2012年06月26日

均衡表の勉強について

テーマ:一目均衡表

月曜日のラジオでは日経平均株価について次のような内容でお話しました。


先週変動では6月20日を変化日とし6月4日安値が底堅いかどうかを見たい。

日足均衡表の表れかたを重視し交わるであろう基準線と転換線、遅行スパンと相場実線の値段が大事としました。

基準線と転換線が現在重視する昨年8月9日陰線安値水準よりも下で交わる事は予め予想しうる事でありまして遅行スパンと実線の交わりも8月9日水準より下で交わるようならこの底値モミ(中段であるかもしれません)はより下の水準が意識されるという事になります。

先週変動で20日までに6月4日起点の三波動E計算値を達成するようならば8800円以上の水準で遅行スパンと実線は交わる事となり、同時に6月4日からの上昇そのものを上げの第一波動と見なせる可能性が出てきます。結果的にはN、V見に会う計算値、僅かに達成できず判断つきかねるというものでした。

ただし20日高値更新あればE計算値は達成する事となるでしょうし、変化週の高値決まりを否定する事となるのであります。


今週は週足均衡表を重視。

先行スパン下限は今週から3週間8,800円水準に位置し、高値更新は先行スパン内に入り込む事につながります。

また週足転換線は今週8852、来週8723、再来週8693まで下げる事が予想される事となり、週足基準線までの上昇は当然あって良いという事になるわけです。

また再来週は丁度今年1月16日からの上昇力を見せた週から26週目という事ですから6月20日からの下落が成されてしまうようでは仮に7月第二週から反発したとしてもよほどの上昇力を見せねば遅行スパンも悪化してくるという事になります。

したがって結論とすれば20日高値更新はしばらく相場は崩れないとの結論になりますし、下げるケース8,650円割れでは特に警戒を要すという事になるのであります。

現時点では6月変化月は高値決まり、安値決まり何れも可能性が残る為下げるケースでは警戒としか言い得ないのでありますが、均衡表そのものから判断できる事は出てくるという事です。


さてここで一般的な誤り、誤解の2つ目となりますが

2、直感的判断と論理的判断は異なる


という事になるでしょうか。

直感的判断から瞬間的に論理的組み立てが成される、あるいは論理的に整理した事から直感を得ることが大事でありますし、原著ではこのようなことを意識せずに出来るようになるぐらいは勉強して欲しいと書かれているわけですがあまりにも直感が全てのような捉えられ方で均衡表を勉強するひとが多いような気がします。



今日の変動はあまり良くはありません。

ユーロドルは25日は重要変化日ですから安値決まりの可能性は残すものの更に28日高値決まりで下げるようでは下げ相場が明確化する可能性は高いと見ます。

ドル円相場のコメントで邦銀関係者が年末90円を予想しているという記事を見ましたが、こういうコメントは害しかないからやめた方がいいです。


勉強会のご案内を

日時 6月30日土曜日 午後1時から5時(途中休憩2回)

場所 貸し会議室内海101号室http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

会費 10,000円

講師 細田哲生


尚土曜日開催の会費は予めお振込みいただく形となります。


お申し込みはこちらから

 http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年06月23日

均衡表の勉強について

テーマ:一目均衡表

6月30日の勉強会出席者の方から質問を頂きました。

勉強会でも時間が許せばお話したいと思いますが失念してしまう事もありますのでこの場でも少しお答えしておきます。


ご質問は「一目均衡表を勉強する人が間違いやすいベスト3と正しい考え方について教えてください。」

少し難しいご質問です。

均衡表の理解の仕方、活用の仕方として間違っているかあるいは正しいかは客観的には論じ難く、結果として認識されるものであるという事が一つあります。

原著を読んだ事も無い、均衡表創案の過程に対して全く興味が無いけれど「トレード」を通じて使い方は知っている、という人もありえますし、そういう人の理解の仕方に正しさ、誤りを指摘したところで通じるものではありません。

この点は原著読者であっても相場理解の仕方、罫線活用の仕方が本質的に異なれば同じ事でありまして正しさ、間違いは具体的にしか指摘できるものではありません。


さてこの点を踏まえて頂いた上で幾つか具体例をあげたいと思います。

ブログその他でも繰り返し述べていることですが一目均衡表を活用する目的は売買で益する事が目的である以上、方向そのものを(結果的に正しい形で)確定する事にあります。

説明は省いてしまいますが一目山人の方向性、あるいは方向の確定が波動論に基づく事は明らかでありまして山人が常に問題視しているのは「基本波動がどこか」に尽きます。

時間関係を重視し、計算値を出しておく事も、そして均衡表図表そのものの活用も全ては基本波動を明確化するためであります。

私はこの点のみでも踏まえて勉強して頂ければ自然に正しい考え方が身についてくると考えていますが個人的に間違っているなあと感じることをあげてみましょう。



1、先行スパンの交わりは変化日

各線の交わりは常に大事ですから先行スパンが交わるポイントを重視する事は決して間違えではありません。しかしながら交わるポイントを変化日として固定する事はやはり問題点が多いとせねばならぬでしょう。

