1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008年12月29日

雑文

テーマ:ブログ

 フォーチュンレポートを書きました。

今日中に更新されると思います。

しかし今年は何度書くといって書けなかったでしょうか。大いに反省しております。



均衡表倶楽部会員用の限定記事を書いて今年の仕事納めとしますが、来年の変動については昨年同様余り明確ではありません。

年初モミアイか高く、下値を試してくるだろうとの直感でありますが、ほとんど閑散として動かない変動も考えなければなりません。

01年9月から02年12月までの変動が思い出されるところでありまして、特に02年後半の変動は動かない変動で多くの投資家が立ち行かなくなったという印象が強いのです。


自力反発を期待できる下げ方をしている銘柄はほとんど皆無でありまして、今年以上に神経だけ使う一年を予想しています。



今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月27日

クリスマス

テーマ:ブログ

子供達はまだサンタさんの存在を信ずる年齢なので、悪さをすれば「サンタさんに報告しておく」と脅すのが年末の習慣になっています。

根津のばあちゃんからはおもちゃ、ブーブのばあちゃんからは手袋をもらい、それぞれ喜んでいましたが、肝心のサンタさんへは「懐中電灯」をお願いする長男5歳でありました。


今年9月に引越ししましたが使っていない部屋、納戸が幾つかあり、探検ごっこをしたいそうな。

安上がりで助かりましたが、二人とも朝袋をあけて大喜びでした。

しかし何でも遊びにしてしまうもので時々感心します。




さて今年最後のメールマガジンを今書き終えたところです。

激動の一年を締めくくるのにちょっとさびしい内容となりましたが、来年はまた新たな気持ちでのぞみたいと思います。

今年は12月29日のラジオが仕事納めとなりまして、新年は1月5日のラジオが最初ということになります。


今年も一年お疲れ様でした。

来年もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月25日

雑文

テーマ:ブログ

フォーチュンレポート明日必ず。

今日はお休みでした。

計算値だけ改めて確認しましたので明日は書けるかな。というところです。



何とか個別銘柄についても整理したいのですがなかなかやっかいです。

トヨタ、ソニー、GSユアサぐらいは新年書きたいのですが。


株価予報発売中です。http://www.j-n.co.jp/magazine/index.html

書店にてお求め下さい。




今年一番印象に残ったのはリーマン破綻後と暴落後の公聴会でのポールソン氏の表情の違いでしょうか。

回顧録が出たときにはどういううそを書いているか見てみたい気がします。

何れにせよ我も彼も同程度に愚かであることがはっきりわかる一年でありました。


日経平均株価については特に論じるべきことも無いでしょう。

一般者は来年の事よりも今年一年を大いに振り返るべきであります。

損を取り返すというだけの甘い認識では来年更なる打撃を受けるでありましょう。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月24日

お詫び

テーマ:ブログ

フォーチュンレポート書けません。

明日何とか。



一目均衡表倶楽部限定記事を書きました。

年内この内容で書いていく予定です。今年は私にとっても印象に残る年でしたし、月足変遷でも一つのくぎりの年でもありました。

書き綴りながら不足点等再確認したいと思います。




「株価予報」実業の日本社 は書店にて発売中です。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月22日

お疲れ様でした

テーマ:ブログ

土曜日の勉強会は長い時間お付き合いいただきありがとうございました。

皆さん非常に熱意をもって勉強会にのぞんでこられておりまして、それに応えるだけの会になったかどうかその点のみ反省しております。

そうはいっても今年最後の大きな仕事ということで随分神経を使いました。

昨日は一日中寝込んでいましたが、今日はどっと疲れがでておりまして明日一日休ませてもらおうと思っています。



出席者は原著、メールマガジンだけでなくフォーチュンレポートも熟読するという方が多くおられ、この一年少しでもお役にたてたことが判り大変はげみになりました。

ありがとうございました。




さて竹内先生の「株価予報」実業の日本社が書店にて発売中です。

諸般の事情により2009年をもって休刊ということになりそうです。

今回発売号を含めて後4回となりまして、私の一目均衡表講座も来年一杯で終了ということになります。

これまでご愛読ありがとうございました。と同時に来年一杯はお付き合い下さい。

竹内先生ほどの相場観に触れられる機会が減ることは真に残念なことでありますが、残り4回の先生のコメントは判らずとも触れておくべきかと思います。


書店にてお求め下さい。




フォーチュンレポートは休日明けに必ず書きたいと思います。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月15日

