山形 温泉力!

テーマ:

山寺の後どうしたか?


最近我が家のMY ブームは


百目鬼温泉!


両親が専らここの愛泉者であり


渡辺えりさんもご贔屓筋とのこと。


館内には


女子ソフト 宇津木監督、上野投手らの色紙も飾ってあった。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


こんな田んぼの中にも山形では温泉が出る

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


蔵王連峰を望む露天風呂

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

3分だったか5分だった?とにかく長湯厳禁


それ程温泉力が強烈


富士登山、立石寺参拝とカラダを酷使した相棒の


筋肉痛も和らいだよう。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

この日の宿泊は


実家から一番近い黒沢温泉 「ゆさ」


今はかみのやま 古窯が経営するお宿


ここでも蔵王連峰が壮観、手前が母なる川 最上川!!!




TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

以前、旅行関連の仕事をしていた時、


私が読んだ句をご披露


伊豆 ふたつ


群馬 ひとつはん


山形は いち


何たる字余り(笑)


同じパフォーマンスの宿に宿泊するのに必要な福沢諭吉の数を表現したもの。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

これで1万以下!


朝食も


親旅館の古窯と同様



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

だが、食材と品数はさすがに本家とはは異なる。


でも久々和食を楽しんだ。


もっとも前日M木家の食卓も負けないほど「おもてなし」の心が


詰まった朝食だった!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

翌日の蔵王 お釜はこれまでで最高の表情を見せてくれた


こんな自然美・自然色のお釜は観たことが無い。


さすがに4人で登るのは最後だろうなと感慨に耽りながらも


良き思ひでをプレゼントしてくれた蔵王に感謝!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


最終日、


かみのやま 木こり

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


毎回山形では何故か注文する確立の高い十割そば


東京では機会が無いからという気持ちになるのだが、


どうもパサパサ感が最近は気になる


→次回以降、頼まないよう記憶のこと



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

そばがき


おふくろが大好きとのこと


初めて聞いた。


次からもそばがきのある処でいいのに。


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


山形の旅、


次回に残した宿題は


いよいよ庄内


そして


今回食べ損ねた「大類製麺」の旅!!!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ




AD

山寺 立石寺に遊ぶ

テーマ:

閑さや岩にしみ入る蝉の声



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

翌朝、


猫に可愛がってもらったカラダを労わりながら


M木君と小学校、中学校、東沢バラ園を巡ってもらい山寺に


やっぱり「健」さんには見えないが、本当にお世話になりました。ありがとう!


今は一人で家を守っている理由はちゃんと誤解されぬようみんなに伝えてね


さて


山寺、


今年、正月に「風雅の国」から観た時かたいつか登りたいと言っていた「山ガール」



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

1993年秋


夢子さん、くらたまなぶさんと山門まで来て以来の山寺


当日雨だったのと当時は脚力に自信の無い上司がいたためあえなく断念



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

石段は


1015段


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

登るごとに「煩悩」が消えていくとの教え!
TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

元々煩悩の少ない私(笑)、それこそ真っ白になりながら


五大堂へ到着





TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

眼下の景色に圧倒されながら


耳には恐らく今夏最後を振り絞るヤマガタの「蝉の声」
TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

この右手に


スタジオジブリ製作 「おもいでぽろぽろ」の舞台となった


高瀬がある

AD

むらやま 徳内まつり

テーマ:

麗朗の仲間たち


小中6年間育った街


今実家のある場所とは違うためどうしても普段は寄らない街


以前からお誘いいただいていたM木君(後に母校のPTA会長)に甘えて


久々の訪問、まつり見物となった


今週のあまちゃんのサブタイトルも


「おら、みんなに会いでぇ!」だったし・・・(笑)


当日、間も無く新幹線という頃、彼からメールが




御菓子は食べない。


何もいらないよ。


(彼らしい気を遣うなという気を凄く使っているメールだ!!!)


(だが、次の文章に熱暑でばててるカラダが反応した)



あと、


うちに犬と猫いるけど大丈夫?


(じぇじぇじぇ!!!何故今頃なんだー???)



