GiPod4,1_4.2.1_8C148_Restore.ipsw
iPadiPad1,1_4.2.1_8C148_Restore.ipsw

 iPod, iPhone and iPad Firmware一覧

sn0wbreezeでiPhoneをJailbreakする

1)脱獄する前にバックアップを取っておく

参考Link:iPhoneをJailbreakするための準備

2)PCに直接USBでデバイスを接続し、DLしたSn0wbreezeを起動
※iTunesは終了しておく

Sn0wbreeze 01
 「OK」をクリック

Sn0wbreeze 02
 「Close Credits」をクリック→右下の青矢印をクリック

Sn0wbreeze 03
 「Browse」をクリックし、DLしたipswファイルを選択

Sn0wbreeze 04
 しばらくすると「Done!」と表示される→右下の青矢印をクリック

Sn0wbreeze 05
 「Expert Mode」を選択→右下の青矢印をクリック

Sn0wbreeze 06
 「General」を選択→右下の青矢印をクリック

Sn0wbreeze 07
 全てのチェックマークを外し、Root Partition Sizeを1024MBに設定

設定項目の詳細

 Enable Background Wallpaper:壁紙を使用できるようにする
 Enable Battery-Percentage:バッテリーを%表示できるようにする
 Enable Native Multitasking:マルチタスクを使用できるようにする
 Activate The iPhone:iPhoneをSIMなしで使用できるようにする
 チェックが付いたままだとSIMを入れても通話等が出来ないため外す
 Install Animated Boot Logos:起動時のアニメーションロゴをインストールする
 Install SSH:OpenSSHをインストールする
 iPhoneに不正に侵入される危険性があるため、必要が無ければチェックを外す
 Make IPSW NOR-Only:特に必要ないのでチェックを外す
 Root Partition Size:システム領域のパーティションサイズを変更
 任意の数値を入力する

設定が終わったら右下の青矢印をクリック

Sn0wbreeze 08
 ここは何も変更しないで右下の青矢印をクリック

Sn0wbreeze 09
 Build IPSWにチェックを入れて右下の青矢印をクリック

Sn0wbreeze 10
 カスタムipswが作成されるまで、しばらく待つ

Sn0wbreeze 11
 作成されたら「Done!」と表示されるので「OK」をクリック
 デスクトップ上にsn0wbreeze_4.2.1.ipswファイルが作成されます。

Sn0wbreeze 12
 DFU Pwnerモードに入れる画面になりますが、Closeをクリックして
 sn0wbreezeを終了します。

カスタムファームウェアをインストールする

復元時のエラー16xx (1600、1601、1602)等が発生する場合
Pwned DFU モードにきちんと入れていない可能性があります。

回避策として、iREBを使用し確実にPwned DFU モードに入ることが出来きます。

3)iREB-R4を起動する

iREB 01
 該当するデバイスを選択しクリック

iREB 02
 開始5秒前からカウントダウンします。

iREB-r4 01
 電源ボタンとホームボタン10秒間押し続けます。

iREB-r4 02
 電源ボタンを離し、ホームボタンを押し続けます。

iREB 03
 成功するとDone!となり、ダイアログが表示されるのでOKをクリック
 次に進みます。(失敗した場合は再度デバイスを選択してリトライ)

4)iTunesを起動する

iTunes 01
 1. デバイスの復元画面になるためShiftキーを押しながら復元をクリック

iTunes 02
 2. デスクトップ上にカスタムipswファイルが出来ているのでそれを選択し開く
 3. CFW(カスタムファームウェア)のインストールが始まるのでしばらく待つ

iTunes 03
 4. インストールが終わるとバックアップからの復元が表示されるので「続ける」をクリック
 5. 同期が終わり、ホーム画面にCydiaが追加されていたら完了です!

