2015年12月31日

よいお年を

テーマ:ブログ

毎年5月の連休と正月は休みなどなく相場は有れば良いのになどと思っていたのですが今年に限っては一週間ほど相場がなければ良いのにと思ってしまっています。

年内のまとめ、来年の想定などぎりぎりになってもまだ終わっていません。

来年はもう少し余裕を持って仕事に取り組みたいと思います。


さて今年のまとめでありますが15年変動は2000年高値をなんとか上抜くことができたという点で評価できるものであったとの結論です。

今年1月からの上昇では07年高値18300円水準での反応が心配なところでありましたがこれを簡単に通過、8月からの下落では18000円水準を簡単に割り込んでしまったものの8月末から10月15日までしっかりとこの水準でモミアイを演じております。

年足基準線は16年17100円どころまで下げることとなりますが9月までの下落でこの値段まで叩いてきた点も評価できるところでありまして今後下落するにしても下げ相場化へ直結する状態ではないという見方はあってよいでしょう。


問題は重視する1月5日変化日からの相場があるかどうかということでありますが、年始1月5日は大事ではあるにしてもここからの上昇相場出発へは繋がらぬと考えます。

9週足、9か月足、各均衡表をご参照ください。


今年一年前半は別としてなかなか難しい相場でありました。

あまり締ったコメントできず反省点多々ありますが昨年よりは改善されたとの認識であります。

来年はよりよいコメントを。

今年一年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

皆様良いお年をお迎えください。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月17日

12月15日からの急反発を評価

テーマ:ブログ

月曜日のラジオでは変化日12月15日以降の続落はいけないと述べました。

14日の時点では先行スパンに触れたとはいえ12月11日安値割れの勢いが懸念され下げ止まりを確信できなかったこともありますが何よりも大事な変化日が重なるポイントでありました。


先ず一点は昨年10月安値から今年6月高値まで167日間の上昇に対し4月10日から167日目、モミアイ相場の大事な節目である点です。12月1日変化日を前に一度は4月10日水準に戻していることもありここでは15日安値決まりを見せるかどうかが大事でありました。

また一巡環変化日としては13年4月2日からの676日目1月5日を重視していますが日経平均株価における最近の変動では665日がより影響力を持っているように思います。

これは09年3月安値から11年11月安値までの二波動構成665日の影響が尚続いてきているという事かと思いますが12年6月安値、7月安値、10月安値、11月安値からの665日目をお調べください。

12月15日は13年4月2日から665日目でもあります。

明日12月18日は13年3月21日高値から676日目日足遅行スパンを見れば高値決まりが懸念されるところでありますが今週の上昇によって悪化が懸念された9週足、9ヶ月足の陽連継続は確かなものとなっています。

また月足ザラバでの仲値線は12月変動で上げBを確定しているだけでなく寄引のみでの仲値線も上げB出現の可能性は考えて良い位置につけてきました。

改めて年始の相場は大事でありまして予定通り勉強会では日経平均株価解説と完結編P96からの確認をする事とします。

勉強会参加者の方が9週足だけでなく3週足、26週足、9ヶ月足のグラフを作成してくださったのでこの解説も少しする予定でありますが改めて08年安値からの相場変遷を確認しておきましょう。


勉強会はこちらから。

日が迫っていますので参加費は当日お持ちいただいても結構です。

http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月09日

勉強会のお知らせ

テーマ:ブログ

12月勉強会は土曜日開催、休憩を入れて4時間の予定です。

http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html


半分は通常の形で、今年のまとめと来年のポイントを。

半分は第二巻完結編「ダウ均衡表」部分の再確認を。時間が許せばこの間の変動を週間編方式で確認し完結編での判断ポイントとの比較を行いたいと思います。



さて最重要視するのは来年1月5日、13年4月安値から一巡環(676日目)、12年6月安値から880日目(08年10月安値から12年6月安値まで880日間)、今年9月29日から65日目(6月高値から9月29日まで66日の下落)と大きなスパンでの重なりが見られるポイントとなります。

3月23日、4月10日、23日、5月28日からの時間としては14年10月安値から今年6月高値までの167日間が大事でありまして3月23日から167日目は11月25日同水準で経過、4月10日から167日目12月15日、4月23日から167日目12月29日もまた大事ということになります。

一巡環の時間経過は正確に676日よりもむしろ665日目に大きな動きを見せるケースがここまで多々ありました。

その点では13年4月2日から665日目12月15日は大事でありますし13年3月21日から665日目12月3日、676日目12月18日もまた大事であります。


今日12月9日は日足基準線を割り込む形で引けました。

3月23日水準を通過し4月10日水準達成後の下落でありまして直近での日足転換線が3月23日水準である事を考えればやはりギリギリのポイントであります。12月1日高値から4日、4日の三波動構成となっているだけでなく明日日足基準線は一段上げてくることが予定されていますので続落ではやはり調整でありましょう。明日の下落では11月16日安値を割ることに繋がりますし週足変遷においても実線下げBが出てしまうことになります。

とはいうものの果たして相場が崩れるかは疑問でありまして九週足は容易に崩れるものではありません。

陽連を続けてきた九ヶ月足も12月変動では19129以下で引けて始めて陰転してくることになります。

19日の勉強会ではいくつかハッキリしているでしょうが今のところは夜半、明日の反応を見極める必要があるでしょう。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。