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

自慢じゃないが、昔から動物は苦手だ


飼ったことも触ったこともほとんど無い!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

私と同じ4月生まれ


可愛いと言えば可愛いのだが、




TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

どう接すればいいのやら


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ
TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



気を取り直してまつり見物


むらやま 徳内まつりとは(山形県観光情報ポータルより)


郷土の先人最上徳内が、北方探検の時に活動の拠点としたのが、現在の北海道厚岸町です。そして徳内が、探検の成就やこの地の安寧を願い神明宮(現厚岸神社)を建立したのが今から200年前のことです。
この徳内ゆかりの厚岸神社の祭りで、古くから受け継がれたお囃子が、徳内の故郷村山市で「徳内ばやし」として、地域に受け継がれました。
「徳内ばやし」は豪華絢爛な山車に、笛や大太鼓、掛け声などの囃子手が乗り込み、鳴子を持った踊り手がアップテンポなお囃子にあわせて、勇壮かつ華麗に舞います。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



厄払いで集まった時、泊めてもらった




TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

バスケのキャプテン M沢君


と愛娘




TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

お母さんはバスケのキャプテン サチヨちゃん 間違い、 バレーね!


右は誰?


相棒はずっと「高倉健に似てる!」と帰京後も言っているが・・・


猫好き同士の馴れ合いだろうか



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

いやあ!


未だ現役


衰えず


「よっ、あんこちゃん」
TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

同級生10人位会えたかな


卒業してから38年


久々に会う人もいてサプライズなはずだが、割とみんな平然と


「おう、青木?」


再会の感激は無いのかなあ?



<追伸>


今も故郷に残って地域、母校、まつりのために汗を流している同級生がたくさんいる


偉いな、羨ましいなと思いながら敬意を表し「何もできなくてゴメン」と言うと、


「だったらお前はブログを書け」と


そんな事もあって4か月ぶりに更新してみました


「2013夏 むらやま 思ひでのアルバム」代わりに!






AD

柿葺落四月大歌舞伎

テーマ:

DNA



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

勘三郎さんの訃報に接した時、


またか・・・という後悔の念が、


すごく、すごく、すごく!


夢子さんに誘われた「スーパー歌舞伎」がきっかけでプチプチ歌舞伎ファンになっていたが、


生の勘三郎を観たのは



大江戸りびんぐでっど


「あまちゃん」の脚本家 宮藤官九郎作品


のみ。


新しい歌舞伎座での公演を楽しみにしていたのだが、後悔先に、とやらで。


急ぎ役者、落語家・・・同世代を生きた喜びを共有するには是が非でもライブで鑑賞せねばと


誓う日々!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

一度はここで踊りたい


エアロビクス(笑)


新しい歌舞伎座、


この辺り1等席は2万円



二等席でも15000円


三階席A 6000円



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

今回、私たちは


財政事情より


3階B 4000円也


以前よりはよく見える



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

第一部


二 お祭り


は、十八世中村勘三郎に捧ぐ演目


情報番組で何度も流れていたが、


 勘九郎の長男 七緒八の登場、演技が大人を食う。


三津五郎、橋之助も子供には負けるという表情をしている。


まだ2歳、じいじと同じ舞台に立たせたかったと思いながら


畏るべき将来性と代々のDNAの偉大さに感じいったひと時!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

14時にはねての昼食は


銀座6丁目の泰明庵


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


大 平打ち鴨せいろ



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


14,5年ぶりの来訪かな。


味もしきりの上手なフロアー責任者のおばさんも変わらず、


歌舞伎座で無常を感じた後、ちょいと感じた「不変」の安らかな瞬間だった。

とんこつ 水炊き 小餃子

テーマ:

一蘭


こちらの創業者は本学のOB


天神店は朝10時開店のため出張時には欠かせない、かけがえの無い友となる(笑)


羽田でのモーニングに次いで早くも2食目



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

モツ鍋、水炊き、いつも悩んでいるが、その解決法が今回見つかった。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