例えば日経平均株価日足の先行スパンは6月6日、7日の変動で交わっているのでありますが予めわかる6月6日、7日がが変化日として大事になるかどうかは下げ過程を確認すれば明らかになります。

3月27日高値からの下落は3月27日から4月27日まで24日間に対し4月24日から6月4日まで24日間という三波動構成でありますが三波動目の値幅が出てしまう結果となりました。

4月27日高値は6月6日、7日の先行スパンの交わりの値段に見合うものでありまして計算値を超えて下げてしまったか計算値に収まっているかで重要度は変わってくるという事です。

そういう意味では先行スパンのみならず遅行スパン、基準線、転換線の交わりも相場水準として意識して頂く事が大事といえますが、普通に相場変遷を辿ればここでは止まるだろう、止まらないとしたらこういう変動であるべきという事は見当がついてきます。

あと二つは週明けに。



日時 6月30日土曜日 午後1時から5時(途中休憩2回)

場所 貸し会議室内海101号室http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

会費 10,000円

講師 細田哲生


尚土曜日開催の会費は予めお振込みいただく形となります。


お申し込みはこちらから

 http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年06月07日

勉強会

テーマ:お知らせ

日経平均株価重要変化日6月4日は深すぎではあるものの転換線を上抜き何とか下げ止まりの可能性を示す結果となっています。

問題視すべきは昨年8月9日水準、安値8,656円の割り方であります。

5月29日高値が8657円、下げてきた転換線に頭を抑えられて下げたのでありまして、6月4日以降の安値更新は値段はともかく5月29日高値までを第二波動とする下げ三波動構成の下落は考えねばならぬほどのものでありました。

最低でも6月15日(4月27日から5月24日まで17日間、5月24日から17日目)までの下落では下げ渋りを期待したとしても昨年安値割れを免れるとは思えません。

昨年震災安値週から今週が65週目であることもまた大事でありまして、6月4日安値は震災安値をかろうじて割らずにすんだに過ぎなかったのであります。

昨日の転換線超え、今日の続伸は評価してよいものの昨日は4月27日高値から26日目、急激に下げてくる基準線に頭を抑えられるようではこの上昇力は評価できぬ事になるでしょう。

5月24日から30日までを第二波動とする時間は24日起点のモミアイ相場の範疇を上抜くまでは生きるとすべきであり、変化日を前に基準線を上抜く変動でなければ6月4日の下げ止まりを確定視すべきではないと考えます。もっとも8657を超えてもいませんのでこの値段を上抜く事が大事でありますが。


とはいうものの懸念したNYダウはV計算値を割らずに反発力を見せ、こちらも6月変化月は重要である為ひとまず持つ可能性は出てきたと思います。

6月、8月を今年変動では重視していますが6月の勉強会までには幾つか整理できる状況にはなってくるでしょう。

従って6月30日勉強会では日経平均株価、NYダウ、ドル円、ユーロドルの相場コメントを時間を時間をかけて行う予定です。

日経平均株価を1時間半、その他変動を1時間半、残りで質疑応答という予定でやってみようと思います。

今年前半のまとめと後半のポイントという事になるでしょうか。


日時 6月30日土曜日 午後1時から5時(途中休憩2回)

場所 貸し会議室内海101号室http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

会費 10,000円

講師 細田哲生


尚土曜日開催の会費は予めお振込みいただく形となります。


お申し込みはこちらから

 http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html


こちらの動画もご覧下さい。

http://www.forextv.jp/Video/Video_Ichimoku.php




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年06月02日

お知らせ

テーマ:お知らせ

5月31日フォレックスTVでユーロドル相場について話しました。

http://www.forextv.jp/Video/Video_Ichimoku.php


6月勉強会の日程が決まりましたのでお知らせします。

日時 6月30日土曜日 午後1時から5時(途中休憩2回)

場所 貸し会議室内海101号室http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

会費 10,000円

講師 細田哲生


講義内容は6月4日変化日以降に決めたいと思います。

尚土曜日開催の会費は予めお振込みいただく形となります。


お申し込みはこちらから

 http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

尚この勉強会後日販売いたします。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。