市川 ヴォイス・オブ・アドレーション(ゴスペル)

千葉県市川市の教会(OMF・ザ・チャペル・オブ・アドレーション)で行っている女性のためのゴスペルクワイア


テーマ:

 

今回の担当はアルトYさんです。

 

 

秋晴れの日を神様ありがとうございます。

2年振りのYさん、初めて参加のCさん、共に賛美出来たこと感謝です!

ソプラノ5名、アルト5名、テナー2名の参加でした。

いつものようにストレッチ、リップブロー、Mの鼻でハミング。

おへその下に口があると思っての声出しとスクワットをしながら力強い声出しでウォーミングアップです。

12月8日、レディースクリスマス会に向けて4曲練習しました。
1John3:16🎵
(A),(A') (B)とありますが強弱をつけて歌いましょう。

(A)は静かに落ち着いて入ります。

(A')に入ると力強く(B)ではさらにパワーアップします。

最後のAmenは5回繰り返しますが、最初はかなり声を落としてだんだんと強くします。

2 Joy to the world🎵
タカツク、タカツク、タカツク、タカツク、のリズムを忘れずに歌いましょう。

曲の最後のLordは、のばしたり切ったりしないで普通に話すように終わります。

3 神は愛なり🎵
エネルギーを下に向けお腹と背中に音を落とすように(ドスのきいた感じ)で歌います。

歌詞の文章としての流れの中で、言葉の意味を伝えたいという思いで歌います。

リズムは、タラツ、タラツ、タラツ、タラツです。


4 キリストの光🎵
全体のストーリーの中で言葉を味わいながらカッコつけて歌いましょう。

タツツ、タツツ、タツツ、タツツ、タツツのリズムを頭の中でとります。

(B)は明るく歌います。

キリストの光が~の所の転調後ですが、~輝き~と~生きる~は、音をふくらませるようにします。

見えないけど、心の目で見える世界を歌います。

聖書からのお話はクラットワージーラルフ師。

聖書箇所はルカの福音書1章26節から38節。
クリスマスが近づいて来ました。

この箇所はイエス様の誕生について書かれた有名な箇所で、「マリヤへの告知」という題で画家によってよく画かれています。天と地を創られた神様がマリヤに天使をつかわし世の救い主が生まれることを告げます。

33節「彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」とありますが、ヤコブとは世界の教会を指しています。マリヤは神様の計画は永遠の計画であることがわかりました。マリヤについての説明は聖書にはありませんが、普通の女性であったろうマリヤを通して神様は祝福を与えて下さいました。

私たちの人生は色んな事柄の練習のようです。私たちも永遠について考えてみましょう。そしてマリヤのように神様のことばを聞いて信じてみましょう。

次回リハーサル:11月24日

ランチ会をしますので各自お弁当をお持ち下さい。

今日はソプラノのMちゃんのお引っ越しの日でした。神様が助けて下さったこと信じます。

みなさんとご家族の健康が守られますように!

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

秋晴れのスッキリした朝にリハを行いました。

ソプラノ6名 アルト6名 テナー3名参加です。

小さいお友達もお互い随分慣れて来た様子、今日は最初から楽しそうに遊んでくれていました!

まずは、ストレッチで身体を伸ばす。発声練習。

そして椅子に腰掛け、ゆっくり呼吸だけに集中し、色々浮かんでくる考えは、ただ流していく。

心も身体もスッキリしたところで、練習開始です。

一曲目。Joy to the world
★本番のクリスマスで、この曲が一曲目なので、曲の頭をガツン!と入れるように、準備。
★4行目のLordは、伸ばさない。自然に終わる。

二曲目。神は愛なり
★Ending)にうつる直前の「愛し合おう」のコードから、神は愛なり•••のコードへの変化(終わりへ向かう感じ)を感じよう。
★リズムは、3拍子(ズンチャッチャ)でない!ダッツダッツという細かいリズムと同時に大きなダ〜ンダ〜ンというリズムを感じよう。
★流して平らに歌わない。文脈を意識しつつ、一つ一つの子音を発音。

 文節の頭を意識。言葉を意志を持って発音。
★次の様に小さい母音を挟んで歌う様にすると、皆のタイミングが合うので、意識しよう。

かみぃは/ひとりごぉを/この世にぃ/つかぁわしぃ/
★Ending)神は愛なり愛なり を、流さずにキチンと発音。

一回目の愛なりを 愛なりっ とブチッと切らない。息を吸うのを少し我慢して丁寧にしまう。

他の部分も同じで、言葉のしまい方を気をつけると、成熟した感じになる。

三曲目。キリストの光
★C)「わたしのうちに」の うちに は4度上がる。
★言葉をベターっと歌わない。意味を考えて、相手に伝えるつもりで。

4曲目。Hallelujah To The King
★Chorus最後の行のKingは伸ばさない。
★EndingのKingも、1.2回目は切って。最後だけ伸ばす。

メッセージはクラットワージィー美保師。
ガラテヤ人への手紙2章20節

『もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。今私が肉において生きているいのちは、私を愛し、私のためにご自分を与えて下さった、神の御子に対する信仰によるのです。』