Cydia

2011/3/14 iREBを使用する方法を追記
いいね!した人  |  コメント(12)

テーマ:

脱獄するメリット/デメリット

【メリット】

  • Apple非公認のアプリをインストールできる

  • 見た目をよりカスタイマイズできる

  • 簡単にメモリ解放ができる

  • ロック画面のカスタマイズ

  • 便利なショートカットや、ランチャー

  • Youtubeなど高画質で視聴、ダウンロード

  • SafariでFlashを表示、動画のダウンロード

  • ワンセグ(ネット配信)の視聴

  • カメラのシャッター音等を消去

  • iPhoneのテザリング機能によりモデムの代わりになる(ノートPC等でネット接続)

  • simロック解除によるSB回線以外の使用

  • 高い有料アプリを無料でお試しできる

  • etc...

【デメリット】

  • JailBreakは、基本的にSoftbankとAppleに認められていない

  • サポート無しとなってしまうため、故障時は実費負担となる

    (仮に故障して保証を受けたい場合、復元して元の設定に戻せばOK)

  • JailBreakが原因で不安定な動作を起こす可能性がある

  • SSH等による不正ハッキングやウイルス混入の恐れがある

  • etc...

簡単に言うと、Appleが色々と規制をしてロックしている
デバイス本来の機能を100%引き出すことができる。
反面、デメリットにおけるリスクを負うことになる。

なんらかの事態が起きても自己責任のもとに行うものだと認識しておく必要があります。
以上を踏まえた上で、Jailbreakするための準備を行います。

Jailbreakするため、事前にデバイスの情報を保存しておく

iPhoneをJailbreakするにあたり、以下の内容を保存しておきましょう。

基本情報の確認

「設定」→「一般」→「情報」を開く
スクリーンショット(ホームボタンとスリープボタンを同時押し)で保存

    iPhone情報

    「iPhone Backup」というフォルダを作り保存しておく

iPhoneのECID SHSH をTinyUmbrellaで保存

SHSHとはなにか?

iPhone 3G/3GS/4、iPod touch 2G/3G、iPadのFW(ファームウェア)復元時に
Appleサーバーへの認証が通らなければ復元できなくなりました。

この認証は最新バージョンFW復元時のみ認証が通るように設定されているため
以前可能だった過去のバージョンへのダウングレードが不可能になりました。

そこで、認証時に発行されるSHSHというファイルを使用します。
ECID(unique chip id:デバイスごとに与えられている16の文字列)と
SHSH(signature hash)は、デバイス・バージョンそれぞれに対応した
ファイルが存在するためベースバンド(モデムファームウェア)を保持したまま
FWをバージョンアップする場合や古いバージョンにダウングレードする場合など
保存しておく必要があります。

ただし、取得できるのはその時の最新版に対応したSHSHのみのため
古いバージョンのSHSHは取得できません。

SHSHの取得方法

1. Link:TinyUmbrella
リンクページ右側より、TinyUmbrella[自分のOS]をクリックし保存→実行
※Javaで動作しているので必要な場合インストール→java.com

2. PCにデバイスを接続して起動 Connected Devicesに接続しているデバイスが表示される

まず、Advancedタブを開きます。
Save ALL Available SHSHとWhen connecting a device...以外のチェックを外します。

TinyUmbrella 01

→取得したいデバイスを選択し「Save SHSH」をクリック

Recent Devicesは接続したことがあるデバイス
実機を接続しなくても、1度接続しRecent Devices欄に表示されているデバイスは
SHSHを取得出来るようになっています。

全てのデバイスから取得する場合は「Show All SHSHs」を選択→「Save ALL SHSHs」をクリック

「表示されている全てのデバイス」、「任意で選択した1つのデバイス」
2種類のSHSH取得方法が有りますので目的にあった方法で取得して下さい。

3. SHSHを取得していきます。
取得が開始されるとデバイス名の左にある画像がクルクルと回転した物に変わります。
けっこう時間がかかるので、のんびり待ちましょう。

4. 取得が完了すると、クルクルした画像が消えます。
取得されているSHSHを確認
「Show All SHSHs」→「General」タブ内のSaved SHSHs:欄に
取得済みの全SHSHが表示されます。