昼にアルコール抜きで水炊きを食せばいいことに数十年もの間、


気がつかなかった(苦笑) @ 新三浦



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

思いの他「親子丼」が美味しかったのは今後、また悩む材料に・・・



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

本日4食目は


JR博多シティ テムジン


これにビールがついて1200円はお得


日中、上司に「福岡転属もいいかもね」と冗談言われちゃった、と説明した時、


相棒の目がキラリと光った。


「いいんじゃない、博多、美味しいもん」


駄目だ、ダメだ、絶対太る、この街は。

東京マラソン翌日の夜は博多で迎えた。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

前回、「九州のムラへ行こう」編集長 養父信夫さんに連れていってもらった、


九州全域を網羅している彼イチ押しの店。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

入らんときは玄界灘産もあるが、今日のは本場モノの呼子産やけん、と


正直な親方。


まずは刺しでいただき



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

足は揚げていただき


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

締めは握り!


まさに


呼子のいか三昧



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

本場は


大分だが、ウチも自信あるとね、ととり天


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


さば三種

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

滅多に取れんようなった「くじら」



博多はよかろうもん!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



福萬醤油


天神にある醤油専門店


ペット用などユニークな商品を開発している



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

フジテレビ 有吉氏の番組で紹介されていた


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

店主 日本で3名しかいない「醤油ソムリエ」



やっぱり


博多、よかろうもん!

心が折れた52歳ランナーの顛末




2年連続の出場となる。「よく当りますね」、と言われるが、 記念すべき第1回大会(2007年)、


かの有森裕子氏の引退レースからハズレること5度。


昨年からは東京マラソンの会員組織 「ONE TOKYO」にも加入しているため倍率の優遇と


補欠当選の権利を得ている。


奏功した結果、2年連続補欠での当選。


私のレース歴は



2007年 ホノルルにてフルマラソンデビュー  5時間48分


2008年 ボルダーボウルダー アメリカ最大の参加者を誇る高地10キロレース出場


2009年 PARACUP 10キロ


2010年 外苑駅伝 5キロ


そして


2012年 東京 5時間18分


タイムトライアル 10キロ


公務員ランナー 川内選手と違って出場レースを


厳選して


厳選して


厳選した上で万全で臨むのが私のスタイル(笑)、


ホントは昔も今も長距離は好きじゃないし得意じゃない。



でも出場となると準備はしたい


2012年 1月 14日練習 720分  2月 13日練習 540分


体重 正月 70.5  レース当日 68.5


だったのに対して


2013年 1月 14日練習 790分  2月 12日練習 680分


体重 正月 71.5  レース当日 68.5


ということで



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

目標タイム 4時間44分44秒に設定


これ位の練習でも体内時計は完成するもので


1キロ当り


ウォーク      10分


ウォームアップ   8分


ジョグ         7分半


ロング用        6分半


5、10キロ用     5分半


皇居1周5キロでは時計無しでも10秒と狂わないタイムマネジメントが可能となった!


昨年はとにかく完走が目標


5キロ毎のラップは


32、33、36、34分、2時間17分で20キロに到達し


関門での撤収は無いなと思ってからはとにかく


ご機嫌に



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


ご機嫌に


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


ご機嫌に

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


思う存分楽しむことができた


さて2013年


32、32、32、と刻みつつもどうもスタート直後から脛に痛みが・・・


沿道に応援に来ていただいた方には申し訳無くも


立ち止まる余裕は無く


笑顔でのみの御礼に止めてとにかく前に前にと進めたかった。


妹、相棒に給食を頼んだ19キロ 御成門で初の一服


この5キロは33分、計2時間10分で20キロを通過。



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


夢の5時間切りが見えた後半、


20~25 35分  腰、膝、首に痛み発生


その後暑いのだか寒いのだかカラダに発熱っぽい症状が起きて

強風にもあおられたらもういかん



4時間台はあきらめ


昨年記録の更新もあきらめ


ひょっとして棄権も、との恐れが脳裏をかすめだすともう大変


25~30 40分


30~35 45分


35~40 48分


もう歩いている時間の方が多くなっている。。。


人生、初の経験、


心も体も両方折れたことって


人間こうなると


頑張ってた自分までを否定するんですね


何のため年末年始の暴飲草食を節制したの?


食事コンントロールしたの?


風邪ひきはご法度、留意して、留意してマスクして


あの寒さが続く中、外練したの?


