中央フランスオーベルニュ地方クレルモン-フェラン市に拠点を置くピュイ・ド・ドームいちご会は、日本の行事や伝統文化を子どもたちに伝えていきたいという想いから2011年より始まりました。
現在は、親子支援活動の枠を超え、オーベルニュ地方在住邦人の交流、日本にゆかりのある方々の交流の場、日仏交流、日本人会としての役割も担っております。

・連絡先: puydedome.ichigokai@gmail.com

★2013年(平成25年)9月、ピュイドドーム日本語補習校を開校いたしました。

・教育方針:講師の経験をもとに、フランスにいながら日本の小学校や幼稚園の授業に近い体験を得られるような充実した学習内容の提供をめざす。
・授業日:フランスのバカンス時期を除く毎週土曜(年間35回)

入学を希望される方は、お子様のお名前と年齢をご記入の上、次のメールアドレス宛にご連絡ください。ecolejaponaisedupuydedome@gmail.com


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

Association « École Japonaise du Puy-de-Dôme Ichigo-kaï »

Cette association a pour but de faciliter les rencontres et les échanges entre toutes les familles japonaises présentes dans le Puy-de-Dôme, et tous ceux que la culture japonaise attire.L'association aura pour vocation à la fois un rôle pédagogique et un soutien linguistique pour les enfants.
Au rythme du calendrier japonais et à travers différentes animations les adhérents pourront découvrir la culture japonaise traditionnelle.

http://www.verif.com/societe/ECOLE-JAPONAISE-DU-PUY-DE-DOME-753019306/

http://www.fr.emb-japan.go.jp/culture/associations/cours_de_japonais.html

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

☆いちご会ブログに関して☆

いちご会のブログには、いちご会イベント、ピュイドドーム日本語補習校関連のお知らせとリヨン領事事務所のお知らせを掲載しております。

また、オーベルニュ地方在住の方々から寄せられる読者投稿記事も、掲載しておりますが、記事に関する質問等は、記事投稿者にお問い合わせください。
読者投稿による文章・情報等に基づいて被ったいかなる被害についても、 いちご会は一切責任を負いかねます。

☆ Puy-de-Dôme Ichigo-kaïいちご会Facebookファンページはこちら

https://www.facebook.com/pages/Puyded%C3%B4me-Ichigoka%C3%AF-%E3%83%94%E3%83%A5%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%94%E4%BC%9A/539586976086343
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
  • 18 Nov
    • 【補習校校外学習】音楽鑑賞会後記~銀河系への冒険!~

      秋休み中ばの週末、10月29日(金)と31日(日)に、日本語補習校校外学習として、オ-ヴェルニュ室内管弦楽団のファミリーコンサートをクレルモンフェランのオペラ劇場に聴きに行きました。イチゴ会の方も含めて、合計約30人の方が参加されました。クレルモンフェランのオペラ劇場は、19世紀後期に建築家J. Teillardによって建てられたもので、パリのオペラ座にインスピレーションを受けたといわれるように、内部の装飾の美しいイタリア式劇場となっています。2013年に、7年間の改装工事の後、再オープンしました。中央階段をのぼって、会場へ入る子供たちも、美しい天井画をながめながら、少々緊張気味です。そしで客席に入ると、、、 ステージのバックには、満天の星が美しく輝き、舞台の譜面台にも、土星、金星、木星などの惑星の絵が飾られています。“銀河系への冒険!”と名付けられた今日の音楽会。宇宙への旅、音楽への旅に期待が高まります。そしてオーケストラの方々が、登場。スターウォーズ、宇宙人風の恰好の人も!黒マントをきた人、銀色の髪の毛の人、映画の仮面をかぶった奏者など、みているだけで、こちらも楽しくなってきます。 そして、幕開けの音楽は、リヒャルト・シュトラウスの“ツァラトゥストラはこう語りき”の導入部“日の出”。暑い太陽の光をかんじながら、チェロ、コントラバスの低音のトレモロをバックに、司会をつとめるMalloy Alasdairさんの声が響きます。そして、指揮者Jeoffrey Stylesさんがなんと宇宙飛行士の衣装に、ヘルメットをかぶって登場!司会のMalloyさんは、宇宙船のエンジニア役で、この二人が、私たち聴衆を飛行船に乗せ、宇宙への旅へ導くという設定です。“、、、3,2、1、0、スタート!”という会場の子供たちの元気な掛け声とともに皆を乗せた宇宙船ワルキューレ号は、空の旅へ出発します。(音楽は、ワーグナー“ワルキューレの騎行”)順調に進む宇宙船は、金星を通りすぎます。明け方にみられる金星“明けの明星”のように美しい音楽、グリークのペールギュント組曲“朝”。透明な弦楽器の響きに、大人も子供もうっとりしました。その後も宇宙船の旅は続き、真っ赤に燃える火星にぶつかりそうになったかと思うと、(ホルスト:惑星より“火星”)次は銀河の戦いにまきこまれてしまいます。(ウィリアムズ:スターウォーズ)このスターウォーズの音楽は、子供たちにも大人気のようで、始まったとたんに、会場からざわめきが、、、。そして、一緒にメロディーを口ずさむ子供もあちこちにみられました。みな映画スターウォーズの戦いの場面を思い出しながら、生のオーケストラで聴く音楽の迫力に興奮した様子。途中で、バイオリン奏者がとりだした、色鮮やかにピカピカ光る電気の弓にも驚きました。バイオリン奏者が光る弓をもってバトルする姿など、どの音楽会でも、なかなかみられないですよね。そして、コンサートのクライマックス、サプライズが最後に用意されていました。銀河の戦いから逃れ、月の光の道を通って、無事に地球へと戻るためには、不思議な楽器と美しい音楽の助けが必要です。今回司会をつとめたMalloyさんは、実は打楽器奏者だそうで、このクライマックスでは、グラスハーモニカという大変珍しい楽器を披露してくださいました。グラスハーモニカとは、はてどんな楽器かと思いきや、、、30脚にもおよぶワイングラスがきらきら光って並んでいました。その水のはいったグラスをこすると、本当に美しい笛のような音がします。それぞれのグラスの水の量が微妙に違うことにより、音に高低ができ、きれいなメロディーを奏でることができるのです。Malloyさんが、オーケストラとともに、ドビュッシーの“月の光”を弾き始めると、その不思議な美しさに、子供たちもうっとりしていました。このきらきらブルーに光るグラスハーモニカがまるで魔法の楽器のようでした。そして、この“月の光”と“音楽の不思議な力”のおかげで、私たちは、無事、銀河の戦いから脱出し、地球へと帰ることができたのです。音楽会は、再び勇敢な“スターウォーズ”のテーマで60分にわたる宇宙への冒険の幕を閉じました。 今回の校外授業では、補習校の生徒たちは、教室を離れ、素晴らしい劇場で、本物のクオリティの高い音楽に触れることができました。この音楽会のテーマは、“宇宙への旅と冒険”でしたが、日本語を勉強する生徒さんたちにも、ユニバーサルな視野のもてる人となり、世界に羽ばたいていってもらいたいものです。 最後に、校外授業コンサートの提案者Hさん、まとめ役のTさんに、お礼を申し上げます。子供たち自身が体を動かしたり、声をだしたり、ステージに上がったりできる参加型のコンサートのお陰で、ミュージシャンと一体化して、クラシック音楽を身近に楽しく体験することができました。今後のオーヴェルニュ室内管弦楽団の、市民のためのコンサート(ベビーコンサートや若者のためのミッドナイトコンサートなど)、そして楽しいサプライズいっぱいの“35周年記念コンサート”などのイベントも期待しています。 補習校保護者 C 地元の新聞「ラモンターニュ」の記事です。  オーヴェルニュ室内管弦楽団の情報http://www.orchestre-auvergne.fr/frhttps://fr-fr.facebook.com/OrchAuvergne/ (今回のファミリーコンサートの一部がみられます!) 