TinyUmbrella 02


5. 取得したSHSHの保存場所
Advancedタブ内のSave SHSH Directoryに記されている場所に保存されます(変更可)
「Overwrite existing SHSH file on"Save SHSH"」にチェックが入っていると
上書き保存しない設定になるため、外して置いた方がいいです。

TinyUmbrella 03


   TinyUmbrella 04保存された「.shshフォルダ」を他のドライブにBackupしておきます。

iPhoneの設定を保存する

現状のiPhone設定を保存するため、iTunesを起動し「同期」してバックアップします。

iTunes 同期


これでJailbreakの準備が一通り整いました。
つぎは、実際にJailBreakしてみましょう。
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:


iOS4から必要以上にうるさくなったシャッター音。
飲食店など静かな場所で大きなシャッター音は出したくないですよね。

ネットで検索すると様々な対策法が紹介されています。

  • iPodで音楽を再生させながらカメラを起動し、本体のボリュームDownを押しながら撮影する

  • マナーモードにしてヘッドフォンを挿し撮影する

→いずれも、iOS4.2以降になってからApple側で対策されています。

物理的に本体下部のスピーカーを指で押さえながら撮影するという方法もありますが
片手が不自由になってしまうため、撮影時のピント調節が難しく不安定な格好になります。

そこで便利なアプリをご紹介します。

静音シャッターカメラ App

カテゴリ: 写真

価格: ¥115



【機能】

1. 音量設定1でシャッター音量がほぼ無音になる


2. フラッシュのON/OFF切り替え

3. 明るさ自動補正機能

4. 写真サイズを通常/ワイドに切替(iPhone 4, iPod touchのみ)

5. Twitter(Twitpic)への投稿


6. 写真日記をはてなダイアリーへの投稿


7. デジタルズーム機能

8. 写真に日付を印字する機能

【効果のある使い方】

・ 飲食店で食べ物を撮影
・ 寝室で子供の寝顔を撮影
・ 音に敏感なペットを撮影
・ 学校で授業中にノートを撮影
・ 図書館で撮影



JailBreak(脱獄)しなくても手軽に利用できるのでオススメです!
価格も缶ジュース1本程度、是非お試しくださいApple

静音シャッターカメラ App (¥115)


コメントにて、新たにシャッター音量調整付きのアプリを紹介して頂きました。

MuteCamera (静音、フル解像度、連写) App

カテゴリ: 写真

価格: ¥230



こちらのアプリは、iPhone4で 500万画素(1936x2592)、3GSで 300万画素(1536x2048)
高画質の写真がほぼ無音で撮れるとのことです。

保存するのに時間を要するみたいですが、今後のアップデートに期待ですね!
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:


最初はサクサク動作していたFirefox
長い間使用していると、起動に時間が掛かったり
使わないアドオンや、いつの間にか設定したよく分からない「about:config」
ブラウザ上での表示が崩れてしまった等・・・

これらを一新すべく、以下に方法を紹介いたします。

尚、Firefoxを再インストールする時に、設定をバックアップ&復元する
FEBE」というアドオンがありますが
今回はクリーンにインストールすることが目的のため
なるべく手動で再インストールする方法を取ります。

現在の状態をバックアップする

1)ユーザープロファイル(ブックマーク、保存されたパスワード、他)のコピーを保存しておく

(ユーザープロファイルを移動している場合は省略)

「Win+Rキー」→「%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\」と入力→「OK」
「xxxxxxxx.default」をコピーして分かりやすい場所に保存しておく
(xxxxxxxx はランダムな 8 文字の文字列)
現状の設定が入っているデータです。


Windows以外の保存場所
Unix~/.mozilla/firefox/
MacOS X~/Library/Application Support/Firefox/Profiles/
(~/Library/Application Support/Mozilla/FirefoxProfiles/)

