1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年02月28日

雑文

テーマ:ブログ

 日経平均株価は随分大きく下げました。

2月26日天井というのは時間間関係から見てしっくりきませんが、基準線すら一気に割り込んだ以上下げ償却の確認が今後の優先事項となります。

明日以降も下落では3月変化日が戻り高値ということにもなりかねません。

週足でのYでもあります。


友人から小さな基本数値の遅行スパンに着目していると聞きました。明日以降下げないようならばそれも大事であります。



ちょうどブログを書き始めて2年経過しました。あっという間という気もしますし、まだたった2年かという気もします。

至らぬ点も多いブログですが今後ともよろしくお付き合いください。

ご愛読いただきありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月27日

トヨタ自動車 第2回 06年9月10日配信

テーマ:メールマガジン補足

 前回日足の変動では、昨年12月30日高値6180と2月17日高値6560を相場水準と置き、現在までの過程を辿りました。今回はごく簡単に週足で確認をしておきます。


先ず12月30日高値を起点とした場合は、17週目が4月高値6950、33週目に基準線を上抜き同水準となっておりまして、10月第二週が42週目となります。基準線の位置は当面変化しない事が予想されまして、この位置からの放れは、常に目先の方向性を示唆する点ご注意ください。次に2月高値を起点とした場合、27週目で8月高値となり同水準でありまして、週足遅行スパンがやはり重要であることが判るでありましょう。9月最終週が33週目であります。7月からの上昇力をもってしても、遅行スパンは未だに好転できない状態でありまして、先週コメントした8月28日安値6190の重要性が週足においても重要と判れば、素直に日足の想定を受け取る事が出来るでありましょう。


今回はそのことのみ言いたかったのでありますが、改めて日足ではどうでしょうか。9月8日の相場では6190を割り込み、引け値では基準線、転換線よりも下の位置にあります。基準線と転換線の位置関係も逆転したのでありまして、目先上げ相場を期待する事は今のところ出来ません。8月17日高値からの下げ日数は17日間で基本数値ですから、反発の可能性は否定できないものの、月曜から簡単に基準線、転換線を上抜く上げが見られなければ、遅行スパンも悪化してくるのでありまして、再出発の可能性は一端否定されたと判断します。従って4月21日からの下げ消却を再確認する事となりますが、今のところ5月8日からの下げ日数28日、4月21日からの下げ日数36日が重要でありまして、8月17日から28日目と36日目が当面の変化日となります。28日目は9月26日、9月最終週、36日目は10月6日、10月第一週でありまして、この点からも週足とほぼ矛盾点がないのであります。

従って目先、反発力なき場合は変化日に向け調整的下落を、そこでの反発が無ければ下げ相場を確定的に見ていくことになります。いずれにせよ、出発の機会を一端逃したことは判断しうるでありましょう。


これは昨年9月10日配信の個別銘柄解説となりますが、この時点では出発の機会を逃したと捉えていたのであります。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月26日

雑文

テーマ:ブログ

 先週土曜日にある方の勉強会に出席させていただきました。先生のお話だけでなく、出席されていた方々からも得るところが多く大変勉強になりました。

この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。


土曜日から目が痛く病院に行ったところ、コンタクトはしばらくつけてはいけません、と叱られました。

あわてて眼鏡をつくりに行きましたが、1週間もかかるといわれ困っています。しばらく片目で生活せねばなりません。



フォーチュンレポート今日中に更新されると思います。ご覧下さい。http://www.fortune-capital.co.jp/index.php?pageId=36

先日告知したトヨタ自動車の解説ですが、私のパソコンが壊れてしまったので編集から原稿をもらってから掲載します。

第一回めはメールマガジンのサンプル版にのせてありますのでこちらをご覧下さい。http://premium.mag2.com/sample/P0004000.html






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月24日

3月24日勉強会のこと

テーマ:お知らせ

2月19日のブログで告知しました勉強会ですが、メールマガジンで取り上げた銘柄を3つ比較して「入り口」をどう捉えるかについて考えを深めていただきたいと思います。取り上げますのは「トヨタ自動車」「旭化成」「ソニー」の三つとなりますが、メールマガジン読者以外の方もいらっしゃると思いますので、このうち最も基本的と思える「トヨタ自動車」の解説文を週明けから何回かに分けて載せることにします。


単純には相場水準と三波動構成の比較で放れを確認しているに過ぎないものですが、自分としては出来はよく、人の目に触れずに終わってしまうのも少し寂しい気がするわけです。


メールマガジンは今回で51回目の配信となりました。

あっという間に時間が経過し、その分書いた分量だけは多くなっているのでありますが、基本事項は単純であります。


為替は週明けユーロ円をコメントします。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月22日

雑感

テーマ:ブログ

日経平均株価はやっと18000円を超えました。

今年重要な変化月を3月、6月と想定していますので今現時の位置での直観は3月が変化月とならないか、高値の変化月となるならば18500円は簡単に超えてこなければならぬという想定です。