      2
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 日本企業での研修

      いちご会が水曜午後に開催する「いちごカフェ」(楽しく日本語で話そう!)に参加されていたアリスさんより興味深い記事が届きましたのでご紹介します  ....................................................................................................... フランス人の私がいかにして日本の伝統的な会社である八丁味噌「 カクキュー」の研修生となったのか? 私はクレルモンフェランで農業系研究をしている学生です。学業の一環としての研修先を探す時期を迎え、2015年夏にリュック一つで日本に行った経験から、ぜひ日本で研修したいとの希望を持つようになりました。 しかしそこには大きな問題がありました。そもそも日本の企業にはフランスのような学生研修システムがありません。またそれは日本の外資系企業でも同様の状況でした。    -訳注-フランスでは各高等教育機関において1か月〜6か月にわたる長期研修が義務づけられており、各企業も受け入れ態勢を整えている。 日本在フランス企業にも片っ端から連絡をとりましたが、彼らは農業研究の学生にはまったく興味がないようでした。もうこれは無理かもしれないと諦めかけていたところ、パリの農業エキスポで見つけた一枚のパンフレットが私の運命を変えました。そのパンフレットを見て連絡した私に返事をくれたのが、八丁味噌のカクキューでした。 八丁味噌のカクキューでは、「八丁味噌」(大豆)、 「赤だし」(大豆、米)の二種類の味噌を生産しています。会社は愛知県岡崎市にあり、19代に渡って伝統的な技法により高品質の味噌を作り続けています。毎日工場見学を受け入れ、年間20万人以上が工場を訪れています。 フランスではネット販売により、八丁味噌を購入することができます。またパリの「Maison du sake」では他の製品も販売しています。 私は彼らにとって初めての長期外国人研修生です。私を受け入れてくれた背景には、会社のこれからの展望がありました。フランス市場の開発と拡大です。私の仕事は、フランス市場に八丁味噌を紹介し、伝統的な製法で長年味噌を製造してきた会社そのものの知名度をあげることです。現在興味を持ってくれそうなフランスの各種雑誌、サイト、レストラン、アソシエーションなどにコンタクトを取っています。また会社紹介のビデオ、パンフレットの制作にもかかわっています。 今までのところ、私の体験はかのアメリー・ノートンの「畏れ慄いて」 とは大違いです。もちろん文化の違いに驚くことは多々あります。中庭での毎朝5分間体操とか。でもいやな思いをしたことはまったくありません。暖かく迎え入れられ、歓迎されました。 日本文化を学ぶ活動にも多く参加しました。茶道、水引き、抹茶作りなど、いろいろ体験しています。 私の経験からお話しすると、日本での研修受け入れ先を見つけるのはかなり大変です。でも不可能ではありません。もちろん日本語が堪能なら、これに越したことはありませんが、語学が絶対条件だとは思いません。私の場合、漢字はかなり勉強していたのですが、会話は初級程度でした。それよりもお互いの文化の違いを受け入れ、理解し、分かち合う気持ちが一番大事なのだと思います。そして英語と辞書があれば、もう大丈夫です。 さて、研修生活の実際面です。まずは経済問題。研修先に宿泊先や、食事の有無をたずねること、またそれに対する援助金などがあるかを確認することは必要です。そしてフランスには様々な奨学金が存在しますから、最大限に利用すると良いと思います。 私と同じような経験をした人、あるいは計画している人、意見交換をしませんか。今後さらに八丁味噌製造過程、レシピなどのレポートを書いていく予定です。質問がありましたら、私のFacebookまでお寄せください。 次回は味噌の作り方です。乞うご期待! アリス < 翻訳 Meg  >   ....................................................................................................................... Kakukyu Hatcho Miso, ou comment partir en stage au Japon au sein d’une entreprise japonaise. Je suis étudiante à VetAgro Sup, une école formant des ingénieurs agronomes à Clermont Ferrand. Afin de prendre conscience des réalités d’une entreprise agro-alimentaire, j ai du trouver un stage au sein d une entreprise de ce genre. Etant partir au Japon au cours de l’ete 2015, seule et en sac à dos, j’ai voulu retenter l’expérience mais dans un cadre plus professionnel. Le probleme arrive ici.Les entreprises japonaise n’ont pas la tradition du stage qui existe en France et les entreprises étrangères implantées au Japon ne souhaitent pas se charger d une stagiaire. Apres avoir contactée de nombreuses entreprises francaises possédant un siege sociale au Japon, bien souvent des multinationales non intéressées par des stagiaires agronomes.., des entreprises japonaises exportant en France, et des compagnies étrangères, je commencais à baisser les bras. C’est alors que la compagnie Hatcho Miso, dont j avais retrouvé un prospectus distribué lors d un salon à Paris, m’a répondu.Hatcho Miso produit deux types de miso, le Hatcho miso (à base de soja), leur produit phare, et le Akadashi miso (à base d’un mélange soja riz ). L’entreprise localisés à Okazaki, ville proche de Nagoya, fabrique des produits réputés dans la préfecture d’Aichi. En effet, utilisant des savoir-faire transmis depuis 19 générations, ils produisent du miso de grande qualité utilisés pour la confection de plats traditionnels. Des visites guidées de la manufacture sont organisées tous les jours afin d’accueillir chaque année plus de 200 000 touristes. En France, c est principalement le Hatcho Miso que l’on peut commander via des sites web tel que Lima ou Clearspring. La Maison du Sake à Paris vend également certains de leurs produits.Je suis donc leur première stagiaire, et leur première stagiaire étrangère. Leur volonté, en m’acceptant comme stagiaire, est de développer leur ouverture sur le marché francais. Mon rôle est de promouvoir leurs produits, leurs savoir-faire et leur image. Pour cela je contacte par mails des magazines francais, des sites web, des restaurants, des magasins et des associations potentiellement intéressés par ce sujet. Je suis également chargée de la realisation d une video de présentation de l entreprise ainsi que de prospectus.Ma vie quotidienne est bien loin de celle décrite par Amelie Nothomb dans Stupeur et Tremblements ! Comme dans tout pays étranger, certaines choses surprennent et interpellent (comme les 5 minutes de gymnastique collectives dans la cours chaque matin) mais rien de bien méchant. J’ai été accueillie très chaleureusement et j’ai la chance de pouvoir participer à des activités en lien avec la découverte de la culture japonaise(cérémonie du thé, mizuhiki), visites (visite d’une manufacture de matcha) etc.D’après mon expérience, il est assez difficile de trouver une structure d’accueil au Japon, mais cela n’est pas impossible. Avoir un très bon niveau de Japonais est clairement un avantage mais pas forcément obligatoire . J’ai pour ma part un niveau débutant à l’oral mais une bonne maitrise des caractères japonais. Une volonté mutuelle de partage et de compréhension de l’autre et de sa culture est le plus important ; l’anglais et les dictionnaires tel que Nichifutsu Jiten sont alors des outils magiques.Concernant les aspects pratiques notamment financiers, il peut être intéressant de demander s’il est possible d’obtenir un logement par exemple ou une compensation financière pour les frais de nourriture. Le système des bourses d’études est bien développé en France et il est possible de trouver des aides en passant par sa fac, son école, le Crous etc ou des associations.Si certains on des projets de ce genre ou des expériences à partager, n’hésitez pas à les partager ! Je vais poster une serie de petits articles concernant la fabrication du miso et sur son utilisation dans la cuisine, si vous avez des questions ou des remarques vous pouvez me contacter par facebook.Description des processus de fabrication la semaine prochaine !   

      テーマ:
  • 11 Oct
    • 2016年運動会後記

      10月9日、エコール・マシヨン校庭にて、ピュイ・ド・ドーム日本語補習校の運動会が開催されました。 このところ朝の冷え込みが厳しくなってきましたが、当日も朝の気温は4℃!寒いながらも気持ちよく晴れた青空の下、補習校児童といちご会の子供たちが集まりました 紅白帽子をかぶった子供たちが並んで入場行進。校長先生のお話に続いて元気な選手宣誓が行われ、それからかわいらしいディズニー体操で体を温めました。 さて、いよいよ競技開始。まずは徒競走。大きい子供たちから小さい子供たちへと順番によーいドン!みんな真剣に走ります。1歳児は箱に入って保護者に引っ張ってもらいました。徒競走の後は幼稚部・小学部合同のようかい体操第一。練習の甲斐あって上手に踊りました。そして今年も盛り上がった親子競技の借り物競争。子供たちがカードを拾いに行き、借り物を保護者に伝えて一緒に借りに行きます。読んで、伝えて、お願いして、発表して・・・日本語をたくさん使う楽しい競技でした。続いて玉入れ。うさぎ・さくら組の小さい子供たちは追いかけ玉入れ。ばら・ひまわり・さくら組の大きい子供たちは高いところに投げる玉入れです。どちらも一生懸命投げます。うん、みんな楽しそう。 あっという間に競技は進み、最後は小学部と保護者の紅白対抗リレー。棒で引いたトラックに沿って走ります。半周ずつ周ってバトンを上手につなげました。先にゴールに到着したのは赤組。全競技の最終集計では、104対96の接戦で赤組の優勝でした。 ラジオ体操と閉会式のあとは校庭でピクニック。競技が早く終わったので早めのお昼ごはんになりましたが、みんなお腹がすいたのか美味しそうに食べていました。家族で学校でお弁当って、本当に日本の運動会みたいですお弁当を食べ終わると、体を動かし足りない子供たちは全力で遊んでいました。 今年の運動会も大成功でしたね。補習校の子供たち、少ない練習時間でしたが本当によくがんばりました。いちご会のお友達、上手に競技に参加できましたね。 足を運んでいただいた来賓の方々、校庭と施設を開放していただいたエコールマシヨン様、ご協力いただいた地域の皆様や保護者の方々、どうもありがとうございました。 ピュイ・ド・ドーム日本語補習校保護者 K子

      3
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 領事出張サービスのお知らせ

      秋気さわやかなよい季節になりましたが、ご機嫌いかがでしょうか この度、リヨン領事事務所から領事出張サービスの嬉しいお知らせがありましたので、あらためまして、本ブログにも詳細を掲載致します。 近郊地域に在住の邦人の方で希望される方は、10月13日(木)までにリヨン領事事務所(Tél. :04.37.47.55.00)に直接ご連絡ください。 いちご会一同  以下、リヨン領事事務所からのメッセージです。 >>> 在留邦人の皆様、  秋冷の候、在留邦人の皆様におかれましては、益々御健勝のこととお喜び申し上げます。  11月16日(水)クレルモンフェラン市に於いて、「領事出張サービス」を下記の要領で開催する予定です。 当日行う領事サービスの内容は、次の通りです。 1.   在外選挙人名簿登録受付2.   在留届の受理(住所変更等を含む)3.   旅券の更新及び新規発給4.   各種証明書等の発給、受理5.   婚姻届、出生届等各種届出書の受理  つきましては、近郊地域に在住の邦人の方で、領事出張サービスをご希望される方は、10月13日(木)までに当事務所(Tél. :04.37.47.55.00)まで必ずご連絡願います。  なお、ご希望の方が少ない場合には、実施を差し控える事もありますので、あらかじめご了承ください。(開催の目安は、皆様からのご希望の領事サービスの合計が10件程度となることです。)  実施が決まり次第、当事務所ホームページ(http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html)にてお知らせします。 在外選挙人名簿登録は、郵便では行えませんので、是非この出張サービスの機会を利用して登録を行ってください。    クレルモンフェラン市予定日時 :  2016年11月16日(水)午前11時 ~ 午後2時                    場所   :     Hôtel Kyriad Centre                      51 rue Bonnabaud                      63000 CLERMONT FERRAND                      Tél. : 04 73 93 59 69>>>

      テーマ:
  • 27 Sep
    • 補習校運動会のお知らせ

      朝晩が冷え込むようになってきましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。9月も終盤にさしかかり、日本語補習校運動会の開催がせまってきました。概要は次の通りです。日 程:2016年10月9日(日) 10:00~14:00場所:エコール・マシヨン 校庭 入り口は Rue Auguste Audollent になります費用:3歳以の子供一人 3ユーロ子供の服装:動きやすい服装(スカート不可)、運動靴、紅白帽子持ち物:お弁当、飲み物、敷き物(レジャーシートなど)プログラム(予定)1.開会式2.ディズニー体操 https://www.youtube.com/watch?v=SvxURV-GZuQ3.徒競争4.幼稚部・小学部合同ダンス「ようかい体操第一」(2番まで) https://www.youtube.com/watch?v=VyKLQXOj0ts5.親子競技「借り物競走」6.うさぎ・さくら組「おいかけ玉入れ」7.ばら・ひまわり・すみれ組「玉入れ」8.小学部・保護者「リレー」9.ラジオ体操第一 https://www.youtube.com/watch?v=xS92XkVKM0Q10.閉会式・表彰式閉会式を行いその後は校庭にて昼食(ピクニック)予定です。お時間ある方はぜひピクニックにまでご参加ください。運動会のみの参加でも受け付けております。雨天時は室内(食堂)で徒競争・リレー以外のプログラムを行う予定です。親子競技の「借り物競争」は子供が日本語(またはイラスト)で書かれたカードを取りに行きカードの内容物を親に口答で伝え子供と探しにいく競技です。リレーの保護者代表はまだ決まっておりません。ご参加される方で出場しても良い、という方をお待ちしております。運動会への参加を希望される方は、いちご会へご連絡ください。その際に、お子さんの年齢、人数をご記入下さい。puydedome.ichigokai★gmail.com(★を@に変えてください)未就学児のお子さまでも参加できる競技もあります。みなさまの来場を心よりお待ちしておりますピュイドドーム日本語補習校スタッフ一同

      テーマ:
  • 02 Jul
    • 日本酒会のご案内@Rives d'Asie

      第一回日本酒会日時 7月30日 土曜日 19時~21時場所Rives d'Asie 3 rue lufbéry 63400 Chamalières FRANCE 会費 35€弊社の店内で行う為、募集は12名様までと致します。当日の日本酒リストは以下の通りです。中国酒造 桜弥山 純米吟醸 剣菱酒造 瑞穂黒松剣菱 純米出羽桜酒造 出羽桜 雄町 純米吟醸出羽桜酒造 出羽桜 一路 純米大吟醸黒龍酒造 黒龍 龍 大吟醸大七酒造 大七自然酒生もと1992西酒造 芋焼酎 富乃宝山当日は簡単な食事も用意しております。特に難しい説明などはなく、楽しみながら会を進めていければと考えております。参加希望、また質問等御座いましたら、お手数ですが神谷までご連絡お願い致します。神谷 斗士 toshikamiya107@gmail.com宜しくお願い致します。La dégustation du SakéDate: 30/07/2016 SamediLieu: Rives d'Asie 3 rue lufbéry 64300 ChamalièresHeure: 19H - 21HNombre de l'invité: 12Cotilisation: 35eRéference du Saké:1. Chugoku-shuzo Sakuramisen Junmai-Ginjo(TDP 55%) 2. Kenbishi-Shuzo Mizuho Kuromatsu Kenbishi Junmai(TDP 70%) 3. Dewazakura-shuzo Dewazakura Omachi Junmai-Ginjo(TDP 50%) 4. Dewazakura-shuzo Dewazakura Ichiro Junmai-Daiginjo(TDP 45%) 5. Kokuryu-shuzo Kokuryu Ryu Daiginjo(TDP 40%) 6. Daishichi-shuzo Daishichi Shizenshu Kimoto 1992 7. Nishi-shuzo Tomi no Houzan Cordialement.Toshi KAMIYA 

      9
      テーマ:
  • 08 Jun
    • コンサートのお知らせ

      今日は突然の雷雨に驚いてしまいました。なかなかお天気が安定しませんが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか。さて、Orchestre d'auvergne バイオリン奏者のHさんより、無料コンサートのお知らせです .............................6月11日(土)、Royat にて 「Journee mondial du bien etre」という企画があります。http://jmbe-royat.jimdo.com/Orchestre d'auvergne の今年のスローガンは、Ecoutez vous という bien etre をイメージしていて、この日スタンドを出します。14時と17時からは、Royat の Parc Thermal にてオケのメンバーでモーツアルトの5重奏曲を弾くので、よかったら皆様いらしてください。無料のコンサートで、天気がよかったら屋外、雨だったら屋内です。お子様も聞きやすいモーツアルト(35分くらいの曲です)の上、お天気がよかったら屋外と言うことで、誰でも気軽に聞けると思います。今年のオーケストラのコマーシャルです。2分くらいのものなので、お時間のある時にご観覧下さい。https://www.youtube.com/watch?v=LZIAEEbCjjAお天気がよくなることを祈りつつ。

      6
      2
      テーマ:
  • 03 Jun
    • エクスレバン日本祭 初開催!

      「エクスレバン日本祭」初開催! ヨーヨー釣り、チョコバナナ、カキ氷…日本のお祭りが恋しくなっていませんか?在リヨン領事事務所とエクスレバン市のコラボレーションによって実現したこの「エクスレバン日本祭」は縁日だけではありません。 《あそぶ・まなぶ・つながる》をテーマに日本の伝統文化とポップカルチャーを融合させた日本文化紹介をエクスレバン市内各地で行う、まさに「日本」を感じられるお祭りとなっています。 6月16日~22日の一週間、様々な分野で活躍されている有名ゲストの方々をお招きして、裏千家流茶道のお点前や本格蕎麦打ちなど、日本食を紹介するイベントから、伝統音楽のコンサート、日本のゲームコーナーや映画の上映会まで多岐に渡るイベントを予定しております。 ぜひ日本のお友達、そしてこちらのお知り合いの方々など皆様お誘い合わせの上お越しください! 主な見どころについて、当事務所のFacebookページでもご覧いただけます。https://www.facebook.com/japonlyon 各イベントの詳細については、別添ファイルをご参照ください。 6月16日オープニングセレモニー裏千家流茶道のお点前ガイド付き市内観光ツアー(主催:エクスレバン市観光局/有料)藤原道山×SINSKEコンサート 6月17日日本映画「あん」上映会(有料) 6月18日SACHIKO琴音コンサートパリ三線クラブコンサート 6月18日~19日日本祭 縁日(アソシエーション Ota’Sekai)八女茶の利き茶会・伝統工芸品展示会(協力:八女市、うなぎの寝床)日本観光案内(主催:Voyage et Tradition)盆栽デモンストレーション生け花展示ゲームコーナー(協力:バンダイナムコ・ヨーロッパ)その他(漫画、剣道、折り紙教室など) 6月20日日本食文化講座・そば打ちデモンストレーション(協力:味の素ヨーロッパ社、「駒形どぜう」六代目当主・渡辺孝之氏/要申込み)日本映画「東京物語」上映会(有料) 6月21日ガイド付き市内観光ツアー(主催:エクスレバン市観光局/有料) 6月22日日本文化(書道、折り紙)アトリエ(協力:シャンベリー日仏協会)    FESTIVAL JAPONAIS « MATSURI à Aix-les-Bains »   Le Bureau Consulaire du Japon à Lyon et la ville d’Aix-les-Bains co-organisent un festival japonais intitulé « MATSURI à Aix-les-Bains » du 16 au 22 juin 2016. Durant près d’une semaine, le Japon sera mis a l’honneur à travers une série d’événements vous permettant de découvrir une culture japonaise authentique entre tradition et modernisme.   Grâce au concours de nombreuses associations, artistes, maîtres et partenaires franco-japonais, différentes animations seront proposées dans toute la ville d’Aix-Les-Bains selon différentes thématiques: Ø  Nature, Visite du jardin Japonais, exposition de compositions florales : IkebanaØ  Gastronomie, Conférence sur la Cuisine Japonaise, démonstration de fabrication de nouilles de soba, dégustation de thé vert de la ville de Yame, FukuokaØ  Musique, concerts de musique folklorique et moderne, concerts d’instruments traditionnelsØ  Cinéma, projection de deux films japonais au cinéma VictoriaØ  Art traditionnel, matsuri(kermesse version japonaise), cérémonie du thé, exposition et démonstration de maîtres artisans japonais, démonstration de Kendo, ateliers d’origami et de calligraphieØ  Culture pop, espaces jeux video et mangas, café BDØ  Activites Jeunesses, les ateliers d’origami et de calligraphie seront aussi destinés aux enfants  Le festival et les activités sont en majorité en accès libre et gratuit, exceptées les séances de cinéma et les visites guidées à thème.    Pour toutes informations supplémentaireshttps://www.facebook.com/events/272356343096199/ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/fr/matsuri_fr.html 在リヨン領事事務所Bureau Consulaire du Japon131 Bd de Stalingrad69100 VilleurbanneTEL. 04.37.47.55.00FAX.04.78.93.84.41consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jphttp://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.htmlhttps://www.facebook.com/japonlyon 

      2
      テーマ:
  • 23 May
    • 「第三回学習発表会」 後記

      5月22日、マシヨン国際学園にて、「ピュイ・ド・ドーム日本語補習校、第三回学習発表会」が開催されました。当日はあいにくの雨模様、日本では30度超と言っているのがとても信じられないここクレルモンの寒い春ですももたろう(幼稚部うさぎ組・オペレッタ)もーもたろさんももたろさんと声を合わせて元気に歌うことが出来ました台詞もみんなちゃんと覚えられたねいなばの白うさぎ(小学部ひまわり組・劇)長い台詞もしっかりと暗記出来て、素晴らしかったです。さすがひまわり組世界中の子どもたちが(幼稚部小学部全員・歌)子供達の大きな声が部屋隅々まで行き渡り、素晴らしい合唱でしたうらしまたろう(小学部さくら・ばら組・オペレッタ)一人一人、大きな声でしっかりと台詞も言えて、ナレーターの歌も素晴らしかったです花はさく (保護者合唱)東日本大震災のチャリティーソング。熊本での地震が起きて数週間、とても心に響くものがありました。子供達も保護者の歌う姿にしっかりと聞き入っていました。児童書の寄贈式在リヨン出張駐在官事務所 江頭副領事より児童書をお贈り頂きました。本当に心より感謝申し上げます。子供達には本を通じて、多くのの事を学び、心が豊かに育ってほしいですね今年も恒例のお茶会、保護者の皆様の手作りのお菓子、とても美味しかったですね。先生をはじめ、保護者授業で準備から携わってくださった保護者の皆様、本当にお疲れ様でした。子供達が 練習の成果を発揮でき、本当に素晴らしい学習発表会となりましたね。保護者 A記

      2
      テーマ:
  • 08 May
    • 「学習発表会」のお知らせ

      新緑の候、皆様いかがお過ごしでしょうかピュイドドーム日本語補習授業校は、本年度も残すところ2ヶ月弱となりました。日頃よりご支援ご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。本年度の締めくくりとして、恒例となりました「学習発表会」を開催いたします。当日は、17名の児童がクラスごとに劇、詩の朗読、歌などを披露致します。年間35回という限られた時間の中で切磋琢磨する子供たちの成果を、ぜひご覧ください詳細は次の通りです。 「第三回 ピュイドドーム日本語補習授業校 学習発表会」日時 2016年5月22日(日) 14:00~15:00 (受付 13:30~) 場所 マシヨン国際学園 10-18 Rue Auguste Audollent- 63000 Clermont Ferrand<プログラム>1.はじめのことば・校長あいさつ2.ももたろう(幼稚部うさぎ組・オペレッタ)3.日づけとよう日(小学部さくら・ばら組・詩)4.いなばの白うさぎ(小学部ひまわり組・劇)5.うたにあわせてあいうえお (幼稚部うさぎ組・詩) (5分休憩)6.世界中の子どもたちが(幼稚部小学部全員・歌)7.おおきくなあれ(小学部ひまわり組・ 詩)8.うらしまたろう(小学部さくら・ばら組・オペレッタ)9.花はさく (保護者合唱)10.来賓の言葉11.おわりのことば(小学部ひまわり組)12.記念写真13.記念品贈呈14.お茶会............................................................L’Ecole Japonaise du Puy-de-DômeMonsieur Kenneth KOGAPrésident de l’Ecole Japonaise du Puy-de-DômeMadame Tomoka KUSUNOKI-DUPUYDirectrice de l’Ecole Japonaise du Puy-de-DômeEt les 17 élèvesont le plaisir de vous inviterà la Fête de fin d’année de notre écolele dimanche 22 mai à 14H00(Ouverture à 13H30) La fête aura lieu à École Massillon( Ensemble Scolaire International )10-18 Rue Auguste Audollent- 63000 Clermont Ferrand.............................................................当日、皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますピュイドドーム日本語補習授業校校長 楠ともか

      4
      1
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 「第3回 いちご会ピクニック お花見」開催のお知らせ

      色とりどりの花が咲いて春真っ盛りですねルコック公園でも、桜が咲き始めました。そこで、「第3回 いちご会ピクニック」お花見を開催いたします!春休み明けの情報交換の場になれば幸いです。日時:4月24日(日)12:00~16:00頃ご都合の良い時間帯にお越し下さい。雨天の場合は中止とします。場所:ルコック公園Avenue Vercingétorix とBoulevard François Mitterrandが交わる入り口(トラム線沿い、Maison de la culture側)からすぐのところにある大きな桜の木が目印です。持ち物:お弁当、レジャーシート楽器等をお持ちの方はぜひお持ち下さい。日本人同士の交流の場、また日仏の交流の場となることを目的としていますので、いちご会をまだご存じでない日本人の方、仏人のお友達、日本または日本文化に興味のある外国人の方等、ぜひお誘いあわせの上ご参加下さいみなさんにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしておりますピュイドドームいちご会 スタッフ一同moca

      6
      1
      テーマ:
  • 30 Mar
    • トラム工事とピュイ・ド・ドーム麓駅までのバス

      パックのお休みも終わり、夏時間になりましたいよいよ春本番ですね先日T2C ( クレルモンフェラン市交通局 ) からトラムの大改修工事が発表されました。4月11日 ( 月 ) から8月末までの約5か月間、トラムが一部区間運転休止になります。運休になるのは、Maison de la Culture から 終点La Pardieu Gare の区間です。今回の工事はサンジャック高架橋が建設50年を経て老朽化していること、が一番大きな要因だそうです。高架橋自体の大工事となるため、自動車も通れなくなります。またトラムも開設10年となり、今回これを機に改修点検されます。http://www.t2c.fr/actu-evenements/travaux-viaduc-st-jacques-et-tram-ligne代替のバスAがほぼ同じコース、ダイヤで運行されます。http://www.t2c.fr/sites/www.t2c.fr/files/Pictos/zoom-travaux-tram/WEB-T2C-BS_TRAM-Schema_TA-2016-hiver.pdfお出かけの際はお気をつけくださいそして、パノラミック・デ・ドームの麓駅行きのバスが今年も運行されます期間は4月2日(土) から、11月2日(水) まで。市内バスチケットが使えます。Jaude から、麓駅までは22分。お手軽にピュイ・ド・ドームに登ることができますね。http://www.t2c.fr/sites/www.t2c.fr/files/breves/Horaires_navettes_Puy_de_Dome_2016.pdfMeg

      5
      テーマ:
  • 20 Mar
    • VIDEOFORMES 2016 Let's Make Utsushie Box

      3月19日は、VIDEOFORME 2016とマシヨン校のイベント「Let’s Make Utsushie Box」に日本語補習校のさくらばら、ひまわり組のみんなが特別授業として参加しました。このイベントは、東京からいらした、中嶋興さんとArt Vein Tokyoの皆さんが、写絵の歴史と原理の説明、投影装置の作成を説明してくださいました。#konakajima #videoformes 牛乳パックを使い、みんな思い思いの絵を描いて、投影装置で試しました。中嶋さんからは、「自動車などの動くものの絵を、写し絵にするときは、右向きと左向きの両方の絵を描くと良い」「それで、右に向かった車が、左に戻ってきたりするお話が作れる」と、実際に写し絵を使って、お話を作る時のアドバイスもいただきました。みんなの作品を投影したら、ロボット、お姫様、猫、自動車、火事、うさぎ、スターウォーズの宇宙船まで出てきました。VIDEOFORME 2016と写し絵グループのリンクを載せておきます。http://www.videoformes.comhttp://konakajima.blogspot.comでは、Ken 

      テーマ:
  • 26 Feb
    • 【訃報】 伊阪晴海ブレズパスカル大学元教授逝去のお知らせ

      オーベルニュ在住邦人の皆様去る、2016年2月23日火曜日午後10時過ぎに、伊阪晴海ブレズバスカル大学元教授がご病気により享年77歳で永眠されました。1938年3月7日に大阪で生まれる。 東北大学理学部より博士号取得。1964年クレルモン=フェラン物理地球観測所に招待研究員として着任。1965年雲物理学研究を専門としたCNRS研究員となる。1969年に博士論文指導資格に相当するDoctrat d’Etat ès sciencesを取得。1984年CNRS上級研究員、1994年ブレズパスカル大学教授、物理気象研究所所長(1992-1999年)歴任。約25年前には、オーベルニュの日本人会立ち上げに尽力されました。オーベルニュ在住の大先輩のご冥福をお祈りし、ここにいちご会より報告させていただきます。ご家族は、奥様コレット、ご息女ケイコ、ナオミさんです。お別れの会は2月29日月曜日、午前10時30分よりクレルモン=フェラン火葬場にて(57, rue Jean-Auguste Senèze, 63000 CLERMONT-FERRAND)​​http://www.crematorium-clermont-communaute.fr/crematoriumCF/Pages/PlanAcces.aspx主な研究業績1966年 雲中における氷結晶の核生成にマイクロ物理現象分析を応用1970年 雲中の対流、層流、の計測方法(NCAR)、較正補正について、1972年 対流、山岳波、中小スケールの大気プロセス1977年 アフリカのモンスーンにおける積乱雲中の対流観測、アフリカモンスーンに関するの初期の研究に貢献1980年 層対流、流体力学重力波、ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の研究1990年 スペクトラル分光分析モデルをマイクロ物理に応用。氷粒マイクロ物理が大気循環に与える影響の研究1995年 ウェーブレット観測と物理モデルにより雲中の不均質、化学成分、氷結晶組織(形、方向性)、の特性評価。1998年 雲の放射による熱移動について2000年 不均質性を考慮に入れた雲から植生への熱放射の統計的分析。 マイクロ物理観測の不均質性を位置同定リモートセンシングと組み合わせて分析。雲の熱放射をニューラルネットワーク計算手法により解析。Mr. Harumi ISAKA s'est éteint paisiblement mardi soir vers 22h, entouré par sa famille.Une cérémonie d'adieux aura lieu Lundi 29février à 10h30 au Crematorium de Clermont-Ferrand.

      1
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 領事出張サービス開催のお知らせ

      3月16日(水)クレルモンフェラン市領事出張サービス開催のお知らせ立春の候、在留邦人の皆様におかれましては、益々御健勝のこととお喜び申し上げます。今般、クレルモンフェラン市における「領事出張サービス」が、3月16日(水)に下記のとおり開催されることになりました。(今回は、江頭副領事及び今川職員が対応します。) 当日は、次の領事事務を行います。1.在外選挙登録受付2.在留届の受理(住所変更等を含む)3.旅券の更新及び新規発給4.各種証明書等の発給、受理5.婚姻届、出生届等各種届出書の受理6.その他、領事事務手続き等に関する御相談受付 また今回の「領事出張サービス」では、ピュイ・ド・ドームいちご会会長で、ブレーズパスカル大学准教授である古賀氏と、ブレーズパスカル大学の協力のもと、上記の領事業務の後、地域在住の邦人学生の皆様を対象とした懇親会も予定しております。 皆様からのクレルモンフェラン市での領事出張サービスご利用の御希望連絡をお待ちしております。なお、上記領事事務手続きのうち、旅券の更新及び新規発給を御希望の方は、発給準備に時間を要しますので、2月22日(月)までに当事務所 (Tél. :04.37.47.55.00) まで必ず御連絡願います。 他方、上記3.の旅券以外の事務手続き、もしくは、邦人学生懇親会への参加を御希望される皆様におかれては、準備の都合上、3月7日(月)までに、御連絡を頂けますよう、御協力をお願い致します。 - 記 -クレルモンフェラン市予定日時 : 2012年3月16日(水)領事業務: 午前11時 ~ 午後2時半 邦人学生懇親会: 午後3時 ~ 4時 場所 : Université Blaise Pascal, Salle du conseil Campus Carnot - Bat. Le Manege 34 avenue Carnot - 63 037 Clermont-Ferrandhttp://www.univ-bpclermont.fr/article98.htmlhttps://www.google.fr/maps/@45.7756416,3.0932974,17.89z(連絡先) 在リヨン領事事務所131 BOULEVARD DE STALINGRAD - 69100 VILLEURBANNETEL: 04 37 47 55 00 / FAX: 04 78 93 84 41E-mail: consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jphttp://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/…/ClermontRyojiservice16…

      2
      テーマ:
    • 『合谷哲哉 折紙創作作品展』のお知らせ

      皆様、オーベルニュ州における大型文化事業「JAPONISSIMO」の一環で、当事務所とクレルモンフェラン市の共催により、『合谷哲哉 折紙創作作品展』 Exposition Origami "Tetsuya Gotani, art du pliage de papier"が次の通り開催されます。合谷哲哉氏は、動物や恐竜などの複雑系折り紙の創作を中心に、創作作品の折り図が世界各地の折り紙書籍に掲載され、作品がニューヨークの折り紙雑誌の表紙を飾るなど、フランスをはじめ各国で活躍する折り紙創作家。展示、フランス教育・文化機関での折り紙授業のほか、創作折り紙についての講演などさまざまな折り紙活動を行っておられます。 展示作品は、中世から続くオーヴェルニュ・アンベールMoulin Richard de Bas (フランス重要無形文化財指定)の手漉き伝統紙や欧州を代表する製紙業社として知られるCanson(カンソン)紙、1000年以上の歴史を持つ土佐和紙などで折られたオリジナルの創作作品で同作品展を通じて、日仏の豊かな紙文化の紹介をする内容です。「JAPONISSIMO」は、クレルモンフェランを拠点に活動を行うAssociation Japon Auvergne-Nippon Auvergne(JANA)オーヴェルニュ日本協会の合谷麻容子、哲哉夫妻が設立から10年を経て培われた人脈と努力の集大成となる日本文化事業で、教育機関や文化施設、劇場や、映画館などで、日本文学や日本文化アトリエ、武道の紹介や、石垣牛のセミナー等が行われます。(プログラム詳細は、追って掲載予定です)折紙展の会場では、折紙講演会が、2月20日(土)15時と3月12日(土)15時に行われます。(入場無料)展示期間: 2月9日(火)から3月31日(木)まで開館日時:火曜~土曜、10時~12時30分、13時30分~18時会場:Espace Victoire, Maison du Tourisme, Place de la Victoire à Clermont-Ferrand在リヨン領事事務所Bureau Consulaire du Japon131 Bd de Stalingrad69100 VilleurbanneTEL. 04.37.47.55.00FAX.04.78.93.84.41consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jphttp://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.htmlhttps://www.facebook.com/japonlyon

      2
      テーマ:
  • 11 Feb
    • いちご会新年会 後記

      先月31日(日)に、「第4回 いちご会新年会」が開催されました。今年は、大人61名、子供23名、合計84名ものご参加があり、大変賑やかな新年会となりました在リヨン領事事務所より、江頭海咲副領事が駆けつけてくださいました。クレルモン・フェラン市からは、助役 ジェローム・アスレンデール様がいらしてくださり、ご祝辞をいただきました。そして、みなさんのご協力により、今年も素晴らしいお料理が並びましたお一人で複数のお料理をご用意くださった方も少なくありません。この場をお借りして、御礼申し上げます。今年はなんと、手作りの臼と杵を用いたお餅つきが行われました。本来、伝統的な物はケヤキを使用しますが、こちらはスギを使用しているそうです。この臼と杵を2~3日程度で製作完了させてしまうFさん、とても器用なんですね着物で新年会の雰囲気を盛り上げてくださったのは、Fさんの奥様Aさん。お餅つきは、見た事もやった事もないとおっしゃっていましたが、あっという間に美味しいお餅を完成させてしまいました。脱帽ですね。江頭副領事殿をはじめ、ご協力下さいました皆様、ありがとうございました m(_ _)mつきたてのお餅は、お雑煮でいただきました!残念なことに、お餅が好きでない子供が多いようですが、お餅つきを間近で見ることで、お餅が身近な物になり、少しでも好きになってもらえたら嬉しいですねAさん、Fさん、素晴らしいサプライズをありがとうございました!年々、日本に興味のある仏人の参加も増えております。今年は外部より仏人15名の参加がありました。Pさんもそのうちのお一人で、日本に住んでいらした事があるとか。なんと、Pさん、新年会の為にお花を生けてきてくださいました。(写真右側)ネコヤナギに癒されたのは私だけでしょうか(笑)ASM柔道家による「古式の形」のデモンストレーションもありました。日本で生まれた武道ですが、ここフランスでの方が盛んな気がしますね。なかなか迫力があり、見応えがありました。最後には、補習校児童により炭坑節、そして歌「お正月」が披露され、「第4回 いちご会新年会」が、無事幕を閉じました。2016年、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします本年もピュイドドームいちご会をよろしくお願い致します。ピュイドドームいちご会スタッフ一同

      2
      4
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 短編アニメーション上映会のお知らせ

      今年もクレルモンフェラン国際短編映画祭が始まりましたね。この期間は、様々な国から映画関係者、また観光客が集まり、国際色豊かで賑やかなクレルモンフェランになりますね映画祭情報につきましては、次のブログ記事をご覧下さい。http://ameblo.jp/ichigokai-puydudome/entry-12125607606.htmlこの度、実験映画Labo部門にノミネートされた「Sugar Lump」( ディス イズ マイ ハウス) のプロデューサーでもある久保亜美香さん(https://vimeo.com/amica)がクレルモンフェランにいらしています。その滞在中に、ぜひ現地のお子様・ご家族向けに日本の短編アニメーション上映会を開催できないだろうかとのご相談を受け、この度、短編アニメーション上映会を開催する運びとなりました。詳細は次の通りです。<tampen.jpの短編アニメーション出張上映会 in Clermont-Ferrand>開催日時: 2016年2月13日(土)11:20~12:20開催場所: 国際学園マシヨン 10-18 Rue Auguste Audollent, 63000 Clermont-Ferrand主催: tampen.jp、ピュイドドームいちご会、ピュイドドーム日本語補習校協力: Ecole Massillon*入場無料日本ならではの可愛らしさや言葉遊びの入った ファミリー向け作品を準備してくださっていますので、ご興味のある方はぜひ遊びにいらして下さい。会場準備の為、参加予定の方は事前にご連絡下さい。(補習校児童の参加は、連絡不要です。)恐れ入りますが、よろしくお願い致します。ピュイドドームいちご会 moco

      1
      テーマ:
  • 06 Feb
    • クレルモンフェラン国際短編映画祭

      毎年のお楽しみ、短編映画祭が3月5日( 金 )から3月13日 ( 日 )までの9日間に渡って開催されますhttp://www.clermont-filmfest.com/index.php?m=6例年通り、国内部門 F、国際部門 I、実験映画部門Lに分かれて、それぞれ優秀な作品が上映され、グランプリが決まります。今年のテーマ国はスエーデンSUE、もう一つのテーマは、SF映画 (Star-system、ET)、また、プールでの特別上映、音楽プログラム、子供向け作品、ミステリー、アフリカ作品、フランスの地方を描いた作品、などなど盛りだくさんのプログラムが予定されています。( Fや、ETなどは、プログラムの略称です)プログラムはこちらで。http://www.clermont-filmfest.com/index.php?m=104短編映画ですから、2~3分から、30分程度の作品が、各回1時間40分程にまとめられて上映されます。日本からは国際部門に近浦啓さんの「なごり柿」https://vimeo.com/146388443 実験映画Labo部門に大川原亮さんの「 Sugar Lump」( ディス イズ マイ ハウス) https://motion-gallery.net/projects/TIMH二作品が選出されました。チケットは以下のところで購入できます。http://www.clermont-filmfest.com/index.php?m=267チケットは、15枚綴り、30枚綴りがあります。もちろんその場で一枚だけ購入することもできます。http://www.clermont-filmfest.com/index.php?m=268私は今年もボランティアをしますので、皆様また会場でお会いしましょうMeg

  • 29 Dec
    • ミシュラン財団のHPに掲載されました。

      こんにちはもうすぐ2015年も終わりですね。ミシュラン本社のあるクレルモンフェラン市内で活動する我が日本語補習校は、本年、ミシュラン財団から新しい教育プログラム実施の為の補助金を頂きました。ミシュラン財団のHPにも掲載されております。ミシュラン財団からのお知らせです。" La Fondation d'Entreprise Michelin a le plaisir de vous informer de l'ouverture de son site Internet à  l'adresse suivante : fondation.michelin.com. " Fondation d'Entreprise Michelin 116 rue de la Tour, 75116 Paris - France Tél : +33 (0)1 40 72 76 10 インターネット環境の改善、デジタル機器を充実させ、今後、遠隔授業などを取り入れて、子どもたちの日本語教育の地方格差が縮まることを目標としております。今後ともどうぞご支援を宜しくお願い致します。いちご会・日本語補習校スタッフ一同櫻井

      4
      1
      テーマ:

プロフィール

ピュイドドームいちご会

お住まいの地域:
海外
自己紹介:
中央フランスオーベルニュ地方にあるピュイドドーム県内、クレルモン‐フェラン市にある日本人の会です。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
258170 位
総合月間
330410 位
学び・教育
3593 位
海外情報
1305 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。