2)ツールバーの表示を保存する


画面キャプチャでスクリーンショットを取っておき
復元する際の参考に画像として保存しておきます。

メニューの「ツール」→「アドオン」→「テーマ」をクリック
設定してあるテーマの名前で検索→テーマのWebサイトを
デスクトップのショートカットに保存しておきます。

3)必要なアドオンを選定する


メニューの「ツール」→「アドオン」をクリック
アドオン一覧より、実際に使用しているものだけをPickUpしてメモしておく。
その際、設定も可能であればエクスポートする、必要なものをメモしておく。

4)ブックマークをエクスポートする


メニューの「ブックマーク」→「ブックマークの管理」をクリック
「履歴とブックマークの管理」を開き「インポートとバックアップ」→「バックアップ」をクリック
「bookmarks-(日付).json」ファイルを保存する。

5)保存されたパスワードをエクスポートする

1.「Password Exporter」をインストールしFirefoxを再起動

2.メニューの「ツール」→「オプション」→「セキュリティタブ」を開く

3.パスワードの読み込み・書き出しをクリック


4.パスワードの書き出すをクリックし承諾→xmlファイルを保存する


6)最新版Firefox のインストーラをダウンロードする

Link:Firefox - 高速・安全・カスタマイズ自在な無料ブラウザ

Firefox をアンインストールする


1)アンインストーラを開き「次へ」



2)「ユーザの設定とデータも削除する」にチェック→「削除」



3)「完了」をクリック



4)「C:\Program Files」の「Mozilla Firefox」フォルダを削除する

5)「Win+Rキー」→「%APPDATA%\Mozilla」と入力→「Firefox」フォルダを削除する

Firefoxの設定を復元する

1)ダウンロードしたFirefox Setup.exeを実行しインストールする

2)起動後、設定移行ウィザードで「設定をインポートしないを選択」→「次へ」



3)ブックマークをインポートする



メニューの「ブックマーク」→「ブックマークの管理」をクリック
「履歴とブックマークの管理」を開き
「インポートとバックアップ」→「復元」→「ファイルを選択」をクリック
保存しておいた「bookmarks-(日付).json」ファイルを選択→「OK」

4)保存されたパスワードをインポートする

1.「Password Exporter」をインストールしFirefoxを再起動

2.メニューの「ツール」→「オプション」→「セキュリティタブ」を開く

3.パスワードの読み込み・書き出しをクリック



4.パスワードを読み込むをクリックし保存したxmlファイルを開く



しばらくするとパスワードが読み込まれる

5.Password Exporter 他、不要なアドオンを削除・無効化する

5)選定したアドオンをインストールし、設定を復元する

【参考】選定したアドオン

1.Adblock Plus
ページ上の広告を非表示にするアドオン
バナーを右クリックして「Adblock」を選択すると、次回から読み込まれなくなります。

日本国内のサイトに対応するため、あわせてこちらのフィルタの導入を推奨
Adblock Plus 日本向けフィルタ
リンク先のフィルタを購読→追加

2.BugMeNot
ユーザーIDが必要なサイトでも登録無しにログインできるアドオン
ユーザーID入力欄で右クリック→「Login with BugMeNot」を実行すれば
IDとパスワードが自動的に入力され、ログインすることができるようになります。

3.Context Search
ページ内で選択した文字列を右クリックして、任意の検索プラグインで検索できます。



4.Firebug
ページ内のHTMLやCSS、XML、DOM、JavaScriptなどの記述や修正
デバッグなどを行うことができるアドオン
HTML/CSSをリアルタイムで編集できるため、様々な用途があり非常に便利です。

参考Link:意外と知られていない機能が多い!?Firebugの使い方 

5.Googlebar Lite
Google ツールバーの軽量版、無駄な機能を一切省いているため使い勝手が良いです。
検索した単語ごとにページ内をジャンプできる他、「上へ」ボタンをクリックすることで
サイト内の階層を簡単に移動することができます。

6.Greasemonkey
ウェブページをユーザー側でカスタマイズ可能にするアドオン
指定したサイトで、JavaScriptによるユーザーサイドスクリプトを追加することができます。