作家三浦綾子氏は、聖書の救いを文学的に人々に伝えた。自ら、長年の病を通して様々は苦難を経験したことで、神の救いを皆が共感できるように表すことができた。

彼女は、作品の中で

①人の持つ原罪について

②イエスキリストの十字架上の死による罪からの救いについて

③人が生まれた本来の目的、価値を見いだし、将来への希望を持つ事ができること

を描いた。
三浦綾子氏は、2千年も前のイエスキリストの十字架が、自分の為であることをわかっていた。

 

今後の予定

11月10日 

11月24日 リハ後ランチ会…ご自分の分をお持ち下さい

12月1日 ピアニスト参加リハ

12月8日 本番


 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

気温が昨日から急に下がりましたが、今日も元気にVoAリハを行いました。
ソプラノ6名、アルト6名、テナー3名の参加がありました。

呼吸に集中する時間と発声練習、お祈りのあと…

1曲目「John3:16」
春のコンサートでも歌いましたね。
この曲は構成がA→A'→B、で変わりません。
今日はざっくりと音取りをしました。
言葉のしまい方(例えば「Him」)に気をつけるように、と注意が、ありました。

2曲目♪新曲♪「Hallelujah To The King」
・歌詞にはKing of King、とありますが、クリスマスなので「new born King」と歌います。
・発音諸注意
   !「Hallelujah」は「L」音しっかり。
    最後は ✕「ヤ」 ○「ィヤ」
   !「the」は ✕「ザ」 ○「ダ」
   !「worthy」は ✕「ワージィ」 ○「ワーディ」
   !「get a chance」は「ゲラチャンス」
   !「thank him 」は「タンキム」位軽く。それにつながる「for」の「F」音のために「m」で唇をしっかりかむ。
・「to the king」 は「タラツターン」のリズム
・「oh oh oh」3つ目の「oh」はくい気味
・Endingの「king」は1、2回目は短め。3回目は伸ばす。

聖書からのお話は長谷川佳奈師。
旧約聖書 詩篇139:1-4 より。

私たちは、誰かに思いを分かってもらうことに安心感や、居場所をもつ平安、温かい思いを抱くものですが、聖書の神様は私たちの全ての思い、行いを知っておられる方です。
言葉を発する前から思いの中に浮かぶことまでもご存知の方です。
それは監視しているのではなくて、私たちを愛し正しい方向に歩めるようにして下さるということなのです。
信じているかよく分からなくても、神様に思いを打ち明けてみて下さい。
人には知られたくないような思いや行いも全て神様は知った上で、私たちを導いて下さいます。

今後の予定
10/27
11/10、24
12/1(ピアニスト有り)
12/8(本番)

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

次第に秋が近づいてる…と思っていたら意外と蒸し暑い日でしたね。

今日はTさんがEくんと一緒に初めて参加してくださいました。

ぜひまたいらしてくださいね♡

ソプラノ7名、アルト6名、テナー3名の参加でした。

 

体ほぐしから始まり、いつものように発声練習をするのですが、

こを使ってやるのか、

何を意識してやるのか、

を考えながらやるよう注意がありました。

 

お祈りをして

 

1曲目♪新曲♪「キリストの光」

Aパートは初めソプラノアルトとテナーの2声となります。「砕かれた」で3声に。

 

ラストCパートは2回転調していきます。

 

2曲目「Joy to the world」 は2回目でした。

Aパートのラスト「Lord」、「(迎え)よう」はだらっと伸ばさないで、投げる感じにまるく発音します。

 

聖書のお話はクラットワージー・ラルフ先生。

イザヤ書60章1節から3節より「輝いて生きるためにはどうしたらいいのか」「どうして輝くべきなのか」ということを教えて頂きました。

誰しも輝きたいと願うものですが、自分の力によって輝くのではなく、神様の光、栄光を反射することで輝くことができます。

そして皆で一緒に反射させたらとても明るい光を放つことになるのです。

 

 

次回リハ→→  10/13

 |  リブログ(0)

テーマ:
今日の担当はアルトYさんです。


雨模様が続いていましたが、久びさのお天気です。
そして一月半ぶりのリハーサルは「お元気でしたか~😊」から始まり、また共に賛美できること嬉しく思います!

今年のチャペルのレディースクリスマス会は12月8日で、私たちVOAの賛美が中心になります。
そのクリスマス会て賛美する中の2曲を練習しました🎵

感謝なことに初めて参加の方が二人いらして、ソプラノ5名、アルト4名、テナー3名でした。
まず、いつものようにストレッチ。肩回り、首回りをほぐします。
次にリップブロー、口を閉じてのMでハミング。
おへその下に口があると思って下から声を出す(あーー)と、鼻をぴりぴりさせる(いーー)を交互に声を出します。
あいうべ体操。

最初に練習した曲は🎵Joy to the world
リズムを感じながら歌います。
worldは、ワーと開きっぱなしにならずワールドとクルッとまとめます。
同様にLordもロードではなく丸めてとじます。

2曲目は日本語の曲🎵神は愛なり

また、春のミニコンサートで賛美した🎵John 3:16 もクリスマス会で賛美しますので、練習しておいて下さいね🙆

次回は9月22日です。皆さんとご家族の健康が守られますように!


次回リハ
9月22日(金)
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。