続き

テーマ:一目山人

押し目買い、戻り売り、高値更新、安値更新も売買ポイントの基本は値動きに対する順であります。

要するにその動きを相場の方向性と見なせるか否かが決定的に大事なものなのであり、均衡表では図表のあり方、時間関係、値段のとり方によってその判断を下していくことになります。


無論これは一度に全てが理解できるものではありませんが最も重要な判断はどこが基本波動であるかということに尽きるのであります。

上げ相場でも下げ相場でも結局は三波動に過ぎないということが一目均衡表の基本的な捉え方となりますが、三波動とは上げて、押しを入れて、高値を更新していく形、下げて、戻りを入れて、安値を更新していく形であります。


三波動形成は基本数値、対等数値に律せられやすいこと、時に計算値を上げどまり、下げ止まりとしやすい傾向があることを整理して均衡表図表と併せて活用しますが何よりも注目すべきは押し、戻りのポイントを相場水準と見なせば上げ相場は相場水準の上昇する相場、下げ相場は相場水準の下落する相場ということになるでしょう。


計算値を出しておき、時間内での達成如何を推し量るのはモミアイの範疇であるか否かを測る意味もあるのでありまして、これらを併せて基本数値の特徴を生かせば少なくとも絶対にこうだというポイント0は見出せるものです。


勉強会では三波動構成のあり方及び相場水準からの放れのみを活用して日経平均株価月足変遷を説明しますが、次の二つのみ勉強会前に徹底してください。


①上げ相場も下げ相場も三波動の変遷として捉えられる

 これはただの波形ではなく基本数値、対等数値の関係で成される三波動構成である。

②モミアイ相場の起点からの基本数値では高値、安値、あるいは同水準となりやすい



具体的には中国講演用資料http://ichimokusanjin.ameblo.jp/ichimokusanjin/theme-10000974944.html をご覧下さい。





勉強会のお申し込みはメールにて受け付けます。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月11日

雑文

テーマ:ブログ

相場もなかなか判りやすい動きとは言えず難しいものです。

為替は変化日からほとんど動かぬ状態ですが転換線に対しどうかだけを問題としたいところです。



書くべきこと、書けることも無いので雑文を。

先週土曜日に千代田書店に行きまして何冊か久しぶりに買って読んでいます。

3冊読んだので感想を。


「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」町山智浩著、文芸春秋社


大変面白かったです。

読んで納得しうること多かったですが日本人も彼らを笑えまいとだけ。

次の本と併せて読むと面白いでしょう。




「強欲資本主義  ウォール街の自爆」神谷秀樹著、文春新書


アメリカのこの何年間かのやり方は正に自爆という印象があったので思わず手に取りました。

強欲資本主義という命名は気になるところですが判りやすく読みやすい。読むべき本と思います。

gs(ユアサではない)という会社はしかしユニークな会社ですね。




「世界恐慌を生き抜く経済学」エコノミスト編集部編、毎日新聞社


本を選ぶのも経験的な勘は大事でありまして、買って失敗したという事はこのところほとんど無かったのですが久しぶりに失敗しました。

ギャンブル資本主義「終焉」という副題に釣られてしまいました。雑誌であれば違和感なく読めたかもしれませんが、も少し手間隙かけてつくるべしという以外感じることはありませんでした。