1月4日のV計算値は18000円、2月1日のV計算値は18067円、を上抜いたことで2月4日までを中間波動として良い点は評価できますが、値段が微妙すぎるのです。


明日ゆっくりメールマガジンのコメントをまとめようかと思いますが、これまでの変遷での未達成計算値を確認されれば、私の言いたいことは判るかと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月21日

お知らせ

テーマ:お知らせ

 フォーチュンレポート書きました。今日中に更新されると思います。

ご覧下さい。http://www.fortune-capital.co.jp/index.php?pageId=36


失念しておりましたが、今週は昨年4月高値から47週目、05年5月安値からの上昇数が47ですから一応大事であります。

明日から大きく下げはじめるようなら51週目の位置が大事ということになりますが、よくわかりません。


18000円を簡単に通過していくようでなければ相場の悪化を考えるほうが常識的かと思っていましたら、どうも一般的には違うようでありまして、なかなか共通認識は得がたいものと痛感します。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月20日

雑文

テーマ:ブログ

 睡眠時間が少なく体調がよろしくありません。

昨日はやっと具合のよくなった次男が私の帰りと同時に起きだして夜中12時から3時半までエキサイトしていたため眠れませんでした。


今日やるべきことを明日に延ばす理由にはなりませんが、頭も体も立ち行かぬ以上し方がありません。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月19日

勉強会のお知らせ

テーマ:お知らせ

 今年初めの勉強会を開催いたします。


日時 3月24日(土曜日)午後2時より5時まで

場所 貸し会議室内海(水道橋駅側)101号室http://www.kaigishitsu.co.jp/access.htm

講師 細田哲生

会費 5000円 


内容 2時から2時50分まで「均衡表の基本事項」

    3時から4時まで「メールマガジン個別銘柄解説の再確認」

    4時15分から5時まで「日経平均株価解説」


を予定しています。

お申し込みはichimokusanjin@jcom.home.ne.jp まで、勉強会の飲み会参加の有無とあわせてお申し込みください。



フォーチュンレポート書きました。http://www.fortune-capital.co.jp/index.php?pageId=383&cms_showRelease=1&cms_release_id=1570 ご覧下さい。





パソコンが快調に動くので自分の調子が良いものと錯覚し、根を詰めすぎました。へとへとです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月19日

後講釈

テーマ:一目均衡表

 「後講釈を廃す」という刺激的なキャッチフレーズの相場コメントが印象に残っています。

相場評論に対する批判の仕方として、後講釈ばかり、というものを目にしますので、単なる自己正当化的意味合いでの「合理化」を意味しているのでしょう。

何度かコメントしたことがありますが、私自身は後講釈すら徹底出来ぬ人に相場を先見せしめるなど出来ないと考えておりまして、特に一目均衡表を活用している人にはよく考えていただきたいと思っています。


相場は上げか下げしかない、とは良く聞く言葉でありますが、均衡表ではその場合、起点と中心点は常に明確でなければなりません。それゆえに波動論が大事なのでありますが、後講釈としてでも過去からの変動、波動変遷の過程を承認できていなければ、その想定は成り立ちようがありません。

更に過去からの変遷を承認するということは、今後の変動の想定に対し、必ず値段、時間ともに限定を与える結果となります。

従って、後講釈が成されること自体、極論を申せば今後の変動を語ることと同義でありまして、後講釈もまたその人の実質を試すものであります。


多くの人は後講釈、合理化のしっぱなし、ということが問題なのであって、私としては均衡表読者には必ず後講釈をご自分でしていただきたいと思います。売買の成功につながらないということは、それが機能していないということの証左でありまして、機能させるための工夫を自らなさねば当然、合理化は幼稚なままであります。


相場評論はそれら幼稚な合理化に対し、示唆を与え、触発するものであればその意義はたっしているのでありまして、八割方あたれば充分とはその前提に立つものでありましょう。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年02月17日

パソコン復旧しました

テーマ:ブログ

何とか復旧しました。一週間メールを確認できないだけで、何か世界から取り残されているような錯覚を持ちまして、改めて反省しているところです。

しばらくノートパソコンで仕事をしていましたが、ほんの少しの違いで随分時間を浪費してしまうもので、やはりリズムというか慣れが大事ということでしょう。

おかげで今週は随分睡眠時間が削られました。眠いです。


為替は相変わらず大きくつじつまをあわせてくるもので、難しいです。ユーロドルは上げ、ドル円は下げ相場とは考えませんが場合によっては12月安値位置までの下落も想定せざるを得ません。ユーロ円は値段は充分なものの1月変化月を否定しましたので当面大きく乱高下はあってもおかしくありません。

今日、明日は書けませんので改めて月曜日にフォーチュンレポートでコメントします。


今月のメールマガジンは比較的分量が少ない(昨年9月以前と同じくらいの量ですが)もののいくつか大事なこともかいております。簡単なことをいかに徹底させるか、が大事ですのでよくご研究ください。内容についてのご意見も随時募集しております。





 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。