頭の中はネガティブだらけ


自分の見たことの無い一面を随分と見させてもらった



長い長い後半、3時間11分、苦行の旅が終了となる


5時間21分


実は昨年と3分しか違わない???



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

不思議な感覚を抱きながら


去年より元気そうと出迎えてくれた彼女たちには


マラソン引退を表明。


翌日、2番機で福岡出張のため連日の5時起床、


意外にカラダのダメージは少なかったようだが、今日28日現在、マインドは回復していない。


またスタートラインに立つ日は来るのだろうか?




TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

知事も変わったことだし

2013年1月25日 相棒生誕祭


メモリアルデーのイベントは「当日に拘らない」派である。


「じゃらん」時代にも


上司たちと


「平成平日委員会」を立ち上げ、国内旅行は繁忙期より繁閑期、


休日より平日にとプロモートしていた時期もあった。



故に昨年のこの日には


事もあろうにジェク友と焼き鳥 「番吉」に行っていたらしいと末代まで続くのか


恨み節・・・



捲土重来、今年は絶対外せない!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

夢子さんから教えてもらった 荒木町  「鈴なり」


はまぐりと雲丹かぶら蒸し(写真 消去・・・涙)


イケメンで名高いご主人から


料理の説明を受けながら


メモを取り、写真撮影の許可を頂く




TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

二品目  旬菜ですと


品数多く覚えきれない



もういけない


おしながきは諦めてひたすら打つ、打つ、舌鼓!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

もう一年分食した生うに




何やらご主人、厨房の隅で書きものを始めたではないか?



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


開店間も無く満席にもかかわらず


このおもてなしの心、気遣い・・・


ただただ感謝


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

ご主人、女将さんのお人柄、


味、雰囲気、すっかりファンになってしまった相棒


次回は私の誕生日だそうな、


しかも遅くとも(苦笑)



思ひでの生誕祭になったこと、鈴なりさんに謝謝

2013年成人の日 感涙雪をも溶かす!



TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

今年、新人式を迎えた若人たち、何か因果があったのか?


とホントに可哀想な積雪ぶり。


あの晴れ着、どうなることやらと心配しながら年末からずっと観たかった


「レ・ミゼラブル」を大雪の中、ようやく鑑賞。


思い出に残る2013年成人の日となった。



同時期、アメリカからGグラブ賞 作品、主演男優、助演女優賞受賞との


ビッグニュースも飛び込んで来た!



2時間40分、


全く時間を感じさせない、すっかりスクリーンに魅了されてしまった!



・最近ストレスを感じている


・天候同様、ココロも乾いている


・最近泣いていない


・一緒に観る人と共通体験したい


・ちょっと人間不信かな


・正義?疑問だな



こんな諸症状の方に是非。即効性あります。


私の流した涙で周囲の雪も溶けました(笑)。


間違い無く生涯ベスト 5いや3にランクインする傑作です。

ウェスパ椿山 10:46  リゾートしらかみ1号  青森着  13:34



サンルート青森にチェックイン後、



お昼に向かった店は





TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



煮干しだしの




まるかいラーメン






TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



中盛り 550円、大盛り 600円しかメニューに無い




強烈な煮干し、うどんの様な太麺に好みは分かれるが、




青森で1,2を争う有名店ではある








TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ





正直、期待を裏切る展示数の少ない




棟方志功記念会館の後、




これぞ食彩 あおもりと通い続けたお店に向かう










TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



寿司居酒屋 「樽」




TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



大将オススメ 刺し盛り  ソイ、、メヌケ、キンキ、大間のトロは2キレ





TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


たらのとも和え

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


たら 白子ポン酢


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


本ししゃも

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


今別産 もずく

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ


〆は


静岡産 本わさび巻き


にしん切りこみ巻き


TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ

じゃっぱ汁

TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ



今、青森では人気の日本酒は






TAKAHIRO  AOKI  51歳からのキャンパスライフ





弘前 豊盃とか




確かに翌日酒屋を回ったが、どこも売り切れ。




店は移転していたが、




大将も




女将さんも




人情も




味も




なーんも変わらね






何もかも懐かしせぇ