編集の問題意識は大丈夫?辛口過ぎるかもしれません。



で残りは「ソロスは警告する」だけですか。

年末時間がとれれば読んでおこうと思います。












 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月08日

雑文

テーマ:ブログ

フォーチュンレポート今日中に更新される予定です。

http://www.fortune-capital.co.jp/index.php?pageId=36




メールマガジン、その他のコメントでは上げるにせよ下げるにせよ下値不安が消えぬ位置であるとコメントした日経平均株価ですが何とか上昇力を見せました。

10日までの上昇と11日の適切な押しに期待しつつ見ていきたいのですが、一番ほっとできるのはジャスダックでしょうか。

無論こちらも先行スパン上限は容易に上抜けぬ経緯を辿っていますが11月後半の安値のつけ方は評価してよい状態になりました。




さて今週のメールマガジンでとある個別銘柄を取りあげました。

読者からの投稿に対しコメントをいくつか提示しましたが、この投稿は勉強会によく参加されるN君からのものでした。

同じく勉強会出席者のTさんが勘良くN君のことだと判ったらしく、メールマガジン発送直後に電話してきてくれました。

N君は売り仕掛けをしていたのですが12月5日からの反発は相場癖からも懸念すべきところでありまして若いN君が心配だったようであります。

きちんと5日のうちに処分し利になっているということで今年経験した幾つかの失敗は骨身に染みているようですのでご安心を。



今年一年もあっという間に過ぎてしまい、相場環境もこの状態ですから決して良かったとは思えぬのでありますが、嬉しかったことが二つあります。

均衡表原著のすばらしさを売買で証明したいと言っていたF君が12年目の今年前半にすばらしい結果を残したこと。F君は毎年収益を増やしつつ経験をつんできたDに勤める原著読者ですが本当に見事でありました。

原著、一目山人の思考法、方法論、配慮こそすばらしいと確信するF君の結果に大いに勇気づけられました。


もう一つは先のN君の成長であります。

原著暦3年定期的に勉強会に出席されていたもののまめに参加されるようになったのは今年に入ってからでありますが、原著の意義をこのブログ、メールマガジンから得たといってくださることが嬉しいのであります。

若干27歳にしてこの理解というのも頼もしく、既に私が云々アドバイスすることもありません。

基本は簡単ですから判ってしまえば自ら発展させるしかないのです。


残念ながら実際にお会いして触れねば実感できないことがあります。

メールマガジン読者の方の中にも大変参考になるコメントを多く頂いておりますが、やはりそれは書かれた言葉のこと、百聞は一見にしかずでありまして、直接お会いした感銘の方が大きいのであります。


12月勉強会はお会いしたことの無いメールマガジン読者が結構参加される予定でありまして、大変楽しみ、大いにがんばる所存であります。



明日以降の変動がどうであれ今年の相場は今週が最も大事でありまして来週からは徹底的に今年一年を反省すべき期間であろうと思います。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月06日

雑文

テーマ:ブログ

今週も終了。

お疲れ様でした。



来週から来年の準備をはじめます。

勉強会まであと2週間しかないので大変ですが今回は少しばかり気合が入っています。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年12月05日

雑文

テーマ:ブログ

今日も早々と外出せねばなりません。

限定記事も書きたいところですが明日以降とします。



相場もすっかりつまらない状態となりましたが今週持つか否か、来週からの変動幅は大事です。

もう一段の下落では本当に厳しいとの認識だけ。



先日久しぶりにテレビを見ましてガンジーのことを若い方が熱く語っておられました。

「良いものはカタツムリのように進むのです」という言葉があるらしく、子供達がカタツムリを飼っているのでイメージがわきました。

翌日起きてみたら一月ほど前に生んだ卵が孵っておりまして、いきなり8匹ほどになっており、前日の少しさびしいイメージが変わり、気分が変わったところです。まだ孵化してないのが30個ぐらいあります。

良いものは少しずつであっても、しっかりと、同時に劇的に浸透するものであってほしいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。