参考Link:Greasemonkey - Mozilla Firefox まとめサイト 

あまり入れすぎると管理が大変なため
本当に必要だと考えるもののみ使用することをお勧めします。

PBTweet+ - twitter拡張スクリプト -
Twitter(旧画面)の表示と機能をアップさせるスクリプト
「Youtube」の動画や「Twitpic」の画像をサムネイル表示
画面上のin reply to を連結表示など

Troys Twitter Script
Twitter(旧画面)のWeb画面を使いやすくしてくれます。
「次のページ」を自動で表示、短縮URLを展開して表示
画像や動画へのURLを展開して表示など

7.Hatena Bookmark
ブラウザ上で、はてなブックマークを便利に利用するためのアドオン



赤枠で囲ってある部分にそのページのはてブ数が表示され
クリックすると簡単にはてブができます。

8.IE Tab 2 (FF 3.6+)
Firefox の中で Internet Explorer (IE) のレンダリングエンジンを使用して
Web ページを表示できます。

9.Image Search Options
画像の上で右クリックをした時に、「TinEye」「SauceNAO」「IQDB」「GazoPa」などの
画像検索ツールでネット上の似たような画像を一気に検索してくれます。

10.Irvine用コンテキストメニュー拡張1.4(Firefox3.6.x対応非公式版)
Irvineと連携させるため、コンテキストメニューにアイテムを追加します。
公式が更新されないため、非公式版を使用。

11.Make Link
右クリックメニューを使って、WebページのタイトルやURLなどを
クリップボードにコピーするアドオン
ブログを書くとき非常に便利です。

参考Link:ブロガー必見のFirefoxアドオン - マイコミジャーナル

12.Tab Mix Plus
タブブラウズ機能を強化するアドオン。
タブの複製や固定、クリック時の動作変更、閉じたタブの復元、自動再読み込み
豊富な機能を追加できます。

13.Tombloo
写真やメモ、ブックマークや引用などを、いろいろなサービスにかんたんにポストできるアドオン

参考:Firefox用アドオン「tombloo」でツイッターやtumblrへ簡単に投稿する

14.UnMHT
UnMHT を利用すると、Firefoxで MHT (MHTML) ウェブページをテキストや画像を含めて
完全な形で MHT ファイルとしてローカルに保存できます。

参考Link:Firefoxでmhtファイルを扱えるようにする「UnMHT」拡張 

15.User Agent Switcher
User Agent(ブラウザを表す情報)を擬似的に変更することができるアドオン
IEやOpera、Safari、各種携帯キャリアで閲覧しているようにすることができます。

参考Link:
Firefoxのアドオン(拡張機能) 「User Agent Switcher」でキャリア別画面を簡単に確認
UserAgentSwitcherにUserAgentを一括登録可能なXMLファイル - Web Persons

16.テキストリンク (Text Link)
ページ中に書かれたURI文字列を、ダブルクリックするだけでリンクのように開けるようにします。

6)ツールバーの表示、テーマを復元する

・スクリーンショットを参考に配置など復元
・保存しておいたテーマのリンクを開き適用
・検索バーの管理より、必要な検索エンジンをインストール

7)Firefoxの初期設定を復元する

メニューの「ツール」→「オプション」を開き、それぞれ必要な項目を設定

・「一般」→「起動」→「ホームページ」の設定
・「一般」→「ダウンロード」→「保存先」の設定
・「セキュリティ」→「パスワード」→「マスターパスワード」の設定
・「詳細」→「Firefoxの更新が見つかったとき」の設定
・etc

8)その他の設定(任意)

キャッシュファイルをRAMディスクに設定する
ユーザファイルを別のドライブで使用する

クリーンに再インストールした結果



起動するのに約30秒ほど時間が掛かっていましたが
ムービーで見ていただいたように3秒くらいで起動するようになりました。

Firefoxをメインで使用していて、動作に不満がある方は試しに
再インストールしてみるのも良いかもしれません。
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード