ふじみ野お祝い・記念日のうなぎ『一味亭』

日々の出来事とお店紹介などなど


テーマ:
今年もあと1カ月と少し。毎年、あっと言う間!って言うのがクセになってきております(^^;;

この季節になりましたね。

そう、忘年会シーズンです!

今年もこの時期だけの特別なコースをご用意致しました(^^)♪♪


{FDB74311-A6F1-4DF7-832C-232CDEA98526}

お食事はうな丼をご用意しております。鰻屋の忘年会には、やっぱり鰻がなくっちゃね♪( ´▽`)

◯忘年会コース  7.000円(消費税、サービス料込)

   先付、前菜、お造り、揚げ物、寄せ鍋、うな丼

※飲み放題つき2時間制となります
※ご予約のお日にちが毎年重なりますので、お早めがおすすめです。

お疲れ様!と互いを労う忘年会をぜひ鰻専門店で♪頑張った1年のご褒美に(^^)


ーーーーーーーーーーーーーーーー
一味亭
TEL 049-262-5321

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。若女将の西山千晴です(^^)

今日のタイトルを見て、また鰻が脱走した?と思った人いますかー。ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノこちらのブログを以前に読んでいただいたのですね♪♪




しかし、今回は少し違っていたのです。


「んー!鰻が消えてくー!」

お茶を持っていったお席のお客様が頬張りながら言いました。

美味しいもの食べてる時って幸せー。

言わずとも私にはわかりますよ(笑)

「ちょっと、変なこと言わないでよ。店員さん困るでしょ」

と、向かい側に座っていたお母さん。そんなことないですよー。だってわかるもん。


本当に鰻が消えるんですもん。


口の中で❤️


と、お伝えすると「そうなのよー!」って。意気投合しました(^^)

当店の鰻はふわっと柔らかいだけでなく、口の中でとろけていきます。まさにそれは


ふわっとろ


口の中で消えていくのは、舌の上でとろけるから。そして残る鰻の旨味とタレの香ばしさよ。


{4E6CB56F-1DF3-454D-8426-91E9B35A87B5}

そして、後味はすっきりと♪( ´▽`)

口の中でとろけていくのは、細身の鰻を使っているからなのです。当店の鰻は『あえて』の細身。うなぎも実は色々とサイズがあるのです。

サイズによって骨の大きさや、小骨の多さ。皮の固さなどが変わっきます。細身の鰻はもちろん、皮は大きいものに比べて柔らかめ。


蒸すと身とともにフワフワするんです(^^)


そして、口の中にひとたび入れば。。


「んー!とろけるー❤️」


ぜひ、ふわっとろのうな重をお楽しみくださいませ( ´ ▽ ` )ノ



ーーーーーーーーーーーーーーーー
ハレの日の鰻屋・一味亭
TEL 049-262-5321





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もピークがやってきたなぁ。

店内にある今週の予約一覧を見ながら、私は心の中で呟いた。今度の土日は、七五三のピーク。ご予約のお祝い席はほぼ七五三(^^)

今年のたくさんの七五三のお祝い席を見て、ふと思うことがあったんです。


『ああ、私の母も大変だったんだろうなぁ』


七五三のご予約でご連絡をされるのは、やっぱりお母さまが多く。コース料理の量や内容は気にされるのはもちろんです。

子どもたちのお祝いだけど、おじいちゃんおばあちゃんもゆっくり楽しんでもらいたい。そう思うからですよね♪♪

当日は朝からお子さんの着付け、美容院。自分の準備などエトセトラエトセトラ。お客さまからのお話を聞いただけでも、かなりの忙しさ!


帰る頃のお母さまの安堵した表情は。


『ああ!無事に終わったーー!』


という気持ちもあるような気がして。


子どもの頃は、当日はただ楽しくて。オシャレしてワクワクした記憶しかないけれど。


今なら、思います。


お母さん、ありがとうって。


だからきっと、今頑張っているママたちの想いもお子さんに伝わる日はきます。私はまだ母親にはなっていないですが、それでも今こうして感謝できるから。


そして、大切な想い出の日となるように。


私も頑張ります!(*^o^*)


{B4F0D767-753A-4BC1-89E8-E2EC9A01613B}

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ハレの日の鰻屋・一味亭
TEL 049-262-5321


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『ああ、早く頂上つかないかなぁ。登り、あきた。。』

登山口から約2時間。今回の山、秩父の武甲山はひたすら景色が杉ばかり。

ひたすら登り坂を黙々と、私は登っていた。息はきれ、足はふくらはぎがプルプル。気をつけていても、ハァハァと息は弾む。


「つ、ついたぁーー!」

この日は晴天!不思議なもので、展望台からの景色は登りの苦労を吹き飛ばします(^^)

{1C73F71D-9573-405A-A225-F52D16A580BB}

どうして山登りが好きなの?

これね、よく聞かれるんですが自分なりに考えてみたんです。登ってる最中は辛いし、しんどいし。お腹すくし(笑)

でもー


頂上に着いた時の『達成感』と下山した時の『充実感』はたまりません。私、頑張ったーー!ってなる。

それに、ふと気付いたんだけれど。仕事にも似てるなぁって。

頂上という『目標』があって、登る為のルート(やり方)を考える。そして前準備をしっかりする。当日はひたすら集中!山の景色=売り上げ、みたいな(笑)

私、苦手だったんです。ゴール設定してから逆算して計画を立てていくのが。でも、登山はなぜか嫌じゃない。

なので、仕事についても苦手意識を持たずにこの考え方をやってみようと思います( ´ ▽ ` )ノちゃんとご褒美は用意して♪♪

今回の登山は、最初の登山口までの行き方を少し迷ったのでそこを反省して次回に活かそうと思います(笑)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「お住まいどちらなんですか?」

何気ないお客様との会話。な、はずだった。月に2、3度ご来店されるおじさま。

この日はお店もまったり。お茶を出す時に『地元の方かな?』と思い話しかけてみました。

「僕ね、ここから1時間くらいのとこなの」

へっ!?1時間!?予想外のことに言葉にならない、私。

1時間。

1時間。。

「遠いけどさ(笑)僕が1時間かけてくる理由はね、美味しいからだよ」

シンプルな答え。

だからこそ、胸が熱くなりました。1時間を月に2、3度ってなかなかできることじゃないのは、私もよくわかるから。

「鰻のタレって継ぎ足しですよね。毎日焼いた鰻をタレにつけて、そのタレは深みを増していく。僕のした注文がこれからのタレの味の一部になるって幸せだよねぇ」

幸せなのは、私の方です。

この人のおっしゃる通り。

タレはもちろん継ぎ足しをしていますが、作りたてのタレはいわば子どものようなもの。鰻の旨味を含んだタレとは味が違うんです。

舐めくらべると、その差は一目瞭然!


「だからさ、好きな鰻屋さんは通いつめちゃうんだよ」

ははは、と笑っていたおじさまに『ありがとうございます』しか言えない自分が歯がゆくて。


だって、泣きそうだったから。


「また、来るよ。ごちそうさま」


人とのご縁の深さに、ありがたさに。

本当に感謝します。


ありがとうございます!またお待ちしています(^^)

{AFECD06D-9860-4C0B-B591-563F1B9D9427}










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。